龍は波濤を呼ぶ 四龍島シリーズ

龍は波濤を呼ぶ 四龍島シリーズ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
集英社
シリーズ
コバルト文庫(小説・集英社)
発売日
価格
¥400(税抜)  ¥432(税込)
ISBN
9784086143363

あらすじ

ついに『青龍』がその牙を剥いた。白龍を欺き、樹林房主人の命を狙ってまでひそかに木材を集めてきたのは、白龍を攻撃する船団を作るためだったのだ。だが、敵がどこに船を隠しているのかわからず、飛はあせりを覚える。一方で、街を騒がせ続けた祥船の跡取り千雲が、青龍と内通していた証拠の書状を残して突然失踪する。いよいよ対決のときが迫っていた……。

表題作龍は波濤を呼ぶ 四龍島シリーズ

皮肉屋で気まぐれな白龍市の領主
白龍を影から支える色街「花路」の頭

評価・レビューする

レビュー投稿数1

落ち行く飛。

 前巻で、白龍に愛する姉にちょっかいを出されてしまったこが、青龍の逆鱗に触れ、ついに青龍がその牙を剥いてしまう。
 白龍を欺き、樹林房主人の命を狙ってまで密かに木材を集めていたのは、白龍を攻撃するための船団を作るためだったのだ。

 一方で、青龍と手を結び、街を騒がせ続けた祥船の跡取りである千雲が、青龍と内通していた証拠の書類を残したまま、突然失踪してしまう。

 すべてが動き始め、いよいよ対決のときは迫っていた。

 海から船団が押し寄せ、背後からは高楼街の猛者たちが押し寄せてくる。
 そんな危機的状況を前にして、青龍の隠しているはずの船が見つけられない。青龍の港は狭く、船を隠せる場所なんてないのは確認済み。となると、残るは自らの足下である白龍市の港だけ。けれど、青龍がどこに船を隠しているのか、一向に見つけることができずに、飛は焦っていた。
 もう時間がなくなってしまいそうだった時、マクシミリアンが指差したのは白龍の海に浮かぶ罪人を送る離れ小島、「海牙」。
 どうしてもっと早く教えてくれなかったのか! と憤る飛だったが何分、時間がない。
 急いで花路と西海風、富続き浪に指示を下すと、自らは白龍屋敷からの人手・マクシミリアンを連れて、海牙へと乗り込んで行く。
 そこには、信じられないような立派な船が用意してあった。しかしながら、それよりもっと驚くような人物がその島にはいた。
 いなくなったはずの千雲と、そして、飛の母かもしれないと、告げられた玲泉だった……!

 まったく「母」という存在に実感が持てないままだった玲泉を、ようやく大切に思う気持ちが芽生えてきたのに、その手はするりとすり抜けて……。
 そんな9巻目でした。
 これはもう、飛に対してSなのは、マクシミリアンではなくて、作者のような気がしてきました。
 飛が守ろうとすれば、守ろうとするほど、そういうものはすべて掌をすり抜けて行くんだね。辛い……です。
 飛にとって優しい展開には、どうあってもなりそうにないのでした。
 飛が好きな人にとってはちょっといたいかなー。ようやくつかみかけた飛の出生の謎に対する糸口は、また闇の中に消えてしまいました。

 マクシミリアンは悪くないけれど、どうも進んで飛の憎しみを買って出てるようなところがあるので。
 自業自得……なのかな?(苦笑) これはこれできっと愛の形なんだと思える人にお勧めです。出ないと、煮え切らなさに、机をひっくり返してしまいそうなので。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ