天野かづき&海老原由里で贈る俳優×花屋のシンデレラ・ラブ!

恋愛スキャンダル

恋愛スキャンダル
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
22
評価数
7件
平均
3.3 / 5
神率
14.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784044494155

あらすじ

フラワーショップ勤務の環は、ある日配達で訪れた人気俳優の穂高にデリヘルと間違われた上に、売り言葉に買い言葉で襲われてしまう。許せないと思う環だが、穂高は環を探し出し毎日花を買っていくようになって…?
出版社より

表題作恋愛スキャンダル

人気俳優・穂高
花屋・環

評価・レビューする

レビュー投稿数3

ずれながら進行する会話が面白かった!

一風変わった面白いスタートです。

植物の配達に訪れた高級マンションは、人気俳優の部屋。
花屋の環(受け)は、俳優の穂高(攻め)に、デリヘリ君に間違われてしまうのです。

とにかく、会話がずれまくっぷりがすっごく面白かった!

「こんな仕事恥ずかしくないのか?」と問われた環は
「俺の天職です」と自信満々に答えてしまうし、
「意外と筋肉がついている」と言われれば、
「肉体労働ですから」と返してしまう。

受領印をもらおうとすると「随分ビジネスライクなんだな」と返され、
この噛み合っているんだか噛み合ってないんだかの会話が長く続いて、
このシーンでは最後まで誤解が解けないのがすごく面白くて良かったです。

で、その後、頂かれてしまい、さすがに謎が解けて行くのですが
強姦魔という最悪の印象からスタートした穂高が、
環の中で少しずつ(本当に1日1日ずつ)存在感を増し、
徐々に魅かれて行く過程が、とても丁寧に書かれていました。

また、環は前述「天職です」と宣言したとおり、
お花が大好きで仕事にも厳しく、そういう面でも好感が持てました。

Hシーン続きも美しいながらもねちっこさがあって良かったです。
ただ、序盤で、環の事後の裸体を画像に収めていた穂高ですが
その後、環に請われてアッサリ削除しているのはガッカリでした~。
それならこの話はなくても良いじゃないですか?
せっかく自分のPCにまで送ったんですから、
一人でニヤニヤ観賞している変態っぽい場面が欲しかったです!

また、他の方のレビューにもあるのですが、
下だけすっぽんぽんになって、シャツとエプロンのみで(つまりオシリ丸出し)、
座っている穂高に迫るようにまたがる環のカラーイラストが萌え!!でした。

さらなる幸せな未来を予感させる終わり方もすごく良くて、好みでした。
末永くお幸せに!と声をかけたくなってしまう、ハッピーエンドに満足です。
限りなく萌×2寄りの萌×1で!

2

説得力がない。

普通の花屋のノンケが配達ミスして訪ねた先で
デリヘルと間違えられてヤられてしまう・・・

と、いうお話なんだけど。

相手がイケメン俳優でお金持ちなら許されるのか?
・・・うぅむ。

最初のこの出会いが、寸止めならまだしも
最後までいたしてしまうんですよ。
それって立派な強姦で傷害事件なんですよね。
受けはノンケだし、もともとイケメン俳優に惹かれてたわけでもなく
間違って無理矢理男にヤラれちゃったらもう少しトラウマになるだろうし
身体がビビっちゃうと思うんだけどな・・・
しかも、デリヘルと花屋を間違えたことに
けっこう中盤まで気づかない攻めにもイラっとした。バカなの?ねぇ?www
無理矢理でも、感じちゃえばOKみたいなノリって好きじゃない。
BLファンタジーにおいての強姦は、どちらかがすごく相手のことが
好きじゃないと私は萌えないんですよね。
後付じゃ嫌。

ただ、花屋の受けが、ズボンとパンツを脱いだ状態だけど
シャツとエプロンはつけて攻めに跨る構図は、グっときました。

とりあえず、愛のない強姦から恋愛に発展するには
説得力がない。
続き

1

デリヘル!!

この本あらすじがおもしろそうだったので買ってしまいました!
売れっ子俳優×花屋
デリヘルと間違えてっておもしろそうですよね!
花を届けにきてデリヘルに間違われて
やられてしまったっていうお話です!!
誤解が解けてからも
穂高は環の花屋に通うんですよ!!
だんだん環も穂高を許すようになってきて
穂高の思いが環に通じたって感じですね!!
けっこうおもしろかったです。
でもこの作品はエロシーンが短く書かれているというか
さらっとあっというまに終わっている印象でした!
まだ小説は2冊目ですが作家さんによって書き方は違うんだな~と感じました。







1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ