プリンス・ジェイドの優しい虜

プリンス・ジェイドの優しい虜
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
2件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・リブレ)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784862637123

あらすじ

「お前は私の運命の相手だ」 行方不明の弟を探して東欧に来た黎を助けてくれた、艶やかな黒髪に深い翡翠色の瞳の高貴な男、ジェイド。いきなり口づけられ連れて行かれた先は、豪奢な宮殿で!? 上質の着物に贅沢な部屋、でも誰とも言葉が通じず不安な黎が信じられるのは、深く触れ合うことで伝わるジェイドの想いだけ。情熱を秘めたジェイドの瞳に魅入られ、身体を重ねてしまう黎だけど…!? 運命に彩られた謎めく恋、書き下ろしv
(出版社より)

表題作プリンス・ジェイドの優しい虜

ジェイド 公爵・神官
黎(レイ) 25才 リーマン

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

不思議な国です。

行方不明になった弟を探しに単身外国へ来た黎(受け)。
だがバッグを盗まれ、中に入っていたお金もパスポートも、弟の手掛かりだった絵はがきも一緒に盗まれてしまった。
途方に暮れる黎の目の前に、馬に乗った貴公子のような男性だ現れた。
その男性の翡翠色の瞳に魅入られていた黎だったが、気づけば彼に優しくキスされ、意識を失った黎。
目が覚めるとそこは彼のお城だった。

初っ端から不思議な世界過ぎて意味が分かりませんでした。
謎だらけです。
燐国しか国交がない、不思議な架空の国。
黎は言葉も通じない国に来てきまった為、会話があまりありません。
彼自身の不安や思っている事ばかりです。
ジェイドは神官で、不思議な事に特別な相手だけ心の中で言葉を話せます。
たとえそれが異国の言葉であっても。
ジェイドは紳士で優しく、衣装もレースでフリフリ。
受けがピンチの時に駆けつける、まさに王子様のような感じです。
夢乃先生らしい攻めサマでした。
終わり方も先生らしいハッピーエンドです。
王道だけど安心して読めます。
かんべ先生のイラストがステキでした!
(*´∀`*)

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ