志水ゆき全集 6 LOVE MODE 6 +レシピ(表題作 So long ~last rain~)

shimizu yuki zenshuu

志水ゆき全集 6 LOVE MODE 6 +レシピ(表題作 So long ~last rain~)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神17
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
11
得点
98
評価数
22件
平均
4.5 / 5
神率
77.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥950(税抜)  ¥1,026(税込)
ISBN
9784403619656

あらすじ

歳の蒼江(あおえ)は、旅先のロンドンで、『パパと息子』と名乗る史貴(しき)と桂(かつら)に出会う。てらいもなく見せつけられる彼らのキスに、蒼江の胸が疼き始めーー。

『LOVE MODE』完結篇と、シリーズ最後の読み切り『LOVE UNLIMITED』など、コミックス初収録の読み切り2本を収録!
官能的な恋を描く『レシピ』シリーズも併録した、『志水ゆき全集』第一期最終巻!!

表題作志水ゆき全集 6 LOVE MODE 6 +レシピ(表題作 So long ~last rain~)

蒼江怜二
史貴

同時収録作品EPIROGUE/LOVERS MODE/LOVE UNLIMITED

蒼江怜二 B&Bオーナー
白河直也

同時収録作品EPIROGUE/ LOVE UNLIMITED

高宮桂 翻訳家
坂下和泉

同時収録作品レシピ/デコレーション

カイヤ カフェのオーナー

同時収録作品死んでもいい

侑仁
潤一

その他の収録作品

  • なんちゃって予告
  • ぼくのすきなおじさん
  • ぼくの大すきなおじさん
  • PROFILE

評価・レビューする

レビュー投稿数11

心のこりもありますが

全巻読んでの感想です。

同じ作者様の作品「是」を先に読んで思うことは、「是」は全キャラの話を見事に拾い上げましたが、「LOVE MODE」はそうではなかったので心残りがあります。

作者様も新装版書き下ろしのプロフィールで言われてましたが、天雷が葵一に片思いしたままなのもちょっと不憫ですし、蒼江将伍(蒼江父)と久世錦の話はぜひ読みたかったです!

飛行機事故で死んだようなんですが、墜落までの数分間、将伍と錦がどんな会話をしたのかが気になります。作者様の頭の中にはあるのでしょうけれど…ああー、どこかで二人の話を描いてほしいものです!

その代わり、蒼江玲二と白河直也、高宮桂と坂下和泉、の2CPの関係は、史貴の登場により完全になったものだと思います。素敵な作品でした。

1

感動の完結編!

大好きで、何度も読み返してる作品です。絵は古いけど、お話が素晴らしくて、帯にある「BL界の金字塔」の言葉に偽りなしと実感する『LOVE MODE』の、とうとう最終巻になります。

今回は、蒼江の過去の切ない恋と別れになります。
志水さんのコメントで「蒼江と史貴のベッドシーンはあまり描いてはいけない気がして」とあるけど、辛い経験があったからこそ、直也と奇跡のような出会いをして幸せになった今を大切にできるのだと思います。
ここまで蒼江と直也の切なくて熱い想いを見てきたから、蒼江の「幸せになったぞ」の言葉の重みに胸が温かくなります。

イギリスに4人で久しぶりに帰省した時の、史貴との不思議な出会いにも、史貴が4人を祝福しているようでジ~ンと感動します。

おまけに、和泉と高宮はイギリスで一緒に暮らすようになるし、蒼江からは初めて愛の告白が聞けるし、蒼江たちはお揃いの指輪をしてるしで、大・大・大満足な最終巻です。

何年経っても、何度読んでも、BLの素晴らしさを教えてくれる大好きなシリーズです。

2

納得のラストでした。

志水ゆき様の作品は読んだこと無く、花鳥風月を知って全集を買いました。
とても綺麗な終わり方だったと思います。
この作品で一番好きなキャラは史貴。蒼江と史貴の関係は清く美しい。
直也が史貴の幽霊と出会うシーンは、ほんわかしていて美しいラストでした。

まあ、最初はこの作品が発売されていた頃私はBL作品を知らなかったので、1巻と6巻の絵の違いにこの人誰だっけ?と思いながら何度か話を遡りました(..;)

今昔 古き良き作品って事ですね。

一番ツボだった作品はレシピ。真っ黒過ぎて素晴らしいです。

3

ラブモ完結編です。 『幸せになったぞ』

遂に『LOVE MODE』完結編。
ずっと謎だった【史貴•高宮•蒼江】の過去のお話が明らかに‼あとは、幻といわれた、シリーズ最後の読み切り『LOVE UNLIMITED』をコミックス二本立てで初収録され、『レシピ』シリーズも伴録された『志水ゆき全集』最終巻です。第一期最終巻という事は、第二期…と続いて行くのでしょうか?もしかして第二期は『是-ZE-』シリーズなんでしょうか?この部分だけ謎でした。

【史貴•高宮•蒼江】のお話は、とてもせつなく泣けます。家族とは?家族愛とは何なんだろう?と考えさせられました。それぞれ悩みを抱えた三人が共に暮らし始め、やっと穏やかな幸せな日々が…と思った矢先、大きな愛を残して突然逝ってしまう史貴。その事で幸せな夢もあっというまに消え去ってしまいます。高宮も蒼江さんも、こんな大きな喪失感と哀しみを共有していたんですよね。友であり、仲間であり、家族でもある。とても深い繋がりだったんです。せつなく哀しいお話でした。これが2人の原点だったのかと思うと涙なしでは読めませんでした。でも、たとえ哀しみが消えなくても、残された人達は、その人の分も幸せにならなければ続きいけない。蒼江が直也と、高宮が和泉と出会えたのは、そんな史貴の想いもあったのではないかと…『EPILOGUE』で直也と和泉が、史貴と会うエピソードを読んで思いました。本当に最後の最後まで泣かせる演出でした。さすが志水先生‼お見事でした。過去があってこその、この2人の包容力だったんだなと思いました。
最後に雨の中で、蒼江さんが高宮は最愛のものを手に入れて、『幸せになったぞ』と史貴に向かって話しかけるシーンが好きです。その後そこに直也が…今までは辛かった雨の記憶も、今はこうして待ってくれる愛しい人ができたんだな…蒼江さん自身もやっと幸せになれたんだなあと思うと、直也との記憶が蘇ってきて泣けてきます。本当に2人には永遠に幸せにいて欲しいと思わざるをえません。
そして今まで一度も言葉にはした事なかった蒼江さんの「愛してるんだ」には萌えました。この時の直也が素直で可愛すぎるのも萌大でした。

コミックス初収録では、23歳に成長した直也&和泉が見られます。どちらのカップルもラブラブ&幸せそうで安心して読めました。蒼江×直也はお互い指輪をしててテンションUPした。相変わらずの葵一の女王様ぶり健在には笑えましたけどね。

こうして再読してみても、1人1人のキャラの過去を素敵に描いていてキャラも立っているし、どの巻を読んでも本当に面白い内容になってました。絵柄の変化も、ある意味時代が感じられて、発見もありで楽しかったです。本当に、いろんな人との繋がりを見せて頂きました。それぞれが、辛い経験や哀しい別れを乗り越え、大切な者の為にも一生懸命諦めないで生きてきたからこそ、今の幸せがあるんだな…自分が幸せだから周りの人達も幸せに笑顔でいられるんだなあと…。
これが、最後のラブモだと思うと寂しいです。キャラに凄く愛着があるので、このまま読み続けていきたい気持ちでいっばいです。でも、最後なんですよね(泣)

おまけみたいな形で、蒼江父×錦の過去篇いよいよ連載開始決定には、やったーと思ったんですけどね…なんちゃってでした(笑)この人達は、まだ何処かで生きているような気がしてならないので、期待してしまいました(笑)

レシピシリーズも、志水先生にしては変わった雰囲気のお話になっているので凄くオススメです。

たくさんの愛と幸せな気持ちをありがとうございました。BL歴史上においても忘れてはいけない作品だと思っています。名作です。出会えて良かった作品でした。オススメします。

5

6巻目

『死んでもいい』
エロエロ。
いちゃいちゃラブラブバカップル。
どんだけ淫乱受けなんだよ。
毎日しても まだまだ足り無いって!!
攻めが倒れて病院行くのは当たり前です。
でも 病院でも盛っちゃう!
勝手にヤッテろ!

『ぼくのすきなおじさん』
おじさん 僕の事 拾ってよ。
かわいい男子に逆ナンパされ くっちゃったおじさん。
おじさんらしくネチネチ攻めています。
それよりも萌えたのは 医者なのにヤクザにしか見えない攻めの姿。
攻めの実のお父さんとお兄さん達も とってもいい味出してます。
医者一家なのに ヤクザ一家にしか・・・。コワモテです。

6巻目 楽しめました。

1

ラブモ完結編+レシピ

史貴編。
大好きだけどやっぱりこの話は私の中で番外編的な位置づけです。
や、この過去あっての蒼江や高宮なのはわかるんだけど、どうしても今のカップルに感情移入して読んでいる部分があるので。

嘘予告の蒼江父×錦は是非とも、是非とも!!見たかったんだけどなあ……

同時収録の『レシピ』
BLにおいてここまで優しくされない主人公がかつてあっただろうか……でもいいんです。そこに愛があれば。たとえソレが歪んでいたとしても。
どSカイヤさんに捕まってしまった洸は本当にご愁傷様です(笑)

3

私にとってのBLの原点

「是」が大人気の志水ゆきさん。しかし私にとっては志水ゆき= LOVE MODE です。レシピもLOVE MODEもコミックスを持っている為、購入を踏みとどまっていました。絶版などで読めなくなった作品を集めた完全版。持っていない作品だと有りがたいけど、完全版はなんせ高級品なので購入に勇気が必要なんですよね~ 「LOVERS MODE」も小冊子持ってるし、読みたいのは初収録の「LOVE UNLIMITED」と「なんちゃって予告」だけ。その為だけに購入するのはどうかと本気で悩む日々が続き、私ハゲるかと思いました(笑)

だけど良かった!! 蒼江と23歳になった直也のその後、たった数ページだけでお腹いっぱいになりました。だって、あの蒼江が指輪してるんですよ!束縛する事はあっても誰かに縛られる事なんて無縁の様な男が、年下の直也に操をたてて(笑)薬指に指輪を。。。もう感無量です。直也はネックレスに指輪通してるのに・・・蒼江、やはりあなたの方がメロメロなのね。直也の尻に敷かれる日もすぐそこかしら?って一人でキャッキャ言いながら読んじゃいました。

思いがけず蒼江父×錦の新連載なんちゃって予告続きも有り、大満足の一冊です。私のように既刊コミックスをお持ちの方で購入を迷っているそこのアナタ! 蒼江の指輪で十分モトが取れますよ。後悔しないうちにぜひ♪

5

完結してしまった。。(┳Д┳)。。

読みたくても読めない絶版になっていた名高い作品がこうして
全集として発売されたことにまず感謝×100♪

しかも、コミック初収録の作品、全プレ・サイン会配布ぺーパー等の作品とかが収録されていたりと
腐女子暦浅~い自分はもう”ありがとう”とういう感謝の言葉しか言えない全集でした・:*:・(●´Д`●)・:*:・

 
”是-ze-”から志水先生に嵌った(知った)自分は
最初 LOVE MODE全集1巻 を手にした時あまりにも今の絵と違い・・・・・・・
正直・・・・・好みじゃなくドン引きました(´`υ)志水先生ごめんなさい。。。。。。

だけど
巻が進むにつれお話に惹きこまれ
そしてだんだんと洗礼されていくキャラたちにどっぷり嵌り本当に手にして良かったと
前述のとおりの気持ちでいっぱいになりました・:*(〃∇〃人)*:

全集最後となったこの6巻。
蒼江の過去、高宮と蒼江の出会い、回想で度々登場していた史貴と蒼江と高宮の関係と今まで謎だったすべての事が明らかに・・・・・・
ラブモいち、涙なくては読めなかった巻です。
このお話を最後にした志水先生がほんと続き憎いっ(笑)

それぞれのキャラが辛い事、悲しいことたくさ~んあったけれど
最後にはみんなハッピーになって良かった♪

特に 蒼江×直也 CPが大好きなのでラブラブ幸せになって良かった♪
この巻収録の「LOVERS MODE」で
直也が蒼江を煽ってしまった言葉&行動にご馳走様をし
蒼江が始めて直也に“愛してるんだ”と言ったシーンは号泣。

そして
その後収録されている「LOVE UNLIMITED」の
蒼江のあまえ度と直也とのいちゃいちゃ度が堪らんっ゚.+:。(〃ω〃)゚.+:。
あ~しかし、
このお話で直也がネックレスにしていた指輪と
蒼江が左薬指にしている指輪のエピがっっっ
二人で指輪の交換をしたのは想像できるのですが
その時のエピが本当に気になるーーーーーーーーー
ものすんごくっ気になるぞーーーーーーーーーーーーーーーー。


何度も読み返してしまうこの全集♪
描き下ろしの表紙とキャラ紹介もすこぶる素敵で
お得感満載っ\(≧▽≦)/

5

いつの日か蒼江父×錦を…!

はぁ~…終わってしまった…。蒼江・高宮・史貴のお話は哀しかったけど、その後二人が和泉と直也を手に入れて幸せになったのならいいや。きっと史貴も喜んでるよね。

コミックス初収録の『LoversMode』は蒼江×直也。な、直也が可愛すぎる…!蒼江から朝にしては濃厚すぎるキスをされた直也が、エレベーターのとこまで追いかけて行って、蒼江にチュッとやって下唇をハムっと噛んでペロッと舐めて…。ちょっと膨れた顔で「お返しっ」とか鼻血ものです。そりゃ蒼江の理性もブチキレるはずだ。玄関で一生懸命ご奉仕してる直也がエロいです。

『LOVE UNLIMITED』では、数年後の和泉は精悍な男性になってました。背も伸びてるし。でも高宮からは相変わらず可愛い可愛い言われてます。和泉が入社する度に全部会社が倒産(笑)。結局高宮とイギリスに移住することになりました。ラブラブでよかった☆

蒼江と直也は上海でホテル暮らしをしています。贅沢…。直也は色気増してたような…。髪型も変わってて大人っぽくなってました。蒼江は…あ、あの蒼江が直也に甘えてる!?蒼江が寝起きにぐずってる!?(笑)。直也もしょうがないなっ続きて感じで起こしてる!人って変わるもんだなぁ…。平和そうでよかったよかった。

蒼江父×錦の『血も涙もないけれど』は……本当に連載されたら…凄そう。「なんちゃって予告」のままでいいよ。蒼江父やり過ぎだよ。錦を手に入れるためにお山ごと燃やすって…。
蒼江父と鹿島父の妻らしき女性達もちらっと登場。っていうか剃髪した錦って初めて見ました。……やっぱ髪の毛はあった方がいいな…。

『レシピ』は旧版で既読済み&レビュー済み。エロさが「神」ですよ。この作品は。特に「死んでもいい」のカップルが好き。表題作のカイヤ×洸のお初ネタも読みたかったなぁ。相当酷いらしいけど。

『LOVE MODE』もこれで終わり。『是』も最終章に入ったことだし、ぜひ蒼江父×錦の過去編をやってくれないかな…。昼ドラ並みのドロドロな内容でもいいから。いつか…いつか(´Д`)

4

世界は愛で満ち溢れている

『LOVE MODE』最終巻は、ついに史貴が登場。
彼は高宮と怜二の愛する大切な男でした。
高宮にとっては大切なたった一人の家族で、
怜二にとっては自分が“蒼江”という大きな苦しみを背負っている中で唯一甘えさせてくれる存在で、
そんな史貴を失った二人の絶望が、もうめちゃくちゃ痛い…
史貴の死に関しては、誰が悪いとか、そういうのはないと思うんですが、確かにこれは後悔しますよね…
でも確かにあそこでああしなくちゃいけなかったんだと思うんです、二人は。
あの機会を逃したら、結ばれることもなかったのかもしれない。
だからそう思うと、史貴の死という結果が待っていても、ああなった事実は美しかったのかもしれません。
また、それでも蒼江と結ばれた史貴は幸せそうだったというのが唯一の救いでしょうか。
そして怜二と高宮それぞれが、史貴の死を乗り越えて大事な相手と出会ったということが
すごく奇跡のように思えて、もう二人が愛しくてたまらないんですよ!!
史貴の死で、人を愛することが怖かったかもしれない二人。
でもそんな気持ちすら吹っ飛ばすような、愛しい存在が現れて、恋に落ちて。
続きうまさしく奇跡なんですよね!!
史貴に関しては、この後直也と和泉の前に現れるというエピソードがあるのですが、
これがもうめちゃくちゃ感動で!!
史貴も直也も和泉も、彼らの中ではそれぞれかけがえのない大切な存在なんでしょう。
志水先生が巻末で、「蒼江が空を見上げるシーンからラストまでのくだりを書き終えた爽快感と達成感が忘れられない」とおっしゃっているのですが、
もうまさしくあのシーンこそがラブモの一番の見どころというか、
このシーンのためだけに今までのラブモがあったといっても過言ではないでしょう。

今回コミックス初収録となった『LOVE UNLITED』では、23歳になった直也と和泉が登場。
二人とも素敵な大人の男性になってます・・・!
それでもなんでしょう、素晴らしい受として育ったというのでしょうか、フェロモンものすごいよwww
和泉は男らしくなったと思います。
それでも中身は変わってなくて、相変わらず高宮に振り回される日々。
軽口をたたきながらも楽しくも幸せそうな二人です。
一方直也はお色気が凄い!!ムンムン!!
いい具合に美青年に育ちました。ものっすごいイイ受ですよ!!ハァハァ
これはもう二度と玲二が離してくれるわけがありませんね…可愛い!!!
また、怜二と直也カプに関しては、『LOVERS MODE』もオススメ。
初めて怜二が直也に愛を伝えてくれます。
もう、愛が溢れちゃったんでしょうね…!!

同時収録『レシピ』はコミックスで既読。
相変わらずすごい男だよ、カイヤ…!
エロも特盛りですね。
しかしPROFILEを見て、レシピシリーズはえらい犯罪漫画やったんだと思い知らされましたww
中学生にそんなことしちゃらめぇぇぇーーーwwww
そしてPROFILEのラストに史貴を持ってくるところがニクイ。

この『LOVE MODE』は志水ゆきという作家の素晴らしさがよーくよ~くわかる作品でした。
『是』から知った志水先生でしたが、私の中では『是』より上かもしれない…まぁどっちも素晴らしいんで決められないんだけど。
蒼江家の確執やらなんやら色々ドロドロもあったけれど、
結局全てが「愛」だったんだな、と。
蒼江父が全ての愛憎の起源だったように思いますが、
蒼江父のあのようなバカげた行動も、錦というたった一人の男に対する歪んだ愛故だったんでしょう。
この世には人を傷つける間違った愛もあれば、人を幸せにできる愛もあるんです。
願わくば、人を幸せにできる愛で満ち溢れますように。

5

いよいよラスト完結でまたもや涙です!

たっぷりボユームで毎月発行されていた「志水ゆき全集」もいよいよラスト第6巻、ラブモの完結とレシピです。
あれ?今更ですが、第一期最終巻ということは・・・第二期もある!?
はい、楽しみにさせていただきます♪

今回は蒼江玲二と高宮桂に関係していた、史貴との過去が明らかになる話です。
NYからイギリスに渡った時、ちょっとした詐欺で知り合った史貴と玲二。
そして偶然出会った高宮の家に宿泊することになると、そこで史貴との再会が。
史貴は高宮の叔父だったのです。

唯一の肉親の史貴へ対する高宮の愛情。
そんな愛情にかすかな嫉妬を覚え史貴に魅かれていく玲二。
史貴の子供のような純真さと、マジシャンとしての凛とした姿。
そんなギャップにどんどん魅かれて行く玲二は、ひと時蒼江の家のことを忘れられて人らしい、温かい生活を送れて幸せだったのだと思います。
ただ、この二人の気持ちが通じた時に起きる悲劇に、玲二の気持ちにもう涙があふれてたまりませんでした。
たくさんの言葉や愛をかわしたわけでもないのに、この二人に流れる静かなものが、じわじわと染みわたって伝わってくるのです。
史貴続きは、最後に「いつまでも桂と友達でいてやってくれよな」と高宮への肉親としての愛情も見せるのです。
本当に愛に溢れた人でした。
過酷な蒼江という家に縛られることになる玲二が直也と出逢い、彼を愛したのも、このイギリスでの出逢いと別れがあったからこそなのかな?
と、とても史貴が愛おしい人に思えるのです。

それにしても蒼江父達の死亡については本当に疑問が残ります。
ひょとして?と思うのですよ・・・
ドラマCDの全サについていたという「なんちゃって予告」
信じたくなります。本当に「是」の後でもいいですから復活して描いてもらえないかしら?と希望してしまうのですよ。

『レシピ』
初読みでしたが、このシリーズはちょっと偏執愛ですね。
元モデルでカフェのオーナー・カイヤはたかが少年を手中に収める為にかなりあざとい手を使っています。
少年・洸も気が付かないうちにその手中にまんまと絡め取られている様、カイヤは恐ろしい人です!
自分のモノの証としてピアス・・・次は緊縛?SM調教へ行くのかーーー!
でもゾクっとさせますね♪

『死んでもいい』
は超淫乱受け潤一と犯り殺されそうな(?)精魂残さず絞り取られる侑仁が悲惨でおかしいww
ちょっと息抜きなおかしな二人って感じですね♪

『ぼくの好きなおじさん』『ぼくの大好きなおじさん』
この産婦人科医・蓮爾はヤクザみたいな外見なんですが、一族皆ヤクザみたいで全く医者に見えない!
事務所も組事務所見たいで思わず笑ってしまったよ。
何でもよく拾う蓮爾が拾った捨て子が、甥っ子として戻ってきて「ボクを拾って」って、、、
蓮爾、犯罪ですよ、犯罪!!
このさとしという甥っこもまた小悪魔ですわww
でも、こういうカプ好物です♪

こうして6冊読み終わり、それでもまだ読みたいと思わせ、ストーリーの古さも感じず、こういう「愛」のテーマは形は色々あれど不変なのだと、つくづくこの作者さんの優れた面を見せてもらった気がいたします。
満足な全集・第一期だったと思います。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ