コレクション・ブルー

コレクション・ブルー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
20
評価数
7件
平均
3.1 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784592876410

あらすじ

両親を失くした後、狩谷修兵は階堂惣一という篤志家に引き取られ、大学生活の傍ら起業し成功している。そんな修兵は階堂から瑠璃という少年を預かる。瑠璃は非凡な画才の持ち主だが世間に疎く…。
(出版社より)

表題作コレクション・ブルー

学生で起業家 狩谷修兵・23歳
事業家に囲われていた青年 結木瑠璃・20歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

食傷気味というのがぴったり 甘〜いお話です

きたざわ先生らしいお話で、ごくごく普通に楽しく読ませて頂きました。

内容は、会社経営兼大学生×超箱入り画家のピュアでごく甘なお話でした。
受けの瑠璃が純真無垢という言葉がぴったりな、健気な素直さん。そんな世間知らずな瑠璃に色々教ているうちに、攻めの狩谷も可愛いあまりにメロメロに甘やかして溺愛しちゃうんです。自分の事を信じて頼りにされちゃう可愛い無垢さ…しかも体も無垢ときたら愛しくもなりますよね(笑)瑠璃が何も知らないのをいい事に、上手い事言いくるめる腹黒さも楽しませて頂きました。腹心の浅野さんの食傷気味という言葉には、うまいな〜と笑わさせて頂きました(笑)私的には、浅野さんの雰囲気と物言いがツボで結構好きでした。
本当に最初から最後まであまあまな2人でした。

ただ、先生らしい優しい作品だとは思うんですけど、大きな展開もなかったからか、若干の物足らなさはあったかなあと…すみません。でも安心して読める作品です。
箱入り大好き、激甘〜いお話大好き、優しい安心感のある作品をお求めの方にはオススメかと思います。

2

疲れた時には甘いものが欲しくなる。

と書いておきながらなんですが、私はホントに疲れた時はきたざわさんは読まないんですけどね(好き作家さんには違いないですよ)。それはともかく。

きたざわさんのお得意設定のひとつで『箱入りで、長いこと俗世から隔離されて暮らしていた受』に、『社会的ステイタスのある俺様攻』が、いろいろあって結果的にはメロメロになっちゃうという。同じような作品がいくつも浮かびます。

ただ、それらと比べると明らかに『甘い』です。ラブラブという意味でも、ヌルいという意味でも。
そこが物足りないという人と、だからいいという人と分かれるかもしれませんね。私は後者です。

他の『箱入り受を、事情はどうあれ(まあほぼ間違いなく押し付けられて仕方なく)受け入れる攻』は、まず例外なく受をあからさまに邪魔者扱いしたり、Hを強要したりから始まるんですよ。でも、狩谷(攻)はもうかなり初っ端からベタ甘なんです。いやもう、引き受けてからの『いろいろ』がなくて、いきなりラブラブになっちゃう。

私は、この作品がたまらなく好きってほどではないんですが、他のきたざわさんのこういう設定の作品のパターン(強引に~のあ続きたり)が好みじゃないのと、何よりいつも同じような展開なので、これも読みながら『どうせまた・・・』と諦めてたらなんか違ったんですよ。

そこが、きたざわさんのこのテのストーリーでは斬新とさえ感じました(いや、さすがにちょっと言い過ぎかも)。瑠璃(受)が、あまりにも純粋無垢だから、というのもあると思います。この子は冷たく突き放せないよね、という感じですね。

とにかく、終始甘いんです。よくありがちなように、何らかの誤解(や、そこから来る嫉妬)から攻が受を強引に攻め立てて!なんて流れにもなりません。イヤもう、いっそ清々しいほどのあまあまです。

もう何も考えずに『ベタ甘な王道』に浸りたいときには最適です。逆に、ストーリー性を求めたらアホらしくなるかもしれません。
でも、トータルではなぜか結構好きなんです。

ただ、イラストの高宮さんは苦手です。こちらも、瑠璃が作中描写されるような美貌にはまったく見えませんし、狩谷も同じく・・・キャラクターに一切魅力が感じられません。好きな作品だからこそ、とても残念です。

5

きれいなお話

主人公2人も周囲が目を見張る美系で、才能があって、多少訳アリではあるけれどそんなのは大した障害でもなく、
トラブルについてもさほど大きなものではなく
全体がとてもきれいにまとまって、ストーリーとしては物足りなさは感じるけれど、きれいなお話が好きな人には好きかな?な一作だと思いました。

狩谷は世話になった老人にゾンザイな口のきき方をしてやんちゃな面を見せますが、会社が成功しているということはそれだけ優秀な人間でもあるのですよね。
本当にイイ人!
瑠璃を蔑むでもなく、ごくごく自然にそしてメロメロに。
身体を重ねるようになると、それは恋する少年って感じで宙に浮いてる感じw
見目もいい、頭もいい、そして優しい(好きな人限定ですが)文句なしの好青年だとは思います(ちょっと軽いけど)

対して瑠璃は、まったく外界との接触がなかったので無菌培養の超箱入り!
だから狩谷にまるでヒナの刷り込みみたいになついていくわけで。
今まで老人の元にいたことも、何があったかとか余計な詮索もしなければごくごく自然に接してくる狩谷に堕ちてしまうのは、恋かどうかは不明ですが、まあ、いいんじゃない続きか、箱入りだし。
彼の生い立ちとか老人の世話になった理由とか、絵を描いていたのに急に老人の元から放出された理由とか、多少の彼にとっての障害ではあるのかもしれないけれど、本人がさほど重要に考えてなさそうで、わりとあっさりとしている。

アマアマのラブラブの2人に何が襲いかかるかと言うと、狩谷と同じように社長をしている篠宮の、狩谷への嫉妬だという、さほど大きな問題でもなく。
ただ、老人がどうしてこういった若い才能を後援しているかという理由には大きな意味はなく、ただ単に道楽?みたいな・・・
なので、全然複雑でもなく、さほど人間の見にくさも見せることもなく、何だかサラサラサラ~と流れて行ってしまったのでした。

狩谷の周囲の人物で会社の腹心・浅野と、大学の友人十和田の存在も気になるは気になるのだが・・・
本当イイ人達で、それ以上の何者でもなかったです。
ひょっとして裏設定で浅野×十和田というのがあるのか?と勘ぐっては見ましたが。
きれいすぎて印象は薄い作品です。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ