如月弘鷹の大人気コミックからスピンオフ小説が初登場!

兄弟限定!BROTHER×BROTHER~ANOTHER SIDE

kyoudai gentei brother brother

兄弟限定!BROTHER×BROTHER~ANOTHER SIDE
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
3件
平均
1.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
原作
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784044520144

あらすじ

令司は映画「光と影の情熱」の新米助監督。撮影現場で出演者の橘弥緑や新人の総一郎とふざけてばかりいる人気俳優の久世に眉を顰めていたけれど、彼のさりげない優しさや映画にかける情熱に惹かれていって…。
(出版社より)

表題作兄弟限定!BROTHER×BROTHER~ANOTHER SIDE

人気俳優・久世光成
新米助監督・浮島令司

同時収録作品兄弟限定

総一郎

評価・レビューする

レビュー投稿数1

原作好きな人は、ちょびっとだけ出てくる雅東を愛でれば良いと思う。

成宮さんの小説……ということで、期待半分、心配半分、って感じだったのですが、見事に外されました><
成宮さん、私的に当たりハズレが大きいんですよね~。
好きな作品はすっごい好きだし、好きじゃない作品は超駄作だと思うし。
やられたなぁ。今回は外さないで欲しかった……。兄弟限定、大好きなのに……。

内容的には、漫画のほうでもストーリーのキモになる映画「光と影の情熱」に関わる、白川兄弟以外のキャラのお話です。
白川兄弟が要のあれとかこれとか、総一郎のあれとか雅東のこれとか、そんなごにょごにょのなか兄弟としての絆を深めていっているのと同時進行で、他の場所でもドラマがあったのよ、というお話。

新米助監督の浮島が、人気俳優の久世に何故か惚れられ、何故か雅東との仲を誤解され、何故か犯され、何故かくっついちゃいます。
ホント、読んだ直後なのに、それ以外のストーリー説明がなにも思い浮かばない、という内容。

とにかく、語り部の浮島が、駄目すぎる。
仕事できない、粗忽すぎる、要領悪い。二言目には「あの人苦手」。
それで失敗ばっかりしてたら世話ないわ!
挙句言うに事欠いて「あ続きなたのように適当に生きてない」とは何様だ!充分適当だっ!

強気かと思いきや、「久世さんに好かれるなんてあるはずない」と鬱陶しいほどに後ろ向き。かと思えば最後あたりは別に「誤解が解けた!」みたいなドラマがあったわけでもないのに何故か信じちゃったのは、ページ数の都合?ってくらい唐突でした。

まあそれはさておいて、とにかくお話が、まったく全然記憶に引っかからなくて、スルスル抜け落ちちゃうんですよね。
なんだろ、この印象の軽さ?
なんか淡々と日常を消化しているだけで、その中で繰り広げられる人との関係とか仕事の大変さとかが、まったく伝わってこないんですよね。

読んでる途中の印象は「映画とかドラマを見た人が、その内容を書き起こしているのを読んでるみたい」だったので、これ如月さんの原作で、ストーリー展開とか心情まで細かく指定されて、上手く書けなかったのかな?なんて邪推してしまいました。
けど、アトガキ読むと、どうも内容は成宮さんお任せだったようですね。
挿絵も「あれ?怪我はどこ行った?」みたいに、内容と合っていないところがあったりしたので、「コラボ」というよりも「設定借りた独り舞台」って感じになってしまっていて、とても残念でした。

あ、映画の予算がらみの橘の身売りにちょっと触れているんですが、それについてはチラ見させてるだけで説明もなにも一切なし。
これは漫画読んでないと、何があったのか、何のためのエピソードなのか、ちっとも分からんです。
私は個人的に、こういう「あっちの作品も読め」的なスピンオフは好きじゃない。
本として発行するからにはこの1冊でちゃんと萌えられるだけの情報を最低限与えるのがマナーだと思います。
原作読まずに読んだ人は、モワモワしたまま読み終わること間違い無しです。

好き漫画と好き作家のコラボで、とても楽しみにしてたのになぁ……。
残念です;

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ