さんにんぐらし

sanningurashi

さんにんぐらし
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×26
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
53
評価数
13件
平均
4.1 / 5
神率
30.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
バーズコミックス ルチルコレクション (コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784344821514

あらすじ

兄の敦成と二人ぐらしの幸司の家に、敦成の恋人・春樹が一緒に住むようになる。毎日が少しずつ賑やかで暖かいものに変わっていき…。
(出版社より)

表題作さんにんぐらし

ウエイターバイトをする大学生の兄 坂内敦成・19歳
厨房勤務の同居恋人 渡辺陽樹・19歳

同時収録作品初恋と、それから

涌井杏一 バイト先の先輩 高校生
坂内幸司 高校生

同時収録作品ゆびきり

町井暁生 高校生
吉田一政 保育士 23歳

その他の収録作品

  • それからと、これから
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

弟くんの素直な感情の表現が良い!

表題作ももちろん、平喜多先生の描く家族の良さが表れていてとてもよかったんですが
弟とバイト先の先輩の話が特に面白かったです!
最初先輩の押しの強さに少し苦手意識があって、それを本人にも示している(それも愛なんですが)所からの、先輩に救われて変わっていく心情の表現がすごく好みでした!自分が他の漫画では見たこと無いような素直でリアルな描写でした。
絵がふわふわしていて可愛らしいのに、内容がしっかりしていて漫画として普通に感動してしまいました。この人が描いた他の作品も読んでみたくなりました!

1

泣きました

平喜多ゆやさんの作品は、読後に心が温かくなる感じが好きです。

今回は両親がいない兄弟と兄の彼氏が同居を始めて…から始まるお話でした。
この兄の彼氏の陽樹もいい人だし、兄弟間の絆も強いし、3人が本当の家族のように過ごしている様子に心が温かくなりました。彼氏を紹介する時、自分の弟はわかってくれるから大丈夫だと信頼している兄ちゃん。兄ちゃん達と関わることで、もう一度人を信じようと思えた幸司。「さんにんぐらし」だったから、過去のつらい経験があっても幸司は真っ直ぐに育ったのだろうな~と思いました。
「初恋と、それから」では、そんな幸司のお相手となる杏一もいい子でした。幸司に彼氏ができたことで、今後「さんにんぐらし」がどう変化しても、いい関係が築けるんだろうな~と自分も前向きになれるような気がしました。

3

ほっこり

表題作は、小学生の弟と、兄と、兄の連れてきた恋人が家族になって暮らす話。
兄たちは既に出来上がっているカップルとして登場し、主人公である小学生の幸司は、まだ恋愛のことはよく分かってなくて、でも、兄たちが幸せなら自分も幸せで、、
BL的には、子持ちやもめが男同士で恋仲になる話や、一族郎党次々みんなホモになるお話はよくあるけれど、こんな風に、愛があって一緒に暮らすならそれが幸せって、前向きで肯定的で温かい気持ちになれる作品って、なんだか珍しい気がする。

とっても、優しい気持ちでほっこりできる作品でした。

2

あったかくて、優しくて、幸せを感じます

思わず神を付けてしまいましたが、何だろう?これ
すごくあったかくて、主人公が幸せや喜びを感じる姿にとっても胸がジーンと来て。
自分まで優しい気持ちになれるんです。
表題は、どちらかというと小学生の弟が主人公。
兄のゲイカプの姿を、この少年を通して描いていて、恋人の話というより、家族が出来上がるという感じがメインな感じがする。
でも、この兄カプが幸せならば少年も幸せなわけで。
BLというものに、ものすごくこだわってしまえば、むしろ次の弟の話のほうがBLらしい話なのであるが、
それでもこの視点は斬新な切り口で、第三者を通して見た、恋人の在り方という表現もありなんではないだろうか、とも思うのですよ。

両親が離婚し、父親はいつの間にか家から出て行ってしまい、6歳年上の兄と二人暮らしの小学生・幸司。
ある日突然、兄が恋人を連れてきて一緒に暮らすからと言う。
その恋人・陽樹が来た事により、兄に笑顔が増え、幸司にも笑顔が増え、だんらんのような食卓風景があり、今まで兄弟二人だけでは足りなかったモノを補うことができるようになる。
そんな時に、ふと些細なきっかけで幸司に訪れる不安続き
小さい幸司と、陽樹の間に生まれる愛情と安心が、そのモノローグに思わずウルウルっと・・・
この題名の「さんにんぐらし」、その素晴らしさを、まざまざと見せつけてくれた、心があったかくなるお話でした。

【初恋と、それから】弟の幸司編です。
こちらの方が表題より長いんですよw
幸司を好きと言ってくれる、バイト先で幼馴染の先輩・涌井への気持ちの育って行く様。
ちょっと憧れたバイト先常連さんへの片想い。
兄との語らいで教えてもらう、恋への対処。
陽樹の家族との和解と、新しい家族ができる喜び。
そんな、普通の家族でも展開されるべく日常が、特殊な家庭環境なのに、普通に、ごく普通に展開されていく。
やっぱり、ここでも優しくて、
幸司の男としての成長を見ることができて、この気持ちにキュンとしちゃう。
この涌井先輩もまたいい人なんだv
ホモカプ二組の話なのに、みんな優しくて、誰かが突出して難のある性格とか、特徴がある性格とかでもなくて、特徴がないのが特徴。
しかもおだやかで、一つ間違えば地味な印象しか与えないものなのに、それを凌駕する、あったかさ。
下世話な推測をするなら・・・幸司は攻めだと思うんですが~?受けかなぁ?www
表紙カバー裏の本体表紙の、ちびっこ時代の幸司と涌井のお話もかわいいから絶対見てね♪

【ゆびきり】平喜多さんのデビュー作だそうです!
線も太くて・・・エチがあるぞーww
保父さんと園児の兄のお話デス。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ