ビックリするほどドジな恋

ビックリするほどドジな恋
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神14
  • 萌×213
  • 萌11
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
17
得点
158
評価数
41件
平均
3.9 / 5
神率
34.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
東京漫画社
シリーズ
MARBLE COMICS(コミック・東京漫画社)
発売日
価格
¥629(税抜)  ¥679(税込)
ISBN
9784864420129

あらすじ

ダメっ子トムとお守りのナオ。2人の関係がラブ?に変わる日は来るのか!? 大人気「ドジ恋」シリーズに、ぴりっとクールな「微炭酸男子」シリーズも収録したケビン小峰の待望デビューコミックス!
(出版社より)

表題作ビックリするほどドジな恋

幼馴染の高校生 トム(十六)
幼馴染の同級生 ナオ

その他の収録作品

  • 続・ビックリするほどドジな恋
  • ビックリするほど君が好き!
  • 微炭酸男子
  • Yes!微炭酸男子
  • 微炭酸ジェラシー
  • やめられません
  • 性長期

評価・レビューする

レビュー投稿数17

恋になるまで

幼馴染みのトムのドジっぷりが可愛いを通り越して面倒くさくなりました。
ドジっ子萌えもなく、お世話萌えもなく、園児と保父さん。
元から近すぎた距離にときめき要素が加わっても、今ひとつ代わり映えのない毎日にもうちょっと決定打が欲しかったなと思います。

他「微炭酸男子」シリーズ収録。
こちらのほうが面白かった。
ルームシェアする2人の温度差の違い。
ダダ漏れな壮太の気持ちを弄ぶミキオの意地の悪さが何故か嫌いになれません。
ミキオの言葉で一喜一憂してもめげない。
壮太の単純で好きすぎる気持ちが多少の事では壊れないと思えるからかもしれません。
支配欲の様な満足感に気持ちよくなって、気づけばどっぷり嵌ってしまう。
最初の温度差が逆転してしまう様な、好きな子ほどいじめたくなるに至るまでのチクリとする胸の痛みがとても心地よかったです。

0

なんか、新しいです!


ケビン小峰先生の作品は初読みです!
攻がドジで不器用で、ドテーって転んじゃったりヘタレとは違うダメダメな攻が新しいです!

そして、可愛い(*´˘`*)
でも、トムは暴走しすぎ突っ走りすぎですよね!
ナオの話をちゃんと聞いてあげましょう(๑´∀`๑)
こういうカップルも面白いですね~。
変態野獣化したトムがちょっと恐いですけどね(笑)

壮太くんの好きが駄々漏れなのも可愛いです!
共同生活って言うよりは同棲ですよね~。
コーヒー飲みたいななんて言う時点で、もうカップルですよ。
好きがミキちゃんにバレてないと思ってる壮太くん。
バレバレなんですけど、バレてるのに気付いてなくて…壮太くんを苛めるミキちゃんがめっちゃ恐い!
合コン行って女作れば?じゃあ、俺が行こうかなって感じの…壮太くんの反応を楽しんでる感が……ムッツリのドSって恐いです(^-^;

でも、ミキちゃんが好きすぎる壮太くんも
壮太くんの困ってたり照れてたりする姿を見て可愛いって思うミキちゃんも見てて、きゅんきゅんするカップルです(๑´`๑)

この二人の続きが読みたい!
昭島のお話も続き読みたい!
表紙裏のラフ画にも萌えました!

0

古き良き少女マンガにおけるほのぼの

なんというか、昭和の香り?古き良き少女マンガのようなほのぼのしたお話でした。

「びっくりするほど~」
受の子がお母さんにしか見えなかった(笑)攻めの子も着替えで袖に頭入れちゃうって幼稚園児かよ!!お母さん大変ねぇ、と笑ってしまいました。この二人の間にある愛情って、そのまま小さい男の子とお母さんのソレに見えてしまいました。

「微炭酸~」
受け様、かわいい。乙女ですね。なんだろう、この女子力の高さ。・・・ふと我が身を省みてorz。で、攻め様の余裕っぷりはなんなんでしょう。貫禄ありますね(笑)
少女マンガの王道カップル、という感じでした。

どちらのカップルもとてもかわいくて、ほのぼのしました。

1

抱きつき方が大好き

幼稚園からの幼馴染に突然告白をされる。
物語はそこからはじまります。
一見男だか女だかわから中性感を
感じ、これBLだよな?と
確認しながら読み進めた。

告白してきた大柄な十六くん。
タイトルの通りびっくりするほどのどじっぷり。

モタモタオロオロ。
大柄なだけに余計目立つ。

告白後十六は距離を置こうと努力する。ドジな十六の周りにはいつの間にか誰もが世話をやくようになっていた。

その様子をみてなぜかやきもき。

好きの思いは違えど、離れているのは辛いとはっきり自覚し
友達といて付き合おうと話す。

好きで好きでたまらない。
触れたくてたまらない。
このグルグルがとってもとっても切なくて甘い。

それは十六だからかも。
グルグルしている感情を殺しながら殺せてない。
素直な十六。

かわいー!
チューがしたくてくっついたり
初チューができて幸せ絶頂の中、ナオが初めてではなかったと
告白をされ激しく同様するところとか、かわいすぎる。
「俺の分のナオのはじめてはどこにあるんだ?」のセリフ大好き。

授業中もナオを激しく見つ続きめている。めっちゃ笑えて泣けた。

大きくて可愛いってのは
最強だな。

1

びっくりするほど君が好き!

表題作『ビックリするほどドジな恋』のトム(攻)はどじっ子という設定。
電柱にぶつかったり、お約束な人です。
え、まぁ人のことは言えませんがwこの攻めは100%天然です!!
しかもかなり暴走タイプ。ワンコもちょっと入ってます。
でもいきなり受けさんに告白したり、Hも積極的だったり、
意外と押せ押せなところがある人です。

そんなトムの発情ぶりに笑ってしまいました。
ギンギンの目でこっち見んなし!w
でも迫った割にHの仕方が分からないトム。
気持ちは好きが溢れているのですが、
それをいざことに及ぼうとしたら実行できないって…情けないっ!
なんだか受けさんはトムのお世話係みたいでした。
情けない攻めさんのドジぶり&受けさんの包容力が良い感じにマッチしていました。

『微炭酸男子』
自分のことで一喜一憂する受けさんをついついいじめたくなってしまう攻めさんのお話でした。
受けさんが攻めさんの言動にいちいち一喜一憂するので、
攻めさんは徐々に受けさんが可愛いく思えるのです♪
攻めさんは相手が傷つくと分かっててワザと合コンの話をしたり、
けっこうジメっとした意続き地悪(汗)をしちゃう人でした;
受けさんは完全に攻めさんの手のひらの上で転がされているのですが、
こういうのお好きなかたおられますよね。
手のひらの上で転がされたい、振り回されたい願望のかた!
受けさんに自分を投影すると萌える…のか…!?
といった感じのお話でしたw

1

面倒見のよい受けが好きなひとに

表題作は、面倒見がよくて包容力のある受けとドジっ子な攻めのお話です。

受けはかわいらしいかんじの外見ですが、ちゃんと男の子っぽくしっかりしたタイプ。包容力があって、優しいです。仕方ないなといっていろいろ許してくれそうな人柄だけど、「自分」はしっかり持っている。
攻めは見た目がかっこよくて寡黙クール風なのに、実はドジで思い込みが激しく、頼りないタイプ。おまけに口下手。一途で独占欲が強いところがあるようです。
ちなみに二人は幼馴染。このような要素にときめく方におすすめです。

登場人物のキャラクターについては、「よくあるかんじ」といえばそう言えなくもないですが、細かな設定がちゃんと作りこまれていて独自の要素があり、そこが魅力的でした。
恋愛までの過程を、重すぎない程度にさらっと描いており、気軽に楽しめる作品だと思います。

なにより良かったのは「これは作者さんも萌えていて楽しんで描いてるなあ」と思えた点です。そういう作品なので、キャラクターや話にも魅力を感じられたのだと思います。

個人的に特に萌えるタイプの受け攻めではなかったのですが、お話の完成度が高く楽しめたの続きで「萌え」評価にしました。
カプ傾向がはまる人にとっては、「神」評価にもなる作品なのではないかと思います。

1

青春×へたれ男

びっくりすほど~」カプ トム×ナオ
攻めのトムがとってもとっても可愛い・・・・。
へたれ男に世話焼き妻のようでキュンキュンさせられます。

ナオの初キス相手じゃないと知った時のトムの絶望顔・・・・
「ナオの初は俺じゃない・・・なお初は・・・」お前こわいよ!!!!
ナオもちょっと雰囲気に流されやすいので「まだHしたことないよ」とか
トムを元気づけようとして導いちゃってるしね(笑)
そんな二人はキスとまりなんですけどそこが萌えますね。
うんうん。キスしていきそうになるトムは最高!!!!!

微炭酸男子カプ

トムとは違うけどこちらもへたれ具合が良い感じです。
受けの彼はすごいよね。
計画的で小悪魔でしかも怖い(笑)
可愛い顔してそしらぬふりして誘ってるのに手がだせない攻めが可愛いです。
こちらは最後までいっちゃってます。


初コミックスでここまで面白い人ってなかなかいないと思う!!!
これからももーっとたくさんの笑いと萌えをプレゼントしてくれる先生だと思います。

1

ふむ

幼馴染で、いつも一緒。
お互いがいることが至極自然で当然だった二人。
その関係の近郊を崩したのは友情とは違う熱をもったから。
展開的には、幼馴染の淡い気持ちと、離れてみて解るもの~
ベタな展開ではあるのですが、ドジでダメでヘタレな相方と、
それをほおっておけなくて、そばに居ないことが寂しくなってしまう。
これは恋か。。。どうか。。。でも、、でも。。の葛藤がオイシイ作品でした。
あんなに思い悩んだのに、自然にチュゥしてしまう姿に萌(ノ∀`)
友達から、恋人へ。想いの変化が見えるのがイイですね。

◆微炭酸男子
攻を好きだ好きだ好きだと、無条件で愛してくれる男。
それにあぐらをかきつつも~。。。な嫉妬見え隠れなお話。
なんとも可愛らしい。
や、攻の方はまぁ。。。あんまり可愛らしくもないのだが
なんだかんだ言っても独占欲アリアリで、好きがはたから見れば
一目瞭然にわかって、口だけ番長的なところもイイ(・∀・)
最終的に、バイバイすることになったときに、なくのは攻の法だと思うw

エロ的には薄味ですが、これはこれで良作

2

ほっとけない!

もう、トムのドジっ子っぷりには参りました。
かわいすぎです。さらに、ナオの初めてを狙う本能的な行動(笑)たまらなく可笑しいのです。

なんだろう・・・こうほんわか?とした雰囲気の絵とトムのドジさがとっても合っているっていうのか、もう表紙のトムがナオをぎゅーーと抱っこしているのですが二人の関係性をよく表しているなぁと思います。

そして「微炭酸・・・」の方も良いです。
受が傷つけられちゃうのかなぁと思って読んでいたので
うれしい誤算。ミキオもかわいいところみたくて焦らしてただけで
結局好きだったんじゃん!
ってことでハッピーエンドでよかったです。

2

純情てんこ盛り

2つのお話が入っています。

トムとナオ
1つめのお話のこちらは、とにかくトムの言動が面白いw
ボケっぷりは大いに笑えましたw
思い込んだら・・のタイプっぽいので
結構シッカリ強引に行っちゃったりするところもあるんだけど
詰めが甘くて、そんなところが憎めないんですなw

ミキちゃんと壮太くん
2つめのお話は、壮太くんがとってもかわいかった~。
超のつくほど乙女、というか純情。

えっちぃのいっぱいな作品ってのも有りだともちろん思いますが、
こういうガッツリ純情なのも、かわいくてイイな~と
改めて思った作品でしたw

2

ドジっ子攻め×保護者受け、クーデレ攻め×素直受け

タイトル長くてごめんなさいm(_ _)m
そして、詳細は他のレビューでどうぞ( ´ ▽ ` )ノ

ということで、以下勝手なレビューが続きます。

読んで思ったのは、ドジっ子とダメ人間の違いって何だろう? ということでした。ダメっ子ト、ドジッコは同じ気がするんですよね。なのに、ダメ人間とは大きな壁がある気がします(~_~;)
本書の攻め、トムは明らかにドジっ子ですよ!
一人では、何も無い所で転ぶ。すぐに何かにぶつかる。朝の仕度ができない。などなど。 何というダメっぷり!
でも、ダメ人間ではなく「ドジっ子」ですよね…。

ふわっと面白い独特の空気がそう思わせるのかと。

そして、表題の他にもう一つ、「微炭酸男子」が収録されています!
個人的にはこちらの方が好きでした!

素直過ぎる受けと、受けの気持ちに気付いていながら無視するクーデレ攻め。
脇役たちも皆個性的で楽しい作品でした!
皆でワイワイ楽しく騒いでる作品が好き何ですよね♪( ´▽`)

受けの保護者的な親友と、攻めの傍若無人な先輩の二人が楽しい!

ぜひご一読を!

3

ドジっ子攻!!

表題作ともう一作連作で合計2作。
いやーー、どっちも可愛くてきゅんきゅんして微笑ましい話でした。

表題作は家が近所の幼馴染みで同級生の学生モノ。
トム[攻]は幼馴染みのナオ[受]が好きで好きで告白するも、それから暫く離れる事を同時に誓ったりと初っぱなから天然クンな予感がします。
このトムがドジ!!
何もない所でコケる位は当たり前で、もう次から次へとドジをやらかしまくります。
受でドジッ子設定は特に90年代BLを筆頭に受オプションでもありますが、攻でここまでドジなのは初めて見ました、不器用とかを越えてドジです、ドジッ子です。
ドジッ子属性に加え、ヘタレ攻で大型ワンコ系でもあります、そして天然。
なんつーー可愛い攻なんだ、トム!!
それに応えるナオも良くて、これは可愛くて良い学園モノでした~。

もう一作微炭酸男子は、大学生モノで、ルームシェアしてるノンケの男を好きになってしまう、ゲイの沢村[受]が可愛い~。
沢村が感情がそのまま表情や仕草に出てしまうので、攻は彼が自分を好きな事を知っているんですが見ていてそれがあまりに可愛いので黙って見ている。
そして見てい続きながら可愛いな~~と思っている訳です。
実際、沢村はもっそい可愛くて、確かにこれは見ていたくなるよなあ、可愛いと思うよなあという描写で描かれています。

表題作は攻が可愛くて、微炭酸男子は受が可愛くて、と違った可愛さを堪能出来る可愛い一冊でした。
可愛いといってもブリブリとした方向じゃなくて、さらりとしたあっさり目の線などちらかと言えばシンプルな絵柄で描かれていて、その絵柄も好み。
ケビンさんはこれがデビューコミックという事でしたが、絵柄もマンガの描き方もなかなかこなれていて新人らしからぬ安定感がありましたです。

3

すごくドジ

すごくおもしろかったです。

ビックリするほどドジな恋

微炭酸男子

の二つのおはなしです。
ビックリのほうは幼なじみの恋なんですけど、トムがめちゃくちゃドジ!
あんなドジな子いるのかなってくらいドジ(笑)
制服の襟もネクタイも靴下も左右違くて教科書どこに置いておいたかも忘れて、持ってるプリントも持ってるの忘れて・・・と一人で生きていけないんじゃないかってくらいドジで(笑)
でもナオのことが大好きで、いきなり告白して答えもらうまでナオとは離れてるって言ったけど気になって焼きもち妬いて面白い。
こうゆう子好きです。おもしろい。
ナオも離れてみて寂しくて二人はお友達から付き合うようになりました。
それからもトム笑わせてくれますね(笑)

微炭酸男子は同居してる壮太くんとミキちゃんのお話。
壮太くんはミキちゃんが好きで隠してるけどミキちゃんにはバレてます(笑)
壮太くんがカワイすぎます。
かなりわかりやすい。ミキちゃんがコンパ行くって言ったらめちゃくちゃ落ち込んで、行かないって言ったらめちゃくちゃ喜んで、すごくカワイイですねこの子。
こうゆう子になりた続きいですね。
ミキちゃんに好きって言ってもらえてよかったね。

2

かわいい!

かわいくて表紙買いしちゃいましたが良かったです!


表題作はタイトル通り、ほんとに攻めのトムくん「ビックリするほどドジ」です。
今まで見てきたヘタレの中でもトップを争いヘタレっぷりです。
勘違い、思い込み、暴走が通常運行。
ナオ(受)の事が好きで好きで仕方ないっというのがひしひしと伝わりました。でもドジ(笑)

もう一作「微炭酸~」は受け子のかわいいことかわいいこと。
攻めに片想いしていて、これがまた攻め中心で攻め大好き。
ぴよふわな感じがまたかわいいかわいい。


なかなかに面白かったです!

2

何だ!!このかわいいドジでヘタレな攻めは~☆☆☆

こんなに格好悪い攻め男子初めて出会いました。
でも、でも、でも、、、好きです!!
こんなウザい攻め、受けは嫌になっちゃうどころか、幼なじみだし仕方ないかな~って母親な気分にならないと受け止めきれないよね。
でも、彼の見せる逐一の姿、そして見たことのない姿、何より大好きダー!!という気持ちが、きっとそれが気持ちを動かしたとは思うんです。
好きすぎてヘタレる典型的男子を思う存分堪能させてもらいました♪♪
もちろん、愉快なだけでなくてキュンもv

もうすぐ進路がわかれてしまうかもしれないという焦りからとうとう幼馴染のナオに告白したトム。
突然のことにビックリするけれど、いつも通りでいいかな?なんて思っていたら、トムは少し距離を置こうと思うんだって言いだす。
だけど、やけに意識した態度、格好良く決められないドジぶり、あまりのヘタレ具合に、友達からね(ってもう友達じゃんかww)ってことで始まった二人の迷路は・・・(爆笑!)
もうね、段階を踏もうとするたびにドジってヘタレてオロオロする攻めのトムがかわいくてかわいくて、、
かわいいって、その本当の可愛さじゃないんです。
愛に続き溺れる者のまるで中二病のようなヘタレ具合が、思わず母親の気持ちで感じるかわいさ、って言うんでしょうかww
泣くは、コケるは、鼻血はだすわ、、初キッスをすればしたでナオに経験があったことを知り嫉妬で泣くし
初体験はまだだと聞けば、それは自分が!と妙に燃え(爆!)
初めての手コキには思わぬ失敗で「死んで償いをーー!!」
今どき珍しい純真な高校生達。
トムとナオのカプよいつまでも、、きっといつかトムの格好イイ姿も見られる・・・・カナ?

『微炭酸男子』のシリーズはルームシェアの相手との関係の進展のお話。
清水はルームシェアしている沢村が自分を好きということを知っている。
しかし、沢村が仲良くしている男子が彼の事をよく知って信頼しあっている姿にかすかな嫉妬を(本人自覚あまりなし)してキスをしかける。
ただ、沢村の自分に対するいろいろ変わる表情とか、明らかにわかる好きオーラをちょっと意地悪しながら愉しんでる喰えない男だ。
自分を好きな彼を好きって、突き詰めるとナルシストじゃないか、一番の構ってちゃんじゃないかって疑ってしまう。
沢村の一途からあるからこその清水だから、一見主導権は清水が握ってそうでいて本当は沢村なんだろうな~、という決して甘くないでも微炭酸という表現がぴったりなお話でした。

描き下ろし『性長期』トイレに手を引かれて連れて行かれるトムが小さい子供みたいだ(笑!!)
この単行本が初らしいのですが、期待したい作家さんですね。

2

ヘタレとクーデレ

初読みの作家様です。
正直、あらすじを読んだ時点ではそこまで期待はしてなかったんですが、何というか独特の空気感を持った方で読み終えてみれば思ってた以上に楽しませてもらいましたww

内容は表題作のシリーズと、あと大学生のカップルのシリーズの2作品。
どちらも受けが世話焼きで中性的なタイプなんですが、攻めの方が全く正反対なキャラなんですね。まずは表題作の攻めのトムなんですが……私が最近読んだお話の中でもうダントツと言っていい程のスーパー天然どヘタレでしたww
いやヘタレというより幼稚園児並みのレベル?とにかくナオが居ないと1人じゃ何も出来ないダメダメっぷりで、今時そんなコントみたいなドジっ子いないだろ~とツッコミどころ満載でしたw
自分から距離を置くと決めたくせにナオの友達に嫉妬して泣き出したり、勝手な思い込みで暴走した挙げ句自滅してくあたり実際に居たらホントうざくて面倒臭いタイプなんですが、これもひとえにナオを想うがゆえの行動だと思ったら可愛く見えてくるから不思議ww
行動は勿論のこと、精神年齢もまだまだお子ちゃまなんですよね、トムは。ヘタレはぶっちゃけ苦手なんですが、ここまで突き抜け続きるといっそ清々しかったです(笑
母性本能をくすぐるような攻めが好きな方にはたまんないお話では?

そしてお次は微炭酸シリーズ。
これ↑のヘタレから一変して攻めがちょっとSっ気の入ったクセ者タイプ?好き嫌いが結構分かれそうな気がしますが私は好きだ!ww
本人は隠してるつもりだろうが好意がだだ漏れの友人・壮太と同居するミキオ。自分の言動1つで一喜一憂する壮太の反応が楽しくて最初は気付かぬフリをしていたが、壮太の友人から無責任な遊びだと釘を刺されて―!?
最初は好奇心と優越感で接していたミキオが、本人無自覚で次第に壮太へハマっていく様子が凄い良かった!一見、壮太の気持ちを弄んでるように思えるけど、ミキオにその気がなければいくら好かれて悪い気がしないといって見て見ぬふりは出来ないと思うんですよね…相手は男だし。
私から見たらミキオの一連の行動は壮太の気を引きたいからにしか思えなかったww
クールなフリして意外と嫉妬深いミキオのギャップにツボ!そして有り得ない程の壮太の純情っぷりに愕然…!こんな健気乙女男子が普通に居たら世の8割の女の子は太刀打ち出来ないだろうな…(苦笑
密かに脇キャラ・野口先輩×昭島を狙ってたんだけど……なくて残念!w

2

おばさん男子!

ケビン小峰さん、初コミックスなんですね。
いやー、なんとも不思議な勢いのあるお話・・・。
「ビックリするほど~」と、「微炭酸男子」の二つのシリーズが収録されてます。
読みながら気付いたんですが、この二つのシリーズ、受けくんが女の子だったとしても普通に話が通じる!ほとんど男同志である必要はありません。
なのになんでこんなに面白いんだろう。
いやいやでもこれやっぱり女の子だったらウザいな・・・。これがBLマジックか。

「ビックリ~」のほうのトム×ナオはとにかくナオがおばさんくさい(笑)トムのお世話をかいがいしく焼くんですが、それもおばさんぽいんですが、なにより言葉づかい・しぐさが完全におばさん(でもかわいい!不思議)!
トムの失敗で顔射されて「あらヤダ」みたいな・・・。

「微炭酸」のほうは一転して、ミキオ×壮太で特筆すべきは壮太の超純情ぶりでしょうか。なんたって柔軟剤の香り!!これは女の子だったら・・・なんか女子に嫌われそうなタイプというか・・・本能で男を落とすタイプですね!でも男の子だから、「カワイイ」んだな~。

そしてわたし、このケビン小峰さんの肉体の描き続き方が非常に好みです。
細マッチョ?制服の時は普通なのに家でTシャツのときはなんかこうシャツの胸がパツパツというか肉厚!とか思ってたらカバー下にご褒美的なものが!!いい!いいお肉です。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ