今日、別れます

kyou wakaremasu

今日、別れます
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×217
  • 萌9
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

49

レビュー数
7
得点
126
評価数
33
平均
3.8 / 5
神率
18.2%
著者
河合あめ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
コアマガジン
レーベル
drapコミックスDX
発売日
電子発売日
ISBN
9784866534961

あらすじ

エッチの相性が最高で毎日セックス三昧の春隆と怜士。
けれど、それ以外一切合わないことを見て見ぬふりをしているのでは…と考えた2人は別れることを決意!
ところが、怜士はそれから毎日のように春隆の営む居酒屋に食事をしにきて!?
怜士の不可解な行動に振り回される春隆は、新しい恋人を作ろうとするけど??

表題作今日、別れます

三和怜士,リーマン
吉井春隆,食事処店長

その他の収録作品

  • 今、伝えます(描き下ろし)

レビュー投稿数7

暴走バカップル

身体の相性がよくて、お互いに好き合っている。
今が最高に幸せなら、そのまま享受しちゃえば良いのに...

最初は、ちょっと不穏な空気になったくらいで別れるんじゃないよ!
なんてつっこみながら読んでいたのですが...

個人的には、ほぼほぼ攻めが悪いなあと思いました。
ちゃんと口に出していないから、受けを不安にさせてしまうし。
おまけに溜息まで吐くなんて!溜息ほどマイナスな行動はないでしょう...

受け自身も自己完結で、勝手に攻めの心情を判断して行動してしまいますし...

圧倒的に言葉が足りない!
でも、端からみれば相思相愛の相性抜群で、別れるほうが違和感がある。
ただただ2人が暴走し、最終的には良いところにピッタリ収まりました。

どれだけ喧嘩しようと、お互いに大好きなことに変わりはないので、痴話げんかを読んでいる気分になります。

1

好みでした。

これは、好みです。
別れたところからヨリを戻すタイプのBL。
愛の形は人それぞれだけど、これはこれでより強くお互いを想い合うというか、離れてみて大切に気づくっていう歌とかによく出てきそうなテーマだけど、BLでは珍しめ。

攻が朴念仁で、受が陽気(というか、なんというか、私じゃこの受の魅力をコトバにすることはできないけど、かわいい…うーん…わからん!)、そして二人とも真面目。

お互いコトバ足らずですれ違っちゃって、じゃあ別れよからの冒頭セックスなんだけど、円満に別れたっていう割にお互いのこと考えちゃて、当て馬でアプリで知り合った男とか出てきちゃって、もうこれは大変ですよ!
すれ違い好きな私には、とんでもない性癖でした。
そんで、別れたあと受とちょっと喋っただけで勃起がおさまらない攻っていう設定にとんでもない愛を感じましたよ、皆さん!
おもしろい設定、おもしろい話の展開、これは今年のBLアワードに乗っかってきそうな勢いで新鮮でした。

1

別れます!?

表紙のめちゃくちゃ幸せそうに寄り添っているふたり。なのに…、別れるんだそうです。
いや、どう見ても別れるって雰囲気じゃないでしょ!?と突っ込みたくなってしまいます。

恋人にセックスが下手だと振られてしまった怜士と怜士にセックス指南をした、いろいろとゆるめな春隆は身体の相性が抜群だったため、そのまま付き合うことに。
ですが、身体の相性は良すぎるのに他のことはことごとく合わない。拗らせる前に性欲先行のお付き合いはやめようと、別れることにしたという。

仲が悪いわけでもないし、円満そうに見えるのになんで別れるの?とふたりの友人たちや周りももやもや、読んでいるこちらももやもや。

言葉足らずで思い込みで誤解してすれ違い、周りも巻き込み盛大に遠回りするお話しで、ばっちりわたしも巻き込まれてしまいました。
ふたりが再度出した答えにはほんとに、『でしょーね』というしかない(笑)

面白いなと思ったのが受けがちょっと痛い目に遭っちゃうかんじ。
攻めザマァはお見かけすることもあるんですけど、受けはあまり見ないような。
ザマァ、って言うほどではないんですけど、少しだけかわいそうでした(苦笑)

描き下ろしは無口な怜士がこれからは春隆にちゃんと伝えよう、言葉にしようと頑張った結果、実況系言葉責めになって春隆がぐっずぐずにされちゃうというお話しでした。

2

近すぎると見えないものもあるよね

ワンナイトだけの予定でセックスしてみたら身体の相性が合い過ぎることに気づき、そこから恋人関係が始まり、同棲もしていた2人。

そんな始まりの関係性ゆえに「身体の相性が良いからってこのまま恋人でいていいのか?気持ちよさを恋愛と勘違いしてるだけじゃないか?もっとちゃんと付き合える恋人をお互い探すべきなのでは?」って結論に至り、別れを切り出すところからストーリーが始まります。

でもいざ別れてみると、攻・怜士は受・春隆がいない家に帰ること、春隆のご飯が食べられないこと全てが寂しくなり、毎晩春隆の働く食事処に通ってしまうし、
春隆は出会い系で新しい恋人を見つけようとするものの、趣味も身体の相性も合わなくて、怜士と比べてしまってモヤモヤ…別れたはずなのに何故か職場に怜士が毎晩来るせいで余計に怜士への未練が振り払えずモヤモヤ…

どう見ても両想いなのに、大人だからこそ色々考えてしまったり言葉足らずですれ違う2人がとてももどかしく切ないです。

別れたことで自分の気持ちに向き合い、やっと相手への恋愛感情をお互いに自覚するそんな物語でした。
もどかしい大人のラブストーリーにキュンキュンしたい方は是非。

3

バカップルの日常の1ページ

攻め受けのふたりのHシーンから始まるストーリー。
いろんな体勢でやって満足したあと円満に別れる
別れる理由は、体の相性が良すぎてこのままだとセックスに溺れお互いダメになり、楽しいうちに別れましょうという。
作中それぞれの気持ちが描かれ、攻めを忘れようと新しい彼氏を探そうとする受けのちょっとしたエピソードも入る
言葉が足りず、すれ違う想い、誤解が解けて無事に復縁する。
読み終わると心の中に浮かんだのは、「お騒がせバカップル!」という言葉でした(いい意味です)
結局お互いが大好きで、そんな2人の誤解が解けるとき思わず笑みが溢れます。
描き下ろしの「今日、伝えます」。言葉数少ない攻めは気持ちをちゃんと伝えようと決意したら、エッチ中感じたことを全部口にしてただの言葉責めになる話も面白かったです


読者の感情を強く揺さぶるような内容ではなく、カップルのよくあるすれ違いや悩みという感じです
中身は薄すぎ濃すぎず、エロは結構あるが官能的や胃もたれするほど濃い描写ではなく、
全てにおいて【ちょうどいい】という感想です。
自分は夜勤明け頭を使いたくない状態で読んだが、それでもスッと頭に入ってくるほど内容はとてもわかりやすく、情報量もそう重くない。
わかりにくい例えだが、健康に良さそうな和食みたいな、誰でも受け付けられ・楽しめる一冊だと思います

4

困った2人

言葉が足りない事で思いっきりすれ違ってしまう恋人たちのお話でした。

読んでいてとても焦ったくなってしまいます。
お互いが相手を思い遣っているのに、どんどんどんどん空回りして行くんです。
ちょっと落ち着いて相手の話を聞こうよ、って言ってやりたくなりました。

周りの人たちの方が、2人の事が良く見えてるんです。本当にお騒がせで困った2人でした。

それでも怜士の事を思って泣く春隆の様子は切なかったし、春隆に彼氏が出来たと思って必死に慌てて駆け付けた怜士にギュンと来ました。


いくら前を向いて生きていく為とはいえ、別れた途端にマッチングアプリで相手を探そうとする春隆に、ちょっと引っかかってしまったのも確かです。
読者には最初から怜士が何をしたかったかは一目瞭然なだけに、春隆の行為が地雷な人も居るかもしれません。


4

好きな相手から拒絶されるのって、めちゃくちゃ怖いもんね

この幸せそうな表紙とタイトルのギャップが激しいですが、内容としては切なくてほろ苦くて焦れったい、大人の臆病な恋です。

これね、読み終えての一番の感想が、ホントしょーもな!!なんですよね。
えーと、端から見てると二人のしょうもないスレ違いと言うのが丸分かりってパターンなんですよ。
ただそれでイライラするかと言うと、逆に愛おしく感じちゃうのが不思議。
人って、年をとればとるほど臆病になっちゃうのよねと。
ましてや、好きだからこそ、本音でぶつかるのが怖くなる。
本当に好きな相手から拒絶されるのって、めちゃくちゃ怖いもんね。

なんと言うか、読んでて身につまされる部分がある分、優しくて幸せな気持ちにさせて貰える、素敵なお話だと思います。
でも、わりと明け透けな受けが苦手な方はご注意下さい。
私は気持ちいい事に正直な受けって、好きですけど。
ついでに彼は、泣き顔が不細工なんですよね。
普通、受けの泣き顔ってもうちょい小綺麗なもんだけど。
ただ、このグシャグシャなぶっさいくな泣き顔が、可愛く見えてきゃうのですよ・・・。
いい受けだ。


内容です。
エッチの相性は最高なのに、性格が真逆で合わない二人。
今のエッチしか無い関係を止め、別れる事を決意しますが・・・と言うものです。

で、新しい恋をしようと、積極的に出逢いを探す春隆(受け)。
しかし、別れたはずの怜士(攻め)が、些細な用事で顔を見せたりと、不審な行動をとってきて・・と言う流れ。

こちら、実は両視点で語られるんですよ。
まぁそんなワケで、「俺達は合わないから」と明るく切り出した春隆が、別れを選んだ本当の理由。
そして、春隆との毎日が辛そうだった怜士の、ホントしょうもない悩みなんかが読者には丸分かりだったりします。

これね、春隆ですが、明るくおおらかに見えるんですけど、実はとても気遣いの人なんですよね。
そして臆病。
で、怜士に至っては、結構バカと言うんですかね。こう、理知的に見えるのに。
互いが互いに遠慮して、ズレた方向に気を効かせて、別れを選んじゃう。
ホントにしょうもない。

しょうもないんですけど、そんな臆病な大人のスレ違いと言うのが、すごくあたたかいトーンで描かれてるんですよ。
親身になってくれる、周囲の人々とか。
えーと、そのおかげか、印象としては切なくも優しいなのです。
主人公の心の揺れまで。
とても素敵なお話だよなぁと。

ちなみに、しつこけど攻めはちょっとバカだと思います。
ただ、ここぞと言う時に男を見せてくれるのが素敵。
もうホントね、最初からこうあってくれれば、こんなに拗れなかっただろうに。
でも、この二人には、必要な「別れ」だったんだろうなぁと。
あと、完全な当て馬であるゆう君がちょい気の毒だったんですけど。
好い人なだけに、最初は。
でも、彼もまた、なかなかのいい性格でしたね。
てか、本当に気の毒なのは、散々巻き込まれた周囲の人達でしたね。
この二人、周りの人達に恵まれて、幸せだなぁ。

最後になっちゃいましたが、主役二人が揃って性欲過多です。
その為、エロ濃厚。
まぁ、愛し合う二人が抱き合いたくなるのって、当たり前の話だけど。
この時点で気付こうよ・・・。
二人とも!!


9

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う