好きな人と肌を合わせている筈なのに心の奥がグラグラする…

野狐禅

yakozen

野狐禅
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×27
  • 萌10
  • 中立4
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
12
得点
97
評価数
29件
平均
3.5 / 5
神率
24.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
コアマガジン
シリーズ
drapコミックス(ドラコミックス・コアマガジン)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784864360883

あらすじ

大学生のモンジは、サークル仲間だったチバと体の関係はあるけれど、本当に彼の事が好きなのか自分の気持ちに疑問を持ち始め───? 他、純粋すぎる『恋心』を描いた珠玉のラブストーリー「致死量分の愛を込めて」も同時収録!

コミックス&雑誌連動企画! 描き下ろし折本応募者全員プレゼント実施!
(出版社より)

表題作野狐禅

同じ大学のサークル仲間 千葉光基/萩原愷
大学生 文字平良

同時収録作品致死量分の愛を込めて【前編・後編】

学生 内田隆昭
学生 高橋

その他の収録作品

  • 致死量分の愛を込めて【前編】
  • 致死量分の愛をこめて【後編】
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数12

中は開けてみないと

中は開けてみないとわからないけど、最初から表紙の右が受けで左が攻めではないです。

ホラーっぽい漫画です。
オバケとかじゃないですが。
冒頭に「みえるもの」「みてはいけないもの」から始まり言葉が綴られていて「わからないほうが幸せなこと」と最後に書いてあります。
人間の心の見てはいけない部分を見せられてる気がします。
自分にはある意味、ホラーです。
ちょっと恐ろしくもあります。

モンジはチバが好きで、関係はセフレ止まりであってモンジはそれ以上になりたいけどチバが恋人とは思ってない。

モンジが表紙の彼(オハギ)と付き合うのは失恋してから。
チバも過去に囚われていて、モンジの言葉で目が覚めて前向きに生きようと決めたみたい。

描き下ろしの4コマ可愛いかった。
二人が肌かで抱き合って寝てる。
というか、モンジがオハギの上で頬をぺったりつけて寝てるのが可愛い。

もうひとつ話が入っていて、本気で人を好きになったことのない不良っぽい男(内田)の子が真面目っぽい男の子(高橋)の可愛いさに目覚めちゃう話です。
高橋が内田にキスされて号泣。
そして逃げる。理由続きは好きすぎて嫌われたくないから。
内田が高橋の事を本気でで好きだと気づいて高橋を追っかけるところで終わってます。
人生初の告白をするために追いかけるらしいです。

表題作のタイトルに狐とあるから化け狐でも出てくるかと思ってたけど狐にまつわる話は一切ありません。

読み終わってタイトルの意味に納得でした。

0

あまりにリアルで

絵が好みだったので購入。
狐が大好きなので、お狐さんのお話かしら?
お狐がこのちっこい子で、おっさんと色々あるのかしらーと思ったら、全然関係なかったです(笑)
デッサンがしっかりしていて、あまり書き込みはないですが、スッキリした絵ですね。ひたすら好みです。表情も上手いです。

話も上手いと思います。
でも、リアル過ぎるんですよ。
色々自分の嫌な事思い出したりし始めて、結局萌えに至りませんでした。
実際、恋愛って云うほどドラマチックでもなくて、自己中のぶつかり合いですよね。
分かるんです。
分かるんですけど、夢がみたいなあと少し思いました。
オハギがいい男ですが、なんか失恋してそのまま楽な方に流れた感が…………しんどい。
チバも屑だけど、それが分かっていてずるずるひきずってるだめんずウォーカーなモンジも何とももやもやします。
唯一、ポンちゃんが救いです。東京に行っても元気でね!電車で1時間以内だけど(笑)

やはり、BLは夢見て萌えたいですわ。
絵が本当好みなので、おまけで星一つ追加で。

1

美しいばかりが恋愛じゃない。

表紙が怖くみえてしまい
発売時には買うのを見送った作品です。

狐と人間んの物語なのかと
勝手に思っていましたが
人間同士のお話でした。

主人公は大学生にしては小さくて青年のようなモンジくん。
同じ大学生通う千葉くんが好き。
千葉くんとは身体の関係はあるが、愛情をもらってはいない。
モンジが抱かれる理由と
千葉が抱く理由は違う。
そんなモンジを暖かく見守り続けているのは
友達の萩原くん。

絡んでくる人間関係それぞれに
しっかりとした設定があって
何かを抱えていて、
当たり前だけど、それが日常だけど、作られた世界ではない
現実感がとても、心に響きました。

女友達のチエちゃんがなきじゃくりながら伝える言葉は
とても素直な感情ばかりで
応援したくなりました。

萩原くん1番良かった。

それぞれがそれぞれに幸せに向って歩き出せたのを見れて嬉しかった。

0

切ない……んだけど……

表紙と中身裏切ってません?(笑)
表題作の半分以上チバ(元カレ)でしたよね……?
いや、いいんですよ?チバかっこいいと思いますよ!
ダメダメなやつだけど……

確かに切ないんだけど……結局報われなくて疲れきってオハギ(今カレ)に流れた感があるんですが……

作品の雰囲気は好きな感じなので、少し惜しい感じがします。
女の子が出てくる作品も好きなんですけどねー。
同時収録も恋が始まるプロローグみたいな感じできゅんきゅんしました。

蛇龍さんの他の作品読んだら意見も変わるかしら。

2

あぁ、やっぱりワタシこの人の描く絵すごく好きなんだな
それを実感した1冊でした。
正直、ストーリーを読むというよりも雰囲気を読む作品でした。
間の使い方が巧いんだよ(ノ∀`●)ポッ
ひとコマひとコマが可愛いの。なんだろうこの愛らしさ。
でもね、タイトルと内容のつづくれは良くわからなかったの。
ん~・・・意味があったのかないのか。。。

表題作「野狐禅」
友人の女の人と自分の状況が如実に重なっている。
それをはた目で見、自らに置き換える。
それはまるで己をみているような~な部分からなお話です。
自分が見てきた相手、自分を見てくれていた相手。

後半のショート。
この攻の顔が好きだったりする。
漫画の一重キャラって萌えません???
なにげに無表情に見えて~な部分が可愛かったりする。
そして今回もまたあれです。
「好き」の意味をしらない攻が、「好き」を知る瞬間というのでしょうか
なんだか甘酸っぱいじゃないかっ!!!
好きすぎて~な受ももちろん可愛いのですが、
そんな姿をみて「かわいい」「愛おしい」と素直に感じるようになる
芽生えの瞬間がオイシイ続きのであります。
うん。うん。
思い切り甘やかす攻と、甘やかされて真っ赤な受の画が脳裏に浮かぶ作品
むきゃーーーーっ(●´Д`●)・:*:・

ちゅぅか、タイトルから、狐の話とおもってたんだよねワタシ

1

恋愛の感情移入

主人公の大学生、文字平良(もんじ たいら)は、友人の チエが好きな男に振り回されているのを慰めながら、彼女 の恋愛と自分と千葉の関係を重ねて苦しむ。

丁寧且つきめ細やかでシンプルなタッチの絵と、詩的な言 葉やコマ使いの中に、まだ成熟していない恋愛で心に小さ な影を落とし、成長してゆく主人公とその友人達が見事に 調和し、描かれている。現役の学生は特に共感できる内容 ではないだろうか。決して大げさではない表情が映し出さ れている部分は特に、却ってリアリティを作り、登場人物 の心情をよく表していると思った。

性的描写は非常にシンプルに描かれており、ドラマチック な展開もないが、印象は強く残る。この作品は、ホモセク シュアリティであろうと、ヘテロセクシュアリティであろ う、男であろうとも女であろうとも、心の柔らかい部分に つく傷や痛みに、差や境界線はないことを自然に教えてく れる。そして、その傷はいつか癒されるものであり、それ は常に誰かの温もりであるということも。

大学生であるはずの主人公の涙腺がやたら緩いのと、『野 狐禅』(禅に似て非なる独り善がりの邪禅のこと)という タ続きイトルが内容となかなか結びつき辛いのが難点である。

恋愛物語としては上手くまとまっていて、作品としての完 成度は評価できる。 しかし、主人公を取り巻く登場人物達に物珍しさが無く 少々深みが足りないのと、上記の難点から、萌萌にし たいと思う。

1

イライラするっ!

なんつーの…?
イライラします。
モンジのハッキリしなささに!
ホント自分のことばっかり!!
…ってことは、蛇龍さんの描き方が非常に巧みだと言うことです。
こうゆう状態の人や、こうゆう状態の自分…心当たりあります。
だから感情移入しやすいんだな。

そしてモンジを近くで見守り続けていたオハギの心情が全く描かれていないのがまたいいです。
彼は誰よりもモンジを心配していただろうに、その心情は全く描かれてない。
それが自分しか見えなくなっていったモンジを象徴することにもなっているし、後にオハギの優しさに気づくことにもつながる。
物語はモンジの心境のみで進むので、読んでる自分は感情移入してモンジになりきってしまう。
そんな時にストーン!とノーマークのオハギが入ってくるんですね。
オハギの温かさにホ~ゥ(ToT)としてしまうのです。

《致死量分の愛を込めて。》も良かった。すごく良かった。高橋がかわいくてかわいくて…。
あれからどうなったんだろ…折本欲しかったな…。(T_T)


二作品ともすごく良かったです。
でも評価を《萌え》にしたのは、二作品とも受けが女の子でいいんじゃないかな…?って思っ続きたから。
ついでに言っちゃうと前作の《アイがラブしてユーなのさ》も受、女子で良くね?
少女マンガで良くね?
FEELあたりでいけんじゃね?
…と思った。
でもBLだから読んだんであって、少女マンガだったら読む機会なかったかも…。
…いやいや!
蛇龍どくろ著作品なら少女マンガであろうとオカルトマンガ(ないない…)であろうとスポ根マンガ(もっとないない…)であろうとついていきます!

2

さらっと読んで、そう簡単に処理しきれる簡単な話ではないなぁ。

蛇龍さんの作品を手に取るのはデビューコミック以来。
雑誌で初めに読んだ時、あまりに絵がスッキリしてたので蛇龍さんと気が付かなかった。私的には今の絵の方が好きですが、意見が割れている様子。

お話は『本当に自分を幸せにしてくれる人は実はすぐ傍にいた、それに気が付けた幸せ』という感じです。
登場人物はみんな誰かに恋をしています。
タイラはチバの事が好き。
ハギワラはタイラの事が好き。
ポンちゃん(おネェ言葉で話す共通の友人)はハギワラのことが好き。
そして、タイラの幼馴染の女の子のチエはチバの事が好き。
じゃぁチバは?

矢印はちっとも向かい合わず両想いにならなくて、皆誰かを追いかけている状態。
ぐるぐるぐるぐる。
特にタイラとチエは本当に報われない。
ふたりとも、チバにとって『都合の良い存在』という位置付けである、それが分っていても、ふたりともチバという存在に惹かれ苦しいけれど関係(チエとの描写はありません)を持ってしまう。
チバもタイラと過ごしている時は甘い恋人のような雰囲気で接するけれど、裏を返すと「タイラと一緒にいるのはとても楽だから」というどうしよう続きもない理由で。
タイラも甘えられるのはまんざらではない。
でも、チバが楽を選ぶのには理由があるのです。
大学受験に失敗し、長く付き合った彼女と別れ。
頑張って良い方向へいくのが疲れてしまって、自分を良く見せるのにも疲れてしまって。
だから、楽な方へ流されている。自分でも頑張ることを放棄してダメな方向へ進んでいるのを承知しているので性質が悪い。
それに、タイラやチエを巻き込むこの男の魅力はいかほどなのか!?

チバはタイラともチエとも関係があり、そしてずっと好きだったと言われ告白されたからという理由で付き合い始めた彼女もいる。
最低の男です。
この男の取り得はいったい何なのか!?

こんな男でも、どうしようもなく魅力的なんでしょうなぁと思うと『恋は盲目』とはよく言ったもんだと思わずにはいれません。

チバの最低加減がMAXなので、ハギワラの良い人ぶりが凄いです。
じっとタイラが自分の方へ振り向けるようになるのを待っていたハギワラ。
チバに夢中なタイラに無理にこっちに向けと言っても上手くいかなかっと思う。
弱ったタイラを労り慰める、もっと楽しいことがあるんだよ?泣くことはない、自分が傍にいるからね、と優しく接するハギワラ。
二人の幸せそうな描写はそう多くはないのですが、恋人同士になって過ごしているというシーンはほのぼのと微笑ましく、それが話を通して読んで本当に救いです。

『野狐禅』の後に『致死量の愛をこめて』を読むと、可愛い話だなぁ!とにこにこできます。好き過ぎて、逆に恋人同士になるのが怖いって、もう極論だなー。
好き、でも近寄らないで!
好きになられた方は、好きと自覚した自分はどうすれば!な攻くんの頑張りに期待!です。

1

初期の方が好きなひとには向かない

どくろさんが好きだったのですが…
ちょっとこれは違うかな~
主人公が女の子でも通るというか、寧ろ女の子のほうが自然じゃないか?みたいな感じがしてしまって…
あと、絵が…目がデカすぎる!
可愛い子受けが個人的に苦手なのですが、中でも拒否反応が凄まじかったです。
少女マンガみたい…
やっぱり絵、最初の頃のほうが好きだったなあ。
あと、シンプル過ぎて「え、もう終わり!?」と、読みごたえがなかったです。

まあでも、好きなひとは好きかもしれません。
絵も、私が駄目だというだけで下手ではないです。

4

絵が変わったね

蛇龍さん、絵がどんどん変わって、絵も、ストーリーも、すごく洗練されてシャープになった。
元々デッサンもしっかりして、画面構成もきれいだったけど、この作品はコマの構成も、キャラの表情も、ホントにいい。
この前のコミックス「アイがラブして~」は必要以上にマンガ、マンガして、蛇龍さんが描く意味を考えてしまったけど、この作品はいい。

ストーリー自体は、愛と安寧の在処って言う、ごくシンプルな物だけど、
話の軸がシンプルなだけに、このすっきりと整理された画面が生きている。

2

リアルというか、生々しい…

う~わ~、何か、もうどうレビューして良いもんやら困る作品でした。何だろう…綺麗事だけではない恋愛の生々しさ?って部分が浮き彫りにされたようなお話でした。とりあえずハッピーエンドで終わってますが、表題の方は正直読み進めるのがしんどかったです…(苦笑
もう最大の地雷がモンジとセフレ?の関係にある攻めのチバ。
初めての挫折で人生投げやりになるのは自分の勝手なんだけど、それを理由に人の心を軽視するような奴は許せない。そして、そんな彼から都合よく扱われてるのを自覚しながら好きな気持ちをズルズル断ち切れないでいるモンジの女々しさに途中まではホント胸焼けがしそうでした……でもね…頭で分かってても、どうにも出来ないのが恋なんだってことも理解出来る訳ですよ。だからこそストーリーにリアルさが増して重く心にのしかかって来たというか……
茶鬼さんも仰ってますが、このお話に於いて私の救いになったのは唯一ハギワラの存在でした。彼が居なかったら多分私には無理なお話だったかもしれません…orz
ずっとモンジの傍に居てくれてありがとう、ハギワラ!キミの想いが報われてホント良かったよ~

そして、お次は本気の恋を知らなか続きった高校生の純愛初恋ストーリーw
短い前後編のお話なんですが、↑を読んだ後だったからか、個人的にはこっちのお話の方が神でした!もう好き!大好き!ww
チャラい攻めと健気な受けというカップリングは表題作とちょっとカブる部分もありつつ、ストーリー設定が変わるとこんなにも萌え度が違ってくるもんなんだな~と我ながら実感(笑
好きという感情がよく分からない内田と、一緒に居るだけで死にそうになるくらい内田が好きすぎる高橋。内田の前では常に赤面で狼狽える高橋は健気を通り越して、もはやどこの乙女だ!?って感じの純情ぶりなんですが、それがまたもうめちゃめちゃ可愛いんですよっ!犬みたいで!←内田・談

好きすぎて耐えられないと逃げ出した高橋に、人生初の失恋を味わった内田。そこでようやく自分でも理解出来なかった初めて尽くしの感情が恋によるものだったと気付く訳なんですが…最後の最後、湧き上がる想いを伝える為に駆け出した内田のラストシーンが私的にもう最高でした!
うん…こうゆう胸がキュンとなるお話、やぱ私は好きだ~

という事で評価をどうしようか凄く悩んだのですが間をとって萌えにさせて頂きました。次回どんなお話を描かれるのか今からとても楽しみですね!

1

リアルな恋愛

このお話を読んだ時、胸がキューって締めつけれれました。
誰もが一度は経験したことある気持ちじゃないだろうか?
こんなに好きなのに、何か虚しい。
もう別れようって言われるのが怖くて気持ちが確認できなくて、ズルい相手に合わせている苦しさ。
自分が好きなのと同じくらい相手にも好きでいてほしいのに。
都合のいい相手ではいたくない、本気の好きが欲しいのに。
それは、男や女という性別は恋愛においては関係ない。
そんな気持ちが表題はじめ、もう一本収録されている作品にも共通して描かれていると思います。
もうっ!評価は神に果てしなく近い萌えです!!

幼馴染の女子が相手の男子から遊びの付き合いをされていることをわかているのに、相手をあきらめきれなくて泣いている。
主人公のタイラもまた同じ気持ちを友人の千葉に抱いている。
友人のハギワラもまたタイラに片想いしているだけに苦しみがよくわかる。
タイラと千葉が一緒にいる時は、本当に恋人みたいなのに、どこかで千葉が線引きをしてタイラをまるごと受け入れてない。
モノローグのひとつひとつが切なくて苦しくて、絶品です!
ハギワラのタイラを続き見守り、温かく包む優しさが救いです。

『致死量分の愛をこめて』
”好き”っていう気持ちが良く解らない男子高生・内田が、自分のしているブレスレットをあげた同級生・高橋がそれを大事にしているのを見て、彼の気持ちを知る。
相手が自分の事を好きだから、いつもの流れで「付き合おうか?」って付き合いはじめたけれど・・・
好きすぎて嫌われるのが怖くて、それほど好きっていう高橋の感情。
何かすごくよくわかるーーー!
今どき珍しい程の純情と純愛なんだけど、本当の恋愛の気持ちを突き詰めれば究極の気持ちなんじゃないんだろうか?

BLと言う作品を借りて恋愛を語る、とても素敵な作品でした☆☆☆

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ