英田サキ渾身の新シリーズ「ダブル・バインド」1・2巻がついに2枚組でドラマCD化!

ダブル・バインド

double bind

ダブル・バインド
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神21
  • 萌×211
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

293

レビュー数
9
得点
155
評価数
35件
平均
4.5 / 5
神率
60%
著者
イラスト
作品演出・監督
蜂谷幸
音楽
作曲: 海津賢
脚本
沙藤いつき
原画・イラスト
葛西リカコ
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
156 分
枚数
2 枚
ふろく
封入特典:キャストサイン&一言コメント&写真付きブックレット
フリートーク
別ディスクであり
発売日
価格
¥4,800(税抜)  ¥5,184(税込)

あらすじ

英田サキ渾身の新シリーズ1・2巻が、2枚組で待望のドラマCD化!
猟奇的な餓死死体が発見され、捜査をすることになった警視庁刑事の上條。鍵を握るのは第一発見者の少年だが、その子は曰くつきのうえ、その保護者は高校時代に可愛がっていた後輩の瀬名だった!! 変貌を遂げた瀬名に驚きながらも惹かれていく上條。そんな中、第二の事件が発生し、極道で瀬名の従兄弟でもある新藤も、犯人を追うことになる――。鈍感でお節介な警視庁刑事・上條×ツンデレな臨床心理士・瀬名に加え、瀬名とワケありな若頭・新藤×新藤に一途な愛人・葉鳥たちも絡んできて、一度終わったはずの男達の運命が交錯する!
【出演】
上條嘉成:森川智之、瀬名智秋:興津和幸、新藤隆征:大川透、葉鳥忍:鈴木達央
真宮祥:阿部敦、新藤葉奈:中野輝美、中津瑤子:金田アキ、野々村宏史:ふくまつ進紗
須貝美久:皆川純子、真宮律子:神田みか、久地楽建志:新垣樽助
赤松:山口翔平、滝田:佐々木義人、佐目:松本忍、熊井:山本兼平

表題作 ダブル・バインド

上条嘉成 → 森川智之

瀬名智秋 → 興津和幸

新藤隆征 → 大川透

葉鳥忍 → 鈴木達央

その他キャラ
真宮祥[阿部敦]/ 久地楽建志[新垣樽助]/ 中津瑤子[金田アキ]/ 野々村宏史[ふくまつ進紗]/ 須貝美久[皆川純子]/ 真宮律子[神田みか]/ 赤松[山口翔平]/ 滝田[佐々木義人]/ 佐目[松本忍]/ 熊井[山本兼平]/ 新藤葉奈[中野輝美]

評価・レビューする

レビュー投稿数9

キャストの演技が素晴らしい

1巻は2枚組(2巻もだけど)。原作は既読です。
主要キャラもですが脇を固める声優陣も素晴らしく、流しているとまるでTVドラマを観ているかのように感じます。(我家はテレビ出力だからよけいに)
すごいクオリティ!

餓死したと思われる、しかも男性器が切り取られた遺体が発見され、呼び出された刑事の上條(森川智之さん)。
その第一発見者で解離性同一性障害の祥(阿部敦さん)。
そして上條の高校の後輩で、16年振りの再会となるセラピストの瀬名(興津和幸さん)。
そこに途中から、瀬名の従兄弟・新藤(大川透さん)と新藤の愛人・葉鳥(鈴木達央さん)のヤクザカップルが加わり、この5人が主要キャラとなります。

ラブよりも事件中心の本作。
上條は高校時代の瀬名の綺麗な顔にポーっとしていたことはあっても、バツイチですしノンケです。
ただその辺りは、事件の中に散りばめられた程度のものです。
ラブを期待していた方には肩すかしかもしれませんが、これは事件の先をドキドキしながら、かつ葉鳥の己を卑下し価値を見出せない姿に新藤と一緒にヤキモキする作品かと。
主要カップルよりも良いですよねえ(笑
続き
ちなみに主要カップルの本格的な絡みは、二枚目の中盤です。この時間のかかり方がツンデレならでは。

エロス担当であり、多分作品の中でも人気であろう葉鳥の声は鈴木さんですが、わたしには少し軽過ぎかなあ。
もちろん役がチンピラで人の重荷になりたくない葉鳥なので、仕方ないのかもしれませんが。(「愛人舐めんなよ!」は良かった…じわっときました)
大川さんはわたしには某タイムスリップBLのビセ○テ役が強く印象に残っているのですが、新藤の方がかなりしっくりきましたね。
うーん、凄い渋い。大人の余裕がビシビシ発せられてます。
ただ過去の回想では大川さんちょっと無理が…興津さんは可愛かったけれど(笑
それに二重人格ゆえの阿部さんの声の使い分けや、上條の上司の野々村役のふくまつ進紗さんが演じられた若い時と現在の声。お一人で演じられたのよねえ?
本当に声優さんて凄いですよねえ。
「俺はホントにホントに女が大好きなんだ!」と力説する森川さんのセリフにも、本気言いだねと笑えましたよ。

3

このレベルで感動できるCDは50枚に1枚

非常によかった。こんなにしっかりしたドラマCDは久々に聴いた。
主軸の事件がサスペンスとして引き込まれたし、ストーリー展開も無理がなく、演技も全員がハマり役。

導入部分だけで既に相当引き込まれる。
英田サキ原作なので、これをBLにする必要が?という心配はあるが…。

興津さんの初受けですよね。ちょっと声が若いね。可愛い。患者の少年に話す声がやさしくていいなあ。

ああ、これは凄い。
主軸の事件が相当物騒で猟奇的なのは怖いけど引き込まれるし、
安定の森川さんと初々しいけど既に艶っぽい興津さんのコントラストが鮮やかだし。

特に達央さんが素晴らしかった。達央さんが演じた役でこれが一番好きだ。

泣きそうと言った後のモノローグでこっちが泣くわ。
達央さんで泣く日がくるとは。
ハマり役にしてもすっごい。
上手いなあ…。

短い絡みだけど、この人は本当にイイなあ。
こういう抑えた吐息系の受け声は珍しいですね。むしろ低めに出しているのがイイねえ。
うーん。素晴らしいです。はすっぱな愛人役なんて最高じゃないですか。

興津さんも初受けからして上手いです続きね。ツンケンしても挑発しても上品で愛らしい。

攻め二人の安定感はもちろんのこと。

事実上3役を演じ分けた阿部敦さんの集中力。
阿部さんもこの役が今まで聴いたもので一番好きだ。とても自然だった。

このレベルで感動できるCDなんて50枚に1枚くらいだから。それくらいよかった。

2

ここまで本格的だとは!!

原作未読です。
小冊子に載ってるちょっとした話を読んだ事がある程度です。

ダブル・バインド外伝の「アウトフェイス」のCDを聴くにあたり、
その前にこれも聴いた方がいいんだよね…
そんな気持ちで聴き始めたら、
キャストは豪華で皆さん上手いし、話は本格的で引き込まれるしで、
本当にもう素晴らしくてビックリでした!
もっと早くに聴いておけばよかった…と今更ながらに後悔です。

あらすじを読んで、猟奇的事件が起きて…なのは分かっていましたが、
BLですから恋愛メインでそういう事件も絡んで~
くらいなのかなと思ったらとんでもないですね、
事件はしっかりメインに据えられていて、
複数の関係者も犯人も詳細に描かれて少しずつ事実が明らかになって、
普通のサスペンスとしてもしっかり成り立っていました。

それでいて、BL要素も読み応えあり。
高校時代の先輩後輩で事件を機に再会した、刑事 × 臨床心理士と、
ヤクザ × その愛人の2CPがそれぞれ別に事件を追いつつ絡みつつ、
しかも過去に恋愛的な繋がりもあったりして、
終わった恋・続いている恋・始まったばかりの恋続きとが描かれていきます。

そして事件のキーになる少年は多重人格で、
その少年の存在とそれぞれの人格もすごく興味深いうえに、
阿部敦さんがその3人格を演じ分けていてお見事で、
そこはかなり聴きごたえがありました。

このCDは興津さんの初のメイン作(ツンな美人声受け)でもあるし、
新垣さんも脇役ながら存在感を出しておられるので、
そこに注目して今活躍している2人の5年前~と思いながら聴くのも、
とても興味深いかと思います。

登場人物が多く、シリアスな難事件に登場人物の過去に恋にと、
話はかなり複雑ですが、
その絡み合い具合と物語の厚みが堪らない!!と思いました。

声優さんは本当に皆さん存在感があって素晴らしかったのですが、
わたしは一番大川さんの落ち着きのあるヤクザ攻めに痺れました。
ただ、CDだけでは元奥さんとの関係がいまひとつハッキリしなくて、
ちょっともや…っとしたので、近いうちに原作も読んでみたいと思います。

このCDだけでは事件はまだ解決しません、
ぜひ「ダブル・バインド2」も揃えてからじっくりと堪能されることを、
オススメします。

※ こちらのCDはTSUT○YAの宅配レンタルでも借りれますよ

5

原作のよさに演者の素晴らしさでいいドラマに仕上がりました

原作既読です。
ストーリーはわかっていても推理ドラマとしても面白くて楽しめました。

猟奇的な殺人事件の真相究明までの登場人物の動き
殺人事件の第一発見者である祥の事情
上条×瀬名カップルがだんだん近づいていく様子
新藤×葉鳥カップルのつかず離れずのもどかしいところ
そんなところが注目のポイントでした。

いつもながら安定した演技の森川さんも大川さんもとてもよかったです。
何役も演じ分けている阿部さんが素晴らしかったです。
なんといっても葉鳥役の鈴木達央さんはこの人以外にないというくらいの適役で私の中での代表作になりました。
今まで特別に好きな声優さんという訳ではなかったのですが、これを聴いて実力を思い知り大ファンになりました。
新藤のことだけが大事で命に代えても役に立ちたいという感情が伝わってきました。
また、忍の生い立ちからくる考え方や一途に新藤を想う気持ち、それに色っぽさが存分に表現されていると思いました。
そんなわけで2巻の解決編に続くのですが、メインカップルより新藤×葉鳥の行く末が気になって仕方がありません。

2

おもろかった!

原作も持ってたんですが、登場人物が多いのでこれはCDを聴いてから読んだ方が分かりやすいかなーと思って、CD→原作の順で。

原作読んでない段階でも人物関係が混乱する事もなく、ひじょうに分かりやすかったです。
キャスト陣は全員、好演でしたが個人的に一番良かったのは鈴木さんかな、キャラ的に気に入ったっていうのもあると思うけどこの鈴木さんは凄く良かった!

殺人事件、それも飢死させてという残酷な殺し方で事件が起きて、その目撃者の少年は多重人格で、その事件を追う刑事。
それとはまた別に並行してこの事件を追う組、と凄くスリリングで面白い。
恋愛関係も甘いとかベタベタしたものではなくて大人の恋愛って感じ。
森川さん役の刑事の「ホモじゃない」の3回連呼は可愛かった(そしてこのネタはちゃんと次作で生きてくるのもいい)

気になるところで続く!なので今だったら1&2のまとめ買いがおススメだと思いますです、はい。

3

山内練は鈴木達央さんに、ぜひやってほしい。

原作既読。
 鈴木達央さんの忍がありえないくらい色っぽい。原作の葉鳥のシーンを読んだとき、すぐ、柴田よしきさんの作品のキャラクター、山内練を思い出しました。英田さんの作品では『さよならを言う気はない』の天海泰河に出会ったときも「練みたいだ…」と思ったのですが。
 そんな中、このcdの葉鳥を体験した瞬間、「『山内練』がここにいたっ!」と思わず脳内で叫んでしまいました。他作品のお話をしてすいません。でも、私の中ではそれくらいものすごい魅力的な葉鳥忍がそこにいました。
 大川さん演じる新藤とのシーンも良いのですが、新垣さん演じる久地楽とのシーンがまた別の葉鳥の魅力が爆発していてすごく良かったです。新垣さん、とっても良い味だしてるセクシーなクジラで、「もっとBLCDに出演してほしい」とおもいました。
 葉鳥のまだ子供に近い愛し方でひたむきに新藤を思う気持ちが切ない。それを見守るしかない新藤さんのもどかしさを大川さんがあの包容力のあるお声で支えています。
 興津さんは初めてのBLCDのようですが、とてもナチュラルでほのかな色気が素敵でした。
 森川さんの役がある意味このお話の中の唯一続きの愛されて育ったキャラクターなのか、登場するたびに、この作品に光を与えている気がしました。

 そのほかにもたくさんの演者さんたちがキャラに向き合って命を吹き込んでいる。そんな風に感じさせてくれる一枚です。
 
 
 
 

5

いい!

原作読んでないけど最後まで集中して聞けました。
面白い!今まで聴いた英田先生の作品の中で
これが一番すき。評価が良いので、期待をムダに多くかけて
聞いたけど、すばらしいです。個人的に、BLの事件ものは、
必ず陳腐に感じる、ところがいくつかあるんですけど、これはない。
BLとサスペンスのバランスも絶妙。
キャラクター達の掛け合いも、台詞も
「ちょっと、ダサい・・」「ちょっと古い・・・」「クサイ・・」と
思うところが全くない。私的に萌はゼロなので、
評価は萌2だが、かなりおすすめ。

2

面白いっ

メイン登場人物がたくさんでシアワセ。
英田サキさんの作品はドラマCD化率が高くて、しかも絶対に面白い。どうせなら夜シリーズもCD化してくれないかな~。英田サキさんの数々のシリーズの中で、夜シリーズが一番好きなもんで。

原作を読んでるのでストーリーは知ってるんですが、改めて物語世界の中に引き込まれてしまいました。
ピタッとハマったキャスティング。脚本も、もちろん大幅なはしょりはありますが、必要な箇所は入ってて、まとまってる。音がつくって素晴らしい!と思いました。
ただ、これだけではまだ完結してないので、そこだけは要注意です。

話は入り組んでます。
軸となるのは一つの猟奇殺人事件で、それに関わる刑事(森川さん)や臨床心理士(興津さん)と、ヤクザ側(大川さんと鈴木たっつん)、いろいろと視点が変わりながらストーリーが進行していく。
興津さんって初受けですよね?違うのかな。私は初聴きだったんですが、すごく良かったです。岸尾さんや野島兄弟を思わせる、美人受けがとっても良く似合う声質&演技力でした。
森川さんは安定感の帝王。
鈴木たっつんはハマりまくり。複雑でありながら単純な、なにげに難しい役柄続きですよね。
大川さんは最近では久しぶりで嬉しい。落ち着いたパパヤクザ、素敵でした。(ただ子供の役をされてた女性声優さんの演技は微妙でした)
で、なんといっても一番の功労者は阿部さんですね。多重人格なキャラを見事に演じわけてくださってました。切り替えがはっきり分かるのでゾクッとしました。

さまざまな謎を残しつつ、気になるところで1は終わります。

7

みんなバッチリはまってました!!!!!

原作は4巻で完結しているお話の1.2巻部分。
つまり、事件モノですが解決はしてません。
物語の完結までを一気に聞きたい方はCDの2を揃えてから聞かれることをお奨めします(2の発売は12月です)

さて。
まずは瀬名サイド。
瀬名は絵に描いたようなツンデレとでもいいましょうか。
皮肉を言ったり嫌味を言ったりもするんですが、時に上條に対してはびっくりするくらい甘えてもみせるんですよね。
泣いちゃったりもするし。
そのトーンの変化とか非常に素敵でした。
興津さんメイン受、初だと思うのですが全然違和感なかったし。
弱った感じというか脆そうな儚そうな甘えたところも、ツンツンしてるとこも素敵でした。
個人的にはえちシーンが結構声高く感じましたが。
もう少し控えめでも色っぽかったかな、と。
そんな瀬名に甘えられる上條は森川さんですから、もうバッチリの安定感ですよ。
だらしないというかうだつのあがらないオッサンのようでありながら、ホントは仕事も出来るし、頼り甲斐もあるし包容力もある。
瀬名との関係についてあれこれと自問自答してる姿は情けなくもかわいくも
ありました。
続き
そして、祥役の阿部くん。
ラブ面ではあまり関わってくることのない祥ですが、事件においては重要な役割を担っていて、尚且つ、祥が抱えているのは「多重人格」
本体である祥を筆頭に、それを保護するヒカル、それとは別にケイという人格もあって。
1役ではあるけれど実質3役ともいえるわけで。
実はおそらく一番大変な役回り。
それを阿部くんが見事に演じ分けておりました。
祥はどこか頼りなくやさしそうな男の子、ヒカルはそれよりも今時っぽいちょっとやんちゃそうな男の子。
ケイは口調とかは荒くないんだけどもクールというかどこか怜悧な刃物のような印象。
落ち着いた物言いが逆に怖さを感じさせるような。
個人的にはちょっと立花くんに似た声かな、と思いました。
今までこんな阿部くんの声聞いたことなかったので驚きました。

それから忍サイド。
まずは忍役のたっつん(鈴木さん)。
キャスト発表があった時点から絶対ハマるなとは思ってましたが、ものの見事に忍そのものでした。
やんちゃな感じ、茶化した感じ、甘い感じ、イラッとした悪い感じ、どこか臆病なモノローグといろんな面が豊かに表現されてて、たぶん登場人物の中で一番感情の起伏が激しかったと思います。
中でも「愛人、舐めんなよ」の迫力にはびっくりしました。
原作読んでた時にはここまでだとは思ってなかったので。
でも、どれもこれも本当に忍らしく思えてなりませんでした。
そんな忍に対する新藤役の大川さん。
新藤はヤクザの若頭ではあるんですが、決してドスがきいてるわけでもなく、でも迫力がないわけでもない。
静かな中に大物感を感じるというか。
基本的には忍らと対することが多かったのでどこか甘い、大人の色気のようなものがある声のような気もしました。
こちらのCPは短いながらも2回えちシーンあったり。
風呂場のシーンが新藤の迫力もあって好きですv

脇を固める方たちもステキだし、今後の展開が愉しみです。
忍とか忍とか忍とか瀬名とか忍とか祥とか(笑)
今回、一度CDを聞いた後に原作を完結まで読んで、また聞いてみたのですが。
だから、この役にあのキャストなのか、とか。
そりゃ、そんなの見たら気分悪くなっちゃうよね、とか。
いろいろと気付ける部分があったりして。
一度ではなく何度も楽しめそうだなぁと思いました。

特典フリトは森川さんと興津くん。
森川さんはスタジオを間違えて別のところに行ってしまったらしい。
というのも、今回2枚組だったがそれぞれに別のスタジオで録ったから。
某スタジオに行くと自転車で来た某声優さん(彼かしら?)に「え?」って顔をされたらしい。
2人の初共演は植物がざわざわしてる外画。
森川さんはいつが最初だから良く覚えてなかったが、それは興津くんが大体何気なく一緒の現場に出てたりするかららしい(笑)
印象に残っているセリフは「俺はホモじゃない」
3回も自分に言い聞かせる時点でホモだ@森川さん。

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ