警視庁刑事×臨床心理士、英田サキが放つ大人気心理ミステリー!!シリーズ完結巻

ダブル・バインド(4)

double bind

ダブル・バインド(4)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神25
  • 萌×231
  • 萌15
  • 中立2
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
17
得点
296
評価数
76
平均
4 / 5
神率
32.9%
著者
英田サキ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
葛西リカコ 
媒体
小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
シリーズ
ダブル・バインド
発売日
価格
¥533(税抜)  
ISBN
9784199006333

あらすじ

連続餓死殺人事件の犯人を追っていた最中、突然連絡を絶った葉鳥。 恋人の身を案じた極道の若頭・新藤は、その行方を追うことに!! 一方、単独で捜査を続けていた警視庁刑事・上條は、ついに事件の 真相に繋がる衝撃の新事実を掴むが──!?

表題作ダブル・バインド(4)

高校の先輩で警視庁刑事 上條嘉成・34歳
後輩で臨床心理士 瀬名智明・32歳

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数17

そうきたか!

ダブルバインド最終巻。
葉鳥と連絡が取れなくなり、焦った新藤が智明とともに葉鳥の救出に向かいます。
同時に祥を探していた上條も合流。

ヤクザと刑事とヤクザの元彼(かつ刑事の今彼)が1台の車で犯人を追いつめに行くなんてちょっとあり得ない展開。
でも正義感と大事な人を思う気持ちの強い三人ですから、このシチュエーションも許せちゃいます。
最後まで楽しませてもらいました(^o^)
そしてついに犯人の隠れ家にたどり着きます。
事件の全貌が明らかに!!(ハラハラどきどき、いい緊迫感でした)
個人的には犯人の予測をたてていましたが、半分あって半分あってなかった気分(笑)

そして事件の解決を機にそれぞれの恋愛も新たな展開を見せはじめます。
葉鳥と新藤の展開は意外でした。そんな秘密があったとは・・・(ちょっと無理があるけど)
智明と上條はツンケンしたりデレデレしたり、とにかく可愛いい。

2

謎は全て以下略!

危うく某有名漫画のセリフをタイトルにしてしまうところだったw
うんうん、良い感じにまとまった終わり方だったと思います。
はぁ~すっきりすっきり♪

そしてタイトルの意味もここで理解できました。
ダブルバインドってそういう意味で付けられたのね、と。

瀬名と上條さんの恋もついに・・・♪
瀬名のツンデレぶりが可愛いすぎるッ。上條さんの大らかな性格、あったかくて好きだなぁ。
このシリーズ、二人の会話が面白かったです。瀬名にやられてタジタジの情けない上條さんも笑えました。

そして新藤さんから忍へ衝撃の事実が告げられて・・・。
これが後の外伝アウトフェイスとつながっているわけですね。
新藤さんの死んだ奥さんってすごい人だわぁ。
うんうん、これなら残された子を新藤さんがちゃんと可愛がるんじゃないかって、計算済みだもんねー。美津香さん頭良いけど恐ろしい人でもあるわ。さすが極道の妻!

新シリーズということでワクワクしつつ、でもビクビクしつつ読んでいましたが、
推理ものとしても恋愛ものとしても美味しいところを半端にならないように入れつつ展開させるという大変なことを書ききった作者様、すごいと思います。総評としては「神」!

1

被害者であり加害者であり関係者

評価の高さから手に取ってみました。
ミステリ好きな事もあって、とても楽しめました。

小説を読んだ時に抱く感想は「面白かった」「感動した」「泣けた」などがありますが、
このシリーズを読み終わった後には「楽しかった」と「悔しかった」という感想も抱きました。
「楽しかった」という部分は、犯人が誰か、と推理する所です。
人の死を扱う内容で「楽しかった」という感想は不謹慎だと思うのですが、
やっぱり「楽しかった」ですね。

最初にミステリサスペンス要素の感想を書いてしまった理由は、
BL要素よりも先に事件が起こってしまった理由もありますが。
けれども、そのBL要素も、複雑な人間関係の中から、まるで絡まった細い糸を丁寧に解いていくように進展していく二組の関係はとても素敵だと思いました。
加害者が誰か、とある程度把握できた時点で、これから出る被害者と、その被害者が発見されるまで時間がある、と分かっていたからこそ、その事件の空白期間に二組の関係を繊細に、丁寧に描いてゆく構成もとても印象的でもあり、美しくも感じました。
この作品に出会えた事を、本当に感謝します。

最後に。
最初の被害者と、「祥」の手に残されていた「Murder of Number」というメッセージですが、
これが4巻までずっと言葉の鍵を解くことができずに悩み続けていたのですが、
最後の最後で判明したときは「くっそおお!」ってなってしまいました(笑)
最初に書いた「悔しかった」という感想は、このメッセージに対する感想です。

1

キラリ。おっさんは、良い…!

わたしは全4巻をイッキ読みしました。
つめこみすぎだ、と思いました…。こと4巻目はバタバタしてたような。
あとがきによると最初から、真宮祥の設定はウエイトを占めていた様子ですが、わたしが読み終えた感では、彼の部分はバッサリ切ってもいいのでは、と。(余計なお世話だけど…)事件に深く関わるわけでなし、恋愛に関わるわけでなし…。ちょっとハンパな扱いになってたような気もします。
おっさん刑事の上條とエリートツンデレな瀬名。
イマイチ極道になじめない、まじめすぎる新藤と、ひねこびてるけど想う気持ちはまっすぐな、チンピラ葉鳥。
この2カップルはそれぞれ単独で主役が張れるよ、贅沢だなー。
ダメなおじさんの上條はかなりツボ。ホモじゃねえ、とあがきつつ、おっさんなりに開き直るところがw地に足ついた人生感じましたし。若い書き手ではかけないだろう、「おっさん臭」が強く漂ってて、よかったです(この辺「太ゴシック体」でかきたいくらい)。
ツンツンデレの瀬名もよかったですね!
文章に関しては、あれ?表現が通俗的過ぎる、もっとお上手だったんでは…等思う部分もあったんだけど?かなり進行が厳しかったようなので、そのせいかなあ。

決してすごく上出来であるとか、スキのない作品とはいえないかなあ、とおもうのですが。でもどの人物も良くて。
英田サキ先生の湧き出る発想力と地力を感じさせてくれました。
4冊をイッキに買って、悔いなし。
うん、よかったです。

4

全ての謎が明らかに

三巻の最後はとんでもない所で終わったので、気になって悶えました(笑)
そしてとうとう最終巻です!

葉鳥が餓死事件の犯人を見つけ、一人で追っている事を知った新藤と瀬名。
一方上條も、行方不明になった祥が犯人を追っていると確信しており、
三人は一緒に葉鳥と祥を追い、犯人に辿り着きます。
そして、そこで三人を出迎えたのは、上條の予想していた人物だった・・・

事件に関する色々な伏線がここで一気にまとまって、全容が明らかになります。
残忍な連続殺人を犯した犯人。
でも、犯人とそれに関わる人達が、本当に悲しく哀れで痛かった。
犯人と保の最後の姿は、泣きそうになるほど可愛そうでした・・・
復讐殺人が正しいとは私も思いませんが、
でも、被害者達の不幸は間違いなく自らが招いた事だと思います。
私は読者なので、どうしても犯人側目線で事件を見てしまいますね(笑)
犯人が余りにも悲しくて、最後まで被害者に同情はできませでした。

ハラハラした新藤と葉鳥カップルは、これ以上ないほどのハッピーエンドでした!
犯人に刺されて負傷し、死を意識した事で、
葉鳥は「新藤と一緒にもっと生きたい」とやっと素直に思います。
二人の再会シーンは泣けましたよ~。そしてびっくりの真実!まさか葉奈が!?
新藤の大きな愛に、初めて自分は一人ではないと実感する葉鳥。
この三人は、本当の家族として必ず幸せになりますね!

三巻で、新藤が瀬名を愛していたから別れを告げたことを知り、
過去の呪縛から解放された瀬名。
上條と、本気の恋愛と、今度こそ真剣に向き合う事を決心します。
そして全てが終わった時、改めて瀬名に告白の返事を求める上條。
やっと素直になった二人に一安心です(笑)

私はこの作品の中で、祥とヒカルとケイが最後はどうなるのかが、
実は一番気になってました。
餓死事件と関わった事で、目覚めた祥の別人格のケイ。
犯人を殺そうとするケイを、瀬名は止めるように説得します。
怖くて寂しい場所で、孤独にずっと苦しんできたケイの葛藤、
幼子のように、瀬名に抱きしめられるケイの姿には、涙がでました。
そして最後に分かる、悲しい出来事の裏の、驚愕の事実。
祥の過去は痛すぎて、読んでいて何度心臓を掴まれたことか。
そして一番気になったのは、ヒカルは最後はどうなるのか・・・
私も上條と同じように、どうしてもヒカルを一つの人格としてみてしまって、
消えていくヒカルが可哀そうでなりませんでした。
でも、想像していたよりずっと良い感じで収まり、ホッとしてます。
さすが英田サキ先生ですね!

一気に四巻読みました。
不幸で痛い話も多かったですが、最後は爽やかに終わったと思います。
本当に面白かったです!!

4

衝撃の罪と愛

やっぱり!と思っていた人物が犯人だった──と思いきや、そうきたか!と驚愕。
英田さんにしてやられました。
そこまで想像してなかったなぁ…。

兄の怜一、そして父親の野々村。
それぞれの罪と愛が痛い。
決して赦される行為じゃない。
最後に残ったのは、もの悲しさ。
この結末は私の中に強烈な爪痕を残しました。
上條さんのやりきれなさが伝わってきて、同じように歯噛みしたい気持ちにさせられました。

次々と明らかになる衝撃の展開に、えええーーーっ!と悲鳴をあげっぱなしだった最終巻。
真犯人、協力する人々、祥の真実、葉鳥に告げられた事実。
目まぐるしいほどの急展開でついていくのに必至でした。笑

やぁっと素直になったか、瀬名よ。
いやまだ素直とは程遠いのか…?
でも自分の気持ちをちゃんと告げる瀬名が可愛くて、思わずニンマリ。
よかったねー、上條さん。
最後までコミカルな上條さん。
キメるとこキメる人だけど、やっぱりちょっと情けない。
そんなところがきっと瀬名も好きなんでしょう。

祥、ヒカル、ケイ。
どうなるんだとハラハラしましたが、とりあえず『祥』が元気でいてくれたらそれでいい。

新藤と葉鳥もとりあえずおさまるところにおさまった感じ。
あくまで『ダブル・バインド』は瀬名と上條のお話なので、この二人にあまり感情移入することなく読み進めてきました。
この二人のことは外伝にてどっぷりハマらせていただこうと思います。

サスペンスと恋模様、しっかりと堪能させてもらったシリーズでした。

4

ダブル・バインドの意味

完結しました!ダブル・バインド。
ラノベのBLという域を超えて、本当に読み応えのある事件性と人間関係で、本当、面白かったです。
今回の表紙は上條と瀬名に戻りましたが、口絵カラーが萌え萌えしちゃいまして♪
裏面なんか、進藤と忍と葉菜ちゃんの3ショット・・・この意味がラスト付近でわかったときに、うう~ん、、してやられたか!!と、参ったのであります。

3巻のラスト、いよいよ真相に迫った忍と上條。
忍が命の危険にさらされ、祥が拉致されて、その真相と解決が一気に冒頭から中盤までで駆け抜けて行きました。
大体が3巻で推理できる内容の裏付けだったとはいえ、まさか!?の展開にそこは一番のヤマ場でしたねv
祥の多重人格について何気に予感するものと、多重人格主人公によくある展開ではあったのですが、それでも収集はうまく作られていたと思います。

さて、肝心のラブ部分ですが♪♪
はっきりいって、この夏異常に盛り上がった某ヒーローアニメの主人公が会話しているような(爆笑)
もちろん、上條がおじさんで、瀬名がツンデレさんですがwww
かぶるかぶる、、脳内変換されてました(ヤバイよ!!)いや、最初からこんなカプでしたっけ?
エチの時でも何か瀬名は冷静で、瀬名のドロドロがみたかった気もするんですがw
それにしても上條すごいよ、すごいよ、おじさん!!ww
みんなにカムアウトして回ってるよ(爆)だだ洩れwwあれが最初の頃「俺はホモじゃねーー!」って呪いのように言ってた人なんですかね、っていうくらいに、かわいいじゃないですかv

安定の大人色気担当カプ進藤×忍は、今回もお色気はありませんでしたが(残念)でも嬉しい結末・・・喜んでいいものかどうか・・・でも絆ができてよかったのです。

事件のそれぞれに悲しく辛いものがたくさんありました。
事件性が優先してラブが影に隠れながらいったいBLとしてはどうなんだろう?と心配にもなりました。
でも、その部分はもう2巻の部分で決着がついていたのかもしれませんね。
あとは、事件の流れと共に互いが理解しあって、より知り合って、信頼を深めていく。
劇的な恋愛というわけではなかったですが、推理サスペンスものとしても充分にそれを両立させた、面白い作品だったと思います。

3

ダブル・バインド完結。

「ダブル・バインド」最終巻。
完結巻、という事で、餓死殺人事件は犯人が分かり終結。
祥とヒカルとケイ、ケイの秘密も明るみに。
進藤と葉鳥の関係も進展。
もちろん、上條と瀬名も……!

…と、全ての要素がまるでパズルのピースの様に、スピード感を増してカチカチっと収まる感覚がありました。
4巻あるのでストーリーを彩る要素も多く、全てが終結したもののやはり最後はバタバタ感は否めず。
ですが、
餓死連続殺人の真相は、途中で分かった通りの動機(やはり胸糞悪い)でしたが、もう一捻りも二捻りもあってこれはびっくりの展開。そうきたか。より哀しみがつのる。
ケイのエピソード。これもつらい。
進藤と葉鳥に関しては、葉奈ちゃんのエピソードは、これは過剰かなぁ…という気がしてます。
それに、進藤はいい男なんだろうけどやっぱり言葉が足らないというか。過去、瀬名に対して仕方なかったとはいえモヤる。
時の流れは時に残酷、時に赦しになるんだなぁ。これからの未来は、葉鳥を不安にさせない様にしてほしいね。
上條と瀬名は…イイです!
怖がりでツンデレな瀬名が、楽天的でずぼらな上條に救われる、っていうのはすごくわかる!
心のままに瀬名を愛する上條が多分最強。Hシーンも萌えます。

元々好きな推理小説的アプローチ。そこにBL要素の嬉しいおまけもあるという感じで面白かった!
もちろん、BL要素重視から読んでも絶対面白いです。
葛西リカコさんのイラスト、素晴らしいです。でも上條は美化し過ぎ。もっとオッサンでいい。

3

個人的希望ですが

やっと読めました。久々に英田作品堪能しました。
クライムサスペンス+BL がんばってくださってます(泣)
わがままを言わせてもらえるなら、この2カップルに別々の作品で
会いたかったです。
気が散っちゃって気が散っちゃって…
どっちもいいのはこの場合罪です。
安心して主人公カプに思い入れしたかったなあ。
何故かこのパターン多いですよね。英田作品。
好みの人が団体さんだと本命の印象が薄れそう。
次回は一組集中して愛でたいです!!!
超個人的希望です。(涙)
あ 間違いなくおススメですよ。物語自体は気が散りません。

2

謎は全て解けた!(笑)

いよいよ最終巻ですね。
事件はもちろんのこと祥の人格問題のこととかどうなっていくんだろうと思っていたものがいろいろと解決されていきました。

事件方面では犯人はあの人かな?と思っていたところに、更に深い人間関係があったりでそういうふうにいろいろなことが絡んでくるのかと。
忍の知らなかった忍のことにしてもそうなんだけども、これまでのお話でこちらには「コレがヒントですよ」と明確に表されていなかった細かなことたちもそれぞれにお話の伏線になっていて。
最終的には「だから、あそこであんな話になったのか!」とか思わされることも多かったり。

その一番がやっぱり忍の件なのですが。
あの何気ない久地楽との会話がここで最後に大きな真実をもたらすことになるとは。
本編と関係ないといえば関係のない内容なのかもしれないけれども、新藤の愛情の大きさは測るにはとても大きなことで。
助けに行ったところにしてもそうですが、新藤はきっと忍が考えるよりもずっとずっと深く忍のことを本当に想っているんだろうなと思いました。
そして、それをようやく感じ取って受け止めることができるようになった忍はこれからどんどんいい方向へ変わっていくんだろうな。

それから、瀬名。
瀬名も前回で新堂と和解(?)したこともあり、少しずつ気持ちを前向きに持って行けるようになってきました。
上條のあの大らかな?正確に助けられている部分もあるんだろうけども。
上條の言葉は飾りっけがなくてストレートで。
時にバカかしらと思うようなところもあるけれど、不思議とバカ正直な言葉が響くところもあって。
思いもよらない思考のチョイスがあったりして。
そんな上條だからこそ瀬名も添い遂げたいと思えるんだろうなと思えました。
あっさり友人に宣言したところも好きだし、瀬名に告白した「世界中から誰か一人~」のくだりも非常に好きです。

今月にはこれのCDが出るんですね。
もう非常に楽しみで仕方ありません。
もちろん、読んでる間も脳内で音声変換されてはいたんですが…。
予約もしました。
早くCD届いて欲しいです!!

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う