英田サキ渾身の新シリーズ!!

ダブル・バインド

ダブル・バインド
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神33
  • 萌×230
  • 萌37
  • 中立3
  • しゅみじゃない7

--

レビュー数
22
得点
399
評価数
110
平均
3.7 / 5
神率
30%
著者
英田サキ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
葛西リカコ 
媒体
小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
シリーズ
ダブル・バインド
発売日
価格
¥533(税抜)  
ISBN
9784199005732

あらすじ

夢の島で猟奇的な餓死死体が発見された!?捜査を担当することになったのは警視庁刑事の上條嘉成。鍵を握るのは第一発見者の少年だ。ところが保護者として現れたのは、臨床心理士の瀬名智秋。なんと上條が高校時代に可愛がっていた後輩だった!! 変貌を遂げた瀬名との再会に驚く上條だが…!? 謎の連続殺人を機に一度終わったはずの男達の運命が交錯する──
(出版社より)

表題作ダブル・バインド

高校の先輩で警視庁刑事 上條嘉成・34歳
元高校の後輩で臨床心理士 瀬名智明・32歳

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数22

残念なキャラが一人もいない!

作品紹介を見て、愛する合田雄一郎
(高村薫さんの小説、合田シリーズの主人公)と
上條の属性が一致しまくってたので読みました。
読んでみたら、更に一致するところがあって、
まず、そのことにすんごいウハウハしました!
例:捜査一課の刑事、父親も警察官、
父親は高2の時に死亡、バツイチ等・・・

でも、性格はぜんぜん違いました(笑)。
上條はおもしろくて性格良い人です。

シリーズものらしく1巻から大量に登場人物が出てくるのですが、
普通、こういう場合、
「このキャラ、必要なんだろうけど、私は好きじゃないな・・・」
っていう現象が起きませんか?
でもこの作品では一人一人が個性的で魅力的で、
残念なキャラが一人もいないんです!
もう、みーんな幸せになってほしいっ!!(笑)

メインの上條と瀬名はもちろん、
カギを握るであろう祥という少年。
瀬名と過去になにやらあった様子のヤクザ新藤。
新藤の愛人である葉鳥。
皆、魅力的なキャラで全員に惚れてしまいました。
あと、上條の上司の野々村もステキっ!

攻め目線から描かれているのも新鮮。

このお話、ミステリーな部分もあるため、
1巻の時点で「犯人コイツじゃね?」と思ったのですが、
まさかね・・・。
私のお粗末な予想が当たってたら、ちょっとイヤです。
でも、まさかね・・・。

2

本格サスペンスBL、ご馳走様です!!!

大好物のサスペンス、BLではピカイチの本格派ではないだろうか?
非常に面白かった。ってか、ここで終るんかい!というえげつなく中途半端ないいところで1巻は終了。速攻でシリーズ購入でした。

カップルは、それぞれ恋愛で苦い過去を持つもの同士。高校時代は剣道部の先輩後輩でした。もっさり刑事と美人医療療法士として久しぶりに再会。受けのツンっぶりが可愛くてたまりません。超鈍感な攻めの不器用な優しさもよい。男っぽいケンカップルなら最高に好みですが、受けの(受けだよね?)瀬名がかわいいので許す!

時々コミカルな地の文、会話を混ぜながら、推理が進んでいく感じ、ああたまりません。
そして気になるあの人物!

2巻へ逝って参ります。

1

人物もストーリーも魅力的。

ここまでサスペンス要素が強い作品はなかなかないかも。
恋愛模様そっちのけで、犯人は一体…と深く考え推理してしまう自分がいました。

と、いってもしっかり大人の男たちの恋愛劇も楽しんでいるのですが。
昔は美少女、現在美青年の瀬名さんは魅力たっぷり。
インテリ眼鏡が激しく似合います。
一方上條さんの雄くさくオヤジ入っているところが妙にツボ。
けれど決して野暮ったくはなく、上質なところが魅力。

瀬名のツンケン具合が非常にいい味を出してくれています。
そしてそれに付き合わされる上條の振り回されっぷりがおもしろい。

二人を取り巻く素敵なお方たちも要注目です。
解離性同一性障害の少年、極道である瀬名の従兄弟、その愛人である青年。

解決の糸口がまだ見つからない事件。
一体犯人は。
そして瀬名と上條の関係は発展するのか。

一冊で完結させないというこの焦らしよう…。
もちろん最後まで付き合います!
早く続きが読みたい!ということで次に手を伸ばします。

4

さすが。引き込まれる。

遂に(今頃)、英田サキさんの有名作「ダブル・バインド」を読む!
事前知識無しに読み始めましたが、これは元々推理小説好きの私には非常に面白い展開ではじまる。
夢の島の公園で、一体の死体が発見される。
被害者は失踪して1ヶ月、常識では考えられないほど痩せていた…
目撃者の少年は精神疾患があって、供述が曖昧。
そんな事件の始まり。
BLでなくて普通の推理ものとしても、なかなか引き込まれる設定です。
主人公は事件を担当する刑事・上條と、目撃者の少年・祥の付き添いのクリニカルサイコロジスト・瀬名(ゲイ)。
上條と瀬名は高校の先輩後輩の間柄。
そこに瀬名の初恋の相手(極道)とその愛人(男)が事件がらみで関わってきて…
まだ1巻で、人物の色付けというか背景を語り、事件の方は全く進展しないままどうやら連続殺人の様相を呈してきました。
さすが英田サキさん、登場人物は多いほうだと思いますが、みな現実感をもって生き生きと動いています。
葛西リカコさんによる瀬名と進藤もとても素敵。でも上條はちょっとかっこよすぎるかも?もっとくたびれ気味でもOKなのに。

4

まだ重くない サスペンスもの。この事件 どこまで続くんだろう?

手持ちの読みたい本がなくなってしまい、
長らく積んでいた当本を手に取りました。
舞台 日本だし、刑事もので重そうだし・・・ 
でも英田先生だしリカコ先生だから
一度は読まないと!と思って読み始めたら。

すいません、先生のこと ナメテマシタ、ごめんなさい。

すんごい面白かったです。あっという間に引き込まれて1巻読了、ぶはー。
つんつん美人さんが好きで日本舞台、刑事ものが大丈夫な方ならぜひぜひ!
あ、損壊された結果の遺体が出てくるので苦手な方はご注意です。

といっても 私もまだ1巻のみ。
攻め受け未判明のまま 二人死んだだけで1巻終わるし(笑)
あほな私には誰が犯人なんだか さっぱり。
?と思うキャラはいるっちゃいるけど・・・

上條:刑事さん。高校時代 剣道部所属、融通きくタイプ
瀬名:アメリカ在住 臨床心理士、美人・眼鏡さん 
   上條に対してだけつんつん 祥の保護者代理人
祥:アメリカ在住 精神疾患をもつ子。
ヒカル:祥の友達。
赤松:祥の友達。日本在住。
新藤:若頭。瀬名の従兄弟 嫁死亡、娘と葉鳥とベビーシッターと生活中。
   腰砕けそうな色男。
葉鳥:新藤の愛人(男子)。とんでもない不良だったけど新藤に救われる。
   新藤に命捧げてます。
その他刑事さんの同僚多数。
まあキャラの多いこと。でも皆さんしっかりキャラあるので、
判別には苦労しません。

葛西先生の挿絵は美しいですが、やはり私に効果絶大なのは
ファンタジー系かな と思いました。
新藤とか まじ、色男すぎて わーお と思うんですが
やっぱりヒラヒラ、キラキラ系の方が、葛西先生の絵は素敵な気がする(笑)

よーし2巻いってみよー

3

序章

まるごと一冊ひとつのストーリー。

1つのお話に2つのカップルが出てきました。

上條といい瀬名といい・・・BLとして好みのタイプでした♪
受け様も攻め様もこういう会話をしてほしい!みたいなのって
やっぱりあったりしますよね?無いですか?有りますよね!?w
それがバッチリハマっている感じで(*^^*)
もちろん新藤さんも葉鳥くんも・・・イイ感じでした。

ストーリーの方は・・・、序章という感じ。
さぁ、このあと殺人事件はどう解決するの?、それから
この2人の関係は、どんなやりとりをしながら進んでいくの?
と言う感じの展開な一冊でした。

2

サイコ系サスペンス

というわけで自分の専門分野なので、サイコ系はだいたい厳しい目線で見てしまうんですが、
さすが英田先生。そんなに気にはならなかったです。

ぶっちゃけると、この設定自体はそっちの分野の小説では使い回された設定なので、
祥のアレな症状については、特に目新しさは感じなかったのです。
でもそれで萎えたとか、そういうことは無かったです。
普通にワクワクしながら読み進めました^^*

それに上条と瀬名のCPに期待大でした。
瀬名のツン&ちょっぴりデレぶりが美味しいです。

また、自分にはオッサン好き属性は無いんですが、上条のオッサンっぽさは不思議と好きでした。
あれ、もしかして萌え対象の範囲が広がってきたのかしら(;´д`)

1

買うなら4巻同時購入がおすすめ

全4巻を通して1つの事件物です。
殺人事件だけでなく、重要なキー人物として解離性同一障の少年が出てきます。
またメインキャラクターが4人(2CP)で章ごとに視点が変わったりするので苦手な方は注意。

全4巻ですがまさか1つの事件だとは思いませんでした。犯人はわりと早い段階でこの人かな?と思い、その通りでした。
個人的にはヤクザの愛人である葉鳥のキャラクターがとても好きだった為、夢中になって読みました。

かなり複雑な話で、人間の難しさを感じます。
英田先生ならではだと思いますが、各々問題を抱えており完璧ではなく人間らしくダメなところがあります。苦手な人は苦手かも。
メインCPである刑事(攻め)と臨床心理士(受け)のキャラクターがそこまで刺さらなかったので萌2止まり。
ヘタレはかなり流されまくる攻めです。
受けのツンデレもツンが多め。

ヤクザ×愛人はかなりの執着依存系受けです。
愛が死ぬほど重たいのに、愛される事には臆病。
葉鳥本当に本当に幸せになってほしいです。
(新藤さんが絶対にしてくれると思っています)

この1冊だけの購入はおすすめしません。
買うなら4巻同時にがいいと思います。
ヤクザ×愛人の方が好きそうだなと思ったら4巻読了後にスピンオフ作品のアウトフェイスも是非。

0

俺はホモじゃね~

英田サキさんの新作は、まだまだ序章。
餓死し、しかもペニスを切り取られのどに詰められた死体が発見されたことから始まる推理作品に仕上がっています。
これはBLのラノベではないのでは?と錯覚するほどに様々な登場人物が出てきて、謎解きが楽しくなりそうな半面、早く続きをーーーー!!と待望してしまいたい作品になっています。

まず、警視庁の刑事・上條と、高校時代の後輩で現在アメリカで心理療法士をしている瀬名。
瀬名の恩師が養子にしている唯一犯人と接触した、解離性同一障害(多重人格)の少年・雨宮祥。
瀬名の従兄でヤクザの跡取りの新藤と、その愛人・葉鳥(男)
メインはこの5人で進んでいくようです。
しかし、上條の警察の人間関係で上司なども出てきたりするので、作品の一字一句を逃すことは出来ないのです。

瀬名は、かわいかった高校時代から見ると、上條に澄ました顔で嫌味をいい、ゲイであることも隠しもせずキスをしかけるツンデレ(どちらかというとツンツン)キャラ。
上條は、瀬名の色気に少しクラっとはするものの「オレはホモじゃねぇ~」とその誘惑にかられそうな気持ちを否定する、メインカプにはなるのでしょうが、この巻ではまだ何も関係はない状態です。

一方、進藤は実は瀬名との過去があり、また葉鳥を愛人としているという設定なので、とりあえずこの巻の色気担当を担うカプとなっています。

餓死死体の被害者・三沢の昔の同級生だったという、進藤の組の構成員である鈴村が行方不明になったことから、組でもこの殺人事件の解決に深く絡むことになってきます。(特に葉鳥)
そんな登場人物の関係を見せた最初でしたので、一体どんな風に発展していくのか、大変に期待が持てます。

祥が多重人格である設定なのですが、作中でも触れられていますが『24人のビリーミリガン』そのままでしたww
まだまだラブ未満ですが、これ恋愛なくてもイケそうなお話です。
(あったほうが、おいしくはあるのですが、、)

5

4冊もかける内容ではない

他シリーズ(デッドロック、エス)が良かったので作家買い。
本作シリーズをまとめて購入しました。
1~4まで読み終えた後のまとめての感想です。

ネタバレが嫌だったので、前情報を仕入れずに読み始めました。
最初、登場人物が多く、主人公が誰かもわからないまま読み進めました。
それが原因か、物語の世界観に嵌まれず……。
でも、さすが英田作品。
途中からは、無事に物語に引き込まれて夢中になりました。
が、知らなかったのです。
続き物だということを……。
しかも、シリーズ全てが1つの事件なんて……。
いくらなんでも、引っ張りすぎです。
事件の内容も、たいした掘り下げもなく、薄っぺらいままだし。
1冊か、2冊ぐらいに収まったんじゃないの?
途中から犯人わかったし、惰性で最後まで読みましたが、がっかりです。
ラブ要素は、ツンデレ具合がそれなりに良かったけど、4冊もかけて、これかいって感じ。
まっ、英田作品なので、そんなにラブは期待してませんでしたが。
というわけで、この内容が2冊に収まったいたら、萌×2ぐらいだったのでしょうけど、長くて飽きてしまったということで、萌ということで。
もっと、1冊1事件で、違う事件も読みたかったです。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う