松岡なつきの初期大人気シリーズが、ついに初の文庫化!

H.K(ホンコン)ドラグネット 1

Hong Kong dragnet

H.K(ホンコン)ドラグネット 1
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×25
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
35
評価数
10件
平均
3.6 / 5
神率
10%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥629(税抜)  ¥679(税込)
ISBN
9784199006272

あらすじ

喧嘩っ早くて血の気の多い隆之は、母と二人暮らしのごく平凡な高校生。ところがそんな彼の前に、香港で一大勢力を誇るマフィアの幹部が現れて、「おまえはボスの正統な後継者にして、次期総裁候補だ」と宣言してきた!しかも、後継ぎ候補はもう一人――腹違いの義兄がいるらしい!?それ以来、強制指名された隆之の運命は一変して・・・。

血腥い香港マフィアの組織を舞台に、恋と波乱を描く全4部作スタート!!
(出版社より)

表題作H.K(ホンコン)ドラグネット 1

伊庭隆之(マーク) 異母弟で副香主
アーサー 異母兄で香港黒社会の香主 

同時収録作品H.K(ホンコン)ドラグネット 1

ジェイソン 隆之の後見人
クレイグ アーサーの後見人

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

エンタメ要素満点

いわゆる積読をずーっとしていた本で、いい加減読むぞと思い立ち、
読みだしたら止まらなくて四巻まで一気読みしました^^;

この本は復刻版だそうで、昔の原稿に加筆修正がなされてまた出された本だそうです。
まず読んで思ったのがかなりエンタメ要素に重きを置いて書かれているな、と感じました。
それと、卜占のことについてはあまりにもリアリテイがなくなってはいけない?ということなのか、
そういった超能力的な部分は抑え気味に書かれているなと感じました。
多分クレイグの能力者がありすぎると、違う話になってしまいそうですものね(汗)

色々な部分でバランスを考えたり、あとは作者様の味でこんな風に書かれたんだなぁ、
というのが見えて、ともて気持ちよく読めた作品でした。
と言っても、最後の最後まで読むと、これは評価が分かれるんじゃないだろうか・・・とは思いました。

しかし主軸カプのアーサーと隆之は安心のカプですね。
ワンコの忠誠は絶対にぶれないと思うので、
そういう面を期待したい人は裏切られることなく読めると思います。

2

自分を殺そうとする義兄に一目惚れ!

香港マフィアの血で血を洗う、後継者争いと対立組織との抗争の中に咲く、ロミジュリ的な恋愛が・・・という内容です。
あらすじを読んでから、ヤクザ・マフィア大好物な自分は、早く読みたくてウズウズしてました。
松岡先生の深い考証も乃一ミクロ先生の繊細な絵にも早く会いたかったぁ!

でもですね、期待が大き過ぎたのか?なんか小ざっぱり感が否めなかった1巻でした。
1巻は厚め。それなのに、主人公の隆之が、莫大な遺産だ~義兄弟だ~とか気にしないから、隆之の恋の自覚も跡目争っている深窓の義兄との仲も、悪意なくサクサク進むのが、違う感じがしてしまったんです。
ずっとず~っと『すれ違い』と『ツンツン(受け)』が続くのだろうな・・と勝手に考えてたら、早くも固い仲に!
「えぇ~速くない?」って思っちゃった。

あらすじを読む限りでは隆之が主人公ですが、その臭いは薄いですね。
その分、もう1つの後見人同士カップルは、仄暗い執着の臭いがプンプン!
こちらがどうもメインのようですな。

そして、やっぱりさすがだなと思ったのが考証と動きのある場面です!
マフィアの抗争の方は欲が出張って分り易続きく、ザクザクバンバンやってくれて飽きないし、その当時(香港の中国返還時)のそれぞれの派閥の特色や思惑や、地名や地域の特徴も説明されているから、キャラ達の立ち位置が分り易かったです。
あとがきを読んでさもなん、松岡先生が香港好きなんですね~!
それと、松岡先生押しは大人カップルだったけれど、執筆当時は若いカップル全盛期で10代カップルは絶対と編集さんのお達しだったことが書かれていて、なるほど~^^
2巻からの大人カップルの恋の行方、すっごく楽しみになりましたよ~!

2

やっぱり面白い!!

復刻版ですが、この作品は初めて読みました。
さすが松岡先生、やっぱりこの方の作品は面白い!!
もうほんとその一言に尽きます。

スピード感があって、しかも世界観が広大。
BLとしてのわくわく感だけでなく、物語そのものを楽しめます。
組織内の抗争、そして父親であるトップの死の真相…ドキドキしながら読んでいました。


主人公の隆之は日本の普通の高校生。
いきなり巻き込まれたように香港にやってきた割にけっこう肝が据わってます。
でもやっぱり汚い仕事である黒社会には嫌悪があります。
なので彼はもともとマフィアの後継者になるつもりはありません。

一方義兄のアーサーは生まれたときからマフィアのボスの息子ということで後継者としての自覚はあります。
ただし身体は弱く、孤独で愛情にひどく飢えた子どもです。

一見似ていない二人ですが、中身というか本質はかなり似ています。
物語の中間でアーサーはある大きな行動に出ます。
それは隆之よりもアーサーの方が黒社会のトップになる決意が決まっているからできた行動だと思って読み続けていましたが、最後まで読んで違うなと気付きまし続きた。
隆之も物語終盤にアーサーと同じ行動をとります。
それを見てなるほどこの二人はそっくりだなと気付かされました。

ちなみにえっちなシーンはこの二人よりもお互いの後見人であるジェイソンとクレイグとの絡みの方が濃厚です!
二人の絡みを見ていてニヤニヤしていましました(笑)

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ