犬の地下鉄

犬の地下鉄
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×25
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

17

レビュー数
5
得点
51
評価数
12件
平均
4.3 / 5
神率
41.7%
著者
 
媒体
コミック(同人)
サークル
soft_machine〈サークル〉
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
20ページ
版型
B5

あらすじ

声18禁
「地下鉄の犬」の受攻逆転話です。
パラレル、夢落ちではなく話の延長線上での逆転です。
リバ苦手な方はお気をつけ下さい。
-裏表紙注意書きより-

表題作犬の地下鉄

篠田
朝倉

評価・レビューする

レビュー投稿数5

地雷多し?の同人作品。

コミック『地下鉄の犬』のその後、二人のある日。他の方も言及されていますが、表裏両方の表紙にリバ注意の断り書きが記載されています。うすうすリバって苦手な方が多い設定なんだろうなと感じておりましたが、本当に取扱注意なんだと実感致しました。。ちなみにわたしは好物なので購入したわけなのですが。

篠田が仕事帰りにプールでひと泳ぎして帰宅した後、塩素の匂いに反応した朝倉。その訳を聞き出すと高校時代に朝倉が好きだった先輩の話になり、篠田がその相手にジェラシーを覚えたことでコトに及ぶのですが、意地悪をしたくなった篠田は雄に変貌します。そう、オトコになって朝倉を抱いちゃうワケです!好きな人に抱かれれるのならば、恐れも一変して快感に変わっていく。朝倉が受けとして色っぽく乱れていく姿が裏表紙にも表現されていて、一人の人間の二面性を楽しめます。そこがリバの美味しいところ。

わたしの中で二人がリバで完結するカップルとして違和感がないのは、篠田に妻帯の経験がありバイだったということと、やはり大人の男だということ。受けも攻めも出来るって太っ腹でもあり、欲望に貪欲ってことでもある、非常に魅力的な資質だと思続きうんです。

コミックスと同人のタイトルがリバってる点もニクイ演出ですね。

2

リバを好きで良かった

「地下鉄の犬」は眼鏡×眼鏡という夢のような作品で、うっとうしい系乙女(作者あとがきより)の智紀が攻だというのも意外な感じで良かったのです。

でも同人誌で、積極性に欠ける中年(同上)の篠田が攻に転じるなんて!!
私はこれがコミックスに入っていてもわーい☆ってなるだけですが、世の中には"リバ、ダメ絶対"な方が居ますもんね。

本編より少し後という時間軸で、新婚のような二人。プールで泳いできた篠田課長からする塩素の匂いをかいで学生時代 憧れだった先輩の話をする智紀。其れに興味津々の篠田課長は実直な方なので、
「どんな人だった?」
「聞きたい」
と、照れる智紀を意に介さず聞く。
どんな"やつ"だった?なんて粗野な聞き方をしません。ステキですv

そしてその夜、智紀に乗っかる篠田課長。
恥ずかしがる智紀の眼鏡を外してどんどん触る、舐める。(自分は眼鏡外さないのは、よく見たいから?とか勘繰ってしまいました;)
これシラフなのかなぁ。萎えてない智紀のを握りながら後ろもいじって嬉しそうで、、、いいよー!この篠田課長!!そして泣かして満足げって…たまらないぃ!(^^)!

続き
翌朝の食卓で、シャツのボタンを掛け違えている智紀の戸惑いぶりとは対照的に落ち着いて
「恥ずかしがる君は 可愛い」
と言う篠田課長。
完全に形勢逆転でした。
コミックスに、智紀が
「"俺は好きだ"って意味でかわいいって言ってます」
という場面があるので、そういう意味も含めてかなーなんて思ってニヤニヤ。

読み終えて、篠田課長に惚れ直したのはもちろん、良かったねっていう気持ちが湧きました。
満たし満たされ。
あと、裏表紙の智紀の裸がエロいです^^

7

東雲月虹

舎楽宰さん、こんにちは!
リバ、激しく萌えますよね!!!
篠田さんと智紀って二人とも真面目で思いやりに溢れていて
大好きな二人です♪
“自分の眼鏡外さないのは”に笑いました☆
素面でも篠田さんはヤりそうです!w
だって朝からあんなズバッと恥ずかしいセリフ言ってくれちゃうくらいなので…。
幸せな二人にまた会いたいですよね♪
お邪魔致しました(*^_^*)

地下鉄の犬→犬の地下鉄。シンプル!!

本編では大学時代、篠田さんは朝倉に似た男と恋愛して、
入れようとして未遂だったという過去があるのを告白し
「もしかして君に入れる事は考えなくても…?」って朝倉に言ってたのに!!
それがまさかのリバ!!!♪

ヘタレ年下ワンコ攻め×真面目な年上受けも大好きですけど
リバだともう得した気分になってしまいます!!
眼鏡×眼鏡だし、文句の言いようがない!!

コミックスでは二人とも結構ワタワタしていた印象でしたが
攻めの篠田さんは…いい感じに落ち着いています!大人の余裕?
その表情も気遣いも素敵で、
ムリとか、やですと言いながら感じまくっている朝倉がキュート!

次の朝も動揺しまくりで、ボタンかけ間違えてるし
「恥ずかしがる君は可愛い」とか言われちゃって!!
これは籍を入れたにも関わらず、
まだ篠田さんを“まさあきさん”と呼ぶのが恥ずかしいという所ですが
絶対昨夜の行為中、気持ち良すぎて恥ずかしがってる朝倉も含んで言ってるな!?
篠田さんは意外と積極的なタイプなんですねぇ。(むっつりとも言う?)
いいぞー!もっと可愛がって欲しい!!

フェロモン全開続きの表紙の篠田さんにもうっとりです!!

7

舎楽宰

読めてよかったなぁの思いが強いです。
貪欲でむっつり^^な篠田さんを見ることが出来たし、いろんな過去を経て二人が出逢って一緒になって…と反芻して、凸と凹がぴったり合ったような感覚がありました。

智紀は、攻の時も眼鏡を外してるのでそうなのかな~と^^;(単に篠田さんは遠視だから?かな)

あと指輪をした指で触ってるのがたまりませんでした…!!

コメントありがとうございました☆

ぬぬぬ、、、篠田ヤルなww

そうそう!草間さんってリバって可能性としてはとても秘めていますよね。
あの「肉食獣のテーブルマナー」においても、あれはパラレルドリームではあったけど、逆転していたしww
そう、この元のお話の「地下鉄の犬」も充分可能性としてはありえたんですもんね♪

この同人作品、それだけ単体でリバなんて知らずに読んだら、こっちが普通でしょ?と思うほど実に自然で違和感ありません。
ちょっと余裕のワンコ攻めが(普段なら)、つい見せてしまった初恋を語ったそのウイウイしい表情に、つい攻めてみたいと思ってしまう篠田はやっぱり男です。
そっちは向いてないと(今までの経験で)言う朝倉実は、受けにとっても向いていた!?
っていうより、きっとアレは本当に大好きな二人だからこその結果なのかしら?ともとてもいい解釈を自分はしてしまう。
それにしても、翌朝も、うろたえを隠せなくてボタンをかけ違うほどの朝倉を見たら、これからますます篠田は攻めをしたくなるに違いないwww
篠田、男前だっちゃ♪

リバ大好き自分には、こういうカプは本当好みだし理想の姿です。

6

表紙にもあるとおり

リバです。
篠田さん攻めです。

リバ好きとしては、とっても嬉しい、パラレルでも夢落ちでもない、正真正銘の、お話の流れ上に自然にそうなるリバ。
男同士なんだから、ある日、こういう事が起きるのは、当然あって欲しい。
そんな願望が、同人誌だからこそ叶う。
そして、18禁の同人誌だからこそ、絡みシーンも結構濃厚です。
草間さんの、筋張った、硬そうな身体の絡み、だからこそエロい。

男!のエロさが滴る篠田さん。
リバって、ほんとに素敵よね!

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ