僕はすべてを知っている 2

boku wa subete wo sitteiru

你的一切我都知道

僕はすべてを知っている 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神19
  • 萌×220
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
12
得点
199
評価数
48件
平均
4.2 / 5
神率
39.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784199604966

あらすじ

包茎整形の専門医・犀川千博(さいかわちひろ)は、下半身事情に悩める男子の救世主!! そんな千博の病院に、反抗的で生意気な実習生・和倉(わくら)がやってきた。
和倉は、千博が一目で見抜いた絶世の美チンの持ち主。恐れていたライバルの登場に、恋人の歩(あゆみ)は内心ハラハラ。千博の心変わりが心配で、なんとHをしても、勃たなくなってしまい…!? 

(出版社より)

表題作僕はすべてを知っている 2

男性治療の専門医 犀川千博
携帯電話会社の美チン持ち 浅野歩

評価・レビューする

レビュー投稿数12

歩君が変わらず可愛いのです...

既刊すべて読んで、完全にこのシリーズ、そして高久先生のファンになってしまいました。笑
今回は2巻ですね。
初めの章では、千博さんが働きすぎて倒れて、歩が珍しくオコな回です。歩の方が千博さんに腕枕をしてあげてるのをみて、歩に母性?みたいなものを感じました。とても可愛らしいお話でした。
そして、バレンタイン回。歩天然すぎるでしょう。そりゃあ千博さんも心配になりますよね、あれだけスキだらけだと。 突然ですが、歩って本当に可愛いんです。私の趣味どストライクなんです。恥ずかしそうな顔とか、泣いてる顔とか、小さいコマでも可愛い以外の形容詞が見つかりません.... 私もチョコあげたい。いや、むしろ千博さんと歩のために一泊二日旅行券を差し上げたい...。
それから和倉くんという可愛い新キャラが現れます。彼は初めめちゃくちゃ尖っています。研修に来てるのになぜかギターを背中に背負ってくる彼が面白いです。でも、実は可愛い健気な性格なことがバレてきます。笑 この子の恋も読んでみたい!彼が美チンの持ち主だということを千博さんが評価したことを気にして、歩は勃たなくなってしまいます。その時、歩が自分はこんな続きんだけど千博さんは入れてもいいよ、と言って千博さんのモノだけを処理しようとします。それを聞いた千博さんは、歩に自分を道具みたいに扱わないでと窘めます。ここ、凄く萌えました。千博さん、本当に歩のことを大切に思っているんだなあと感じた瞬間でした。

1

問題発生、けれど乗り越えていく二人(ネタバレ)

今回は短編みたいな感じでした。3つのエピソードで、どちらからも二人のラブラブ感が伝わってきます。

最初の一つ目は、千博さんが忙しさで倒れてしまって、歩が心配して怒ってしまう話です。
二つ目はバレンタインで、歩がある出来事で嫉妬をするんです。
三つ目のお話はまさかのライバル?あらすじにも書いてあった通り、歩がたたなくなってしまうんです。

この3つの話で、二人ともそれを乗り越えて、成長していくんです。
絵は相変わらず可愛らしくて、続きも読もうと思います。

0

こんなに聞いた事無い…ち◯こ、ち◯こ

えっ?
診察中だよね??
あら、その方も…??
今回も最初から、ち◯こ、ち◯この連呼です。
ですが、嫉妬しちゃうのもかわいいですね(^^)

何だか、バードなのが続くとほのぼのと………萌え

0

笑ってごめんね…美チン争い

男の下半身が専門の病院BL、2冊目です。
あいかわらず…最初から最後まで、
何もかもがチンコの話題中心に進んでいます。
というか…このお話、94%くらいは話題が下半身じゃないかしら。。
で…残りの6パーセントくらいが、甘々な恋バナで埋まってる。
笑ってごめんね、登場人物の皆々様。
みーんな真剣なんですよ。それこそ大真面目に本気でチンコ語ってる。
だってそれが仕事だから。そして何よりも仕事熱心な人達ばかりだから。
でもね~ゲラゲラ笑ってしまったよ。
本っ当に申し訳ないけれど、明るく楽しく爆笑だったよ。
見せてと言われて、素直に出してしまう、イタ可愛い研修医さん。
超高スペックなイケメン医師が、誰よりも誰よりも「チンコ」を連呼してる。
そして極め付けが..
「とうとう現れた、僕以外の美チンの持ち主…!」ってねえ、アンタ(苦笑)
「容姿で人を褒めたりしない、『美しい』なんて言うのはただ一つ」
おいおいおい…悩むのはそこなんですか?
なんかヘンじゃないですか、アンタ達。
あwwこれ読んでると、世の中一瞬、何でも笑い飛ばせる気分になったよ。
この漫画、どこを読続きんでも読者に大爆笑されちゃうのに…
言ってることは何一つ、お手本にはできないけれど…
どこか癒されるよ。
チンコ話以外は、悲惨さも暗さもゼロで、
清く正しく甘々だから…まぁ許されるのだ。
そうそう、今回、1番の爆笑セリフはこの標語↓
「太く 大きく たくましく」
院内の壁に、さりげなく貼ってたよ。。

2

美チン!

3巻目が出たので気になっていたので記念に購入w
やっぱり面白かったですw

新たに新キャラの実習生。和倉くん登場ですが
これまた美チンの持ち主らしく受け様の歩くんが
ライバル登場と勝手に思い込んでオティンティンがたたなくなってしまい
その治療で、金沢先生が担当するのですが・・・
金沢先生の人気が出てるのか、1巻ではわきっぽかったのに
ぐいぐい出てくるようになってw 面白くなってます
金沢先生も歩くんの美チンに夢中のようですしw

0

受けも攻めも一所懸命で微笑ましいのです

ネタバレなしでいきたいと思います。

同コミックの続刊です。
相変わらず舞台の中心は包○専門病院ですが、ほのぼの雰囲気はただよっております。

攻めも受けも、変わらず犀川と歩。
一巻の当て馬は加賀でしたが、今回はまた新しい刺客が犀川の前に立ち塞がっております。
……大げさですね(苦笑

犀川が歩と出会ったことでますます仕事への熱意が高まり無理したり、歩が色々な方面で心配したりと、なんだかえっちよりも別のことで萌えますがそれもまた良しです。
今回良く頑張っていたのは歩。
犀川への気持ちが本当可愛い。
あまりに一所懸命で、必死です。

そして犀川の病院で働く医師・金沢の出番も面白さも、倍増しておりました。
彼の背徳的診療が「ぷっ」という感じ。
良い味だしてます。
まだ、連載が続いているようなので楽しみにしています。
単行本派のわたしにはモジモジ期間が続きます…はやく3巻出て欲しいー!

余談ですが…
二巻目にして気づきましたが、犀川が自分を「僕」というのがわたしの萌えらしいです。
新たな発見!(笑

1

続きがたのしみで仕方ない

一巻を読んで続編がある事に気づかず、知った途端本屋へ走りました。

攻めさんの仕事の都合上、いつかどちらかにあるかな~と思っていた「ED」の問題。
ちょっとしたすれ違いが溝になって、予想だにしなかった深い傷になって…
でもどうにかこうにか乗り越えて、というのがこの二巻でしょうか。

このシリーズはシリアスになりすぎないのが私的なツボで、
終始あたたかい気持ちで読める安心感があります。

攻めさんの器の大きさも、受けさんの壊れそうな繊細さも大好きです。
(端キャラではありますが、金沢さんも和倉君も男前ですね!
加賀さんも大切な人が出来るといいね)

本当、男たちは繊細な生き物なのですな。

1

「チ●コほど正直でかつ複雑怪奇な器官はないんだ!」

……と力説しております、イケメン犀川氏が。

ちょっと私のツボに嵌った、男性の股間関係病院漫画の2冊目。
まだ連載が続いているのが嬉しい限り♪
いつになるか分からないけど、続刊が出るなら待ちますともー♡

既に誰も割り込めない位、ラブラブでアツアツな犀川医師と純真無垢な歩くん。
クリスマスもバレンタインも山あり谷ありだけれど、仲は深める一方。
そんな時、研修生としてWクリニックの跡取り息子・和倉が現れて――と続きます。


この和倉くん、ちょっと反抗的だけどぜーったい素直でイイコなんだろうって分かる感じが初っ端から可愛いです、私の中で。
他に追い掛けたい夢があるからこそ、跡取りとして受け入れたくないんでしょうねー。
しかも、男性器専門。
だから、私にとって、すごーく好きな犀川先生と金沢先生の会話がこちら。

金沢「でもチ●コほど面白い器官はないですよね」
犀川「そうだとも金沢くん チ●コほど正直でかつ複雑怪奇な器官はないんだ!」

自身らの職業に誇りがあるからこそ生まれてくる言葉だなーと〃
何か好きです、この会話。


和倉くんの登場によっ続きて、犀川先生は「ある」衝撃を受ける。
そして、犀川先生が放った一言によって、歩くんも「ある」衝撃を受けます。
精神的なショックって、その根本的なものが解決しないと本当に治らないんだなーとしみじみ。
結果歩くんは治っている訳ですが、ほんと、軽々しく何でも言っちゃいけないなぁとも思いました。ねぇ犀川先生〃

しかしまぁ、それによって役得だったのは、他の誰でもない金沢先生でしょう!
そりゃ楽しいでしょうさ!もしかしたら一生かかっても見れなかったかもしれない『絶世の美チン』を拝めたのですから!(笑)
多少犀川先生に睨まれようが嫌味言われようが、それなら乗り越えちゃいますよね、金沢先生〃


先にも述べました通り、まだ連載が続いているこちら。
この間ちらりと掲載雑誌を見たら、割と凄い展開になってました…!
と言う事で、早めの続刊希望です♡

3

相変わらずラブラブな2人‼ 続編です

前作ほどの衝撃はなかったですけど楽しめました。

今回は、絶世の美チン歩にライバルが⁉
その美チンの持ち主は、実習生の和倉君。
恐れていたライバル出現に、歩は心配で犀川先生とHしても勃たなくなってしまうお話。

歩の天然な行動に笑えましたけど、一生懸命で健気で可愛いんです(笑)
そんな歩に、千博も自分が原因だと悩みなからも、事実が発覚して、どこかズレてる歩の行動をも、あたたかく包み込んでくれる大人な包容力に胸キュンでした。

心配と嫉妬でグルグルすれ違いながらも、やっぱり最後はエロくラブラブな2人でした。
安心して読めます。

他の方達のお話もいずれは登場するみたいなので、誰と誰がラブ♡になるか楽しみです!
私的には、加賀さんと金沢先生を期待しているんですけどね♡

ストーリーの面白さは前作以上にドキドキ♡胸キュンで良かったんですけど…前作は衝撃が強かっただけに、今回は評価は下がってしまいました。
でも、オススメなので是非二冊一緒に読んでみて下さいね。

0

もはや職業病とも言える

 前作では、歯科医である加賀に歩を奪われそうになりながらも、何とか二人の関係を守り続けた千博です。
 クリスマスを前に、どんどん過労になっていく千博のことを歩は心配しているのですが、千博が倒れても、二人で抱き合うようにして眠る姿は、一番の萌えでした。

 そんなところに、臨床実習生の和倉が、犀川クリニックで臨床生として働き出します。彼は、どうしても包茎治療というものに対して、恥ずかしいといって拒絶するのですが、犀川曰く、局部が美しいそうです。一方、歩の身にも犀川の美しい局部のせいで、千博とのHのときに不全になるという悲しい出来事が…。
 後で、和倉の局部を見せてもらう歩は、あまりにも素直すぎて、嫌みとか下世話さがないんですよ(笑)
 歩の雰囲気は柔らかいので人当たりは良さそうです。しかし、美しい局部を持つがゆえの悩みというのが笑えます。結局、美しくてもそうでなくても、みんな軽々しく口にできることではないだけに、悩んでしまうのでしょうね。(笑)結構Hシーン等、下にまつわるシーンも多いのですが、犀川がかなりソフトに扱っているため、あまり気にせずに読めました。

1

ほんわかした気持ちになれる作品です

1巻が好きだったので、引き続き購入しました。
安心のクオリティでしたw

包茎専門医という、一見ネタものだけれど
ちひろさんと歩くんが、互いを思いやる気持ちとか、
恋愛としてとてもきゅんとするお話だと思います。

絵も綺麗ですし、Hシーンもこってりしつつくどくないというか
読んでいてほんわりした気持ちになれる作品です。

雑誌では、歯医者さんと後輩医師くんのスピンオフも始まっている(?)模様なので
3巻も楽しみに待ちたいと思います(^-^)

2

ラブラブでした

カリスマ包茎外科医とホンワカ男の2巻目がでました☆
前巻に引き続き、テンポの良い面白い作品となっていました。

絶世の美チンに思いをはせる先生。そして、絶世の美チンで恋人でもある歩。二人は今日もいちゃいちゃしながら愛情を確かめあうのでした。

先生が忙しくって倒れてしまう。そんな先生を気遣って優しく看病する歩。看病しつつもベッドの上でしちゃうのがこの二人w おもしろいです。

そんなラブラブな二人の前に現れたのは、第二の絶世美チン男。
歩は先生の心がどこかへ行ってしまうのでは・・・と心配になり、なんとEDになってしまう。
自分よりも美チンか!? どんなんだ!?と気になった歩は、第二の美チンを見せてもらうことに。
拝見している最中に先生がやってきて・・・・・・。

とまあ、ドキドキな盛り上がりもあり、大変後読感のよい作品でした。それに、エッチを多く含んだ作品ですが、終始に優しい愛情が感じられてまったくいやらしさ感じない仕上がりとなっています。
あ、あと応募者全員サービスの券もついていて、ちょと楽しみです☆

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ