僕はすべてを知っている

boku wa subete wo sitteiru

你的一切我都知道

僕はすべてを知っている
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神79
  • 萌×266
  • 萌49
  • 中立10
  • しゅみじゃない9

--

レビュー数
51
得点
816
評価数
213
平均
3.9 / 5
神率
37.1%
著者
高久尚子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
徳間書店
レーベル
Charaコミックス
シリーズ
僕はすべてを知っている
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784199604614

あらすじ

若き名医の犀川千博(さいかわちひろ)は、包茎整形治療のプロ。醜い下半身を見る毎日に内心うんざりしていた千博が、ある日街で出会ったのは、ケータイショップの販売員・浅野歩(あさのあゆみ)。
服の上からでもアソコの形がわかる千博は、歩のかわいい笑顔より、下半身に一目ぼれ!!
「君は世界一美しい」と口説くけど、歩は素直に喜べなくて!?

(出版社より)

表題作僕はすべてを知っている

男性治療の専門医 犀川千博
携帯電話会社の美チン持ち 浅野歩

その他の収録作品

  • ごあいさつ
  • 番外編 「キスのつづき」

レビュー投稿数51

導入はぶっ飛んでいても、展開は真面目

 導入から面白かったです。仮性包茎などを専門的に見る男性治療のプロという設定、二次創作では見たことあったど、商業では初めてかも。確かに、毎日何かしらの病気であること前提の男性のアソコばかり見ていたら、うんざりしてしまいますよね。序盤から犀川を気の毒に思いました。美チンに惹かれて始まる恋、というのもシュールの極みなはずなのに、そんな人が見つかって本当に良かったねとつい同情したくなりました(笑)。

 犀川はいろいろとスペックが高いにも関わらずまったく驕ったところもなく、淺野への接し方も基本的に直球で好感の持てる攻め。一方の淺野も、少々鈍いところはありますが、それも可愛らしいと思えるほど素直な受けで、とても爽やかなカップルでした。キャラクターに多少鬱屈したところも欲しい、という方にはちょっと物足りないかもしれませんが、私はこういうカップルも好きですね。脇役だった加賀と金沢のことも気になったので、彼らにも出番があることを期待しています。

0

真面目なテーマだけど笑っちゃう

深刻で繊細な病気がテーマです。
でも、大真面目な台詞なのに可笑しい。大爆笑が止まらない。真顔のジョークを読んで爆笑しました。
あんまり可笑しいので読み返した後、萌えを訂正して、神。

1

美◯◯

2006年から描いてらして、この本が出たのは2010年ですが非常に息の長いシリーズですね。
根幹がソレなので、下の話題に終始しますがストーリーもキャラクターも絵も大変優しくて素敵な作品です。意図せず根幹が怪しいワードに見える笑

◾︎犀川千博(さいかわちひろ 医師)×浅野歩(あゆみ)
包茎整形専門病院をテーマに据えるところがまずすごい。そして早々に出てくる醜い◯◯◯というパワーワード。この後美◯◯というワードも頻出します。「服の上から美◯◯が分かる」ってどういうことよ!!「仲良くなって美◯◯を拝む」って!!…と読みながら思うのですが、正直この漫画ツッコミ不在でガンガン進む時があるので、流れに身を任せるしかないのが笑っちゃいます。

犀川先生は顔がよくて社会的信頼がなければストーカーなんですけど、イケメン無罪。先生の変態っぷりが飛び抜けてますが浅野も大概変な子です。
当初は1話完結で読み切りで描かれたのでしょうか?連載になったことに感謝!

前を診察するのに全部脱いで診察着に着替える必要はあるのか笑

※電子書籍ebook
修正薄め この作品で白抜きなんて意味がないですよね

0

真面目な絵なのに…すごく……ちんこです。

なんか、真面目な絵なのに話のド真ん中に「ちんこ」がドーン!とそそり立ってます。
大真面目にちんこ連呼。
服の上からでもちんこの形が分かるちんこマスター。
ちんこのお医者さんの話なので当然なのですが、素晴らしかったです。
「(患者さんの)ちんこを見れば名前が出てくるけど、名前を言われてもちんこは出てこない」
仕事に大真面目で熱心であるあまり自分が世間から大きくズレてしまっている自覚が無い。

ちんこがきれいな人は、心もきれい。
ちんこがきれいな人は、笑顔もきれい。
(先生が認めた)世界一美しいちんこを診察する時は手袋はしない!「手袋しないんですか?」と突っ込まれても「そんなものはしない主義だ!」と言い切っちゃうw(普段はしてる)
ちんこの患者さんはひっきりなしに訪れ毎日忙しく、その疲れを癒すために美しいちんこを見せてもらう。「お願いだ、見せてくれ!」

見事にちんこの染まったラブストーリーです。気持ちいいです!

0

スペシャリストをも唸らせる美チン

もう、このシリーズ大好きで何度も何度も読み返しています。なんか急に思い出しては読みたくなるという。

最近もはや主役交代?といった金沢先生CPのお話も大好きで追い続けていますが、やはりこの可愛くも本人たちは至ってマジメで、ほどよくおバカな犀川×浅野編がたまらなく好き。

素敵なレビューが並んでおりますので、感想という名の叫びだけ。

浅野くんの美チン、私もクッキリハッキリ拝みたいー!
あー羨ましいなー犀川せんせ。

こちらのレビュー欄、お姐様方が口を揃えて美チン、美チンのオンパレードで、その一体感に感動しております。
それほどのインパクトを与えてくださるなんて、高久先生って本当に素晴らしい。

1

「俺以外にも美しいチンコがあると信じたい!!」

このシリーズ、メインカプより金沢先生編の方が長くなっていて犀川先生がすっかり脇役化していますが、元は↑こんな犀川先生のアホな叫びから始まったお話だったそういえば。笑
第1巻はもう8年も前ですか。

この1巻は犀川先生のモノローグがもう可笑しくて可笑しくて。
それ以外は【超王道BL!】って感じなのに。
犀川先生だけが大真面目に可笑しい!

というわけで、お気に入りの名(迷)セリフを厳選してここでひとつ。

「チンコを見れば名前が出るけど
名前を言われてもチンコは出てこないんだよね」

犀川先生、そこは“顔”じゃね?
会話の流れ的にそこでチンコ出てきても仕方なくない??

あぁ〜高久さん好き♡♡♡
巻が進むにつれてコミカル色は徐々に薄くなっていくので、そこを若干さみしく思っています。

【電子】ebj版:修正○、カバー下なし、裏表紙なし

0

大真面目に下半身を語ってはいるが。それでもとってもロマンティック♡

何度となく読み返す作品の一つです。高久先生の、黒髪、黒(っぽい)スーツ、長身イケメンがまずツボなんです♡ ザ・スパダリって感じで。不朽の名作エロと言われるだけあって、エロいことはもちろんですし、主役が「包茎整形専門医」というだけあって、下半身の話題に事欠かないですが、それらを大真面目に語りながらも、やっぱり王道ロマンティックなんです。服の上からでもその美しいカタチが分かるという、職業病の犀川先生は一目惚れした浅野くんが「絶世の美チン」なだけでなく、その可愛い笑顔にも射抜かれてしまい、モーレツにアタックをかます。そんな事とは知らずに「素敵な」犀川先生にだんだん魅かれていく浅野くんでしたが、先生が自分の下半身にしか興味がないんじゃないかとクヨクヨ悩んでみたり。キレイな患者さんを見かけては不安になったり。
そんな不安を一つ一つ取り除くように甘く愛を囁きながら、気持ちをきちんと伝えつつ、下半身のスペシャリストとして、身も心もトロトロっにしていく犀川先生。これぞスパダリ‼︎ 患者さんからも人気があって仕事も出来るイケメンの犀川先生の悩み…それは、「僕の恋人が美チン過ぎることだ。」クスッと笑えるところもいっぱいあって。
最新刊の6巻ではすっかりメインとなっていますが、この1巻では犀川先生と浅野くんの間に割って入ろうとする(結果、入れません。)当て馬くんとして登場するクールな加賀先生。
そうそう、加賀先生は最初、隙だらけの浅野くんにキスしたりしてビビらせるんでした!なんて、今となっては懐かしく。その後、ショックを受けた犀川先生に、ごめんなさいをする為に沢山キスをして機嫌を取ろうとする浅野くん。犀川先生はもぅメロメロです。本当にこのカップルは甘々で、読む度にキュンとさせてくれます。
ところで「就業中、思い出しては 半勃起。」などと川柳のような標語のような。犀川クリニックの壁のあちこちに貼ってあるのは、やはり院長である犀川パパによるものでしょうか。そんなところもとっても気になってしまいます。

2

絶世の美チンの持ち主!

大好きな作品で何回も読み返してます。
犀川の美チンセンサーはすごいですね!
でも歩には笑顔に惚れたんですよね。あと一生懸命接客してくれるところとか。
1話でうまくまとまってますね。1話だけでも大満足です。

その後はなかなか初エッチができなかったり、歩が自分が好かれてるのは今のところは犀川の中で一番の美チンだからで、もっと美しい人が現れたら捨てられると心配したり。
エッチも出来て歩の心配もちゃんと解消されますが今度は歩に興味を持つ他の患者が登場して。
何やら一緒に食事や買い物に行ったっぽくて、犀川は気が気じゃありません。真っ先にその患者のカルテでアソコがどんなか確認します!

歩も素直で可愛いくてとってもいい子なのですがいくらなんでも他の男と恋人へのプレゼントを買いに行くのはマズイよ。

ちゃんと犀川と歩が仲直りしますが、歩が犀川のご機嫌を取るのが犀川は嬉しかったようで大人ですね。

その患者こと歯科医の加賀も今後メインの登場人物になってきます。

ハンサムで仕事も出来て仕事に誇りと自信を持ってる犀川がいいですね。美チンが見たい!ところも面白いです。歩のアソコが起つとキラキラしてます。
歩も健気な乙女のようで可愛くてたまりません。

とってもいいお話です。また読み返すことでしょう。ドラマCDも聞きたいのですがもう手に入りません。

0

ドラマになりそう!

シリーズものではトップ5に入るほど好きな作品です。

まず、滅多にない包茎専門医と言う設定の面白さ。女子には全く関係のない世界で、その大変さもどんな症状の人が来るかも分からないので色んなことが勉強になります。

そして、最初の数ページまで完璧なるコメディかと思ってしまいました。大真面目な顔して何言ってんのこの人?!

作者さんがあとがきに書いてらっしゃいましたが、最初は読み切りの予定だったそうです。確かに一話で完全に終わらせられますね。でも、もっと展開させて欲しいと言うリクエストからシリーズになったんでしょうね。嬉しいです。

キャラの方も攻めの犀川先生の白衣、黒髪イケメンのビジュアルも好きなんですがとにかく優しい!歩のことが最初から好きで好きでたまらない感じがあらゆるページからあふれでています。逃げ出した歩を追いかけ、手を取って後ろから好きなんだと告白するシーン!!長身の犀川先生が後ろから覆い被さる感じが萌えーーー!!
こういう告白の仕方って、ドラマでも見ないし、でもやって欲しい!!

2

日本語のマジック?

このシリーズは、結構帯が攻めてるので、電子で購入しています。

まず設定が斬新。イラストも少女漫画的で綺麗だったので、正統派(?)なお医者さんとのラブストーリーだと思いきや…

まさかの美チンとか、犀川先生の終始シュールな台詞に思わず吹き出しました。

コメディなんだけれど本人たちはいたって真面目だし、何より自分の仕事に対して熱い情熱、プライド、誇りを持ってる所が素晴らしい。
婦人科の女医さんとかも大変だけど、男性も大変なんだなと思いつつ…確かに美しいモノが見たくなる気持ちもわからなくはない。

どんなに他人から理解されにくい仕事でも、汗水たらして、真剣に、プライドを持って仕事をしている男性って、やっぱり素敵です。

後何気に病院の看板を「さいかわクリニック」ってしてる所。犀川病院だと何となく入りずらいよなと。加賀さんの歯科の所のローマ字のオシャレな看板みたいにせず、あえてシンプルに貫く所、好きです。ていうかもうさいかわクリニックって看板見ただけで笑える(笑)

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う