虎穴ダイニング

koketsu dinning

虎穴餐厅

虎穴ダイニング
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神52
  • 萌×263
  • 萌36
  • 中立13
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
57
得点
633
評価数
170件
平均
3.8 / 5
神率
30.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
プランタン出版
シリーズ
Cannaコミックス(カンナコミックス・プランタン出版)
発売日
価格
¥638(税抜)  ¥689(税込)
ISBN
9784829685259

あらすじ

日向さんかっこいい! でも、虎……?
自称覆面レスラーの日向さんとルームシェアすることになったホストのアカル。マスクだという日向さんの顔はどう見ても本物な虎で、おまけに彼には尻尾まである。気になるものの、寝ぼけて喉を鳴らす日向さんに甘噛みされて感じちゃったりと、同居生活はドキドキの連続で、いつしか彼に惹かれていた。日向さんに好きになってもらいたくて、頑張ることにしたアカルだったけれど……?
いつもドキドキしちゃうんです! ハートフル同居生活。

(出版社より)

表題作虎穴ダイニング

虎頭 日向さん 会社員
バイトホストの同居人 喜多見アカル

その他の収録作品

  • 虎穴6畳間
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数57

あっさりしていた

かなり異色設定のお話です。
丸ごと一つのお話となっていました。

友達の友達の友達という遠い関係ながら、ルームシェアをすることになった日向とアカル。
日向は虎顔と尻尾の持ち主で、自称覆面レスラー。
アカルはホストです。

最初こそ虎顔に違和感を持っていたアカルですが、日向の人となりに触れる内にそれはどうでも良くなり一緒にいたくなりそれが恋心へと変化していきます。
ちょっとその辺りは駆け足でしょうか。
ただアカルがあまり深く物を考えずそのまま受けとめる子なので、とんとんとん進んでいくのかもしれません。
反面日向は慎重で臆病で…
ただ自分の外見のこともありますし、当たり前かなと思いますね。

なんというか盛り上がりや盛り下がりが少なく、設定は突飛なもののさらさらーっと読めてしまうので物足りなさが残ります。
日向は男前だしアカルは可愛いのですが…何か一押し欲しい気がします。

0

見ていて癒やされます。

キャラ設定に惹かれて購入しました。
日向さんが思ったより温和な性格。
アルカが思った以上にアホの子でした。

ストーリーの進展が少なめで
主人公たちの日常、といった印象。
とりあえず主人公と一緒に日向さんのかわいさを堪能する作品。

0

尻尾は正直(迫真)

可愛すぎる虎×ヘタレ犬

日向さん可愛かったあ(*´∀`*)
最初表紙見たときかなりリアルな虎だったから購入迷っちゃって、結局試しにと1巻だけ買ったんだけど……今から書店行ってきます(笑)
ヘタレわんこのアカルにたじたじな日向さん可愛すぎる!!
全体を通して絵も凄く綺麗で、のほほんとした内容によく似合ってる

個人的には鳴賀さん好きデス。あの読めないようで本当は何も考えていないんじゃないかって感じのメガネのイケメンさん。この人の言うことは割と素直に聞いてる日向さんだから、そこの二人の関係も気になる|ω・*)

尻尾は正直(二度目)
覆面(?)の割には表情とても豊かだし、尻尾も素直でよろしい!(笑)
次巻早く読んで日向さんとアカルに萌えてきます!

0

マスクじゃないんだ

全体を通して、アカルの、この何とも言えない「のほほん」(頭のゆるさ)さが良いのかな。 それよりもこの虎はなんなんだ? 覆面とかでもなさそうだし、ファンタジー的虎男でもなさそうだし。 この巻では日向さんの正体がはっきりしてませんが2巻で解るのか? まぁそれはおいといて、日常の2人の初々しい同棲カップルのような雰囲気が可愛いかったです。 アカルの方は完全に恋してるし、日向さんも徐々にいい感じになってきて、BL視点から見ても私的には地味にエロい? これがどう続くのか2巻が楽しみ。

0

なにこれ!はんぱなく可愛い!

気になってた作品、2巻発売と同時に両方購入しました。

で、可愛い過ぎるんですけど!

撫でたらゴロゴロ言い出してぎゅっとされちゃうの。可愛いすぎた。
(グ◯ンサーガのグ◯ンも撫でたらゴロゴロしたんだろうか)

なんか、一人自爆してる泣き虫アカルが可愛い。

日向さんのモノ…めちゃめちゃ大きいですよね。大きいですよね。大きいです。

日向さん、逞しくて素敵です。

そして、日向さんは何者なのかも気になります。
どうしてその姿になってしまったのか。生まれつきなのか。何かの呪いなのか。

0

2巻発売なのでレビュー

くる、、、、来ますよ!!!!
2巻!!1巻の日向んのかっこよさは異常
虎でもわかる大人の色気そして可愛いアカル
2人が合わさると化学反応かのように癒しと胸キュンが
ふぁあぁ//////擬音歓喜<(_ _)>
まだまだ解らない日向さんの秘密も2巻では分かるんでしょうか?そして2人はつながるのでしょうか!?
2巻発売まで楽しみです!
1巻買ってない人是非かってください!最初は人外を買うのが初めてで不安だったんですけど買ってよかった!!!っと心のなかでガッツポーズ
年上攻め好き、癒し系可愛いチャラい雰囲気が好きな人は本当におすすめです!
苦手な方はご注意を!(__)

0

人間にもしっぽがあったらいいのに~

もうすぐ続編が出るということで再読。

はぁ~日向さんかわいいです(*´˘`*)
私はどちらかというと犬派なんですけど、日向さんはかわいいです。
アカルくんのこと片腕で軽々持ち上げちゃうほどのデカイ図体で夜中に布団に潜り込んでくるとか反則。
虎ということで猫科の習性がちらほら垣間見れるのも萌ポイントです!
お昼寝中におヒゲ触られて喉ゴロゴロ鳴らしながら尻尾バシンバシンしてるのとかホントかわいい。
ビックリすると尻尾がブワッてなるのも!
ストーリーもほんわかしてて癒されます。

読む前は「これで萌えられるのか?」と恐る恐る手に取りましたが、全然杞憂でしたね。
読んでるうちに日向さんが虎でも人間でもどっちでもいいじゃないかと。
それよりも二人のほのぼのした日常に萌えときゅんがたくさん詰まってました♪
アカルくんがホストだけどいわゆるチャラいホストじゃなくて癒し系の可愛らしい男子なところが良かったです。

ただ日向さんがどうして虎頭なのかは気になりますね。
鳴賀(日向さんの同僚、自称マッドサイエンティスト)はナニモノなんだ…
この辺は続編で分かったりするのか続きな?

0

ほのぼの可愛い…!!!

虎さん格好良すぎでしょ!
片手でヒョイッと持ち上げて肩車的なの(*ノェノ)キャー!!!ですよ。
逞しい体つきで覆面レスラー言われても違和感ないしw
しかも可愛さもあるときた!!
日向さん素敵すぎて…アカルくんが惚れるの分かる。
尻尾がボフッ!ってなったり揺れたり、耳がピクピクしたり何か猫化可愛い!
寝ぼけてアカルくん抱え込んだりー酔っ払ってアカルくん「可愛い」って言っちゃったりー!!!
ってかアカルくんも可愛いー!
ホストだけど女タラシって感じじゃなくて、素直で単純で可愛い!
自分のこと「バカだから」ってよく言ってるけど卑下してるって感じじゃないのもイイ。

あぁぁぁぁーもう元ハルヒラさん作品、これだから好き!
ほんっとキュンキュンをご馳走さまです!!!
ほのぼの可愛い!!!
癒やしをありがとうございますーーーーーーー!!!!

日向さんの正体は結局最後まで分からなかったんですけど…あの作り話に真実があったとしてもすごいファンタジーだし…だとしたら鳴賀さんに「誰のせいだと…」発言が通じなくなるからなー。

2巻出ないかなー…。
出たら日向さんの秘密続き分かるのかなー?
もういっそ分からなくても構わないけど。
でもでもやっぱ気になるなー。
鳴賀さんがどう関わってるのか…とりま就職には手を貸してくれてるみたいだし。

0

アカルくんがかわいすぎる…

覆面レスラーの日向さんの見た目にうーん…と手を出すのをためらっていたこの作品。
とっっっても萌えました。かなりきゅんきゅんさせて頂きました…。
受けのアカルくんはホストのお仕事をしていますが、とても素直で純粋で、ふわふわした子。好きになってしまった日向さんに喜んでもらうために料理や掃除を頑張ったり、アプローチをかわされてもめげずに一生懸命なところがとっても可愛かったです。
2巻が出るならば何故日向さんがあのような姿になったのか知りたいなあと思いました。あとやっぱり2人の初エッチが見たいですね!

3

猫科好きの方には是非

猫が好き!大好き!という訳で、
表紙を見た瞬間に完全にヤられました。
そのため若干贔屓目の評価かと思います。

まず、エロシーンはありません。
ぶっちゃけこれBLじゃなくてよかったんじゃないか?
と思うくらいに、フツーに虎さんに萌え萌えしてました。
猫科ならではの表現(尻尾ぶわわっとか)が嬉しいですね。

猫ちゃんではなく虎さん(首から上と尻尾だけ、他は人間と同じ)であること、
虎さんががっしり体型で、しかもどことなくおっさん臭が漂うこと、
対するホストくんがアホ可愛い上に純粋に良い子であること、
この3点がツボにハマったので、
BLっぽさはかなり薄めですが後悔はありませんでした。
表紙の雰囲気そのままの和やかなストーリーです。
ほんわかしたお話が読みたい猫科好きさんにオススメします。
どこかの飲食店みたいなタイトルですがそういうお話ではありませんw

0

かっこいい虎(本物!!

虎っぽいではなくホントの虎!!(顔)
元レスラー(嘘)というくらいとてもガタイがよく、男臭い感じであるが清潔感たっぷりで、時々ネコ科特有のしぐさがかわいい攻め×ホストにもかかわらず客からもイジられる、虎さん大好きな、お風呂で虎さん想いながら抜いちゃって報告するほど健気で純粋な受け
どちらもキャラとしてとても素敵♡
大好き攻撃の受けですが、それに対し深い事情で虎さんになった攻めが引け目を感じてなかなか結ばれない切ない感じですが、正直それを感じさせないほど明るいタッチと、愛らしい仕草!
酔っぱらう虎、懐いちゃう虎、寝ぼけてる虎、真剣な虎、、、沢山の虎さんが見たい人はぜひ読んでみてください♡

1

アカルに溶かされていく日向さん

「マウリと竜」が好きだったので、作家買い。
恋とは無縁に生きて来た虎頭の日向さんが、天真爛漫おバカなホスト・アカルに惚れられ、餌で釣られて、気が付けばアカルの掌の上で気持ち良くゴロゴロしてた…そんなほっこりするお話です。

でも、日向さんには哀しい過去が?
日向さんがアカルに「作り話」と言いながら語った一人の若いプロレスラーの話。
あれは、日向さん自身の過去なんでしょうか。
そのレスラーが負わせた怪我のせいで彼を憎むようになってしまった少年に、彼は別人の虎の覆面レスラーを装って「怪我をさせたレスラーをやっつけてあげる」と言ってしまう。
少年を傷つけた自分を否定して生きているうちに自分の本当の顔を失ってしまったそのレスラーが日向さんなのだとしたら、そんな哀しい過去が彼を恋愛に臆病にさせているのかも。
なかなかアカルとの距離を縮めてくれない日向さん。
アカルが一方的にフェラした後も、「さっきのことは忘れなさい」とアカルを母親のように寝かしつけようとする日向さんが、切なくて。
切ないんだけど、なんだかその哀愁漂う姿がまたダンディで。
私には日向さんってオヤジに見えるんで続きすよね。そう言えば虎って猫より存在にけわしさがある分、哀愁が似合う気がします。個人的にはオヤジ萌え♪入りました。

この作品の中のおおらかでふんわりした空気、大好きです。日向さんの正直すぎるシッポも、アカルの天然わんこっぷりも最高!
ただ、アカル目線の描写が殆どなだけに、日向さんのアカルへの少し複雑な想いが伝わりにくい部分も…シンプルな愛情や喜びはシッポが教えてくれるから分かりやすいんですけどね。
ラストシーンの日向さんのセリフ、
「来るもの拒まず去るもの追わず そんな奴に惚れた俺のが多分 お前より必死なんだからな」
も、日向さんがアカルに対してそんな眩しさを感じている描写はそれ以前にはなかったので、唐突な感じを受けました。
ちょっと素通りしにくい重みのある発言でもあるので、エピソードに絡めて日向さんの心理をじっくり見せてもらえる場面があったら、もっとこの言葉がジュワッと心に沁みた気がします。

夢の中で覆面の下の素顔を見せてくれた日向さんを「誰?怖い」と感じてしまうアカル。そして夢から覚めて、日向さんの虎頭を見てほっとするアカル…さりげないですが、ここのシーンはグッときました。
口ではいろいろ言ってますが、アカルはとっくに日向さんを丸ごと受け入れてるし、ありのままの日向さんが好きなんですね。
アカルの底抜けの包容力、本人無意識なのに、すごく広くておおきくて。
鳴賀が北風なら、アカルは太陽。
日向さんはきっと、アカルの天然パワーなぬくもりに溶かされてしまったのかなと。
私もアカルに癒しをもらいました。勿論、日向さんのしっぽにも♪
今後も作家買いを継続したい作家さんです。

4

yoshiaki

ヒカリルさま

コメントありがとうございます。
初めてネコ科のペットを飼って、お互いが馴れていく過程でのトキメキに似た感情と、普通の(ヒト同士の)恋愛を混ぜたような、不思議なミキシングのお話ですよね。その辺がミョーで楽しいんだと思いますが、うまくまとまらず、後者に絞った感想にしてしまいました。
私もマウリの赤ちゃん@お父さん似には参りました♪
日向さんオヤジ説はおっかなびっくり書いてみたのですが、同じように感じてた方がいらっしゃると分かって嬉しいです。思いきって書いてみて良かったです。
それにしてもこういうBL求めてなかったはずなのに…自分でも意外なとこにハマって驚いてます(笑)

ヒカリル

yoshiakiさんこんにちは。ヒカリルと申します。
実は昨年、評判に推されて初購入したハルヒラさん本なのですが、
2、3度読んだきり作品の良さが今ひとつわからないままとなっておりました。

その後ハルヒラさんの他の作品に触れるうち、持ち味が何となくわかってまいりまして、
今改めて読むとまた違った感想になりそうです。
(「マウリと竜」は私も一発でハマった作品です♪赤ちゃんには腰が砕けました…)

yoshiakiさんのレビューに、自分はそこまで感じ取れていなかったなぁ…と気づかされまして、
これを機に読み直してみようと思います。ありがとうございました(*^_^*)
ちなみに私も日向さんは青年というよりも中年寄り?のイメージでした。

ほのぼの甘めかも(/ω\*)

書店でBLにしては異色な表紙とあらすじに惹かれて即購入しました。

絡みはあまあまな感じですね(^-^)
あたし的には萌えとゆうか
少しドキッとしてキュンとして癒されました。
日向さんとアカルとの体格差がでるシーンや、
ちょっと突っ走ってしまってるアカルに困ったりの日向さんもイイですね。
アカルは可愛らしい乙女で
大人で妖艶な日向さんが素敵でした。

日向さん、かっこいいのにときどき可愛い。
素敵です。
私でもそんな虎男さんが居たら
くらっとするかもしれん。

彼のお顔がマスクだとしたら、
マスクが有り得ない事になってるのが楽しかったな(^ω^)

この作品の作家さんは初めてですが、
続きがあればぜひ読みたいです。
あたしはけっこうはまりましたよ。

3

すごーい疲れた時読み返す本

37度を超える日が続いて仕事いくのも億劫な中これを通勤途中に読んでのほほ~んとした気持ちになりいい感じで仕事へいけます(笑)

虎頭の日向さん×可愛い系ホスト アカルのほのぼのLOVE!
もう日向のしっぽが・・・しっぽが・・・・。もふもふしたい!!
鼻もひげも耳ももふもふしたい!!!!
日向の顔がなぜ虎なのか・・・タイガーマスクじゃ絶対ないんだけど本当の理由がちょっとなぞのままでちょいファンタジーはお話なんですがめちゃくちゃ萌えます。

日向もかっこいいがアカルがめちゃくちゃ可愛い・・・・本当にホストなのか・・・可愛がられるタイプだとおもうんだけど・・・。
日向を好きなことを自覚したアカルが元カノにされて好きだったことを一生懸命日向にやるのですがどうにもとまどう日向・・・。
どうにかこうにかの二人は可愛い~。日向男前でやさしいけど恋愛にはとんと不器用ときてるので態度でアピールするあたりが最高です。
あんな巨体でぴとっとくつっかれたら ぁぁぁぁあ萌えました。
本当これ続編ないんですかね?
もっとLOVEがみたい二人です。

3

ほんわか+すこしシュールな日常系

元ハルヒラさんの甘々おバカキャラは大学生でもリーマンでもホストでさえ
中身小学生みたいですよね。
超ピュアお子様系のかわいらしさ。

虎男で抜いたり(!)虎男を押し倒したり(!!)事後に一人で抜いたり(!!!)
今回は男らしいところもアリましたw
まあ基本はやっぱりハルヒラさん的な乙女ピュアキャラですけど。

虎男の日向さんは、どっしりと構えてて誰にでも優しくマメなご近所の人気者。
虎マスクでさえなければこれ以上ないほどの完璧超人です。人なのか?
でも寝てる時だけは猫みたいにじゃれてくる。
やっぱりかわいいカップルでした。

2

癒されました~☆

なんて、なんて可愛いんでしょうかっ☆
自称覆面レスラーさんに癒されました~!!
そしてアカル君がアホっぽいところにも癒されました~♪
ホストさんと言ってもギラギラした子じゃなくて、
明るくてアホの子で、可愛いところが私には合っていたみたいです。
二人ともとっても可愛いんです。
日々の疲れを癒してくれたこの漫画に感謝です。

ところで日向さんってなんでそんな姿をしているんでしょうね!?
私、最後まで理解できなくって。
日向さんはサラリーマンのようでしたが、
その正体がなぞで、ずっとずっと気になって気になって仕方ない状態です><

もしも、
日向さんのなぞが分かるような続編があったら絶対読みます!
虎穴ダイニング2、神にしちゃうかも!

3

大前提で、私はケモノ系が好きです

ケモ耳とされるもの(ネコミミなど)は興味がわかないのですが、いわゆる人外モノや頭だけケモノなのはとても好きです。当方と同じような嗜好の方でしたら、おすすめします。
虎なんて特にかっこいいじゃありませんか。ごつくてたくましくて、それでいてネコ科ですもの。ストーリーうんぬんよりも、キャラクターデザインとその性格がど真ん中でした。

アカルくんの性格でこのお話は保たれていると思います。
バカだから…なんて本人は言っておりますが、そうじゃなくて単純で良い子なんだろうな。友達の友達の友達に紹介されて同居がはじまっていますが、アカルくんじゃなければなかなか日向さんとここまで馴染むことはできなかったんではないでしょうか。
日向さん自身も、覆面レスラーなんて無理のある設定をつき通すことはできないと分かっていたはずです。
でも思いのほかアカルが「覆面レスラーの日向さん」ということを覆そうとしないし、なにより深入りしてこずにただただ正直に信じているところにホッとして救われていると思います。だからこそ、ふたりの同居がきちんと長期間続いているんでしょう。
日向さんはあまり多くを語りません。
続きトーリーの進行でなんとなく虎である理由みたいなものがふわふわと出てきましたが、結局事実がなにかは分かりませんでした。日向さんの作り話が本当なのか、鳴賀さんの適当な話が本当なのか、定かではありません。
個人的にアカルくんのような、受けが可愛らしすぎる子(ホストのお仕事しているときは、きりっとしていてちゃんと男なのですが)だとお話自体もあまり好きになれないのですが、こちらではとにかく日向さんが大変素敵でした。相殺されております。

キスしても元には戻らないようですし、そもそも元に戻るのかどうかも分かりませんし、薬を飲んでいる節もありません。なんでこうなったのかもわかりませんし、周りの人が受け入れているのには理由があるかもしれません。ちゃんと現実世界ですし、日向さんのほかに変わった人はいないのですがね。ファンタジーです。
スーツ姿の日向さんがたまりません。アカルくんがキッチンに立つさまも可愛らしかったです。いつか続きをまとまって読めたらいいなと思いました。

3

謎のまま

“自称”覆面レスラーってなんぞ?と思いながら読み進めたこの本。

日向さんは基本的に格好良いし素敵なんですが、ときどきニャンコのように可愛くて困りますね。
アカル的にも、読者的にも!
感情豊かな尻尾にいちいち悶えたり、萌えたり、可愛さに翻弄されてしまいます。
これもギャップ萌えなのでしょうか。

ただ、“どうして虎なのか”ということが結局最後までわからず仕舞いだったのが残念で……。
この謎はいつか解明されるのでしょうか。続編はまだですか?
気になって夜も眠れない!

4

バカだから。

良かったです!

皆さんのレビューを読むと、日向さんが虎なのに二足歩行であったり、近隣の人々に違和感なく受け入れられていることや、なぜそうなったのかについて語られていないことに消化不良を起こしている方もおられるようですが、どちらかと言えば人間なのに顔が虎で尻尾がついてるって感じなので、私は割と違和感なく読めちゃいましたし、レイジくんとミチカさんがいることで、ファンタジーではなく現実味のあるお話として読めました。

それよりも、ホストでありながら純粋で真っ直ぐで素直で泣き虫で「バカ」なアカルくんが可愛くて!
日向さんでなくたって、あんなワンコに毎日アプローチされ続けたらクラクラッとなるんじゃないかなぁ・・・

変だよ!と言われるかも知れないけど、私はアカルくんにすごく感情移入しちゃって何回も泣いちゃいました。
日向さんのこと好きかもしれない、でも良くわかんない、バカだから。
「どうして欲しい?」って聞かれても、わかんない。考えたことない、バカたから。
日向さんがアカルくんにキスしようと思ったことがあるって知った時も、何でその時気付かなかったんだろう・・・「バカだから?続き」って。

バカだから・・・・って何回も出てくるの。
でも卑屈な感じじゃなくて、難しいことをあまり考えていないというか、単純に素直に物事を受け入れられちゃうってことなんだろうな、と解釈。

日向さんを取り巻く環境は普通であって普通ではないから、アカルくんのように全てを素直に受け止めてくれる存在は日向さんにとって本当に救いなんだろうなぁ、と思う。

「俺、日向さんで抜けたよ!」とか、アカルくんてば本当に素直。
「トゲトゲじゃなくて普通で良かった」とか。

いたるところでキュンキュンしました。
そんなアカルくんの日常の一喜一憂に、日向さんも巻き込まれていったんだろうなあ~

エチがないと・・・・って方にはオススメしません。
が、ホンワカしたい方にはぜひとも読んでいただきたいです。

4

虎…

一見なんだろう?って思いましたが、読んだらとても面白かったです。
斬新でシュールでとても可愛い。

おすすめしたい作品の一つです。

2

もふもふ もふもふ もふもふ!

優しくてもふもふな虎さんに癒される漫画でした。

駄菓子菓子!←グリーンウッド?
BL的な萌えは少なかったです。
そもそも虎さんが二足歩行型の半獣であること自体が謎で。
私はファンタジー好きではありますが、そこのところのファンタジー部分が消化不良を起こしたので、本当は評価的には中立くらいかな~といった所です。
でももふもふに癒されたので萌くらいにしとこうかなということで。
獣人設定はBL的には斬新さを感じるかもしれないんですが、それも顔部分が獣の半獣なので。
でも古今東西、半獣・獣人・人間の言葉をしゃべる動物は色々な物語に出てくるので、
ネタ的には新しさはないなとは思いました。

やっぱり虎と言えば「山月記」という人間なので、
あの路線のファンタジーだったらウホウホしていただろうなと思うのでした。
って言っても元ハルヒラさんでその路線はなかろうとは思いますが(笑)

虎で「もふもふ」って個人的にはドリームで、実際やってみたいです。
ちなみに子供のトラは抱いたことがありますが、柔らかくてもふもふしていてすごく可愛いです。
こんな優しい虎さんとお友達になれたらホントもふもふしてみたい。

続きでもBL読みたいと思って読んで、トラをもふもふしたいって感想で終わっている時点で、
自分にはBL的萌えが足りなかったと言えると思います。

5

超ファンタジー超!

一冊まるごとひとつのストーリーですね。

おばかなホストのアカルくん、一生懸命でかわいかったです。
虎の日向さんも男っぽかったり、猫っけ出したり・・・かわいかったです。

でも、萌えはありませんでした(;_;)。

相手のことを好きになってしまっていいのだろうか?と、
2人ともがそれぞれに悩んだり苦しんだりするシーンなんかもあるのですが、
それでも自分としては、ちょっとストーリーが薄かったような、そんな気がしました。

思いっきり斬新なファンタジーってところなんでしょうが
全体的に背景なんかも白くて、
あっさり読み終えてしまいました~。

4

続きが気になって仕方がない!

元ハルヒラさんの作品で読んだのは三冊目。
線があっさりしていて絵が綺麗で、なのにデフォルメキャラが妙に可愛く、好きな作家さんです。
読むとほんわりとした気持ちになれる作品が多いイメージです。
でもいつも萌×2を超えられないのは、ストーリーがふわっとし過ぎて、今ひとつ盛り上がらないからかも。むむ…。

あらすじにも書かれている通り、謎多き自称・覆面レスラーな虎男の日向さん×アホ可愛いホストのアカル、という本作。
二人とも超可愛いです…!

日向さんはどうやらサラリーマンのようですが、他の登場人物と比べても体付きががっしりしていて、レスラーと言われても信じちゃうかもしれません。
いや、どう見ても覆面じゃなくて虎の頭なので、そこは気になっちゃうんですが(笑)
尻尾がぶわってなったり、耳がぴこぴこ動いたり、細かい部分ですごく感情が表れています。かわいい…
アカルもバカ可愛くて、悩んだり感情的になって突っ走ったりする割にはシリアスな雰囲気にはあまりならないので、微笑ましい気持ちで読めました。
アカルは感情が全部顔に出て、日向さんの一言一言に一喜一憂しちゃって、意地悪したく続きなる日向さんの気持ちもちょっと分かるかも。
虎頭な日向さん&素直なアカル、それぞれの表情が本当に豊かに描かれていて好印象。

猫好きとしてのトキメキがある事も否めないですww
格好いい日向さんがたまに見せる猫的行動が…可愛いんですよ…!
猫が足元すりすりするのってマーキングの一種って聞いた気がしますが、そう思うとニヤニヤものですね。

惜しむらくは、両思いになったけどこれからどうなるの? という半端なところで終わってしまっている事。
これが一冊読みきりだとしたらモヤモヤしますね。
虎頭の謎もさっぱりですし、意味深に登場した上司の鳴賀さんも謎のままですし。
是非続きを出して頂いて、せめて初夜くらいは…! 見たいです!

3

虎萌え

とにかく異色という点で注目できる作品。というかそれに尽きる。
日向さんがなぜ虎なのか理由がハッキリしてもっと強い芯のストーリーになってたら神になったかも?ともかく虎萌えです。虎の仕草萌え。新しいBLの扉を開いた感はありました!
アカルは純粋で素直で、バカな今時のコって感じで虎萌えあっただけに受けにキャラ萌えが少なくって残念。
でもなんだか続編がありそうですね。続編出たら絶対買います。

3

間違いなくモフモフしたい

blというより、猫好きなら是非オススメしたい

そして続きがみたい
愛だ恋だを考えずにすっとばして読むと
かわいいです

作家さんが好きでもあり表紙のインパクトに即買いをしました

理由ははっきりしませんが虎と人間の合体をしている
人物とルームシェアすることになる

何からなにまでびっくりですがそこは深く考えずに読めるので方なら数倍楽しめると思いますが

blとしての愛を求めるならものたりないと思います


私は猫大好きなので
しぐさだけで萌え爆発でした

是非続きをお願いします

3

最初は「???」だったのだけれど…

初・元ハルヒラさん。
小説の挿絵を見て、一度ハルヒラさんの漫画も読んでみたいなと思い購入。
しかも、とても評価が高いので気になっていたのです。

覆面レスラーだと言う日向さんと、細い繋がりを辿ってひょんな事から同居する事になったアカルのお話。

はじめは、あまりハルヒラさんの絵柄が好みじゃないなぁ…と思い、中々ストーリーも入って来ない。
これは私の好みじゃないのかも、と考えつつも読み進めていく。
すると、日向さんのおひげにアカルが触り、日向さんがゴロゴロナーゴと喉を鳴らす辺りからムクムクと萌え感が…!
……か、可愛い…っっ!

普段はトラらしく、きりりとした表情の多い日向さんですが、時折出て来るデフォルメ顔が、卑怯だと思える位可愛らしいのです。
もう…何ですかあの口元はっ…(ノω`)

二人で過ごす時間が増えれば増える程、アカルは日向さんに心惹かれ、それがとめどなく溢れ隠す事も出来なくなる。
抑えきれなくなって告白もするし、離れる事もしない。
けれど、日向さんはそんなアカルを受け止める事はしないのです。
あの「作り話」の真相は?マスクは?あの会社の人は続き
謎は謎のまま、解決せずほわっとしたまま。

そんな燻り感はあるものの、馬鹿だと自身を言いつつも、本当は優しくて素直で空気の読める気の利くアカル。
彼に癒され絆され、近付いて離れて、やっぱり近付いて抱き締めてキスしたくなる存在に、日向さんの中でなっていくのが嬉しくなりました。

日向さんはあの姿で居る事によって、特定の誰かと心を通わせる事を避けていたのでしょうね。
なのに、アカルはぐいぐい入り込んでくる。
アカルから、というより、日向さんが彼に惹かれる事により心がアカルでいっぱいになってしまう。
一番気苦労するのは、そんな彼に惚れてしまった日向さんなのかも♪

トラ顔日向さんの表情が、クルクル変わるさまは本当に可愛らしかった!
一見変わったBL漫画、というのはその言葉の通りでしたが、読み進める内に愛おしさもしっかり生まれて来ました。

一番好きなのは、日向さんが「ぼんっ」とすると同時に尻尾が膨れ上がるところっ♪
酔っ払った日向さんも可愛らしかった!

人外?ケモミミ?ファンタジー?
どの枠に確実に当てはまるか言いようがないこちら。
癒し系トラに、心満たされた気分です♪

6

ゴツイのにさわやか

日向さんかっこいいー!しかもたまにかわいいし!
ゴツイの苦手ですが、顔が虎だとなんとさわやかな。
アカルくんも素直でかわいいし何度も読み返しては癒されます。読み終わったあとにこういうのいいなーって幸せになれるほんわかな一冊です♪
ただ、2人の心境の変化とか関係の変化が少しわかりにくかったところもあるかなぁ。
猫の習性とかも飼ってない人にはちょっとピンとこなかったり…けど、雰囲気はほんと好きだしもっと2人の絡みがみたい。続編読みたいです。

3

新しく斬新


この一言に尽きます。
当方ケモノ萌え、いわゆるケモナーのため一目ぼれで購入致しました。主人公、素直だという設定はいいと思いますがもう少し疑ってほしかった……もっと衝突が欲しかったなあと思います。設定や流れはとても気に入りましたが、抑揚が欲しい。欲を言うならエロシーンが欲しい。(笑)

続編が出るなら大いに期待したいです!というか、出て欲しい…!もっと見たいです。その気持ちが強いので今回は結構満足したのですが今後への期待を込めて萌え萌えで。とりあえず続きが読みたいです。

4

虎である理由

 ホストのアカルと同棲することになったのは、自称覆面レスラーの日向。覆面レスラーということで、いつもタイガーマスクをしているのですが、なぜかおしりには柔らかそうなしっぽもあるのです。
 そして、その姿で町へ買い物へ行ったり、会社へ行ったり、姿が不思議ですが、やっていることはごくごく普通のことなのです。

 読んでいて、なぜタイガーマスクをしているのか、それとも元々が虎なのか気になりましたが、アカルはそんな日向をだんだん好きになっていきます。日向の虎か覆面レスラーの良さがよく分からないまま読み終えてしまいました。

4

虎、かっこいい

虎のお顔とか表情とか、すごく素敵。
虎は、
虎は、かっこいい。

見た目すごく虎なのに、優しい性格の日向さん。
設定は悪くないよね。

アカルのアホっぽいっていうか、寧ろ、アホそのものの所も、かわいいっちゃかわいい。

なかなか不思議な雰囲気で、
絵もきれいだし
評判高いのは頷ける。

でも、
だからどうって、、、。

強いていえば、日向の上司の鳴賀さんは、ちょっといいかな。

客観的に見れば、萌×2でもいい作品だとは思うけど、
なんで私、元さんと相性悪いのかなぁ。
所々で、微妙に何かがずれちゃって、、、。
ストーリーの展開の呼吸や、決め顔からチビ絵の振幅とか、デッサンとかの絵そのものも含めて、なんだかしっくりこないの。
いっそそれが謎。

5

しっぽには萌えたけど・・・

BLアワードノミネート作品で既読のものは、せっかくだからレビューしよう♪
ということで、こちらもさせていただきます。
といっても、あまり加点にならない評価ですが・・・

こちらの本が元ハルヒラさんの初読み本でした。
ちるちるのランキングに入っているのを見て(はい、だいぶ前の話です~)、
なんだろ?虎??なに?なに?なに??
と思って買ってみたのでした。

ええと・・・ですね、
斬新な設定でいいなぁ~と思うのですが、たぶん他の方ほどにはきゅんきゅん来ず・・・
萌えたところもあったのですよ、
日向さんのしっぽが、ぶわっ!!っと太くなるところ☆
んん~~でも、BL本としてはそれだけじゃぁダメでしょう~~

自分でもどうしても納得がいかず、元ハルヒラさんの本を何冊か読んでみたのです。
で、結論としては、
とても勿体ないことながら、雰囲気と絵がどうも苦手・・・みたいです(;_;)
そうか、だからか・・・と納得はしたものの、残念感は満載。。。

6

誰に言われてときめいたの?

かっこいいとかわいいを併せ持つ自称覆面レスラー日向さんと
バカ正直でかわいいアカルくんのアットホームらぶ!?です!
あーもふもふしたい
すっごく続編が読みたい本作品!
ごろごろしてる日向さんがもっとみたいーあとエッチー(笑)

泣き虫で想いを伝えるのに一生懸命なアカル君が可愛いし
日向さんは言わずもがな…かわいい×かわいいのカップルでした
しかし日向さんのがっしりした体にもふもふの尻尾て…(〃Д〃)いい…
攻めが人外か?と思われるのに周りも普通に受け入れているという
ちょっぴりファンタジーで
二人の徐々に近づいていく関係が微笑ましい1冊でした☆

3

ほのぼの

ハルヒラ先生の書く設定は私の好みじゃないものが多いんですが、
何故か心動かされるものがあります。
獣モノが好きではない私なんですが、
高評価なレビューや、ハルヒラ先生の別作品を見て、
ハルヒラ先生の漫画読みたい...!とずっと思っていたので、
これが趣味じゃなくてもしょうがないな、と思いつつ購入しました。

読み終わって振り返ってみると、
「まさに獣」という感じで。
私が苦手としている獣モノではなかったので、
とりあえず安心して読み終えることができました。
終わり方すごく可愛かったです。

しかし、謎はかなり残ります。
その謎な雰囲気もハルヒラ先生っぽくて好きなのですが
ちょっと説明不足なような気もします。

あと、話の進み方もちょっと残念で、
受けなら受けに、攻めなら攻めにスポット当てたままにして
話を進めていって欲しかったです。
わざわざ両方にスポットを当てて説明不足になったのかと思うと惜しいです。

3

虎?いいえ猫です(キリッ

これはもう、ジャケ写買いをするしか選択肢がなかった(笑)作品でした。
虎×人間のCPなのかな?と、実に単純な気持ちで購入したんですけども、そんなに単純なお話ではなくてですね。……なんといいますか、よい意味で裏切られたというか、虎って身体が大きいだけでやっぱり猫なんだな、というか、読んでいてやきもきする部分はあるんですけど、これはこれである意味二人の幸せのかたち……なのかなあとか、色々と考えだしたら止まらなくなりました。

とはいえ、虎が人間を押し倒してうんちゃら~っていう、ありきたりなストーリーではありませんから、どきどきはしてもわくわくはなかったかな、っていう。個人的にはもっと虎さんががっつりと肉食系で攻めてもよかったのでは、とか思ったんですけどね。やっぱり大型の猫ってイメージ。尻尾がふよふよ、鼻がぴくぴく、そういうのを「かわいい」の一言でうまくまとめたキャラクターってかんじです。私はきらいじゃないんですけど……押せ押せキャラに萌える人からすれば、味気ないかもしれないですね。主人公くんも泣き虫ちゃんですし、二人の間ではっきりとした「恋愛観」が生まれる前に物語が終わっちゃうもんで続きすから、その後の展開だったり、二人の気持ちだったりっていうのは、読者が勝手に想像して脳内補完するしかないんです。そこが、ちょっと残念かな、と。

それに、虎の顔をしたヒトと一緒にいきなりルームシェアって言われても……私だったらどんと来いですけど(笑)ふつーは、「あれ、この顔ってマスクか?マスクなのか!?」ってなりますよ。むしろそんなシチュに陥ること自体が何万分の一の確率のはず。ダンボール箱に入った子猫を拾ってあははうふふ、みたいなシチュが現実では滅多にないのと同じです。虎さんの場合はどうなのかというと……ど、どうなのかしら……深読みをするのであれば、天然モノということになるんでしょうけど……。
物語の中でちらりと触れられる、虎さんの過去。あんまりにもさらっと流していたので、これは続編出ないだろうなあ、とか勝手に思っていたんですけど、皆さんのレヴューを見たりして、ああ、これはもしかしたら、「待望の続編登場!」とかいって書店に並ぶノリかもしれない、と考えなおしました。続編って難しいですけど、連載作品で続刊出すよりは、辛口批評も少ないかもですしね。

ストーリーとしては単純で、特に凹凸のある内容ではありませんから、さらっと読んじゃえると思います。所々で、虎さんの猫っぷりに萌えハゲたりとか、虎さんが気になって気になって気になって仕方がないのに押すに押せない主人公くんを「がんばれ超がんばれ」なーんて応援したり……。絵は好みのほうなので、表紙負けをしていたかんじはなかったです。
最近のジャケ写買いで怖いのはこれですよねー……。どれだけ表紙が綺麗でも、白黒漫画になったときに、トーンの貼り方やコマ割りがあれっ?ていう作品も多いですし。好きな作家さんが見つかれば、新刊が出るたびにファン意識で無条件に買っちゃうこともありますが、やっぱりたくさんの作品を読んでみないことには分からないことだったりもします。新宿にある某アニ○イトみたいに、内容を試し読みしてから購入できるシステムが新刊本にももっと増えればいいと思うんですがね……。ほら、やっぱり、小説や漫画ってある種の財産じゃないですか。つまらないからって売り払っちゃうのは、なんだかもったいない気がしちゃうんですよ。……まあ、そういう人のおかげで古書店は成り立つわけですし、一概に言えることではありませんね。

あと、私は続編が出ても面白いんじゃないかなあ、と思います。
やっぱり、二人(どちらかというと虎さんのほう)がお互いをもっと意識して、この人のそばにいると落ち着くなーっていう、熟年夫婦みたいな関係になればいいんじゃないかと。そして虎さんにがっつり肉食系男子っぽさを押し出してもらって……最後まで是非ともヤってもらって……げふんげふん……あまあまな空気になればいいんじゃないかと。
ほぼ衝動買いに近い形で購入しましたが、さらっとしたストーリー展開とキャラ萌えができたので個人的にはお腹いっぱいです。続編……出るといいですねえ……(うっとり)。

4

続編出さないとダメでしょう!!

皆さんのレビューも好きか嫌いか分かれてるみたいですが
私は好きな方に入っちゃいますね。

何故に虎?なんて思ってたのは本当に最初だけ!!
ストーリーに引き込まれていくうちに
「あっ、虎だった」と後から思い出す感じ。

後半になるにつれて、日向さんがどんどん可愛くなっていくのがいいなぁvv
表情が後半になるにつれて出てきてるのですが
何故か少しオヤジ入ってる?と思えたのは私だけでしょうか??(笑)

読み終わった後も凄くほんわかするし。
本文中はエロ無しだろうと思ってたら、微妙にエロいし(笑)
ストーカー(笑)も気になるところで終了…
これ本当に続編ないんですかねぇ??
っていうか描いて欲しい!!

6

癒しには気持ちグルグルはいらん…

この作家さん、初読みです。レビューを拝読し、癒されたくて購入したました。

お話は、わたしは「普通」な印象でした。設定てか…虎なのは変わってるし、人物の性格も嫌いじゃないんだけど、それ以上の何かはなかったなあ、と。
 一読でもういいや、と。合わなかったのかな。

萌えは多少あったけど、癒しをより求めてましたので、ぐるぐる悩む要素はいらーんと思ってしまいました。ライトではあるけど、それすら疲れるって。気持ちをあれこれ悩むっていうのがもう、うっとうしいって思うほど、あたしがつかれてるですね、すみません…読み手としてすいません…。

 にゃんこと比較しての語りはなごみましたwにゃんこって足元をじゃまするのね、いいな~…。虎さんがしっぽをふくらましたとこが可愛かった。けれど、そういうとこが良いっていう自分は猫ブログや猫動画を見ればいいんじゃん、と自分に突っ込みました。

7

おおお、雷獣シュートを喰らってしまったっ!

表紙が可愛くて面白そうで、読んでみたくてムズムズしていたのですが、
こういうの好みじゃないかもなぁ、と迷っておりました。
(加納邑の寅さんじゃなかった、虎さんとか、は?って感じなので。)
でも読んでみたら、中身もそのまんま♡
妙で、すごくて、愛らしくて、とんでもない本でした。

虎頭の日向さん、は可愛い。
(覆面レスラーってふれこみだったけれど、いやどう見ても自前だろw?)
ゴロゴロと喉を鳴らしたり、毛並みにフワフワだったり、
疲れてくると毛がパサついたり、立派なしっぽだてある。
しかも、清潔好きで寛容で子どもにも愛され男前な性格。
可愛いだけじゃなくて、カッコ良くもある。

ルームシェアすることになったホストのアカル、最初は戸惑っていたけれど
惹かれていっちゃう。
また彼が、素直でオバカで可愛い。

虎の絵がなんともリアルで上手いだけに、味があるんだよなー。
皆様同様、乞う続編!!

4

覆面レスラー

何だよおおおおおおおおおおおおおおお。
これは。
なんなんだよう。

虎。

そうだよ。まさしく虎だよ!
見たらわかるよ!
虎だもん。
でも なぜに?

虎。

わっかんねえよ。
なぞがなぞを呼ぶんだよ!
でも アカルはバカだから疑問持たない。
お前!目ついてんのか?  こらっ!!
見てみろ!
どう考えても

虎。

最後まで???の気分のまま読み終えました。
Hな場面ないのにね。
アカルに期待したいところだ。

覆面レスラーであってますよね?
今度 プロレス観に行きます!!





4

何これカワイイ・・・

絶対買わないわーと思っていたのに
あまりの評判のよさに、思わず購入!!
どツボでした。何これ?!
すごい癒される!!!!
育児と仕事と家事も疲れた脳みそがどんどん揉みほぐされて
読み終わるころはすっかり肩こりが治っているような
そんな本でした。
でもシュール展開についていけない人は避けたほうがいいかも?

ホストのアカルくんが、友達に紹介されたルームシェアの相手は
日向さんという虎顔の覆面レスラー。
なぜか日向さんは寝るときも食事のときも風呂のときも覆面をとらない。
で、その尻尾は何??
疲れると毛並みが乱れるって、マスクじゃないのそれ?
おかしくない?おかしいよね?

でもご近所の奥さんにも小学生にも人気があるし
胸板あつくてたくましくて優しくて、料理も上手だし
おひげのところ撫でたら喉をグルグルいわせるのが
爆発するくらいかわいいし?!

理屈抜きでいやされたい!という人にはおすすめです。

4

虎穴ダイニング

表紙に目を奪われました(笑)えっ虎!?←というような。人外もの(?)って読んだことなくて、おもしろ半分で買ってみました。そしたらもう萌え死にでした。日向さんカッコイイ!!アカル可愛い!!いや日向さんも可愛いですよコレ。エロは少なめ…だと思います。これは癒やされると思いますね。ぜひ友達に読ませたいと思いました。癒やされたい人にオススメかも?

2

頭の中を疑問符が飛び交う・・・でも面白い!

もともと私は、BL読みながらでも結構細かいことが気になるタイプですので(『現実的かどうか』ではなく『作品中で辻褄が合ってるかどうか』が気になるんです。だからどんなに無茶でも、『作中限定でもいいから納得のいく』説明があればそれでOK)、『で、結局日向さんの正体は?』とか突っ込みどころあり過ぎて、もうどうしようか、と思うくらいでした。

でも、そういうところに目を瞑れば、もうすごく面白かったです!そう、この作品は頭空っぽにして、純粋に作品世界に浸って楽しむのが正解なんでしょう。勝手にそう決めた!

これ、顔だけじゃなくて尻尾もというのが、すごい萌ポイントでした。感情とともにボンって膨らむのが、もう~!

しかし、なんともほのぼの~な雰囲気で、このままラストまで行くのかな、と思ってたら、いきなりH展開(フェ○だけですが、日向さんのアレが・・・巨大)になっちゃってびっくり。あ、それがイヤだって意味じゃなくて、単に『エッ』ってなったってだけです。

そして私は、日向さんのデフォルメされた絵がもう可愛くてたまりませんでした。アカルのアホさもかなりのものだと思うんですが、『アホ続きアホ』であっても『ダメ』じゃない。嫌味がなくてよかったですね。

いっそすべてが謎のまま終わるというのもアリだと思うんですが、続編・・・どうなんでしょうね。

3

かわいいけど…

評価が高い事もあり購入してみました。

…日向さん確かに、凄くかわいいですよ。グルグル喉がなってるところも、甘噛みしてるところも、素直なしっぽもかわいいです。そして、アカルくんも素直でかわいいです。

でも…恋人になったと言えるような言えないような、中途半端なとこで終わってしまったのが残業です。エッチもないです。

なぜ日向さんが虎頭なのか…先輩っていったい……

伏線も回収されず関係も曖昧…いろいろ突き抜けた設定なので、無視するべきかなとも思いましたが、それならせめて日向さんとアカルくんをもう少し踏み込んだ関係にして欲しかったです。

ワクワクして読み進めたのに……

続きがあるのでしょうか。

7

日向さんと二度寝したい!

これなんだ?なにジャンル?
ケンタウロスのように、こういう種族がいるの?(ケンタウロスも実在しません)
お母さんが人間でお父さんが虎?今年の夏のあのナントカ子供のっていうアニメですか?(違います)

自称覆面レスラーの日向さんとルームシェアすることになったホストのアカルくん。
ホストといっても、キラキラでもイケイケでもなく、頭弱いコです。
元来オバカ受けが苦手なのに、なぜか可愛かったアカルくん。
人に気を遣ってたり、日向さんを立てようと一生懸命だったりと、必死に頑張る姿が健気だから可愛いんだな。
どう見ても頭は本物の虎なのに、マスクと言い張る日向さんを信じ、レスラーと言う割にはスーツで出勤することに疑問を感じても、それを暴こうとはしない。
そんなアカルくんには、やっぱしほだされちゃうよねえ。
ただの同居人なんだから一線は超えない!って頑なに決意しているっぽい日向さんが、よくまあ自分の気持ちを認めなと驚いちゃいました。
もしかしたら最後まで平行線のまま終わるかと思ったもの。

しかしそんな恋路よりも、とにかく気になるのが、日向さんの存在そのもの。
会社のマット続きサイエンティストぶってる変な先輩も、いったいどこまで知ってるのやら。
身体検査ってなに?日向さんが彼に言う「誰のせいだと…」って?
結局、謎は謎のままでほったらかしです。でもいいの!モフモフがキュンキュンだから~ッ(*´∀`*)
猫じゃなくて虎ってとこがたまんなかったです。ガタイがよくてしっぽも長くてふさ~としててハァハァハァハァ…
感情の表れはしっぽや耳に。疲労は襟足の毛に。
寝ぼけて喉を鳴らしたり甘噛みしてきたり、酔うと可愛くなったかと思ったらすぐ寝たり、進行先を無意識に妨げる本能の足運び…これほんとに猫はよくやりますよね。あと頭突きとかね。それも見たかったな。
ああ我が家にも日向さんが1頭欲しいです!
これ続くんですか?なぜ虎人間なのか知りたいし、会社の先輩のことも気になるし、なにより日向さんとアカルが恋人になってからの生活を見たいのです。

6

つ・・・続きが激しく読みたい!

評価が高かったので買って読んでみました。
大正解!!!
キュンキュンしすぎて萌死にそうでした。

ケモ耳どころか頭がケモノでしたが、人の頭よりキュンキュンするのは何故なんだろう・・。
口絵の日向さんはかっこよすぎるし、本人よりも正直なしっぽもかわいい!

何故こんな体なのか?今までどうやって暮らしていたのか?親は?とかいろいろな疑問が湧いてきそうですが、そんな疑問も軽くスルーできるくらい萌ます。

特に日向さんがアカルをカプカプ甘噛みする所はたまりません!!!
体格差がある所もいいですね。ひょいとアカルを持ち上げるところも萌ました。

ものすご〜く続きが読みたいんですが出るのかなぁ、出るならぜひえちが読みたいw

他の頭でも萌えられるのかちょっと妄想してみました。
ライオン、チーターなど猫科はけっこうOKです。猫、犬もかっこいい系ならOK
オオカミもいいですね、クマ・・・は大丈夫かな、パンダはダメだけど。
やっぱり肉食系かな、ウサギとかならギャグになっちいそうだしw

2

虎虎虎

日向さん・・・はぁはぁ(*´Д`*)クンカクンカシテヤンゼコノヤロウ!
ってな訳で、オイシイ一作でした。
や、そもそもの始まりはね、本屋さんでの一目惚れ。
虎?虎BL?獣姦なの?なんなの?!にしても、帯の虎カックイイ!
というわけでの衝動買い。
これがアタリでした。
申し訳ないのですが、この作家さんの最初に読んだ作品の印象が
イマヒトツ。。だったこともあり、買い控えていたんですが
これは当たりでしたね。
ちょっとトボケタほわんとした雰囲気と、虎さんと~のバランスがすごく良い。
天然な受との恋模様も、ゆっくりゆっくり。
そのゆっくりでほんわりで、ポッカリがオイシイ1作でした。
あますとこなくウマw
普段「BLは読まないよ(あなたの趣味は理解してるけど)」な友人も
これは「可愛い」と読んでくれました(←結局押し付けとる
合体まではいかないものの、この位のBLが美味しいなぁとちょっと思うのでした
吾輩も、続編希望に1票。やっぱりなんだかんだで結ばれて欲しい

3

闘わねぇ虎は、ただのぬこだ!?(笑)

主人公がルームシェアすることになった大男は、自称覆面レスラー(でもどう見てもマスクではなく素顔。笑)の日向さん。
気は優しくて力持ち、虎ヒゲの辺りを撫でると猫のようにゴロゴロいって甘えるし、謎だらけだけど主人公は惹かれていって…。
という、まさにコロンブスの卵なアイデアの作品でした!

猫耳マンガは(男子向けを含め)数あれど、顔だけ(しっぽもあるけど)まんまネコ科というのは、珍しい設定なんじゃないのかなぁ?
虎というチョイスも、男性的かつ(猫っぽいところは)可愛いという、一粒で二度美味しい魅力です。
(これが男性向けだと、まんま猫顔の少女キャラはイマイチな気がしますが…)

細かいところを言えば、主人公はホストとしてやっていけてるのか?とか、マッドサイエンティスト?登場で日向さんの謎の一端が明かされるのかと期待したらただのアテ馬だったのでもっと活用して欲しかった!とか、最大の謎…日向さんはどうして虎顔になってしまったのか!?とか、いろいろ物足りない感はありますが、日向さんの寝顔を見たら、どーでもよくなってしまったわ!(見てるだけで癒されるよぅ…)
虎顔になった謎は…「続き紅の○」のように謎は謎のままなのでもいいかもしれませんけどね。

1

ほのぼのの追求

どうせなら日向さんの職業はサッカー選手にして
欲しかったと思う評者葡萄瓜です。
虎で日向さんってあなた絶対狙ってるでしょうと
心の中でハリセンをブンブン振り回しております。

素の感情を交えない大人の関係に慣れている二人が
遭遇し、素の感情を持て余している日常。
それはボーイズラブと言う文法の中だから書き得る
戸惑いなのでしょう。

敢えて続編なし、という選択も評者はありだと思って
います。
それこそ舞台裏の開陳なんて事になったら野暮ったくて
仕方がない。
突然に始まったお伽話はいつかサラリと日常に紛れて
そして馴染んでゆく。ひとつの日常の形として。

十年後辺りを何時かひょこっと垣間見れたらそれでまた
萌えられるかな、と。

2

ぬっこぬこ

ぬっこぬこにされる一冊です。
いや、猫じゃなくて虎なんですけどね。

書店で初めて見たときは正直「??????」でした。
攻が虎顔?擬態化してるの?本当に虎なの??え??
しかし、粗筋と帯を見てこれはイケルと確信してレジへ直行。
私のBL判断能力は間違って無かった...(ドヤ顔)

犬派よりも猫派だというあなたにおすすめしたい漫画です。絶対に犬派だという方にはちょっと辛いかも分かりません(苦笑)
なんていったって、最初から最後まで猫科の愛らしい習性がいっぱいの本ですから。
長年商業BLを読んできましたが、「この発想は無かった」と言ってしまいますね。

読んでいない人の懸念として「攻の人間verの顔は出てくるのか?」というところだと思うのですが、はい、出てきません。終始虎顔です。
この点で「読みたい」という方と「読みたく無い」という方でバッサリ分かれると思うので、ネタバレという扱いではなく、粗筋的な導入情報として捉えて頂ければと思います。

で、読みたく無いと思ってしまった方にこそおすすめしたい。
BLの攻とは、格好良くイケメンで頼りがいがあって可愛くてで続きもちょっと隙があってetc...と理想の塊のような男性がセオリーですが。
この攻はそれら全てを兼ね備えているのです。
第一印象こそ複雑ですが、顔が虎なのが余計に格好良い!そして可愛い!もーたまらんモフモフしたい...と読めば読む程思えて来てしまう不思議な魅力があるのです。
彼に母性本能をくすぐる可愛さと男性的な力強さを感じるのは、まさに攻が「虎」だからなのですが...。猫科の動物が好きじゃない方にはどうなのでしょう...。むむむ。

元先生のような雰囲気を感じる系の作家さんだから描けたお話かもしれませんね。
「なんで?」というような疑問はこの漫画には不要です。
肩の力を抜いて、まっすぐに萌を享受すれば、なかなか心をくすぐる作品だと思います。

個人的には萌×2評価なのですが、あえて萌評価で。
元先生はこの作品に限ったことでは無いのですが、いまいち説明不足な部分や物足りなさが残る部分が多く、雰囲気でカバーしているためか「漫画的な面白さ」としては少し微妙なところです。
キャラ萌やシチュエーション萌ができないと少々つまらないと感じると思います。
実際、攻が虎顔という以外は、話に緩急が無いんですよ。突飛なアイデアで乗り切っている節は否めません。
しかし女性の心をくすぐる萌描写に長けている作家さんなのですよねー。

続編が出て、もう少し内容に膨らみが出たら良いのになーなんて贅沢な事を考えつつ。
とりあえずおすすめです。

9

気になってる方が多いのではないでしょうか??

最初表紙を見た瞬間
気になって気になって仕方ありませんでした!!

虎とイチャイチャする話なん??でも体は普通の人間だよなー
うーん不思議だ!!って思いながら購入

気になるならぜひ読まれることをお勧めします!!!
ほかのレビューしてくださってる皆さんを見てもわかりますが
とっても良い作品ですよー^^!!

日向さんはマスクだと言いますが
もう顔は完全の虎さんですww

虎なのでもちろんかっこいいのですが
かわいさもあって、もうおなか一杯になりましたww

なんども読み返しちゃう本になりそうです^^

気になったる方はぜひ読んでみてくださいな☆

3

ハートフルだぁぁぁ

なんでこうも猫科ってのは、たまらない気持にさせるのでしょうか(笑)
虎のゴロゴロなんて、かわいすぎます。
欲しい!私も同居したいよ!日向さん!!

BLといえばBLなんですが、
日向さんが、虎なので(??)、
BLぽくは無いのかな。
虎な人との同居だったら、「こうなるでしょう」という
コミカルな漫画といえると思います。

ツボなのは、日向さんの性格。
虎だから・・・破天荒な性格ではなく、
結構、温厚誠実。そして、ふつうにオッサンぽい!
日向さんの正体が気になりますが、永遠に謎でも、
猫科なので許せてしまいます。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ