長恨歌( 蛇性の婬 ) 上巻

長恨歌( 蛇性の婬 ) 上巻
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
15
評価数
3件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
小説
出版社
白夜書房
シリーズ
発売日
価格
¥1,200(税抜)  ¥1,296(税込)
ISBN
9784893674111

表題作長恨歌( 蛇性の婬 ) 上巻

沙門+鉄
弁天

評価・レビューする

レビュー投稿数2

愛憎劇の境地!!

山藍作品、および全BL作品の中で一番好きな作品です!!

エロはもちろんアブノーマルで、耽美で、超エロエロなのですが、何よりストーリーが独特で、他のBL作品との間に一線を引いている。

この作品の主人公はお澪という名の女性。
BL作品で、女性キャラが出しゃばり、男女の絡みのシーンを見せるのはタブー。
しかしこの作品は、お澪の存在無くしては完成しない。
なぜなら、このお澪は、道成寺の清姫みたいなキレると執念深いストーカー気質な女で、
沙門×弁天のエロエロとは別で、お澪の女性としての心理描写がこの作品の大きな見どころだからだ。

恋愛は一時の気の迷いで儚いけれど、憎しみは人の心に永遠に残るもの。
愛と憎しみの両方があって、初めて真の絆が生まれる。

独特な恋愛観で、『長恨歌』を読んだ後、私の中の何かが変わった。

BL描写はあるけれど、この『長恨歌』はBLではなく、もはや男と男と女のドロドロな恋愛小説といえる。

ちなみにCDドラマの方は、お澪の女の狂気がより伝わってくるから、視聴をお勧めする。

0

上巻

これまたスゴイ作品です(゚▽゚*)悶えたっ!
真夜中なのに、読み止らなくて最後まで読み進めてしまった作品。
や~。ねぇww

始まりは、自分の危険を救ってくれた男との出会いから。
あ、目線が女性なのも珍しいなと思うんですが、それがまたいい味が出てるんですね~こういうのもありだと思います。
さて、助けてくれたのは沙紋という男。実は女性(視線の主)の父に頼まれて~なお仕事だったんですが、女性は沙紋という男に恋をしてしまいます。
なんとかしてあの男と・・と探し当てたその先にあったのは、沙紋とそれに抱かれる弁天。そして巨男・鉄と名乗る男だった。
淫らな行為の数々を目の当たりにし、一度は逃げ帰ってしまうのだが・・!?

おんなの執念というのはスゴイ!ってのがまずひとつですね。
淫らな行為を繰り返す男たちと、女との日常っていったら変ですが
繰り広げられる~がメインのお話になります
弁天様がまたベッピンなのですよ。
鉄と沙紋に繰り返し抱かれ続ける姿がまた健気で妖艶。
隠された過去の因縁で離れられない3人をまぁ、メインでは描いていかれます。
媚薬を使われて、血反吐を吐き続きながら、繰り返される~な行為は見もの!!
気持ちの動き~は恋と呼ばれるものなのか否か・・・
これがまだ不完全ではあるものの、淫らな行為とそれに付属する~は圧巻。
媚薬ってのがまたいいですよねw
媚薬ってのがwそれを使われたくないからいやおうなしに
言うことを聞いてしまう。素直に抱かれるのに結局媚薬を使われる・・
なんて非道ww
女性に関しては、沙紋さまが好きなのではあるのですが
報われないそのことに関して~とかかわってきた挙句のプレイが
切ないと見るのか・・何と見るのか・・というところでしょうか

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ