家政夫のS

kaseifu no s

家政夫のS
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
17
評価数
6件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
オークラ出版
シリーズ
プリズム文庫(小説・オークラ出版)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784775518700

あらすじ

元子役の未紀哉は、過去の経験から人間嫌いになっていて友人もいない。そんな彼を心配した祖母は家政夫・狩谷を雇う。狩谷は非常に有能な家政夫だがオレ様で、決まった仕事以外は一切せず、互いにギクシャクした関係が続く。ある日、文句を言おうと狩谷の自宅に向かった未紀哉だが、友人としてもてなされ、気がつくと裸になることを命じられていた。なんと狩谷はS? 未紀哉はそのまま…!!

(出版社より)

表題作家政夫のS

狩谷修佑・家政夫
谷地未紀哉・元子役の引きこもり

その他の収録作品

  • あとがき
  • 魅惑のメロン

評価・レビューする

レビュー投稿数3

帯に偽りあり!

題名に「S」はついてるは、帯には「足を開け。イイ声で鳴け!(夜はS)」でもってレベル3なんてついてると、絶対エロ?ドSエロ!?って期待しちゃいますよね。
忠告しておきます。
全然ドSじゃなくて、名前のイニシアルですっ!
まったくもってJAROに通報するぞってなもんですわ=3333
お話としては、子役として売れたために金銭が絡み離婚した親のせいで、それと売れた子役というちょっと傲慢な部分もあったりして、心に傷を負ってひきこもりになっている主人公が、
一緒に暮らしている祖母が一ヶ月旅行で不在になるために、やってきた家政夫によって、外へ出られるようになり、そして前向きになれるという、一少年の成長物語でありました。

ま、有名人だけに顔を知られていて、おまけに噂やスキャンダルもあったりしたために顔を見られたくないという主人公を表に出すために、いろいろな手を使う彼は、主人公からしたらドSかもしれませんね~こじつければ。
エッチ部分については、同窓会に出て落ち込んだ処に、家政夫のちょっとした告白があり、挑むように誘ってなったわけでして。。
その後車の中とかもあったりしましたが、基続き本優しくていい人です♪

この家政夫、実は子役の頃から知っていて好きだったという設定がありますから、
そして主人公は金で身を持ち崩した父親のせいで危機に陥ったりしますが、これまたとっても都合の良いヒーロー救出劇もありw
ものすごくスムーズです。
主人公も19歳にしてはかなり子供っぽくて、16,7歳くらいかと思うような雰囲気です。
彼の心の傷があろうと、ちょっとこの主人公には入れ込めなかったので・・・
全体を通してかなり甘目のお話。
たとえアフロのカツラをかぶろうと、パンイチ裸エプロンをしようと、萌えまでは到達できませんでした。
軽~く、あ、よかったね。な、感じでありました。
読み応えはちょっとお子様チックだったので、義理萌えであります。

0

受け様の関心を惹く為には裸エプロン!

タイトルを見て鬼畜やサドを連想したら期待外れになってしまう作品。
帯を見なければ攻め様のイニシャルで済ませられるのですが(笑)
内容的には、子役俳優として活躍してどんどん売れてきたら両親が贅沢になり
優しかった二人がどんどん仲が悪くなって更に受け様が働いたお金を
二人で全部持って互いに受け様を捨てて父は女と母は男と姿をくらます。
受け様の設定はBLではお馴染みの設定でした。
そして残された受け様は芸能界を引退し祖母と二人で引きこもりのように暮らす。
受け様は、子役時代にちやほやされて、ワガママで相手を思いやることが出来ない
友人すらいない引きこもりになってしまったんです。

未だに昔のTVドラマが放映される為にその度に昔の自分を知っている人に
声を掛けられるのが嫌で、両親の事や上辺だけちやほやしていた人間に裏切られ
受け様は人を信じられないようになってしまっているのです。

そこへ、祖母が1か月留守にする事になり、その代りに家政夫が来たのですが
態度はオレ様で、家政夫らしくなく、ふんどしに裸エプロンなんて驚愕の姿で
家事にいそしんでいるんです。
受け様続きは他人が家にいる事が嫌なのですが、相手を追い出す為に嫌がらせを
する事も出来ず、強引な攻め様のペースに巻き込まれていくのです。

過去の傷を心に抱えて閉じこもる受け様を、攻め様が外の世界に連れ出す話で
でも、そこに受け様の知らない攻め様の思惑があるんです。
攻め様は受け様が好きだから家政夫としての仕事以上に面倒を見てると告げるが
人を信じられなくて、恋愛に関しても過去の出来事があって信じられない。
それでも過去の出来事で傷ついて弱った受け様は攻め様と関係を結んでしまう。
求めなければ傷つかないと思いながらも攻め様を信じるようになるが
攻め様が自分を騙しているのではと思う出来事があり、確かめるのが怖い
受け様は、攻め様から逃げるように・・・・しかしそこで行方不明の父親が現れ
受け様はトラブルに巻き込まれていく。

疑心暗鬼で臆病で寂しがり屋の受け様と強引強気だけど結構一途な攻め様との
ハートフルラブストーリーだと思います。

0

家政夫と引きこもり

面白かったです。でも、でも、でも・・・。
タイトルに「S」とあり、帯でも、「夜はS」とあるので、
あらぬ期待をしてしまっていたのですが、
全く「S」ではありませんでした。甘い甘いなのですよ!
一体、何故このタイトルなんだろうかと、
評価を下げ萌になった次第です。

未紀哉は、子役として活躍していたのですが、
両親は、子役として稼いだお金を持って失踪してしまうという過去があります。
今は、
子役として持て囃されたことで、傲慢だった自分を恥じており、
人とかかわることを避け、
引きこもり株取り引きで稼ぐという生活をしています。

そんなある日、一緒に住む祖母が旅行に行き、
祖母が依頼したという家政夫すが登場します。
その家政夫、修佑が、かなり、未紀哉に踏み込んできて、
未紀哉は、ペースを乱されっぱなしです。

修佑は、未紀哉を外に連れ出そうとしたり、
外の世界へと関わりを持たそうとしてくれ、
だんだん未紀哉も好意を持っていきます。
というものなのですが、

修佑が、未紀哉が大切で大切で仕方ないというのが
見えて、温かくなるものでした。
続き紀哉は、修佑が作ってくれたきっかけを活かして、
これから外の世界へ出て行くのかなと思うと
これからが楽しみです。

なので・・・。蒸し返すようですが、何故Sなのかが謎なのですよ。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ