秋葉原くんと渋谷くん@回送

akihabarakun to shibuyakun

秋葉原くんと渋谷くん@回送
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
15
評価数
4件
平均
3.8 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784775518823

あらすじ

大学生になった秋葉原くんと渋谷くん。だけど進学してからずっと会えなくて…。結局おれ達の関係ってなに!?  環境が変わって自然消滅!? と荒ぶる渋谷くん。流されるまま女の子と付き合ったりしていたが、偶然居酒屋でバイト中の秋葉原くんとばったり再会してしまい…!その他、デフォルトS大崎×ツンデレ田町のサラリーマンカプも収録。大人気・山手線擬人化シリーズ!※鉄分は含まれません※

表題作秋葉原くんと渋谷くん@回送

秋葉原貢,大学生
渋谷恵,大学生

同時収録作品Egoistic Ecstasy

大崎晋一,リーマン
田町要,リーマン

その他の収録作品

  • 1ラヴィ!
  • 2ラヴィ!!
  • 3ラヴィ!!!
  • カバー下:「吉杜的山手な日々」【作品裏話】

評価・レビューする

レビュー投稿数3

2人のすれ違いが切ない

山手線シリーズの4冊目です。今回は全て描き下ろされた作品のようです。
収録されているカプは秋葉原x渋谷カプと大崎x田町カプ。
今回も2カップルに絞られているので、それぞれのカプのお話をじっくり読めた感じがしました。

表題作の秋葉原x渋谷カプは大学生になっています。
秋葉原君が相変わらずオタク色濃厚で、渋谷君との常識の感覚の違いに思わず笑ってしまいました。
でもその後の2人の回想シーンは切なくて思わずグッときました。

後半のリーマンカプも受け様が相変わらずツンデレ美人でした。
2カップルとも以前よりも甘々度が上がった感じで、その分萌え度も上がった印象の作品でした。

0

回を重ねるごとに萌え上がる。

なかなかないと思うんですよ、そういうのって。

『秋葉原くんと渋谷くん』
シリーズ3巻目にしてまだ萌えあがるってのがすばらしい。

内容はなかなか斬新!
大学生になり、長期的に音信不通になってしまった秋葉原くんと渋谷くん。
渋谷くんの方は、自然消滅を見越して
なんと読者モデルの彼女(しかも年上!)を作っちゃいます!!

ところがある日外食に行った先でまさかの秋葉原くんがアルバイトで登場!!
久しぶりの再会に喜びを隠せない秋葉原くんとは打って変わって
超☆ア・リ・エ・ナ・イ!憤慨のツンデレイケメン(笑)

二人がすれ違っちゃったのも無理はない・・・;
秋葉原くんはヲタクの中の常識?twiiter的なものでひたすら渋谷くんにラブコール♥を
送り続けていたんですねー。
なーぜー途中でTelかメールに切り替えなかった渋谷あああ!!!ww
渋谷くんも渋谷くんで自分から連絡しなかったので(ツンが邪魔して?笑)
そりゃーすれ違いますわなw

渋谷くんの彼女さんはなかなか気のキツイ女性ですが、
一応彼女の立場なんだし、秋葉原くんを一度牽制したものの、
最終続き的にはあっさり渋谷くんと別れてくれて(きっと無理したんじゃないかなあ)
話のわかる女性だったのでは・・・と思います。いいキャラだった。

サブキャラ大崎&田町CPもなんやかんやで丸く収まり
(私はまだ攻めの「俺のが大人」的な感じが好きじゃないが。)
最後の最後で受けのデレデレ喘ぎを拝めたので満足です♥笑

でも個人的に、原宿?と自慢の彼氏さんの絡みの話も読みたかったな~と
つよーく!思いました(。-_-。)

0

ある意味ド安定。

メインは秋葉原×渋谷です。二人は大学生になりました。

見どころはやはり「二人の環境が別れる」という事でしょうか。
今までは同じ学校にいて毎日顔を合わせることができるので例え秋葉原がヘタレオタクでも渋谷がまるっきり秋葉原を理解できなくてもそう簡単には縁は切れなかったのですが、
お互いがお互いのために進路を曲げるようなタイプでないのもあって住む違いが別れるといきなり音信不通になってしまったりするわけです。
それを自然消滅とみ切ってしまって渋谷が年上のお姉さんとお付き合い始めちゃう一方秋葉原は応える相手のないツブヤキッター(つまりtwitterみたいなもんか)に延々と連絡をし続ける・・・通じねえw

でも、なんだかんだ言って少しだけオタクな用語も理解してしまってた渋谷とちょっとだけおしゃれになった秋葉原。
ど平行線でツンデレ渋谷とヘタレだけどガンコな秋葉原は歩み寄る気配もないのかと思ってたけど年月越えてやっぱりちゃんと影響はあるのです。
最後にはネクタイどっちがいいか「渋谷が秋葉原に」聞いてるし。逆ならともかくwww
ちなみに渋谷、髪型を二回かえてますがどっちもいいです続きなぁ。

後半はこれも定例の大崎×田町。
とにかく何があっても大崎が田町ラブなのに対して田町はどこまでもツンしかおみせにならない、というか本気で嫌がってる。ついには嫌がるのすらやめてしまう。
そこですーっと引いてしまう大崎、なんとまぁ計算上手なのか。
氷のような性格に見える田町がメロメロになった顔が可愛い・・・。

ということで萌えた!このシリーズ、これからもがんばってください。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ