夜、あなたの腕の中

yoru anata no ude no naka

夜在你的怀中

夜、あなたの腕の中
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×24
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
35
評価数
11件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
光文社
シリーズ
Kobunsha BLコミックシリーズ(光文社BLコミックシリーズ・光文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784334807948

あらすじ

恋に手慣れたエスコート上手な来島と、対照的に不器用な愛情表現しかできない皆見。風邪をひいても恋人の前ではスマートにいたい来島は、皆見が看病にくるのを頑なに断わり続ける……。S攻め田中と水沢の不器用な恋、ゲイバーの店主・深幸と貧乏学生・立川の格差恋愛、天然フェロモンだだ漏れ佐伯と有間の一途な恋……。好きだからこそ行き違う、甘くて切ない大人の恋愛を描く表題作と描下ろしほか、全6編を収録。

表題作夜、あなたの腕の中

同僚の恋人 来島弥紘
トラウマ持ちのリーマン 皆見詠一

その他の収録作品

  • かわいい男の愛し方
  • あなたは俺のもの
  • あの人のはじめて
  • アイツが大嫌い
  • 夜も朝も

評価・レビューする

レビュー投稿数7

あま~い

『夜シリーズ』の6冊目です。ホント、このシリーズは、毎回完結してて続き物じゃないのに、なぜか購入してしまうという…。これが村上マジックですね。

◎皆見×来島
皆見が風邪を引いた時のお話です。恋人の世話はしたいのに、自分の弱いところは見せたくない来島。甘えた様子の来島は可愛かったし、焦げたお粥を作る皆見が良かったです。お互いに、初めての部分を見せ合って、また愛情が深まってる様子にキュンとなります。そして、まさかのプロポーズに、甘すぎてニヤニヤします。

◎佐伯の元彼・田中×水沢
なんだか田中がどんどん可愛くなってきてます。水沢の気持ちがちょっと分かるような…。ほんと、お似合いのカップルです。

◎来島の双子の弟・深幸×ノンケ・立川
嫉妬してる立川が可愛いです。でも、嫉妬深いのは深幸の方だったという…。相変わらずラブラブでニヤニヤします。

◎佐伯×有間
大好きなカップルなので、テンションが上がります。お互いに嫉妬し合う姿に萌えます。有間が佐伯にさせたことって何だったのか、気になります。やっぱり有間がカッコ良くて好きです。

◎瀬尾×ノンケ・岸
瀬尾に対して続き「可愛い」を連発する岸。女扱いされてると怒る瀬尾ですが、実は岸の最上級の褒め言葉でした。出来立てのカップルが初々しくて、可愛いです。

この本が発行されたのが、2012年です。今後続きは出るのでしょうか…。また彼らに会いたいです。

1

抜け出せない村上ワールド

色々なカップルが、少しずつ少しずつ変化していく様が素敵。
このシリーズに入り込んだらもう抜け出せません……
糖度高すぎって分かってるのに手に取ってしまう……
先のレビュアー様たちがおっしゃっているように、初めて読む人は少し戸惑うかも……?

『夜、あなたの腕の中』『夜も朝も』
クールな見た目なのに傷つきやすい皆見さんが可愛い。
この2人は何がどうなっても甘々なのでもう勝手にやっててくださいって感じ(笑)

『かわいい男の愛し方』
ほんっとに素直じゃないなこの男は!(笑)
一回本気で水沢くん怒らせて、血相変えて慌てる雅記さん見てみたいなー

『あなたは俺のもの』
この2人も安定の甘々だなぁ~
どんどんハマってのめり込んでいくノンケっていいよね。

『あの人のはじめて』
この2人から雅記×水沢の話が派生したんですよね?確か……
意外とスピンオフを生んでる作品だなぁ。
佐伯さん色っぽい。

『アイツが大嫌い』
すっごく気になってた2人!
この話が一番楽しめたかも……
好きになったらダメだと警告を発してる相手に限って惹かれてしまう。瀬尾くんの葛続き藤が可愛い。

1

カップル祭り

混乱率非常に高いのがこの作品です

私の中での混乱です

夜シリーズ大好きなのですが
誰が誰だか結構思い出せない

皆見と佐伯しか覚えてない私です

来島と皆見のカップルの話からはじまるのですが、皆見がメガネを外しているシーンから登場のため
誰?状態でした

田中と水沢
田中の暴力イメージが抜けず
このカップルにいまいち感情が入りません
水沢かわいいのですけど
田中が・・・

今回のこの作品は5組のカップル登場のため、短編です
登場カップルが多いのは嬉しいのですが
短いので、つまみくいという
感じの内容です

0

長いシリーズです

もうこれは 安定カップルでしょう。
ひたすらイチャイチャラブラブしてます。
ニクイほど ひたすら。
何組ものカップルが出てきます。
(顔が全部似ているのでわからなくなります)
すべて ひたすら甘い。げろ甘。
『げろい』って分かっているのに買ってしまいます。
何がそうさせるのでしょう。
それが「夜シリーズ」なのです。
話の感想。
カゼをひいて恋人が看病にくる。
そして SEX。ひたすら SEX。
鉄板王道パターンです。
うわああああああああああああ!!甘い!!

1

内容は萌えだが、本としては趣味じゃない

この光文社から出ている村上作品のシリーズの主人公達の総出演のラブ甘短編集。
シリーズを知っている人には、それなりに、
知らない人には、多分さっぱりだが、興味を引けばシリーズをどうぞ
的なそんな意図で作られた本なのか、実に不親切な本になったなーと思わずにいられない。
シリーズものでも好きなものと嫌いなものがあるのだが、実はこのパターン構成は自分的に好きでない。
だから内容は萌えだが本としては趣味じゃないのである。
こんな構成になるのなら、作品がたまった時点ですぐ本にしないで、ある程度の番外までたまった時点でそれらを集中して集めた一冊にして欲しいものだ。

それにある程度出来上がって、それなりにエピソードを経てきているカプの短編なので、ラブ甘は決まっているのだ。
短編だって、エピソードではあるけれど。
「あ、そうですか、ごちそうさま」なだけの構成はあまりいただけない
しかしながら、それぞれのカプは特徴がそれぞれに違うので、飽きないで楽しむことはできるのです。

このシリーズで好きなのは、ドS田中×M気味水沢カプと、学生の和真×来島弟です。

3

これをきっかけに読むのも一つかな?

間違えて購入したってところがホントのところです(笑)
この作品に載ってる全てのカップルの作品は何も読んでなくて、まるっきりお初。
今までに発売された作品の各カップルのその後的な流れなんでしょうね。
5カップルの作品が1度で読めてしまえる内容ですが、このシリーズを読んでる人には
物足りない内容なのか、どうなのかも不明なところです。
でも、この作品を切っ掛けに気になるカプを追って行くのも一つかと思えました。
この作品自体はそれぞれのカップルの甘々な展開が描かれているのですが、
きっと関連本編はシリアスな展開になる作品が多いのかもなんて感じました。

0

あれ・・・ちょっともの足りない??・・・ような?

村上佐知さんの作品第6弾です。

[夜、あなたの腕の中]
来島弥紘×皆見詠一のリーマンものです。
すっかり落ち着いた2人ですが、皆見が風邪をひいて来島に看病してもらいます。
で、そのせいで今度は来島が風邪をひいてしまうのですが、
皆見が看病すると言ったら断ります←正直、何で!?と思いました。

でも、その理由が可愛かったんですよね!!
ここまで落ち着いてるのに、そんな理由!?と思いましたがww

少し気まずくなるのですが、そんな事よりも来島が心配だからといい
皆見が看病をします。
揉めたりもしますが、なんだかんだで落ち着いたCPですよね
この2人は、甘々担当CPだと思います!(*≧艸≦)

[かわいい男の愛し方]
田中雅記×水沢晴のリーマンものです。
こちらもなんだかんだで落ち着いてるCPなんですが、
最近、田中の機嫌が悪くて、それが気になる水沢ですが、意図的に
田中の携帯を見たら女の名前が・・・そしてしまいには合鍵を渡せとまで
言われてしまいます・・・
絶対に女だと思ったら実は職場の部下で・・・

でも、その女のおかげで田中は初めて水続き沢を恋人だと声に出して
言ったのでこちらとしては拍手を贈りたいと思いました(笑)

[あなたは俺のもの]
大学生・立川和真×ゲイバーのオーナー・来島深幸です。
ある日、いつも通り仕事をしていたら、深幸が立川に「今日は店に出るな」
といいます。理由は、双子の兄の弥紘が荷物を渡しに来店をするからなんですが、
立川を会わせたくない理由が可愛かったです(*≧艸≦)

[あの人のはじめて]
デザイナー・有間×佐伯です。
正直、久しぶりすぎて、有間と水沢が高校の同級生で
佐伯が田中の元カレだったことをすっかり忘れていました( ゚ω゚;)

ある日、水沢が有間が高校時代の彼女と一緒に写っている写真を佐伯に
見せるのですが、特に反応がない感じで
有間が不安になります。
で今回の話は田中とは別の佐伯の元カレが登場します。
しかも有間に声をかけるという、なんともびっくりな展開でですが・・・

有間は嫉妬したけど、佐伯はどうなんだ?という事になりますが、ただ
感情が乏しいだけで、ちゃんと嫉妬してたんですよね!

このCPは佐伯よりも有間の方がかわいいと思います(*'Д'*)ノシ

[アイツが大嫌い]
岸×瀬尾のリーマンものです。
前回の「夜、君の隣で夢を見る」の続きで、その時のレビューで岸×瀬尾の
フラグが立ったと書きましたが、本当に現実になりましたが、
残念ながら個人的には萌えませんでした←すみません・・・

理由は岸がノンケだからと思うのですが、
ずっと瀬尾に対して「女みたいに可愛い」と言います。
その事に対して瀬尾は当然怒るのですが、一読者としても、
やはりイラつきましたね・・・。

瀬尾は「女みたい」が岸の最高のホメ言葉だと認識するみたいですけど、
BLに「女みたい~」という言葉は、いらないと私は思います・・・

今回なんで、萌えが足りない?と思ったのは、おそらく1CPずつの話が
短かったからと思うんですよね~。
本当に短編みたいな短さだったからだと思います。
やっぱり、1冊ずつコミックにしてほしいと思いますね。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ