ゆめ糖花エンドロール

yume touka end roll

ゆめ糖花エンドロール
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×211
  • 萌8
  • 中立3
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
16
得点
71
評価数
27件
平均
2.9 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
シトロンコミックス(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥638(税抜)  ¥689(税込)
ISBN
9784799711774

あらすじ

8/1⇒8/31⇒10/1へ発売延期です

「ずっと好きでした」「嬉しい これからもよろしくね」
決死の告白に、片思いの相手も同じ想いを返してくれた!2人は幸せの中、熱い抱擁をかわす――END……といかない蛇龍どくろ的スパイシーラブ!!
恋人たちの迷いを描いた告白から始まるストーリー。
(出版社より)

表題作ゆめ糖花エンドロール

西島透吾

同時収録作品コヨーテひたひたひたコウサギにやにやにやわたしたちふらふらふらあなただけにやにやにや

同時収録作品きみしぐれ/キミシグレ

猪瀬
東條

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数16

マキ子ちゃんが愛おしい。

表紙に釣られて、「知らない作家さんだけど」と購入。
読み終わって、中の一作がとても好みだったので作家名で検索。

あ、この人の本持ってた。

デッサンがしっかりした絵でとても上手いのですが、地味な所為かいつも忘れてしまう。
前作も好き!という萌え方向じゃなく、いい話を描かれておりました。
でも今回、話の傾向はかなり違うかも。
ああ、同じ作家さんだよねーという印象が全くないので、分かりませんでした。

表題作に、前に読んだ「野狐禅」みたいな淡々とした話を期待していたら、どっちかというとホラーというか、ヤンデレな話でした。
惜しい!
一冊丸々、告白から始まって駄目になって、またくっつくような話が読みたかったです!!

で、真ん中の異常に長いタイトルの話が、一番好きでした。
オカマのマキ子ちゃんと助けられた主人公の話。
BLではないかも。
そういう感情すら出てきません。
でもよかった。
そして、この二人にそういう感情は芽生えない方が萌えます。
恋愛じゃなくてもずっと二人でいて欲しい。
そういう意味ではBLなのかしら。
何といったらいいか分からないで続きすが、ズキュンときました。
最初、ギャグにしか見えないマキ子ちゃんが最後にはとても愛おしくてたまらなくなる不思議。
何で、こういう話のオカマちゃんは、もれなく愛おしくなるんだろう。
たまらない。

最後の話が、一番BLでした。
でも不思議ちゃん過ぎて、私は好みじゃなかったかなあ。

好みの作家さんなので、他の著作も読みたいです。

0

「ハッピーエンドの先へ」

一筋縄ではいかない、どくろ先生の味がふんだんに詰め込まれた作品集でした。
この作者さんの他の作品にも通ずることかと思いますが、画面の奥からじわじわ沁み出てくる仄暗さ、病み感、凄まじいなぁ。嵌まると抜け出せなくなりそうです……。
表題作は愛ゆえにおかしくなってしまう主人公。
「コヨーテ~」はザ・オカマなんだけど温かいお話。
「キミシグレ」は一番王道っぽいBLぽいと思いきや眼球舐め。
本当にこれぞどくろ節!(笑)どれも味があって楽しく読めました。

1

病んだ感じが好き

リブレ出版さんのフェアにつられて、知ってる作家さん+表紙が良かったので購入しました。

表題作。やっと適った想いが、いつか冷めるのではないか、冷めるなら暖かい内に幕を閉じよう・・・。斜めにそれた歪んだ愛情と妄想で、つき合っているのも妄想かと思いましたが、実際ちゃんとつき合っててホッとしました(笑) 歪みを正すためのほんのりしたバイオレンスも良いスパイス。

コヨーテ~。長いタイトルの意味を考えても私には理解不能でした。はじめに出てきたオカマちゃんはサブキャラで、受なり攻なり別に居るんだろうなと思いながら読み進めても一向に現れず(笑) 結局はネカフェ難民の男とオカマちゃん二人のストーリーで拍子抜けしましたが、ネカフェ難民男の夢に出てくる幼い二人が、現実の古い記憶なのかとても気になりました。

キミシグレ。この世界観も好きです。潜在的には両思いなのに一方が認めなかったが故にもう一方は6年もの歳月を経て想いと遂げる。長年想えるって素敵。ただ、6年間、音沙汰も無かったのになぜ今なのか?離れている間に絶対何かあったはずだと勘ぐってしまいました。その描写はないのでなんとも言えませんが。続きエロシーンはありませんが、最後のページでベッドに二人が全裸で横たわってて一方は全身舐め回されたとゲッゾリ。もう一方は上機嫌。と言うことは致したと思って良いのでしょうか?疑問が残る作品でした。

0

萌という感情のではなく、良かった!の感情。

ほんわかするからLOVEじゃない。
愛するということは
普通じゃない感情の一つであり、
恋愛状態の脳は時として正常な判断をできないことがある。

極端な判断をしてしまうことがある。それを再認識させてくれた
作品でした。

二年半の片思いから告白し付き合えることになった。
幸せだからこそ、この幸せの終りを考えてしまう。

幸せな間に終りをむかえること
これが答えな気がしてくる。
黒い闇がうごめいている。

とーーっても良かった。

タイトルが長すぎて入力をあきらめましたが、他にも作品が入ってます。

目が覚めたらクマのぬいぐるみに囲まれていた。
公園で寝ていた青年を自宅に連れ帰って世話をした。
ネカフェ難民と自分を名乗る。
マキ子は男の体で女装をしている。とってもハートフル。
ラブの形は沢山ある。
それを伝えてくれる作品でした。

だって嬉しいんだもの。と
力強くいうマキ子ちゃんが
とても愛おしかった。

0

ちょっと怖い(笑)

 片思いを乗り越えてやっと付き合うことになった透吾と稑。晴れて楽しい生活かと思いきや、稑のことが好きすぎて、日常生活が送れなくなってしまうのです。確かに両思いだけど、決してうまくいっている関係とは言えないのです。
 恋愛するのはいいけれど、ちょっと怖い一面を見せてくれたお話でした。

 「コヨーテ…」

 外で倒れているところをマキコに助けられた拓真は、マキコにしばらく世話になります。マキコのキャラクターに驚きつつも、拓真はこの同棲生活でマキコの抱える悩みを垣間見るのです。
 外で酔っ払ってそのまま野宿してしまう拓真ですが、マキコが助けに来てくれなかったらそのまま自堕落な生活を送ってしまうのかなって思うと、ちょっと怖いです。
 恋愛が甘いだけではないことが身にしみるお話でした。

1

お前を殺して永遠の愛を手に入れる!!

『ゆめ糖花エンドロール』
幸せの中にいるとある病気になるんです。
幸せすぎて怖くなる病気に。

そうだ、この幸せを永遠のものにしよう。
そうだ、愛しい君をこの手で永遠のものに・・・

みーたーいーなー!!!!!
表題作はV系の歌詞みたいなお話でした。
中二病全開です。
人によっちゃぁ神になるお話ですね。
「好き」過ぎる恋人たちの結末はいかに。
ってまぁそんな壮大な話でもなかったですけど。
お好きな人はお好きなんだろうなという雰囲気のある作品ではありました。


『コヨーテひたひたひたコウサギにやにやにやわたしたちふらふらふらあなただけにやにやにや』
ってタイトル長いー!!
オカマちゃんが出てくる作品でした。が、多分こちらの作品はBLではないかな。
でも何故か心がほっこりするお話で良かったです。


『きみしぐれ/キミシグレ』
一番BLしていた作品です。
眼球処女喪失ウーワーでした。

2

不思議な読後感。

思い込みはイカンな、と自省(自制)を込めて。

こちらの本、一冊通してエロくないです。

『蛇龍どくろ』という作者名から受けるイメージからは少し距離のある絵柄。

でも、笑いながら泣いているような、泣きながら怒っているような曖昧な表情から生み出される作品は読み返すごとに違和感を消していきました。

【ゆめ糖花エンドロール】
好きすぎて膨らんだ一途な想いが生み出す驚喜と狂気。
執着を含んだ仄暗さは誰でも持っているというのが、いちばん怖いところです。

2年半の片思いが実った透吾(攻)は陸(受)の事が大好き過ぎて現実を飛び越えるような日々を送るようになり、挙げ句…という展開。

不穏な展開にワクワク!
しかし崩壊要素が大きく闇を広げたところで陸の抵抗により、あっけなくカタがついてしまったので少々、寸止め感に包まれました。

というのも短編だと思ってなかった自分の思惑だけが途中で宙ぶらりんになってしまったんですね(泣)

でも、この長さだと認識して読めば起承転結のメリハリが見事。
初読みと繰り返し読みでガラッと印象が変わりました。

【コヨーテひたひたひたコウサギにやにやにやわたしたちふらふ続きらふらあなただけにやにやにや】

長っ!タイトル長っ!
今まで目にした中で一番長いw

行き倒れていた所をオカマさんに拾われたネカフェ難民:沢口拓馬…という、ありがちな始まりですが…。

オカマのマキ子さん、青ヒゲゴッリゴリ(でも華奢)で第一印象は可愛くない…けど健気で一生懸命。
結果、可愛い!というミラクル。

マキ子さんの生い立ちや選んだ道、拓馬の現実は十分シリアスなのに軽めにギャグっぽくコーティングして重くなりすぎずに収まってます。

萌えるかと問われると『萌えません』(キッパリ!)なんですが優しい話です。

BLではなく家族愛…どうかこのままふたりで仲よく暮らしていけますように。

【きみしぐれ】【キミシグレ】
掲載がこの順番で良かった。

高校生という年頃は甘酸っぱいけど苦くもあります。
ないことにしようとしても、一瞬で引き戻されてしまう。
薄れていようとも自分の中で決着をつけられていない気持ちだからなんですよね。

眼球舐めって痛くないのか!?と心配になりました。

蛇龍どくろさんの作品はキャラ同士の距離感がつかめなくて戸惑うんですが、それが読み返しのクセに繋がります。


2

微妙…だけど試験的な挑戦がみうけられる

どくろさん、好きなんだけどな~~~…!
なんか、なんか妙な路線に行ってしまい想像してたのと違いました…(;_;)

とにかく何よりもまず絵が好きな作家さんだったのですが、絵が…手抜き?ってチラッとよぎってしまうくらい覇気がなかったというか……
複数レーベルで活躍されてて忙しいんだろうな……とか、好きな作家さんだから自分でいろいろフォローしてみたりしましたが…多少の残念感は否定出来ません。。

お話も…ちょっとダークな感じがするテイストで、人を選ぶ内容かと。
出版社のあらすじに「蛇龍どくろ的スパイシーラブ!!」ってあるけど、これは果たして『スパイシー』が形容であっているのだろうか…?
キャラのメンタルを掘り下げたような、覗いちゃいけない穴的な何かが描かれています。

■ゆめ糖花エンドロール
やっと長年の恋が実ったプログラマー×彼の恋人。
攻めの病的な受けへの依存具合が描かれた作品。
仕事そっちのけで受けに会いに行っちゃったり、それが無意識すぎて1週間の記憶が飛んでたり、終わりのない愛を求めて受けの首を絞めちゃったり……こえぇよぉぉぉ!!(゚Д゚;│と思うことをす続きる攻めの奇行が淡々と描かれてます。
BLに限らず多くの小説や映画などでこうした愛ゆえの「心の闇」みたいなのって題材として選ばれてますが、個人的にはすんごく苦手なので、めっちゃ怖かったです。そしてキモい。こんな彼氏はイヤだなぁ…と受けに同情しながら読みました。
でも、受けは攻めを正気付けるために本気で殴ったりして「なんかあったら俺に任せろ(殴って正気に戻してやるから)」と、バイオレンスかつ寛大に攻めを受け入れてるので「おぉ……」と素直に感心してしまいました。笑
バイオレンスと寛大さ、って共存できるんだ…。この相反する性質を合わせ持つキャラは見たいことありません。新鮮でした。

■コヨーテひたひたひたコウサギにやにやにやわたしたちふらふらふらあなただけにやにやにや
なんじゃこりゃ~?というのが感想。
これはBLなのかしら…?
ネカフェ難民で行き倒れてた青年と、彼を救助して居候させてくれてるオカマちゃんの話。
エロもキスもないので受け攻めはなし。
オカマがとっても不細工キャラなのでラブ展開がまるで連想できない。
どうやら二人は幼少時代に遊んでたらしく、それを想起させるような描写が入りますが、どちらかの記憶ということも定かではない描き方なので、この出会いが再会と認識しているかは不明。
身寄りのないフラフラした男の子と、オカマということでときどき社会的不合理な扱いを受けつつ頑張ってる優しいオカマちゃんとの絆みたいなものを描きたかったのでしょうかね。
ライクはあってもラブはないような…、ラブであっても家族愛的なラブなような……
ボーイズラブとはちょっと違う感じがしました。

■きみしぐれ/キミシグレ
このコミックスで一番正統派なBL。
高校生同士。オープンエロのイケメン×ムッツリエロの見た目スポーツマンタイプの高校生。
片思いだと思ってた高校生同士のラブが、卒業後6年ぶりに再会して実る話。
高校時代から攻めは受けが自分を好きなことを見抜いていて、「オレのことスキでしょ」と聞いちゃったりしてたんですが、受けが照れと焦りで否定したまま卒業し、6年寝かしてやっと恋が実るという流れ。
他の2作品が独特すぎて、最後にこれ読めてホッとしました。笑
どくろさんの描く男子高校生が好きです。

漫画を描く上で必要な想像力、空想力において、すごくいろんなひきだしを持ってる方だと思うので、時には試験的な創作も必要でしょうし(どくろさんがそれを意図して描いたかかはわかりませんが)、こうした独創的なお話がつまった1冊が出てくることもあるのでしょう。
いろんな物を描いて、いろんな挑戦をして、これからも沢山作品を作ってほしいなと思います。

《個人的 好感度》
★・・・・ :ストーリー
★・・・・ :エロス
★★・・・ :キャラ
★★・・・ :設定/シチュ
★★★・・ :構成/演出

6

これは好きかな

結局の所、蛇龍さんってどうゆう作風だったのか、既に不明になってしまっていたけれど、
これは、結構好きかも。

表題作の、ファンタジーともサイコホラーとも言えるような、ロマンティックなハッピーエンドのその後のお話。
この、ストーリー展開が好き。
この、極端に背景の書き込みの少ない画面構成もすき。
エンドロールのその続きは、二人での物語の始まりで、
このお話は、その始まりの物語。
そして、さらにその続きは?
って所で終わっているところもいい。

「コヨーテ~」も、はっきり言って、これ非BLだと思うけど、ええ話やし。
「キミシグレ」は眼球処女喪失の図で萌+。
「きみしぐれ」で猪瀬が嫌いになって萌ー。
と、いうことで、トータル萌1.5をオマケして萌×2


1

一読だけじゃわからない、じわじわ感

何度も読む事によって、味が出てくるコミックスでした。

どくろさんは『野狐禅』も読んだ事があるのですが
こちらの方が好きだなー。
寂しさとか不安がふわわっと和らいでしまうような。

『ゆめ糖花エンドロール』
好きになり過ぎて幸せ過ぎて、今を永遠に閉じ込めたくなる気持ち。
わからないでもないけど、
やっぱり好きな人とずっと生きていく方がいいよね…。
悲喜交交あっての人生だ。
特別な事が無くても一緒にいるだけで幸せだと思える事が愛なのでしょう。
でも、この病んでるっぽい思考がそんなに嫌いじゃないですw
おネガ攻め、好きかも!

『コヨーテ…(略!!!)』
珍しいお話でした。
BLかどうかってところですけども。
自分の気持ちに正直に生きていくのは
誰だって無理はありますが
好まれはしなくても常識にとらわれず自分の道を歩む。
人生は一度きりなので、こういう生き方ができれば最高だろうな…。
お金があるとかないとかじゃないんですよね。
こんなお話を読むと、お金だけに執着するタイプの人間とか
偏見で凝り固まってる人間とかに
もうめちゃくちゃ腹立ってき続きてしまいます。
もっと大事なもんがあるんだよ!!と。
(ここで怒っても仕方ないですよね、すみません)

『きみしぐれ』『キミシグレ』
うわぁ。このカプ好きだな!
マイペース過ぎる猪瀬と、わりと普通な東條w
東條が振り回されているようでいながら、
猪瀬は猪瀬で東條を好きすぎていたんだから
もうおあいこでいいんじゃないかな☆
何も想いを伝えあわない学生時代でしたが
「お前の事が 俺に分からないと思うのかい?」という猪瀬。
それはある意味猪瀬の言霊だったような気もするのです。
時間がいくら経ったとしても
何もかもが変わってしまうわけじゃない。
どれだけ好きか、言葉で言うよりも
やはり体で表すのがいい。うん、それがいい。
もっとやっちゃって欲しい。

…どくろさん、ツリ目っぽい目尻と上瞼と、
まさに弾力のありそうな厚めの唇がセクシーだ…。
思わず絡めたくなるような手。
肩甲骨とか、撫でたい線。たまらん。
あとは眼鏡。本当に眼鏡最高。太めのフレームがイカスわ!!!

いい具合に力が抜けてる感じで、
私は過去作品より好きなので、今後要チェックです!

4

甘い甘い

タイトルはエンドロールなのだけれど、
作品を見る限りは、序章だけを読んだような
「ハジマリ」を感じさせる短編が多かった。
ちょっ!ここから面白くなるんじゃないの!!?
ちょっと物足りないといえばそうなのかな(ノД`)・゜・。
やっぱり、ちょっとガッツリ長めの書き込み~なお話の方が
どくろサンの作品は好みなのかもしれません。
絵柄的には好きなのだけれども。“これから”を自分で予想する
それも楽しいっちゃ楽しいのだけれど、結論がみたいのよ私は。

とはいえ、作品としてはマズマズ面白い。
個人的には、オカマの話好きでした。
BLというカテゴリーとしてはどーよという感じなのですが
昔と今。記憶と現実。でも真実は一つ。
いま相手がどんなであっても、あのときあーおもった気持ちは。。
そんなふうに感じたのでした。
見た目はどーあれ、カワイイと思ってしまえばそれは個人のもの。
これでガッツリBLで読めたら私は面白いと思う

きみしぐれ。
親友に恋をして幾年。久しぶりに再開しても
気持ちは変わらない。
キミがいつきがついてくれるのか。。。。。
結局のところ続き、ガッツリエロはなかったものの、黒髪が
パックン食べられ(受)てしまえばいいと思うのだが如何なものかw

1

どくろワールド健在!

久しぶりにどくろさんの本手に取りました。最初に買った作品が「エンドレスワールド」で、発売されてから4年ということで絵のタッチが変化してらっしゃいましたが私は今のタッチも素敵だなと思ったし、変化が逆に新鮮さを感じよかったです。

「ゆめ糖花エンドロール」
透吾の2年半の片思いの末結ばれることになった2人。陸のことを想いに想い続けた透吾という人間の奥底に隠れていた自分自身じゃないような本当の自分。好きになったが故に生じる人間の一面というものが描かれています。妙にリアルで現実と理想の間で何が真実で何が偽りか気づかないまま透吾の行動がエスカレートしていく何とも言えないスリルというものにちょっと震撼してしまいました。

「コヨーテひたひたひたコウサギにやにやにやわたしたちふらふらふら
あなただけにやにやにや」
現代社会にある偏見であったり、差別であったりそういうものに対して現代を生きる人間としてどうあるべきであるか、またどう行動していくべきか、どくろさん自身の考えであったり、メッセージが含まれた作品のような気がします。また、読み手としてもいろいろ考えさせられました。

「キミ続きシグレ」
何とも掴み所がない作品でした。同級生の再会ものでストーリーは非常に穏やかに進んでいきます。何気ない会話、日々の中に感じる「好き」って気持ちがほんのり香ってくるような作品です。
自分で何言ってるかわからないorz言葉に言い表せないような心地がしました。実際読んでみてください!

予測不可能などくろワールド全開の1冊でした。毎回新たなどくろさんに出会えて、こんな作品も描けちゃうのかって、楽しみが絶えない作家さんでやっぱり好きです。どくろさんが描く混沌としたゆめうつつな感じの世界観に驚くばかりである。1つ1つの作品にはっきりしたゴールであったり、答えが描かれていないのもいいですよね。読み手自身で想像を広げて行けるんだものw

4

やっぱりがっかりしてしまった

初期のころのどくろさんはもぉいないんだよ―――(;O;)

シュガーミルクでファンになって、エンドレスワールドで作家買い認定して
凄く凄く大好きだったから、その後も新刊が出る度購入してきたけど
3冊目から・・・アレ?って感じになってきて今回もやっぱりガッカリしてしまった。

絵がね・・・もう・・・A先生の影響受けすぎだろ――って言うくらいそっくりで・・・
別にA先生は嫌いじゃない・・・でもぶっちゃけ毒されすぎてどくろさんの原形が消えてしまっているんです(と感じた)

ゆるいタッチで、背骨欠落してんのか?的な・・・この絵!!!
地に足付いていない感じで・・・ふわふわ、風船みたいな感じの・・・この絵!!!
とにかく無重力感を感じさせるこの絵に、腹立った。

やっぱりね、表紙からして違うってわかってたのに
淡い期待をして手にとってしまった自分に腹立った。

絵で判断する事や嫌いになる事は少ない方だと思ってたけど
絵と比例するように内容も↘↘↘↘↘だもんな~

最近A先生の毒されているのか、はやりなのかこの手の雰囲気の絵増えてるな~
と感じるのは私だけだ続きろぉぉか?
別に悪くないけど・・・嫌いじゃないけど・・・

カムバックどくろさぁ~ん!!!!

3

完全じゃない人、を愛するということ。

だれもがみんな完全じゃない。
自分も。
好きになった相手も。
もしかしたら、その好きという気持ち自体も。
この本は、それをすごく感じさせるなぁと思いました。
きゅん、というより、じわぁ~と沁みてくる本です。

■「ゆめ糖花エンドロール」
2年半の片思いを経ての告白、お付き合い。
映画ならここでエンドロールでもいいような、最高に幸せな時間。
うれしい、かわいい、会いたい、もっと一緒に居たい、ずっとずっとずーっと一緒に居たい
強い好きという気持ちが、現実と妄想をごちゃまぜにする。
永遠の愛は、この幸せな時に“死”というエンドマークをつけることで得られる
そう間違った方向に向ってしまった時、見えるのは、救うのは、……本当の愛の強さ?
不完全なトコロを補いながら2人で幸せへの道を進んでいくって、きっととっても素敵なこと
そう思わせてくれる物語でした。

■「コヨーテひたひたひたコウサギにやにやにやわたしたちふらふらふらあなただけにやにやにや」
ここまで青ひげで、年くったオカマって、なかなかBLには出てこないのでは?
正直「怖いっ!」と思ってしまう外見の、マ続きキ子ちゃん。
公園で倒れていた(寝ていた)青年タクマを勝手にお家に連れてきて、
フカフカのベッドに寝せたことから始まる、ふたりの同居生活。
マキ子ちゃんは言う、「ワタシは半端者」と。
タクマは考える、自分の方がよっぽど「はんぱもの」じゃないかと。
優しさを受け取ってもらえる幸せと、与えられる幸せ。
一緒に居て楽しいって、きっと一番大事なこと。
そんな当たり前のことを気づかせてくれる、ちょっとファンタジックなお話。
最後はマキ子ちゃんがとってもキュートに見えて、人は外見じゃないよね~としみじみ。

■「きみしぐれ」「キミシグレ」
高校を卒業してから一切会わなくなった友達からの、いきなりの着信、6年ぶりの再会。
振り返る高校時代、あの時言われた、
「好きでしょ? オレのこと」
「お前の事が 俺に分からないと思うのかい?」
年月を経て変わったことと、変わってないこと、変わらないことの重み。
相手を待つという、心の広さが素敵だなぁと感じるお話でした。

完全じゃないからこその、色々な愛の形。
どれも素敵で「いい本読んだなぁ~」というのが、素直な感想です。
オススメですよ♪

5

最後はほっこり


夜中に読み始めてうおお!こええよ!寝れねえよ!
と思ったのですが、ほっこりするお話でした。

短編集?というのでしょうか。お話は三つ入っています。
表題の『ゆめ糖花エンドロール』と
『コヨーテひたひたひたコウサギにやにやにやわたしたちふらふらふら
あなただけにやにやにや』と
『きみしぐれ』
が収録されております。
エロとろを読んでいなかったので、わたしはわからなかったのですが、
エロとろの『キミシグレ』の前に描き下ろしが入り一つの作品と
なっております。

二つ目の収録作品題名すごいですね!!やはり夜中に読んでいたので、
文字の羅列だけ読んで呪いの呪文かと思ってヒヤヒヤしました。
全然怖いものじゃないです。すみません。

表題は、付き合い始めて、終わりが怖くてヤンデレになり、
殴られ正気に戻るお話です。
病んでるところがすごいです。恋をしてここまでなってしまうのか!
となりました。怖さもあり、すごくヒヤヒヤしますが終わり方は、
かわいかったです。

二つ目は、おかまさんと男の子のお話です。
これは心温まるという感じでした。
2人が出続き会ってよかったなああ

三つ目は蛇龍さんの描く男の子のアホっぽさが
いっぱいあって面白かったです。
ずっと待ってる猪瀬かわいい。
萌え!!って感じが強かったのがこれでした。

萌える!!って言うより心に来る感じの作品だったかなと思います。
萌えもありましたが!

3

『マキ子ちゃん』推しメン!!

『コヨーテひたひたひた
 コウサギにやにやにや
 わたしたちふらふらふら
 あなただけにやにやにや』
これ↑題名だから。
素晴らしい言葉のセンスにビックリ!!
私の好きな世界感が広がっていました。
一気に先生のファンとなってしまいました。
話の内容も面白くて とても感動します。
『マキ子ちゃん』がとにかく素敵なのだ!!
男なんだけどね。
優しくて たくましくて!
不思議な世界なんだけど ラストはほっこりします。

他の入っている話も 全部面白かったです!!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ