朝長風月、書道家です。

asanaga fugetsu shodouka desu

朝長風月、書道家です。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
24
評価数
7件
平均
3.6 / 5
神率
28.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784832288300

あらすじ

顔は一流、腕前は三流…の ネガティブ書道家・朝長風月。 そんな朝長さんに一目惚れした、熱血★芸能プロダクション・マネージャーの織田さんは「芸能界デビューしませんかv」と 熱意たっぷり口説いた★朝長さんも、 生まれて初めて誰かに必要とされる喜びで胸が高鳴った★けど… (…織田さんが大切なのは俺の外見だけ、ですか?) 芸能マネージャー×美しすぎる書道家、恋する芸能界ラブコメ★描き下ろしつき★

(出版社より)

表題作朝長風月、書道家です。

織田一世,芸能プロのワケありマネージャー
朝長風月(進次郎),三流の腕の書道家

同時収録作品受難はむしろここからです

後輩 魚住
ひきこもり6年 雨宮

同時収録作品それからのフラレ男の友幸くん

その他の収録作品

  • 犬にしてください
  • サイン会レポート
  • 織田一世、マネージャーです
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

キャラ萌え

話自体はね。読み流した感じなんですよ。
見た目が麗しいのに兄にコンプレックスがあって、一寸引っ込み思案な書道家を
タレントとして売り出そうとして来た糸目でたれ目のマネージャー、織田。
ところがマネージャーで無い顔の織田を見た途端ときめいて、それが原因で胃を痛めて監禁されて・・・と愛が多いが故の困難が多い話です。

まぁ、そういう話ですよね。話の筋としてこれが!というのはなかったんですよ。

でもねぇ・・・とにかく平均的に美青年多すぎどういう事なのな所が
「絵だけで萌えてしまう」
という評価を狂わせる話なのです。特に織田!
普段は糸目たれ目でほんやりしているイメージ。
兄弟も、周りの

なのにタレントとして表に立つ「NOBU」の顔で目を見開いた顔と
ピタピタに押さえつけた髪の毛をふわふわにした姿が「誰?」級にオーラ放つのです。
「朝長が落とされるのも仕方ない」と納得ができる萌えキャラです。

もう、それだけで十分「萌え」っすわ。
表紙の織田と本気出した時の織田とのギャップだけ楽しみました。

0

イラスト綺麗

北沢きょう先生のイラスト、見ているだけでとても綺麗で素敵ですね。
中身の方は、最高っ!とまでは思わなかったけれど、普通に楽しめる作品。
イラストが好きだから多少物足りない感じがしても買わずにいられないのです(笑)

内容は究極ネガティブの書道家の受け様をタレントとしてスカウトするマネージャーの
攻め様とのお話なんだけど、このマネージャー自身もタレントだったりする。
それもかなりイケメン人気があるのに、受け様を売り出す為のつなぎに過ぎないって
感じの内容で、いつもダメダメな受け様は攻め様に出会う事で、少しずつ自信を持つ。
けれど、次第に自分の為ではなくて、攻め様の為に頑張るなんて風になる。
そして、気弱ネガティブなのに、攻め様に告白しちゃうけど、攻め様はタレントに
手を出すわけにはいかないとやんわり断るけど結局は恋人になる。
そして、受け様は優しくていい人だと思っている攻め様は結構ドS系で性格もかなり
したたかさんなので、そのギャップは面白いかな。
でも、最後まで受け様はヘタレなんですよね。

個人的にはショートの方が面白かった、ドMの社長が社員にドSを強要続きするけど、
その社員はSにはなり得ない、それを知ったドM社長がドSに変化しちゃう。
社長の二面性が面白い、「犬になりたい」です。

2

キラキラ

元々北沢きょうさんの絵って美男揃いでキラキラしてるイメージがあるんですが、それが何だか今回の単行本は後光がさしてるようにキラキラしてます。
・・・登場人物がwww

華道の家に生まれ、その才能がなくたまたま書道展で賞をとったことから書道の道に進んだ主人公・進次郎ですが、華道家として才能のある兄にコンプレックスを抱き、厳しい兄の言葉にへこたれて、ネガティブヘタレな進次郎が、芸能事務所にスカウトされて、タレント書道家として活躍するようになり、
スカウトしてきたマネージャーでもある織田を好きになったことで、彼に好かれたいとヘタレを頑張って克服しようとしながら恋が実る話でした。

今流行りのタレント書道家ですね♪
進次郎は書道が本当は好きみたいですが、どうもあまりうまくない?
織田はタレントもやっているのだが、プロデュースする方が好きみたいですが、その姿が使用前使用後です。
普段糸目なんですが、近眼の為らしいというギャップをつくってます。(萌か?といわれると・・・)
織田に褒められて好きになっちゃうという、展開はとても安易ですが、これは仕方ないのかな?
織田に至っても一目続き惚れとかみたいなんで、その「ありき」設定で進行するのってなにか大きなキャラ萌でもない限り、「あ、そうですか」で終わっちゃうのが残念。
絵がきれい、イケメン勢ぞろい、お兄ちゃん厳しいけど本当は弟を心配しているとか、着物姿が色っぽいとか、ひとつでもひっかかればよかったのですが、残念ながら自分にはひっかからなかった。
中編のマンガ進行なんで、ちょっと惜しいかな?
ひょっとして続篇あるんでしょうか?もしそうだとすれば、それがついていたほうがこれを導入部分としてみれば悪くはないとおもうのにな~と。。。

【受難はむしろここからです】
高校の時男に襲われてからひきこもりになった主人公と、その時助けてくれた後輩の、6年後の進展。
後輩は先輩が大好きで好きすぎてストーカーまがいになっていたという執着愛が転じて福人なるといった話。
主人公が天然風味で、とてもひきこもりに見えないのが。。。

【犬にして下さい】
ドMの社長が社員に罵られたいと願うのに、社員は恐縮してそれができない。
起こった社長に、社員は実は・・・M?

【それからのフラレ男の友幸くん】
鍼灸院で知り合った学生がバイトをなくして住むところに困っているのを居候させたことから始まる、年下の主人公攻略作戦。
フラレ男にも春が来た?
「いじめっこの岡田くん」で振られた友幸が主人公です。
腹黒ワンコ×ワンコ・・・かな?

いつも北沢作品はそれなりに基準を満たしていて決して悪くないのに、なにか惜しい一冊だったです。(ツボとか合わないのかな?)

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ