鮮烈に闇を裂け

senretsu ni yami wo sake

鮮烈に闇を裂け
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神14
  • 萌×224
  • 萌8
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
10
得点
193
評価数
50件
平均
3.9 / 5
神率
28%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784344827219

あらすじ

童顔で敏捷なため「猫」と呼ばれているSAT隊員・高梁。有能だが無口で朴念仁な飯田率いる第二制圧班への異動を命じられるが?

表題作鮮烈に闇を裂け

飯田真也、SAT制圧二班‥班長
高梁晄、 SAT制圧二班・班員

同時収録作品邪に想いを紡げ

飯田真也
高梁晄

同時収録作品艶やかに夜を語れ

犬伏和樹、SAT
橋埜祐海、SAT

評価・レビューする

レビュー投稿数10

やっと読了できました

「饒舌に夜を騙れ」のシリーズ。手に入れてから積読してました。なんとなく読み進められなくて、でも「鮮烈に闇を裂け」も発売されたので一応順番にと思って読みました。

読み進めるのを躊躇ったのは、たぶん「アキラくん」がちょっとかわいそうな気がしたからです。
犬伏に叶わぬ想いを寄せ、その恋人の橋埜はアキラの気持ちを知りつつ横からかっさらったと意識されていて、飯田には個人的感情の含みもあって班の異動をさせられ、しかも同意ではないのに抱かれてしまう。

これだけ書き出せば本当にかわいそう。
が、もちろんかわいそうなお話で終わってしまうわけではないのですがw

今回ももちろん事件は起こります。銀行での立て籠もりで犠牲者が多数出ているヘビーなものでした。
その事件が起こるまでにアキラの気持ちは犬伏から離れたさびしい想い、飯田への信頼感、芽生えた淡い気持ちそして嫉妬と変化していきます。

危険な銀行への最初の突入者へ人選された時にアキラが自分には家族はいなくて失うものがないと死を覚悟したようにその任務へ積極的に向かうところが切なくて、それは飯田に対しても思うところがあってのことなん続きですが、心が痛くなって泣きました。

そんなこんな紆余曲折があって、最後には晴れてハッピーエンドなんですが、なんだろう?母心?のように嬉しいやら心配やら^^;
飯田にアキラくん泣かせたら許さないくらい言いたい(笑)

あとがきに飯田のムッツリスケベなSSがあるのですが、それがもう笑わずにはいられないほど微笑ましいというかほのぼので良かったです。

1

ふたりとも唐突では?

『饒舌に夜を騙れ』のスピンオフ。
『饒舌〜』にも出ていた飯田と高梁のお話です。
前作のキャラたちも度々登場しますので、こちら単独ではわからない部分があるかもしれません。


攻めが、前作で怪我を負った橋埜に代わり二班班長となった飯田。
高梁を密かに想っていました。

受けが『饒舌〜』で犬伏に密かに恋心を抱いていた高梁。
小柄で俊敏なことから、猫と呼ばれています。


班長となった飯田は、一班から高梁を引き抜きます。
高梁は犬伏と同じ班にいたかったのですが、結局、二班へ移動することに。
この辺りなーんか、かなり飯田、私情入りまくり!(苦笑

無口で朴念仁な飯田がふたりきりで出かけたキャンプで、高梁へ手を出してしまうのもなんだかひじょうに唐突です。
しかも犬伏が好きだったはずなのに、高梁もあっさりと転ぶ……
そして飯田は『自分、不器用ですから』発動で、高梁に誤解を抱かせる発言をしちゃうんですよね。
これに対して高梁はグルグル思考迷路に突入していくので、かなり面倒くさいかもしれません。

メインの事件はひじょうに読ませて面白かったのですが、肝心のBL続き要素が納得させてもらえず、かわいさんの作品のわりに読後不満が残りました。

1

待ってましたのムッツリ攻め!

『饒舌に夜を騙れ』に出てきた、ムッツリ班長こと(私が勝手につけたアダ名です)飯田真也と、犬伏に恋心を寄せていた高梁晄のスピンオフですやったー!
期待に鼻膨らませてたけど、やーもー最高のムッツリ攻めでした。
なんだかんだと理由をつけて、アキラを自分の班に強引に移動させたりと、のっけから周到な飯田。
もっと時間をかけてじっくり攻め込むのかと思ってましたが、手を出すのも予想外に早かったし、合意じゃない。
翌朝膝をついて謝りながらも、好きだったんだ付き合ってくれと言う飯田。でもって、許せなかったら訴えてくれてもいいとか潔く言ってる…はい、じゃあそうしますって、アキラも言えないだろう(笑)
やってることは職権乱用のなにものでもないし、妄想が過ぎて突っ走ってるとこは、犯罪者のそれですよ。
でもアキラが「大事にしてください」なんて可愛い返事を寄越してくれたおかげで、変態上司にならずに済んだ飯田なのでした。
しかしアキラよ…ほんとにこんなに穢れを知らず、純粋で可愛い男なのか?と私は疑問を残したままです。
両親を亡くして施設で育ち、ひねくれた時期もあったと聞けば、なおさら疑問は強くなるば続きかり。
犬伏が好きだったはずなのに、急に飯田にチェンジでいいの?たしかに飯田はカッコイイけど、だからってすぐに乗り換えるその素早さに、案外要領がいいんでないか?なーんて訝しんだりもして。
どうもかわいさんちの受けの可愛いタイプのコには、そういう二面性を期待してしまうのですよねえ。
最後まで可愛いままなんですけどね、アキラ。

しっかりと事件も用意されていて、ただのムッツリスケベではなく、飯田のかっこいい仕事人なところも拝めて満足だったし、ラストの妄想内容にはもう…ごちそうさまでした。やっぱムッツリは妄想あってこそですな。ふはははは。
今季J・Gardenで配布されたペーパーが、またこの人のムッツリ度を再確認できる内容で、楽しませて頂きました。
独身寮で毎年恒例のバレンタイン企画に(なんという不毛な企画)100円のピーナッツチョコを配る係が幸島とアキラということで、せっかくだからメイドコスでやってみればどうかという話の流れになり、飯田が大いに慌てるという内容でした。
焦りながらもチラチラと、アキラのメイド姿を想像しているあたりが、さすが飯田とニヤニヤが止まりません。
たった2.5頁で、読者をデヘヘとさせるかわいさん。恐るべしです。

しかしこのモデルとなってる三菱銀行人質事件…。リアルタイムで知ってる世代ですが、情報が簡単に手に入る世の中になって知れば知るほど、その凄惨さに言葉を失います。
ここには記載はなかったけど、あさま山荘事件も少し似ているように感じました。

2

ムッツリも悪くないです!

『饒舌に愛を騙れ』で失恋(?)してしまったアキラくんが
唐変木・飯田に愛されるお話です。

想いを寄せていた犬伏ほどの明るさも無ければ
社交性も無さげで
正直何を考えているのかわからず
飯田からの引き抜きの話をされてもピンとこなかったアキラの気持ちが
非常によくわかりましたが、
その裏に隠されたアキラへの恋情とムッツリ具合…w
言葉にしない(できない?)だけで
アキラの望むようにしてくれる優しい態度、
“この人なら、もしかしたら大事にしてくれるのかもしれない”という
愛されてから愛するという過程が楽しめました♪
飯田も満足でしょうよ、
アキラのお初を色々頂いちゃってw
妄想でどれだけ汚しても本物の恥じらう姿には勝てない…。
御馳走様ですw

普段訓練中は集中して敏速な動きを見せていたのに
自分は飯田の元カノの代わりなのかと想い悩んで
本調子じゃなくなるあたりとか、可愛いアキラくんでした。
料理上手っていうのもポイント高いし。
施設での嫌な想いをした過去に、つい胸を痛めました。

飯田が映画をキャンセルして水族館へ行ってくれるシーンや
続きょっとした誤解で気まずい時ながらも
事件の現場に向かう際「何があっても、絶対に無事に戻れ」とか
すごく愛を感じました…。
その前の普段からでも、優しく目を細めて微笑んだり。

犬伏×橋埜もちょっと読めたし得した気分です♪
相変わらずなんだかんだでラブいなw

あとがき後の、飯田のムッツリSSは
…いいよ!やっちゃいなよ!!みたいな気分になりました。
“真也”と自分の名前をアキラに呼ばせたがるのとか良かった。
大丈夫、妄想の中では何やっても!w
ただ実践すると…どうなるやら……。

とにかく今後もアキラを大事にしてくれそうな飯田、オットコ前でした♪
事件については必要最小限で、
二人の心情がしっかり書かれていたので嬉しかったです!

2

思いは相手に伝えないと

「饒舌に夜を騙れ」のスピンオフ。
前作でちらり出ていた高梁と飯田のお話。
ハイジャック事件から少し時が経ち、橋埜は制圧班第2班から指揮班へ移動。
橋埜の後を犬伏が率いる制圧班第1班から移動した飯田が引き継いでいます。
その飯田が高梁を2班に引き抜くところから始まります。
公私混同の上に強引過ぎる。
このあたりで若干冷めたというか、高梁が抱いていた犬伏への淡い思いにある程度決着をつけて欲しかったと思いました。

あと、かわいさんの作品にしてはなかなか読みづらいです。
私は前作の橋埜が好きなのであちこち口や顔を出してくれるのが嬉しかったですが・・・。
肝心のふたりの気持ちがわかりませんというか、とてもわかりづらいです。
だって~~しゃべらないんだもん、ふたりとも(笑)
視点もあちこち動きすぎだし・・・。
飯田むっつり、高梁口べた、饒舌な橋埜にかなうわけなかった?という印象です。

BLとしては、設定もなにもかも美味しいんですが、いったい主役は誰?というところで中立です。
橋埜好きだからいいんですけどね(笑)

1

普通すぎて。

迷いましたが読みすすめるのをおっくうに感じたので、この評価で。

お話は----猫ってあだなで性癖もネコ、少年っぽさの残る純情な高梁に、SATの先輩の飯田はもとはノンケだったのに惚れてしまっている。
キャンプで二人きりの夜につい飯田は高梁に手をだしてしまう。(強引にではあるが、高梁もその気になってしまう感で、無理やり!という感じはあまりしませんでした)。
 そして飯田に気持ちがかたむいてゆく高梁。
でも「昔、知ってた子に似てる」と飯田はNGワードを言ってしまう。そこから、「じぶんは誰か身代わりなのか…」的に高梁はクヨクヨ。
-----と、ここまでで半分以上、ページをつかってる。
普通すぎてしょうもなく、投げ出そうかと思いました;

先も見えてる。SAT隊員という設定にそった事件が起き、それを機に和解するのだろうなあって。(実際おおよそ、そのとおりに話は進んだのでは…)。事件自体も扇情的と感じ、あまり良い印象をもてませんでした。

こんな、手堅いともいえるが、普通すぎる話をなにもベテランが書かなくても等、思いました。作者ならではとか、はっとする描写などもなかったよう続きに思ったので。
 キャラに関しても、残念なことにわたしには、こと飯田は「口が重い、まじめ」としかイメージできず、さほどの魅力を感じませんでした。

10

ネコちゃんを

ネコにする話。

前作の攻め様にほのかに片思いしていた若い隊員くん高梁が主人公。
彼をずいぶん前から狙っていたムッツリさん飯田が、橋埜の後を引き継いで二班の班長になり、無理を言って高梁を自分の班に引き抜いたところからお話は始まります。
まだ若い高梁は、犬伏が誰とどんな関係かも知らないし、自分が犬伏に抱いている感情が既に犬伏や橋埜に知られていることも知りません。
もちろん、飯田が自分に対して持っている劣情なんて知るよしもありません。
そもそも、高校時代を施設で自分を閉ざすように過ごしていたので、恋愛経験そのものもほとんどありません。
そんな純情可憐な子猫ちゃんを、飯田は、、、。

今回おこる事件は実に凄惨で不条理な物ですが、メインの恋愛ストーリーにはちゃんと分別の付くいい人ばかりが登場するので読後感はいいです。
飯田の妄想が実現されることはきっとないでしょう。

3

猫ちゃんのお話

前作「饒舌に夜を驕れ」で犬伏に片思いしていた後輩の高梁のお話でした。
飯田と何かあるんだろうなぁと思ってましたが、やっぱりこの二人でしたか(笑)

前作が、最高に面白かったのでやっぱり買っちゃいましたww
今回もおもしろかったです。

時間軸は、前作のその後って感じなので前作が好きだった人は買うのをオススメしますよ。

高梁も良かったんですが、飯田も良かったですよww
ムッツリさんでしたがww

それに、前作のキャラたちも出てきますww
橋埜と犬伏が好き過ぎた私には、すっごく嬉しかったですww

橋埜と飯田が賭けをして、射撃をする場面があるのですが、その場面の橋埜は誰よりも男前でした!!

この本に収録されてる「艶やかに夜を語れ」で橋埜と犬伏の話があるのですが、それがほんとになごみます。良いね。やっぱりこの二人最高だよ。

高梁と飯田は、橋埜と犬伏の関係に気付く日はあるのだろうか?とちょっと疑問に思いました。橋埜と犬伏は、気付いてるっぽいです。何枚も上手ですからww

また、続編書いてほしいなぁー。
次は、橋埜と犬伏でお願いしますっ<(_ _)続き>

3

やっぱり面白いっ!!

前作の「饒舌に夜を騙れ」も最高に面白いと思ったのですが、今回も最高でした。
この作家さんの描く警察や特殊部隊を背景にした作品はホント読みごたえがあって好き。
「甘い水」の2作品も良かったけれど、このSATを舞台にした今作品も一気読みです。

前作の主役二人も無論登場しているし、作品がリンクしているので、前作で気になってた
俊敏なネコちゃんが主役だし、攻め様は寡黙で身近な人間に朴念仁なんて言われる、
恋愛には不器用ながら、かなりのムッツリスケベで妄想は神の聖域にまでいってるな!
なんて思わせるような番外編ショートもあって1冊丸ごと楽しめる作品でした。

前作の攻め様に仄かな慕情をにじませ、幸薄い雰囲気と相まって儚げに感じた受け様が
今回は大活躍すると共に、帰れる場所を見つける事が出来た内容で良かったですね。
そのお相手が前作の受け様の後を引き継いで2班の班長になった攻め様なのですが、
ムッツリスケベで、真面目な感じなのに、手が早くてヤル事やってるなんて噂されてる
攻め様が、まさにそれを受け様に実行してしまうのはビックリ仰天ものでしたね。

誰かに告白され付き続き合う事も求められたことも無い、初めて尽くしの受け様が、
前作の攻め様への叶わぬ思いを引きずらないで、意外に先に進む事を選ぶあたりは
男前な感じだけれど、そこにはやっぱり寂しい少年時代を過ごした受け様の闇の部分が
見え隠れしているようで、不憫な気もするのですが、この受け様には攻め様くらいの
実力行使が良かったのかも知れないと思えるのも不思議です。

この二人の恋愛とは別に、銀行への立てこもり凶悪犯罪が、この作品にピシッと一本
太い骨組みを加えているような内容で、読みごたえを増幅させてる気がします。
前作の主役たちとは一味違う二人なのですが、前作で完全に脇役キャラだったのに
見事に主役に納まっているのは、作家さんの力量なんでしょうね。
ホントに最後まで楽しませてくれる1冊で、攻め様のムッツリ具合もハマりました(笑)

7

手堅く面白い。

SAT(警視庁特殊部隊)を舞台にした『饒舌に夜を騙れ』のスピンオフ。

男臭くて高い身体能力と、強靭な精神的を持つ集団の話…というだけでも好物なのに、
キャラがかわい作品の中でも一番くらいに好きだった前作。
ということでこのスピンオフ、とても楽しみにしていた。

今回の主役は高梁と飯田と聞いて、飯田って誰だっけ?とピンと来なかったのだが、
高梁(タカハシ)はすぐに思い浮かんだ。
「饒舌に~」で犬伏を好きだった、まだ二十歳そこそこの可愛い隊員・アキラ。
(高梁が自分の名前を呼びながら自慰をする声を聞いてしまったので、
彼の気持ちは知っていた、と犬伏が話すエピソードが切なく印象的だった。)
あ、そうだったそうだった、ムッツリの◯◯とのスピンオフありかな?と思ったんだった。
うん、そうそう、ムッツリの名前は確か飯田だったw!


ということで、負傷した橋埜(ハシノ)の後任として二班の班長になった寡黙な飯田と、
薄幸な育ちで、細身で敏捷な様子からネコと呼ばれる高梁の話です。

飯田はずっと高梁を密に思っているが、仕事では高い能力を発揮するのに口数が少なく、
続き
優しいことが言えない彼を、高梁の方は苦手に思っている…ところから話は始まる。
高梁が二班に移動になったのをきっかけに、接点が増え少しずつ距離も縮まるのだが、
一緒にキャンプにいってとあるアクシデントから二人きりになった夜、
飯田は自分を抑えきれずに高梁を組み敷いてしまう。
そんな体の関係から(スマタだけれどね)、交際が始まった二人…

舞台はそんな感じで寮だったり、キャンプ場だったり、はたまたデートの水族館だったりで
うーん、前作に比べてなんともぬるい、と思って読んでいた。
後半事件も盛り込まれており、事件自体は凄惨ではあるものの、
あまりそこでのハラハラドキドキはなく、
中心は、初めて人から求められて不安になったり疑心暗鬼になったりする高梁の心情。
天涯孤独な彼が、自分の居場所を一所懸命に求める想いが、可愛らしく切ない。


個人的には、チラチラと顔を出す犬伏×橋埜が嬉しかった。
相変わらず阿吽の呼吸の会話が楽しい二人、橋埜の男前ぶりも健在!


『艶やかに夜を語れ』はそんな二人がイチャツイている話。
いや、君たち丁々発止やり合っててくれた方が、個人的には萌えるので
そんな仲良くデートの相談してるとことか見せないでよ!

『邪に想いを紡げ』は、素敵なコテージにお泊まりにいった飯田と高梁のハネムーン?
なんだかはしゃいでいる乙女な高梁と、
ムッツリの本領発揮で妄想炸裂(って行動はそれほどじゃないけれど?w)の飯田。
お似合いのカップルってことかな?


個人的には、テンションもキャラ萌えも前作には大分及ばなかったのだが、
手堅く面白く一息で読みました。

12

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ