紅蓮の稲妻 Gene 3

guren no inaduma

紅蓮の稲妻 Gene 3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
14
評価数
4件
平均
3.8 / 5
神率
25%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784199001406

あらすじ

チャンシャン国王の急死で第一王子タオホンの後宮に囲われたイリ。
第二王子ヤンアーチェに心を残しながらも、イリはタオホンの加虐的な性行為に溺れていく。
そしてタオホンの暴虐は、王国をも崩壊へと導こうとしていた…。
一方、イリが兄の男妾と知って、裏切られた想いに傷つくヤンアーチェ。
彼は兄王子を誑かす悪妾としてイリへの憎悪を深め、タオホンと対立していくが。

表題作紅蓮の稲妻 Gene 3

タオホン/チャンシャンの第一王子
イリ・イン・ラーチョオ/元タオホンの父の妾妃

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

運命の残酷さ。

 イリの魅力に溺れ、イリを後宮に囲っていたチャンシャン国王が急死したことにより、イリは今度は、ホークファンの根回しにより、次の国王である第一王子タオホンの後宮に囲われることになった。
 第二王子ヤンアーチェに心を残しながらも、度重なる自分の庇護者の死に、生きる気力も失い考えることも放棄したイリは、タオホンの加虐的な性行為に溺れていく。
 そして退廃的なタオホンの暴虐は、帝国の介入も相まって、王国をも崩壊へと導こうとしていた。
 一方、イリが父と兄の男妾と知って、裏切られた想いに傷つくヤンアーチェ。
 彼は、淡い恋心を裏切られた想いもあり、兄王子を誑かす悪妾としてイリへの憎悪を深め、タオホンと対立していく……

 ホークファンは、自身の立場を回復させようとタオホンを国の王として据えようと画策していたけど、自分より上がいて、すでにタオホンは、天空帝国に取り込まれていた……。
 ホークファンの画策が全て無駄だったのか……と、思うと、少しホークファンにも同情したくなるような感じさえ、受けます。
 戦だとか、戦乱の時代ってどうしてこうも、話がややこしくなるのか……。
 陰謀が渦続き巻き過ぎると、一体全体、どうしたらいいのか、わからなくなる。
 でもやっぱり結局、こうなってもイリがつかめたのはやっぱり「幸せ」からは遠いもので。でもそれは、イリが幸せになりたい、と思ってないからなのかなー……とも、思います。
 まぁ、最も。
 イリに「幸せになる資格がない」と思わせた時代が一番悪いのかも知れませんが……何とも言えない。

 とにもかくにも、ようやく動き出したイリとヤンアーチェの歯車が噛み合うのは、まだまだ遠そうです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ