子宮に宿る“それ”は、何?

テンペスト (4)

tempest

テンペスト (4)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
コミック
出版社
講談社
シリーズ
ITANコミックス
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN
9784063806304

あらすじ

*BLではありません。

2000年間、誕生し得なかった<男>創出のため、冷凍保存精子による受精実験を開始した中央。すべての被験者が着床に失敗する中、唯一<妊娠>に成功したカヤシマに異変が。一方、女性消滅(ルビ/フィメールロスト)を引き起こすサキュバス現象が、中央付近で観測され、隔離中の皇がサンプル回収に向かう。男であることを隠し続ける姫と、彼を嫌悪する皇、ふたりの距離が限りなく縮まっていく――!!

表題作テンペスト (4)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

唯一の

あっという間に読み終わってしまった・゜・(ノД`)・゜・あぅー
お話は、冷凍保存されていた精子を利用しての受精成功からのお話
話も少しずつ確信に迫っていくというないようですね。

なのだけれど、宿った胎児は急速なスピードで成長をはじめ
母体を侵食し始める。
エコーで映し出されたその姿は禍々しく・・・
怖い・・・怖いよ・・・・
命を増やすために、受精は必須。
男を生み出すためのものだった実験はあらぬ方向へ。
そして、唯一の男である姫。
次回が楽しみなのはここですwww

女である限り、汚染された空気を吸ってしまえば生きていられない
そんな有害な空気に触れてもなお生きている姫。
どうしてーーーーーー
や、それはねって話なのですが
ひた隠しにし、だれも知らなかった事実。
次回バレてしまうのか・・・!?というところなのであります。
やーたのしみだわ。
これ回収されてちゃんと調べられたら確実にバレてしまうわけなんだけど
そうなってしまったらどうなるのか。ふむふむ。
忘れないうちに次回を出していただけることを祈りたい

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ