敏腕秘書にプライベートまで管理されて!?

センセイと秘書。

sensei to hisho

センセイと秘書。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
14
評価数
5件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥855(税抜)  ¥923(税込)
ISBN
9784344828414

あらすじ

父のあとを継ぎ政治家になった直人は、敏腕秘書の木佐貫に教えを受けるが、その指導は次第にプライベートにまでおよび!?

表題作センセイと秘書。

有能な政策秘書 木佐貫 29歳
亡き父の後を継いだ1年生議員 山本直人 28歳

その他の収録作品

  • 秘書とセンセイ。
  • オーダーメイドの約束
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

あまったれ二世議員×つわもの秘書

可愛い顔した坊ちゃん議員と父親の代からの筆頭秘書木佐貫。

完全私利私欲がちょいまざった感じの木佐貫は怖い・・・・。
それに気付かずまんまと木佐貫の毒がにかかってしまった直人。

内容は議員とか永田町がでるだけあって小難しいお話もちらほら
「貧困な子供」たちを救うというのが親から継いだマニュフェストなのですが
2世議員らしいお坊ちゃん脳なので読んでるポーな脳味噌でもわかりやすく
説明されていて読みやすかったです。

議員としての直人がほしいのと個人的理由でほしいとおもった直人がたまたま同じだったというわけで一石二鳥で木佐貫に落とされちゃった直人だけどこれがまた可愛いヤキモチやくんですよね。
なんだおまえ・・・いい年してとんだ甘えんぼさんだな!
これは木佐貫も想像していなかったのでは・・・・。木佐貫の元彼~とかでてきてくれるとまた
面白かったかも。
テレビ局員から突然の議員に転身のうえ秘書にHなことされちゃってる直人はそれだけでてんてこまいなのですがね。
Hがちょい朝チュンぽいです。もっとぐずぐずに直人を泣かせてほしかった。

0

とんだ政策秘書がいたものです

亡き父親がわざわざスカウトして来たくらい優秀な政策秘書とTV局を辞めて
流されるままに父親の地盤を引き継ぐことになった2世議員のお坊ちゃまとのラブ。

1年生議員になった直人は初登院初日から政策秘書の木佐貫にお小言を食らう日々。
明るく軽めの外見で人当たりも良くて、議員になった緊張感も忘れがちで、
議員宿舎で秘書の木佐貫と同居しながら議員生活に慣れようと言う気持ちはあるが、
まだ若くてヤリたいお年頃だと半分冗談交じりでつぶやいた一言でまさかの展開。
なんと外でスキャンダルもどきの事をされては大変だと下半身のお世話をされてしまう。

まぁ、余りにも優秀過ぎる秘書で新人議員を派閥に取り入れようとする古狸議員が
秘書の木佐貫の陰口を直人に吹き込んで、自分でもボンクラで議員としてはダメダメと
思っているなかで自分が利用されているかも知れないと言われた事がホントのような
気がしてくるし、更に業務の一環として下半身のお世話を黙々とされていることで
ノーマルなはずの直人が木佐貫の事が気になってしまう。
そこで自身の無い直人が何故自分のようなボンクラについてくれるのかを木佐続き貫に
聞いてしまうが期待した応えが無かったことと、自分の感情を制御出来なくて
二人はすれ違ってしまう。
政治を背景にした、ラブですが、秘書の木佐貫に支えられ直人が成長する話でもあります。

0

永田町の黒子と甘えん坊議員

国会衆議院議員と政策秘書のカプリングです。
国会議員ものというと華藤えれなさんの「恋愛派閥」が頭に浮かびました。
が、あちらは敵対する議員同士というものでそうした軋轢の中での恋愛進行。こちらはどちらかというと王道の秘書×議員。
舞台が国会だけに説明や解説も多いだろうし、恋愛はどうやって展開するのかすごく興味がありました。
読んだ結果・・・とっても読みやすくとっつきやすいもので、決して軽すぎずテンポよくコミカルに進んで行きました。
それにはキャラクター設定が良かったような気がします。

議員である父親の急死により選挙担ぎ出されたのは、跡継ぎも期待されず私立の一貫学校を出て地元TV局で連ドラの広報をしていた息子の直人。
そして彼を支えるのは、父の代から政策秘書をしていた国立大学出の超優秀敏腕秘書の木佐貫。
彼の登庁一日目の描写から始まります。
政界の事を何も知らない、お坊ちゃん育ちののほほん天然議員が、優秀な秘書に導かれ、永田町の黒さも見ながら、自分の意思を持った議員となっていく過程途中の入り口を描いたお話です。

初日から、同じ党の若手に騙されて議事堂で迷子になっ続きたり、取り込みを狙う議員に出しにつかわれたりと、もう情けなさ全開!
世間知らずにはあまりにも政界はブラックすぎるー(笑)
苦労知らずの直人ですから、読んでいてこういう議員嫌だ~!な人かもしれないのですが、彼がそういう人であることで読者の代理人のような気がしてきます。
木佐貫が色々説明したりもしますが、読者の自分が直人になって勉強しているような?
とりあえず、党から担がれただけで自分の明確な政策も信念もない彼が、色々見て感じてそれを自分の実感としていくのは、木佐貫の上手い導きのたまもの。
父から引き継いだ政策に揚げていた「子供の貧困」問題は、時事的にいつの時代も問題なのかもしれないですが、まさに旬の問題でしょう。

さて、どうやってカプリングが成立するのか?
はい、秘書は公私ともどもよけいなスキャンダルを避けるため、性欲処理もいたします♪
ま、これは建前でしょう。
普通の人だった時と同じような軽い気持ちと態度が議員には命とりになると、木佐貫にたしなめられた時、性欲処理もできないのかと不満を漏らすと、木佐貫すかさずお口ご奉仕。
後になって彼がゲイであることがわかるのですが、
なので、彼が親しくしていた大学同期の厚労省職員に嫉妬してみたり、あげくは父親ともなのか!?と疑ってみたり、そうやって素直な直人は木佐貫に惚れて・・・
いや、これってひょっとして木佐貫の調教なのか!(爆)
いずれにせよ、そんなでまとまっていきます。
直人の天然ありけりです♪

【秘書とセンセイ】
ここで、本編の中で取り込みを失敗した灰原という議員の策略でありもしない、婚約不履行の訴えでスキャンダルが!?という事態が発生します。
けど、何か直人やっぱりのんびりしてるんですよね(汗)
議員になる前のTV局時代に通ったガールズバーの女の子、っていうだけで。
しかしこの事により直人はまた一つ学習して賢くなった?
しかも、これにより直人は新たな目標を得ます。
同性婚にかんする法律♪いつか、木佐貫と結婚するのだと☆

【オーダーメイドの約束】
園遊会に招かれた為にタキシードを新調することになった直人。
テーラーが来て採寸するのですが、思わずカラダが反応してしまい、それに怒る木佐貫(爆)
二人の約束は、いつか法案がとおったら、二人でタキシードをつくって・・・
夢があるっていいね。

国会議員、特に衆院というと重く考えがちになってしまう先入観があるのですが、ライトに解りやすい等身大主人公を据えたのが読みやすさだったと思います。
恋愛も、ゲイとか前から狙ってたとか「ありき」ではありますが、だからこそスムーズで受け入れやすかった。
議員というと結婚問題とか色々ありそうで(現実某与党の若手№1にちらほらとあっちの噂が)これからの困難を考えると気が重くなりそうなんですが、そういうのを全く思わせない能天気なベストカプで、気分爽快です♪


3
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ