彼の嫌いな生徒について。

kare no kirai na seito ni tsuite

彼の嫌いな生徒について。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神23
  • 萌×217
  • 萌10
  • 中立3
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
12
得点
216
評価数
57件
平均
3.9 / 5
神率
40.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス 麗人uno!(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784812483008

あらすじ

優秀でイケメン、しかも憧れの教授のお気に入り……気に喰わない院生の白川に進路相談された准教授の殿村だったが、気がつけば酔わされ、白川に犯されていて……!?
大学院生と准教授、研究室でのアブない恋のサバイバルv

著者:せいか

表題作彼の嫌いな生徒について。

院生 白川聖人
准教授 殿村貴二三

同時収録作品この山を降りる頃には/ワンダーファミリア

大学生 廉
幼なじみ 尚

その他の収録作品

  • 彼はやさしいストーカー
  • スーツの教授を頂く作法
  • ぼくの先生は夜もカワイイ
  • あとがきまんが

評価・レビューする

レビュー投稿数12

くたびれた中年が世紀のイケメンにおいかけまわされるエロギャグ

あまり商業BLを読まなかった私が商業を読むようになったきっかけのBLです。
女運のないくたびれた中年男性受けが好きな人には是非おすすめしたいです(なかなかない!)
スペックが高い超絶イケメンがぼろぼろの男に惚れるという設定はたまりませんなあ

0

あと一歩踏み込んでほしかった!

こんな中途半端で終わるのか・・・
まさかまさか殿村の感情が白川に追いつく前に終わってしまった。
身体から入った関係。殿村に好かれようと白川が尽くす尽くす。身体を溶かして、生活面でも世話を焼き快適な毎日に変えてくれた白川。
よしよし、くたびれたプライドの高いおっさんが愛情によって絆されていく。いいぞー!!あと一息でおっさんの本音が出てくるぞー!!と、言うところで終わってしまった様な・・・
白川がニコニコ攻めながら、殿村が嫌よ嫌よと言いながらの攻防が続いていくんだね☆で、終わってしまったのがちょっと物足りなかったです(涙)
もちろん、殿村が白川でなくては嫌だ!という特別な感情を持った描写や、嫌なのになんでこんなに気持ちいい~というセリフは出てくるけれど・・・
決定的なセリフが欲しがったー!
おっさんの顔を染めながらの一言が欲しがったー!
そこからの白川の言葉攻めエッチが欲しがったー!
まぁ、二人のこんな事を想像できるだけで十分楽しめた一冊だったのかも知れないですけどね(笑)

0

ギャグBL2作

2つのストーリーが入っています。

准教授の殿村先生は、教授を敬愛。
この殿村先生を学生である白川くんがロックオンしていますw

かわいい?脅迫・・・をされつつ、付き合いが始まるわけですが
この2人の表情が笑えます。
殿村先生はおどおどしつつ威嚇しますが、白川くんには
全然効いてなくって、飄々としてますねw

出張に行くことになりましたが、
出張先で会った同期の彼の行動には、殿村先生と同じリアクションを
読みながらしてしまいましたw

もうひとつの方は、同級生のお話。

どちらもギャグストーリーですね。
笑いつつさらっと読める内容になっていました。

1

腹黒ストーカー美男子×可愛いおっさん

表題作は、ストーリーどうこうより、キャラ萌え&関係性萌えって感じです。
院生×准教授。
年下の顔だけは良い変態のストーカー男にいいように翻弄されてるくたびれ気味のおっさん(JK=准教授)が非常に可愛いです。
萌えました。
可愛い中年は正義だわ。

酔って簡単にロストバージンしちゃうおっさんの危機感のなさ(普通はなくて差し支えないんだけどw)が堪んないですね!
可愛いよ~
しかも本人の知らぬ間にお尻開発済みだった(!)おかげで、最初からはしたなく乱れるからそりゃあもうアレですよ、そんな可愛い受け前にして据え膳食わぬはなんとやらですよ。
白川(攻め)は、高スペックイケメンで尚且つおっさんに一途だからついつい許してしまうけど、やってることはだいぶん最低な腹黒男です。
周りから固めていくタイプ。
気付いた頃には生活もすっかり快適にされて後戻りできない状態に。
ゲイがノンケを落とす常套手段ですね(笑)

ただこれ両想いになってないところで終わっちゃうんだけど、もう続きはないのかな?
流されてエッチは何回かしてるけど…
そこがちょっと物足りないです。
ちゃんとラブ続きラブになったとこまで見たい~~~

同時収録作は幼馴染みモノ。
こちらも攻めがちゃっかり周りから固めてますね。

どちらも明るくてコミカルでさらっと楽しく読めるお話でした。

1

准教授=JK


せいかさんの初コミックス!
おっさん受が嗜好なので購入しましたが、おっさん受は勿論、変態攻も輝きに輝いている作品です。
初読みの時は変態度に驚きました。
本気の変態(ストーカー)です。

何より、ふみちゃんが可愛い…!
物凄い変態攻に攻められてほとほと困り果てているのに、ちょっと目を離すと遠くで思い出に目を輝かせていたりする子(おっさん)です。
その気を緩めた瞬間が堪らない。
若い時の彼も、また別カプで使ってほしい程可愛い。ぐずぐずは可愛すぎました。
ただ、貴二三が白川に好きと思う時がくるのか…笑
作風(男受(感度の意味で)が良かった理由もびっくり)類を見ない雰囲気だったのでこれからも楽しみです。

後編は幼馴染カップル。
関係のいい二人でした。尚の「あの家に帰してやる」って想いがよかった。お世話になった廉の家族だからこそ大切にしたいという。
でも二話目、廉は尚の気遣いを知らなかったなら、先に家族公認にさせようと目論んでいたのかと深読みすると、こわい(笑)早く尚気持ち良くなれ〜。

あとがきの嶋田くんも凄く良いキャラしてます。ノリがいい!白川もふみち続きゃんも友達居なそうだから…。

特典ペーパーでも白川姉がよかった、流石に美人。

1

おっさん受け

大学の準教授(おっさん)がアイドル的なイケメン院生に惚れられて無理やり~、というお話。
無理やりと言って痛々しくはなく完全なるコメディです。
その準教授も別の教授(おじいさん)が好き!という設定。
なかなか楽しめました。

でもこの準教授があまりに主体なくて流されすぎでこれはいかんだろ、と思った。腹黒イケメンは好きなんですけど。
これ、ほだされてはいってるけど、最終的に愛のあるカップルになるんでしょうか??

えろいシーンはとても可愛くて好みでした。でも普段おじさん受けを読まないので、「おっさんのかわいいエロ」というのに耐性がなく…。
もう少し「おっさんらしら」が残ってたら良かったかも。
評価としては中立と萌えの間くらいかな~

イラストが凄くいい感じなので、次の作品を期待します。

0

滲み出るJKの可愛さ

話の内容は一言でいうならばテンポの良いコメディです
テンポは良いのですがキャッチボールが出来ていない
そんな一方的な掛け合いがとても、とても素敵でした

JK(准教授)の外見はなかなかの中年なのですが
滲み出る可愛さが、素晴らしいの一言です
対して攻め(院生)の若さとルックスが良い味を出していると思います
私でしたらこの作家さんの名前の新刊が出たらすぐに買いますね。

積極的に人に薦められる作品であると、断言できます

0

これは酷い!(褒め言葉)

白衣かあ、JK(准教授)かあ、いいよね!
と軽い気持ちで読み始めましたが、これは酷い!(褒め言葉)
(そっち方面の意味ではなく純粋に)教授が大好きなJKのおっさんが、美麗な院生に無駄に好かれて追い回されるだけのお話。
准教授さんは快楽には流されているけれど別に院生にほだされる事もない、よくよく考えると誰も報われていないお話でした(笑)
でもまあ、皆そこそこ幸せそうだからいいと思います。

院生、准教授のお友達も酷いですが、元カノが最強でした(笑)

作者さんはこのコミックス以外出ていないみたいですが、絵は綺麗だしテンポもいいし、次回作期待しています!

1

少女漫画か!!

ぱっと開いた感想。

だって目がキラキラなんですもの!
ちょっとジャケットと違うんじゃないの!?
なんて思ったんだもの初コミックスの作家さんに!!
…そうか、初めてなのか…だから絵が結構100%平面描写なのか…?
自分にそう言い聞かせて読みました。(お前は何様。)

想像では、堅物キャラの准教授をドSな攻めがガンガンいじめて開発させるのかと
思ってましたが…
准教授、かーわーいーいー。
どんだけ教授を尊敬してるねん。憧れとんねん。もはや恋やないか。
と、思わんばかりのキラキラ視線。教授を心から尊敬している准教授が可愛すぎます。
そしてこの作品では、JK=女子高生ではなくて、JK=准教授 だそうですよwwww
あまりにもサラッと出てくる設定wwww

攻めキャラの、容姿良し・頭良し・愛想良しの三拍子そろったいけ好かないドSくん。
まー、友達が合コンに無理やり誘おうもんなら、
「いいけどお前らが狙ってる女子全員食って捨てていい?^^」
ってお前はクソ野郎か!!!!
そんな最低最悪の性格の恋する相手は、自分に全く興味を示さない准教授!
今まで自分に落続きちなかった人はいない…なのにこの人は僕に何の関心もない!
嗚呼!好き!・・・・わあい、アブナイこの人♥ ( ^ω^)(^ω^ )ヒソヒソ

ほぼ無理やり始まる二人の関係ですが、なかなか一冊完結にしては
准教授の元カノ(キャラ濃い)やら何やらエピソードが詰まってて読みごたえありです☆

サブストーリーも全く種類の違うキャラ二人でこちらも十分楽しめました♪

今後も期待ということで、甘めの萌え2つ♥笑

4

これが初コミックスとは!!!

ちるちるさんの『801 AUTHORS 108』でお見かけした時は
近いうちに読めたらいいかなーと思っていたのですが
書店で手に取ったらもう我慢出来なくなってしまいました!!
表紙の殿村先生より、裏表紙の方がおっさんぽかったから♪(そこ!?)
そして准教授はJK…ってw

おっさん、黒髪、眼鏡、無精髭、白衣、
いやぁ…素晴らしいキーワードの受けです…。
王子様系腹黒イケメン攻めも良いんですが、
この、どうも情けないような殿村先生が愛おしい!!
吉田教授をこよなく愛してやまないあたりとか!
(そういう意味じゃないにしてもw)

初コミックスとは思えない、かなり安定した絵柄で
パーツごとでも(耳とか手とか腕とか肩とか)満足度高いです!!

誰からも慕われ、好意を向けられることが当たり前だった白川が
唯一邪険にされた相手が殿村准教授。
吉田教授の特別講義を聴きに行った時の、
殿村の横顔、若過ぎじゃないか!!??って最初思いましたが
あれは白川フィルターでそうなってたって事だったんですね!!
だって「早くどいてくれる?邪魔!」って声を掛けられた時には
続き
ぼっさーとしたおっさんだったものw

受けの意思をほぼガン無視で己を突き通す攻めって
小説で読むと多少イラッとくるのですが(すみません)
コミックスだと、なんとなく納得いくというか…。
白川にそうされるんだったら、しょうがないよね、殿村先生。とw

えーと、過去に泥酔中度々お尻を開発されたのが
女神だと思っていた元カノだったというのは
嫌な方もいらっしゃるかもしれませんが私は気になりませんでした。
回想シーンで元カノ、しっかりビニールの手袋してて笑ったw
もしパートナーがいたら後ろ開発したくありませんか…?♪
つい「…いいな…」と思ってしまいましたw

結局最後まで白川を好きだって言ってないあたりがまた良かった!!

細かくて恐縮ですが、
殿村と同期だった野崎の会社へ行った時、
野崎が社食で禁煙パイポ吸ってたとか
殿村先生がYシャツの下にはアンダーシャツを着ていたりとか
なんかツボったんです…。おっさんぽくて…(またか!!)

着衣エロスキーの皆さん!!
おっさんがネクタイで手首を縛られて
ちょっとお仕置きじみたHあり〼!!w
それこそ“はしたなく”乱れちゃってます!!

そしてなんとなくですが(あくまでも私は、ですよ;)
赤星ジェイクさんに近いギャグテイストだったので
きっちりお気に入りになってしまったのです!

『この山を降りる頃には』も
幼馴染から恋人へ、ありがちな感じかと思いきや
なんか…可愛い…。
色々言いたいのですが長すぎになってしまうので泣く泣く割愛させていただきます…。
カバー裏の、尚の両親の離婚理由がまさかの…!も楽しかったです☆

うーわー、新刊買い作家さんがまた一人増えてしまいましたぁぁぁ!!
そして、好きな作家さんなら、キャラに下まつげがあっても大丈夫という
自分の中の矛盾…。

4

腹黒変態、それを裏切る容姿は王子様

准教授、殿村先生の笑いたくなるほどとっても不運でシュールなストーリー。
でも何故か面白くて読まずにはいられない内容なのです。

敬愛する大学の教授以外は全く眼中に無いような殿村さんは、大学でもいつも不機嫌で
学生に近づくなオーラを出しているようなタイプ。
そして1番の脅威が教授が可愛がっている院生の白川くんで、
教授の研究を自分を差し置いて引き継ぐのではないかと警戒し、准教授なのに
学生の白川くんを研究室から排除したいと願っている教授オンリーの先生。

殿村先生は白川くんが教授の後釜を狙っていると思っていたら狙われてたのが
自分だと気がついた時には既に酔いつぶれ抱かれてしまって後の祭り。
好きだと告白されてもホモじゃないと突っぱねるが、なんと情事姿を携帯で撮られていて
それをやんわり笑顔で脅迫され付き合う事になってしまうお話。

学生同士でも評判も良くて王子様顔で、誰にでも優しく、第一印象から殆どの人に
好印象を抱かれ続けていた白川くんが、初めて冷たく、それも簡単に忘れられる存在に
成り下がってしまった相手が殿村先生。
先生が一心に憧れの視線を向ける先続きには教授がいて、白川くんは自分がそうありたいと
願い、外部大学から殿村先生の研究室までわざわざ入り込んでくる執着を見せる。
初めて自分に関心を持たなかった相手に恋して執着するのですが、本当に殿村先生の
前でだけ、残念なイケメン腹黒変態ストーカーに成り下がるのです(笑)

内容的にはヤンデレシリアスになってもおかしくない設定ながら、コミカルでシュール、
主役の殿村先生の災難をおかしく読める内容です。
そしてラスト方面で明かされる元カノの衝撃の告白!!
殿村先生の大学の同期で、一般企業に入っているこれまた殿村先生を襲おうとした
友人が、白川くんと殿村先生の元カノは何処か似てる発言が、ラストでなるほどと
思わず納得出来るストーリー展開で、細かいところまで伏線があったのねと感心しながら
楽しませてもらった作品でした。

1

JK(准教授)かーわーいーいー♪

歳の差、おっさん受けですが滅茶苦茶好みでした!
いやー!いやー!と叫びながら身悶えながら読みました(爆)
おっさん、かわええーよー、かわええーよー。。。
やっぱりですね、おっさん受けの醍醐味は、恥じらいながら、嫌といいながら、顔を真っ赤にして快感に呑まれていく、しかも涙を流しながら!
まあ、受けについて皆そういう要素がなきにしもあらずではあるのですが、
それを中年が魅せるからこその!魅力なんですヨ。
この話の准教授のエチシーンの色っぽい(?)こと、いやらしい感満載で、これぞおっさん受けです♪好みのツボついてます。

話し自体はコメディです。
吉田教授に憧れて、キラキラした目で追う准教授の殿村の、その姿に惚れた院生・白川が、酔わせてモノにして既成事実を作って、
ストーカーまがいの恋人(自称)になって、殿村を離さない。
殿村も、白川が苦手と思いながら何故か何となく流され侍。
もう逃れられなくて、何となく皆公認?

関係を簡単に書いちゃうとそれだけなんだけど、それぞれのエピソードも面白いのだが、
常にポーカーフェイスでしれっとして、怖いくらいの執着を見せる白川と続き
あたふたあたふたする殿村の表情とリアクションが楽しいのです。
凄まじい執着を見せますが、白川の恋愛動機は結構純粋なんです。
殿村は、最初の登場はしかめっ面をしてヒゲ生やしてスーツはよれよれの髪ボサボサ。
こんな冴えないおっさんなのに、チラっと見せる表情はカワイイ☆
そして白川によって改造されていくと、見た目も綺麗になってくんですよw
シャキっとすると結構イケメン?
最初のエッチシーンで白川が「こっちは少し緩いけど痛くないほうがいい」とかって言っていて、あれ?殿村が中年だからお尻の締りが緩いってこと?と不思議に思っておりましたら、
最終話でビックリ仰天の真実が語られましたよーーー!
殿村の元カノ櫻井先輩(女性)、彼女が帰ってきて久々の再会をするのですが、白川が番犬のように目を光らせて、そこで櫻井が告白する内容は・・・「呪い?」・・・爆笑!!
似たもの同士だったのかw
ああー、久々にいい中年のおっさん受けでした☆☆☆

もう1シリーズ併載は幼なじみモノの【この山を降りる頃には】と【ワンダーファミリア】
案ずるより産むがやすし?なお話かな?
小学校3年の時同じクラスになっていらい親友の廉と尚。
中学生の時に廉が尚に告白をしたのだが、それを聞き流してずっと親友でいる。
廉といると何かとトラブルに巻き込まれるから嫌だったんだが、一緒に行くことになった山。
そこで二人とも崖から落ちて怪我をしてしまう。
そんな危機的状況で気持ちが繋がり合う二人~その後、廉の家に尚が行くと家族全員が二人の関係を知って歓迎していて尚はびっくりして思わず逃げ出してしまうというもの。
この話において、尚は素直でないツンデレで意地っ張りであり、廉は天真爛漫で真っ直ぐでワンコなので、尚がすごくすくわれている感じがして破れ鍋に綴じ蓋カプ。
廉に似て家族もすごくフリーダムでオープンで楽しい。
カバー下の本体にこの尚の家庭の事情があって、爆笑してしまうのです。
おとーさん!!!

この本、最初から最後まで、隅から隅までぎっしりと詰め込まれ描きこまれ、エンタメ精神に充ち溢れ大変に満足な一冊でした♪
思わず、ありがとーと言ってしまったとか…

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ