ストロボハート

strobe heart

ストロボハート
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×28
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
9
得点
78
評価数
21件
平均
3.8 / 5
神率
28.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
バーズコミックス・リンクスコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784344829640

あらすじ

大学生の啓は人の気持ちが形となって見える。ある日、後輩の光太郎からキラキラしたハートが自分に向けて飛んでくるのが見えて─!?

表題作ストロボハート

写真サークルの後輩大学生 坂木光太郎
気持ちが見える写真サークルの大学3年生 岸谷啓

同時収録作品スリーポイントミステイク

大学生 三波弥太郎
同じ大学の学生 北上柊二

同時収録作品窓際のアクアリウム

その他の収録作品

  • メルティハート
  • ウィズアウトハート
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数9

パチパチはじけるハートが目に楽しい漫画

表題作単品なら神に近い面白さでした。
お話が面白く、萌えられて設定も珍しい。

主人公の啓は人の感情が目に見えるという設定なんですが、人の考えがわかるなどの能力だけで言えば漫画になくはないかも…なんですが、面白いのはその気持ちが立体で見えてしかも触れること。
これは漫画だからいいというか、視覚に楽しいというか、こんな漫画初めてかもしれません。

光太郎のハートがふわふわしたり、悲しいとカラカラになったり、エッチなこと考えてるときはとろとろになったり…。
もう楽しくてかわいい。
そんなハートが見えていて、いつの間にかその相手が気になっているのも、自然にかかれていてよかったです。
他の人に対してハートが出てるのを見たときのあわてぶりとかもかわいかったし、自分の力を光太郎に打ち明ける展開も面白かったです。
本当にきゅんきゅんしますので、歳下攻めが好きの方にオススメです。


「窓際のアクアリウム」
学生の頃告白され、応えらなかった相手と仕事で再会するお話です。
そして今度は恋仲になります。
一度、「男は恋愛対象にならない」といってフッた相手と再会して心惹かれる続きというのは、よっぽどの説得力がないとゲイでないのに何故なのかな?というのが、普通より一層強く感じてしまいます。
こちらはくっつくのがちょっと早すぎると感じてしまったため、この読みきりを入れての総合星4の評価にしました。

全体的に可愛く、読みやすい作品でした。
心理描写がとても丁寧な作家さんだと思います。

0

素晴らしい能力

自分も欲しいと思う。

今までなら、相手の気持ちが聴こえたりだったけど(嫌な部分も)これは、イラストで見えるんですね。

後輩に好かれて、ハートがふよふよと飛んできてこつんと当たって落ちるなんて可愛いじゃないですか。

しかも、食べれちゃう。

剣が飛んでくるのは怖いね。リアル3Dってことだね。メガネなくても3D体験出来るんだ。

ファンシーでファンタジー。
二人も可愛いけど、光太郎の啓さん好き好き言ってるハートが啓さんにすり寄ってきて可愛い生き物に見える。

スリーポイントミステイクを雑誌で読んで梅松先生のが気になり始めたんですよ。そういば。

窓際のアクアリウムは、また違う感じのテイスト感。高校時代に告白されて、それは勘違いだよとか酷いこと言って振ったのに……大人になって再開して、あれは間違っていたとか本当に自分勝手な男だと思います。
このあと、二人が恋愛に発展したかはわかりません。

これが、表題作だったら萌え萌えにはしてなかったと思う。

1

かわいすぎて床をゴロゴロする

皆さん読みましたか!
私が長いことずっと推してる地味な梅松さん作品の地味だけどすごく可愛い何この表題作!地味だけど!
声を大にして皆様に、可愛いから読んでみてみてとお薦めしたい!
梅松さんはちょっとだけファンタジー路線というのがすごく合ってるんじゃないかと思います。
表題作1本でこの二人のもっと先のお話まで読みたかったな。
好きだという気持ちがハートとして見えるだなんて~。
なんて羨ましい特殊能力。
つんけんしてるのにいっぱいハート出してるって、これもう新たなツンデレの表現方法だなあと感心しちゃいました。

1

気持ちが見えてもすれ違う。

 オーラ鑑定士のように、人の気持ちが形として見える主人公の啓。見えるからといって相手を全部理解できるとは限らない、人の気持ちの複雑さ。
 人の気持ちが全部見えるというのは、辛い事のほうが多い気もしますが、光太郎のまっすぐな気持ちに癒されて行くんだろうなあ、と思います。
 まっすぐな好意を向けられると単純に嬉しくて、けれど見えすぎることで逆に勘違いや戸惑いも生まれ。幸せで少しせつない、新鮮な勘違いストーリーでした。

表題作以外の2編も勘違い&すれ違いな話。
◆スリーポイントミステイク
 大学生3人の話。よくある勘違いですが、嫌な感じの三角関係とかではなく、円満に収まったので良かったです。
◆窓際のアクアリウム
 社会人。高校時代の同級生と再会して。こちらもよくあるすれ違いですが、一途好きなので気持ちよく読めました。

1

梅松さんが徐々にキている…

私の中で何かがカチっとハマったら、
絶対ドッカーーーンとくると認識している先生のうちのお一人です。
く~る~きっとくる~(貞子?
そう思い続けて、ずっとじわじわとキ続けている作家さんです。
前作のファンタジー路線がいいなぁ…!と思ったのですが、
今回もファンタジー作品が入っていて楽しめました。

表題作のストロボハートは人の気持ちが形になって見える人、啓のお話でした。
昔サトラレって流行りましたが、これの場合はサトリのほうですね。
言葉が聞こえるわけじゃなくて、
感情が具現化したモノが見える能力です。
しかもそれが食べたら甘かったり、シビれたりっていうのも面白いです。

けれど、人の感情が見えるということは決して良いことばかりではなく。
怖い思いをすることも…。
人の気持ちがよく分かることで便利なこともあるかもしれませんが、
見えないほうが楽なことも多いかもしれないと思ったりしました。

そして、この作品の後輩・光太郎のように「見えてもOK」な間柄だったら、
平気かも!と思ったり。むしろ見て察しろ!と家人に対して思ったりw

でも本当に見えたら続きどうなるかってリアルに考えたら、
見て欲しくないし、見たくない、ですよね~^^;;;
啓みたいに無欲で悪意のない人間にその能力が授けられて良かったと思いました。

他、2篇ほど短編が入っています。
それぞれ内容もまとまっていて読みやすい作品でした。
今回ももう少しでキそう~と思いながら読み終わりました。
なんだろう~この感じぃぃぃ~
どんな作品がどうドッカンとくるのか自分でもよく分からないのですが、
それゆえに次回作も大変楽しみです☆

2

表題作はなかなか萌えでしたが…

梅松さん、独特の雰囲気でほっこりが味の漫画家さんだと
個人的には思ってます。

雑誌掲載時に『ストロボハート』を見掛けて
これは全部じっくり読んだら面白そう!と
萌え期待が膨らみました。
私はファンタジーはあまり得意ではないのですが
他人の気持ちが具体的に形となって見えるなんて
便利なようなとても不便なような…と
“もしも自分なら?”なんて事も考えながら楽しみました。

大学の写真サークルで、ノンケの先輩・啓(ひらく)と
密かに想いを寄せる後輩・光太郎。
分かりづらい感情表現の光太郎でも、ぽんぽん飛ばすハートで
自分への恋心を意識させられ
光太郎へ応えられないと思うのに
気持ちが離れたのかと気が付くと寂しくてしょうがない…。
勝手なようで、人間の心ってそういうものだよね…うんうん、と思いながら読みました。
光太郎の一途さ、自分の欲望を見られたら引かれると思って
避ける健気さ、年下DT男は可愛いです!!!w
他人のとがって冷たいハートや崩れるようなハートを見てきて
ツラかった啓は、光り輝く光太郎のハートと
むらむらしてしょうがないとろけたハート続きが真実だと安心して
受け入れちゃってもしょうがないなぁ。
いつまでもラブラブそうな二人で良かった!
描き下ろしの『ウィズアウトハート』も
特殊な能力がない光太郎が啓の気持ちを形で見られたらいいのにって
つい願ってしまいますが、
なんのことはない、啓はすぐ照れて真っ赤になってしまうので
見えなくても無問題!というラブっぷりでした☆

『スリーポイントミステイク』
アパートの隣人がケンカしていて、
その二人が同じ大学だと知って徐々に親しくなりつつ
片割れの北上というちょっと気弱な男が気になって
付きあってる隣人の、ひどい男なんかより俺と…!的なお話。
でも実は、というオチもありましたが
あ…あれ…??
梅松さんテイストがどこかで来るかと思ってたのですけども
なんか、まんまで終わっちゃった…?(泣)

『窓際のアクアリウム』
高校時代、読書好きのクラスメイトと仲良くなり
告白され「勘違いだろ」とひどい振り方をしてしまった堂島が
文芸誌に所属して仕事で憧れの作家と会えたと思ったら
それが振った染谷だった…。
過去の寡黙さとは違い、よくしゃべるようになった染谷に
過去を無意識に重ねてしまい、戸惑い、
仕事の付き合いだけでは済ましたくなくなる。
都合がいいと思われようとも…という再会ラブでした。が!
こちらもあるっちゃあるお話で、
切なさぎゅーん!が来てくれませんでした…私には……;;

表題作は内容的には萌えでしたが、
なんというか、背景がわりと無くて
(あっても結構やっつけっぽくて;)
う、梅松さんってこうでしたっけ??
好きだと思ってたんだけどなぁ…というかなり残念な気持ちになってしまったので
中立とさせていただきます…。
生意気言ってすみません;;

3

苦しい気持になってしまった

人が感じている事思っている事など気持が形となって見える不思議な能力を持つ大学生とその彼にまっすぐな綺麗なハートの気持を持っている彼のお話しです。

設定はかわいいなーと単純に思ったのですが、見えるものが全部じゃなかったらもっと楽しめたと思いました。

食べたいものまで見えてしまう。
そこまでいくと何かが違う話にならないのかなと読んでいるうちに気持が沈んでしまいました。

全部見えてしまうことの恐怖も絶望も知ってるけど恋を受け入れて相手もその事実をしってもひるむこことなくまっすぐな好意を持ってくれる。
良かったねーとは全く思わなかった。
私がかなり歪んだ読み方なのかな。

シリアスにいくのか、ポップにいくのか、ファンタジーにいくのか・・丼物を頼んだら
具が山盛りすぎてちょっと胃もたれするなという感じに似ている

あまりはまれなかったですが
もう読みたくないとは思わなかったです

2

恋する思いが見えたなら

人の気持ちが形で見えたら?そんなロマンチックなファンタジーで、
これだけ好きなハートを飛ばされたら、絶対絆されちゃう、まして可愛い後輩だもの。
そんな不思議な能力がある啓と写真部後輩の坂木とのラブはほっこりするような感じ。

初めは後輩が自分を好きなのだと解っていても、男同士だしなぁくらいで終わってる、
それが口ではツンデレ気味なセリフを言っているのに気持ちがハートの形になって
啓にガンガン飛んでくるのです。
キュンと来たのが軽めのホモ疑惑が出た時に、啓が思わず助けようとした言葉で
ハートがボロボロになって落ちて行く様子が坂木の気持ちの全てみたいで
本当に胸キュンしちゃいます。

恋人同士になってからのハートは好きな気持ちにプラスした欲望ハートまで現れ
言葉や態度で隠してもモロ解りって言う展開だけど、それがまたいいのです。
相手にエロい気持ちがあるとハートがトロトロになっちゃうのも
気持ちが如実に表れていて、ストレートに読み手に気持ちが伝わる。
それに、気持ちが色々な形で見えると言うのもコミックスならではの展開で
物凄く良かったですね。
同じ好きのハー続きトでも色々あるのもびっくりで尖ったハートは見ていてこっちまで
怖さを感じました。

気持ちが形になって見える、それを坂木に伝えるか伝えないかも読みどころ。
過去に自分を好きな相手にその事実を話した時には好きの思いが簡単に
砕け散るくらい拒絶された事がこだわりになっていて、でも坂木はそんなことも
全然気にしないくらい啓への気持ちに揺らぎが無くて、とてもファンシーな感じで
面白い作品でした。

2

思いっきりほだされました☆

もう表題だけでハートを撃ち抜かれて、キュンキュンきちゃった!!
主人公は無精ひげのある、一見もっさい感じの大学3年生なんだけど、彼がねカワイイんです♪
一体何がカワイイかって、後輩の好意にほだされていっちゃう様子が☆☆☆


写真サークルに所属する3年の啓にはちょっとした特殊な力があるのです。
それは人の心というか気分が具体的な形になって見えてしまうということ。
新歓コンパで仲良くなった後輩の光太郎君からは実は自分への好意がハートの形になって流れてくるからまるわかり。
ノーマルな啓は光太郎を後輩としては好きだけど、恋人になることはないからその気持ちに気が付かないフリをしていようと思うのでした。
だけど、ある日光太郎の出すハートを食べちゃったら彼のドキドキ具合がわかってしまって光太郎がかわいくていじらしいと思うようになってくるのです。

気持ちが見えるから、それに敏感になっていくのですよ。
見事なほだされっぷりがね、素敵なのです♪
そして恋人になったその後の【メルティハート】では光太郎のハートがドロっとしてくるの(笑)ついでに♂マークが飛んだりしてv
そう、エ続きッチがしたい印が現れてくる。
もちろん、そこへ至るまでにその啓の特別な力のカミングアウトによるトラウマのエピソードもあり、それを受け入れてくれる光太郎の姿や、ちょっぴりなすれ違いもあったりしながら、やっと合体まで行くのです。
何がいいかって、その気持ちが具象化するっていうのが一番のポイント♪
ちょっぴりファンタジーで、現実もあるけど夢があって、とっても素敵な話しはお気に入りです!

【スリーポイントミステイク】
アパートの隣の住人がホモの痴話喧嘩?
隣の住人が相手の男性を突き飛ばした場面に遭遇した主人公の三波は、その突き飛ばされた柊二の怪我を手当てして、同じ大学の学生であることがわかり、それ以来彼と仲良くなっていくのですが、柊二は、酷くした隣の住人とまだつきあっているようで・・・
実は三波の盛大な勘違いと、その勘違いを利用した”恋愛大作戦”だった!?みたいなお話。
三波、すごーーーい人が良すぎです。終わり良ければ、カナw

【窓際のアクアリウム】
出版社の編集の堂島は売れっ子の作家・青浜の担当となるのだが、その青浜は実は高校時代告白されて気まずくなった元同級生の染谷だった。
過去にこだわり、気が重くなっていた堂島だが昔とは雰囲気も変わり過去をほじくり返さないのでまた普通に接することができるようになったのだが・・・
10年以上経って初めて相手の気持ちと向き合えるようになる始まりの話し。

表題のインパクトと萌えがダントツで、ちょっと併載作品がかすんでしまうのですが(悪くはないのです)表題効果でこの評価になりましたv

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ