片恋オペラ

katakoi opera

片恋オペラ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×210
  • 萌4
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
75
評価数
21件
平均
3.7 / 5
神率
19%
著者
 
媒体
コミック
出版社
プランタン出版
シリーズ
Cannaコミックス(カンナコミックス・プランタン出版)
発売日
価格
¥650(税抜)  ¥702(税込)
ISBN
9784829685501

あらすじ

腹黒男は、幼馴染みに10年の片想い中!

惚れっぽくて、いつも誰かに恋している芥。
幼馴染みである青は、そんな芥に10年越しの片想いをしている。
ずっとずっとそばで見守り、そして、彼の恋が叶う可能性は、すべて密かに潰してきた。
失恋した芥は泣いて、自分の元に甘えに来るから。
(いつかこの健気な想いを、疼く欲望を思い知らせてやる)そう思っていた青だけれど……?

表題作片恋オペラ

茶屋町蒼、高校生
工藤芥、高校生

同時収録作品ファースト・ボーイフレンド

美生、高校3年生
白木湊、高校2年生、17歳

その他の収録作品

  • 徒歩12メートルの天国(片恋オペラ後日談描き下ろし18P)
  • ラスト・ボーイフレンド(ファースト・ボーイフレンド後日談描き下ろし10P)
  • あとがき(青のイラスト+コメント)
  • カバー下(青、紅、芥3人のイラスト)

評価・レビューする

レビュー投稿数5

意地悪で歪んでる攻めがとにかく素敵!!

購入したのはだいぶ前ですが、面白かったのでレビューします!
とにかく攻めが受けのこと大好きすぎて歪んでたり余裕ないのがカッコよくて可愛くて、キュンキュンしました!!
受けのことを手に入れるために虎視眈々と策を練ってるなんて。。腹黒いところがまた良い!!
攻めの双子の紅も良いキャラで、当て馬男は当て馬らしく散って、個人的な萌え要素がたくさんでした。
受けもただ可愛いだけじゃなくて、攻めのこと大切に思ってたり潔くて良い!!

1

片想いこじらせ系

美形双子と幼なじみのちんちくりん君のお話。
かっこいい男の子にあこがれては片想いのあれこれを、幼なじみの双子たちに訴える主人公。
そんな主人公を応援しているふりで、裏では主人公の恋が実るのを徹底的につぶしている双子の片割れ。
双子のもう一方はそんな片割れと幼なじみの両方を見守りつつ、、、

よくある設定だが、この双子がどうキャラ付けされるかでいろいろ展開が変わってくる。
この双子は男女の双子で、BLなので男子の方が主人公を好きなのね。
子どもの頃は3人とも体格に差がなくて、主人公が泣き虫でかわいかった双子の片割れを慰める役だったのに、いつの間にか身長も抜かれてどんどん男っぽくなって、でも、主人公はいつまでも小さい頃のままの気分で、、、

お話自体は、いってみればすごく王道、でも、絵が個性的なので印象に残る感じかな。
この、背景のほとんどない、空間の多いコマ割は好き。
目線の交わし方も好き。
萌1.5 かな。

2

買ってよかった!

新規開拓で最近気になるプランタン出版で物色して目にとまったのがこの本です。
BLに女の子は邪魔だと思ってしまうのですが、攻めの双子の姉の存在がよかった!
男前な性格で、安心して見れました。
初め、攻めがSなのかなと思いきや一途な片思いで、受は意外にのほほんキャラではなくて。
もっと攻めが攻めてくれ!ってな気分にもなりましたが(笑)
でもよかったです!
次回作もぜひ買いたい私好みの作家さんでした。

1

う~ん

攻めキャラの青の気持ちがちょっと分かりにくい。話的には受けキャラの芥を密かに想っていて芥に寄りついてくる男を蹴落とすって感じなんだけれど、もうちょっとかんばってほしかった感が。。。

あともうちょっと両想いになるまでのストーリーがしっかりしてればなって感じです。

表紙的にはせつないストーリーのような感じがするけれど、すごく切ないって感じはしなかったような感じがします。

でも全然気に入らなかったってかんじでもなかったので萌って所でしょうか。。。

3

見た目ヤンキー中身純情乙女な【攻】に萌え!

 そして【受】は見た目乙女で中身男前です。初Hで余裕のない攻に、「きもちい?」って受のほうが気遣っちゃってます。しょっぱなから一番の萌えどころを書いてしまう程興奮しました。
 幼馴染みに対しての長年にわたる片想い。好きな設定ですがよくある話なのであまり期待していませんでしたが、せつなさや健気さ萌えではなく「特別な絆」に萌えて新鮮な気持ちで読むことができました。

 見た目可愛いお馬鹿キャラの芥(あくた)と、見た目ヤンキーな双子の青(あお♂)と紅(べに♀)。幼馴染みの3人。惚れっぽくて常に誰かに恋をしている芥。芥の恋が実らないよう裏で潰してきた青。青に協力的な紅。
 惚れっぽいとはいえ常に青と紅が優先な芥。ストーリーもよくある系でしたが、3人の特別な関係には安定感があって、見ていて楽しかったです。

 そして意外性が嬉しいギャップ付きキャラ。怖い顔で威圧的な台詞を吐く青と、そんな青の不安な気持ちや寂しさを理解して「可愛い」と思ってしまう芥。
 青がかっこつけすぎだったり紅が怖すぎだったり芥が可愛すぎだったり、好みから外れる部分もありましたが、とにかく青が可愛くてしょうがなか続きったです。

◆ファースト・ボーイフレンド、ラスト・ボーイフレンド
 遊び人の先輩(高3)×純情な後輩(高2)。最終的には先輩のほうが振り回されてしまう萌え。表題作同様、見た目は可愛いけど強気な受けが良かったです。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ