LOVEコンプレックス

love complex

LOVEコンプレックス
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×28
  • 萌9
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
60
評価数
19件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス Qpaコレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784801950054

あらすじ

お前のネイティブな発音いちいち腹立つな! ! ! 会社にデキる上司(帰国子女)がやってきた。 笑顔がさわやかなイケメンで、周囲の人気は上々。 しかし俺は騙されない! ! ! ! ! 英語が流暢だろうが、仕事が出来ようが ドSの変態野郎だってことを俺は知っている!

表題作LOVEコンプレックス

鈴木翔太,帰国子女のアートディレクター上司
早乙女薫,新人Webデザイナー,22歳

同時収録作品レンアイ条約

木村隼人,バイのホスト
和也,弁護士志望のヒモ

その他の収録作品

  • あとがき(描き下ろし)
  • カバー下:人生のあやまち(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数3

絵柄がかわいい

デビューコミックだそうですが、絵が凄くキレイで可愛くてそれだけでも十分楽しめました。

表題作「LOVEコンプレックス」
イケメンでゲイの鈴木と地味でメガネなノンケの早乙女。
早乙女は鈴木に狙われており、押せ押せでハイテンションな鈴木にほだされていくコメディです。エロ度は高いと思います。そしてほだされっぷりがすごい…。
鈴木が最初嫌なヤツって感じで登場するのですが、読んでると次第になにこのキャラ面白い…って気分になってきます。
けれど最終的に「恋人になった」という所までいってないのが物足りない気がしました。

「レンアイ条約」
こちらの方が好みな内容でした。ホストとヒモのお話。
浮気ばかりするホスト隼人に愛想が尽きて家出する和也。
隼人が浮気するのは和也を妬かせたいから…という割とありがちな内容で、オチも最初から分かっているような感じなのですが、それでもこういう作品が好き…。イケメンに溺愛される地味系という王道で楽しめました。

0

難あり王子様キャラ2選★

初読み作家さん。
表題作と同時収録作が半々くらいの構成。
ポップでかわいめの絵柄にテンポのよい展開で
サクッと読めます。


【LOVEコンプレックス】全3話
地味で冴えない眼鏡男子が
夜のオフィスで抜いてるところを
帰国子女のイケメン上司(でもゲイ)に見つかり
襲われ&ハメ撮り写真で脅迫され…という話。

受けが、地味だけど案外気が強く、
ことあるごとに攻めにキレているところが
可笑しかったです。

爽やかドSな攻めが、受けの怒りをサラッと英語で受け流すところが腹立つけど面白いw
受けのオナニー録画に失敗して
「Oh my Gooood!」
って涙目になるシーンには笑いました。

あと、おまけ4コマで
うなぎバイブに悶える受けとか、
フリル付エプロンで朝食を振る舞う攻めとか、
もっとじっくり読みたいシーンが色々。
始まりこそ強姦でしたが、落ち着いたら結構なバカップルになりそうなこの二人。
もっと続きが読みたかったですv


【レンアイ条約】第1~3条
受けは、弁護士をめざす浪人生で
売れっ子ホスト(攻め)のヒモをやっている続き
家に女を連れ込む攻めに嫌気がさし
友人のところに厄介になるが…。

この話も、性格に難ありイケメン×地味だけど気は強いフツメンという組み合わせで、攻めが実は受けにベタ惚れというオチが良い。

ただ、浮気を繰り返していたのは
受けの気を引きたかったからです、
というオチはちょっと強引に思えました。
いくら天の邪鬼でも、
受けのことを友人の前でこき下ろしすぎだしw


どちらかと言うと、表題作の方が面白かったかな。
あとはエロシーンをもっとエロく長く描いて下されば言うことなしかと思います♪

2

残念なイケメン♪

標題作はラブコメでした。
初コミックスだそうですが、絵もキレイで内容も面白かったです。
主人公の冴えないWebデザイナーの薫は、新しく仕事のパートナーを組まされたデキる男、鈴木へのやっかみから初対面から印象が悪いのですが、実際仕事をするようになるとダメ出しばかりくらって連日の残業からストレスMAXに。鈴木は爽やかイケメン、人当たりも良いのですが、何故か薫にだけは仕事で厳しいのです。この爽やか笑顔の裏に何かありそうな、Sっ気を薫も察知するわけですが、案の定、どSで鬼畜性を発揮した彼にアレやコレや色々エロいことされてしまうというお話でした。鈴木は優しげな雰囲気から想像できないような、さりげにゲスいこと言ったりする残念なイケメンで、薫のエロいシーンを携帯で撮り損ねて本気で涙ながら悔やんだりしています(笑)。薫もけっこう「おいコラ」と思えるような所もあり、なかなか破れ鍋に綴じ蓋カップルなのではないかと思われました。私はこういう人当たりの良い爽やかイケメンで実はドSだったりする攻が大好きなので、存分に萌えさせていただきました♪
もう一作はホスト×ヒモ(司法浪人生)のお話で、こちらも面白かっ続きたです。
私としては、標題作のほうで、まる一冊楽しみたかったなぁと思える、面白いラブコメでした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ