女王と仕立て屋(1)

joou to shitateya

女王と仕立て屋(1)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×24
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
51
評価数
11件
平均
4.6 / 5
神率
63.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
発売日
価格
ISBN

あらすじ

そのスーツを着た者は次々と成功を収めるという骨董通りにある伝説の仕立て屋――。
会社で行き詰まりを感じていた新進気鋭のインテリアデザイナー・大海は、そこでスーツをオーダーすることに。
仕事に誇りとやりがいを感じている店主・志田を見ているうち、彼から目が離せなくなってしまう。
『みのりの手』の著者が贈るナイーブな女王と不器用な仕立て屋のラブストーリー。

女王と仕立て屋(2) 29ページ
女王と仕立て屋(3)29ページ
女王と仕立て屋(4)27ページ
女王と仕立て屋(5)29ページ
女王と仕立て屋(6)35ページ

表題作女王と仕立て屋(1)

城野大海,デザイナー
志田哲也,仕立て屋

評価・レビューする

レビュー投稿数2

年下がんばれ!

完璧な大人である年上の恋人に近づくためにがんばる年下の姿は、本当に微笑ましくて応援したくなりますな。そして大人は大人で実は年下の恋人のためにカッコつけているとか…超イイ!「俺といると可哀想なの?」って泣くシーンはうるっときた。

そして安定のおっさん受け、さすがです。もはやベリ子先生がおっさん攻めを描いたらめっちゃ違和感あるだろうなあ。まあそれもきっと素敵にエロく描いてくださると思いますが。

上司の岡崎さん、好きだったけど1巻にしかでてこなかった。あれ、オカマちゃんだと思って読んでたけど、よく見たら胸あるし、ただの化粧の濃い女…?

作品内容についてじゃないけど、小分けにされると冊数が多くなって電子書籍でも見た目場所とるし、読みづらい。なんとかならないかなあ。

2

三白眼萌

ベリ子さんの描かれる三白眼のキャラは、若い人は血の気多そうだけど可愛げがあって、中年は渋味と色気があって、ほんと素敵です。

今回は可愛らしい外見なのにワガママな攻と、年上の仕立て屋の受けのお話です。表紙だけ見ると、ええええそっちが攻めかい!って言いたくなるような設定。でも好きな人はめちゃくちゃ好きなんでしょうね。私もハマりました(笑)

お互いが自分の仕事に真摯に向き合い、その姿に惹かれていく過程が見どころ。仕立て屋のお店が洋風で細かいところまで繊細に描かれていて、世界観も綺麗。濡れ場は少ないですが、キャラの魅力で十分に萌え要素はあると思います。

現在は大海姉の登場で先が気になる状況です。続き楽しみだ~

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ