魔術師たちの夜想曲 Noctumede magiciens

Noctumede magiciens

魔術師たちの夜想曲 Noctumede magiciens
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
27
評価数
9件
平均
3.3 / 5
神率
22.2%
著者
 
媒体
コミック
出版社
KADOKAWA
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784041027820

あらすじ

黒魔術師であることを隠し、名門魔術学校に入学したアザミ。正体がバレやしないかとビクビクしながら迎えた入学式当日、「狂狼の呪」にかけられて性欲が暴走中の白魔術師・サギリに襲われてしまう!

表題作魔術師たちの夜想曲 Noctumede magiciens

アザミ・オリカサ
サギリ・タチツカサ

その他の収録作品

  • 魔術師たちの子守歌(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数2

設定が先走りしてる…

BLコミックスでは珍しい、完全ファンタジー・魔術師物です。

帯には
「変な魔法をかけられて…下半身がウズいちゃう!?」
とありますが、本編でのエッチへの流れには、まったく関係ありませんでした(^^;
誰だ、帯のコピー考えたの!?と思ってしまった。
このコピーでこの表紙だから、黒髪が受だと思ったじゃないか!ああ、がっかり。

という、自分の好みはさておいても、とにかく設定ありきで、話の展開も早い。
ここまで設定を練ったのなら、もっとじっくり描くか、展開に捻りが欲しかった。捻りが表紙やコピーから連想される受攻逆って部分だけでは、拍子抜け過ぎ。
そのくせ、続くの?という感じで話が終わっているので、不完全燃焼感が拭えない。
とりあえず、二人の関係だけは安泰ってことでOK?という、なんとも言えない読後でした。

2

意外なケモ耳

何やらミステリアスな雰囲気の漂う素敵な表紙ですが、なんとびっくり、このお話は一見ケモ耳金髪×儚げ黒髪かと思いきや、実は受け攻めが逆なのです。
連載時から楽しく読んでいた作品ですが、単行本化にあたり細かい所で加筆修正が入って読み易くなっていました。

攻めのアザミは、過去に迫害されて今では超少数派の黒魔術師の末裔。
受けのサギリは、白魔術師を治める大貴族の一角出身のエリート。
魔術学院の入学の日、「猛烈な性欲に駆られて暴れながら少しずつ狼に変わっていく」という『狂狼の呪』に苦しむサギリをアザミが救ったことを切っ掛けに二人は知り合います。
他人にバレずに呪いを解きたいサギリと経営の苦しい故郷の孤児院の為に少しでも稼ぎたいアザミは利害の一致から協力関係(?)となる訳ですが、ここから先は最終話まで含めてどちらかと言うとエロは控えめ。
勿論無いことも無いのですが、少なくとも挿入は最終話までありません。

ラスボスは安定の身内オチ(→サギリの兄・ミスミ)でしたが、この辺りはわりとサクサク進みました。
そして、逃走の為に転移した先で救命措置としての白魔術でサギリがアザミに跨って初続き挿入!ただし、アザミは意識無し!!
最終話で漸くなのに結構アッサリしてるなー、とこればかりは流石にちょこっと苦笑しました。
せめて、耳と尻尾は生えてても良かったのでは。
この後、黒魔術の負荷で苦しむミスミを謎の超覚醒を果たしたアザミが救ったりしますが(ここのアザミはかなりイケメンです)、呪いを返してしまうとミスミが死ぬという事で、結局サギリの呪いはマイルドにはなっても解けないまま終わりました。
ラストは、尻尾だけ生えっぱなしになったサギリを一通りからかったアザミが「サギリさんが食べたい」と告白してエンド。
12pもの書き下ろしでは、なんとか尻尾を仕舞えるようになったものの、アザミに抱き付かれるとあっさりまた耳と一緒に生えてきてしまうサギリが可愛かったです。
尻尾が性感帯なのはお約束ですねw

ケモ耳&尻尾BLの中でも後天的な獣化体質が恒常化するパターンが大好きなので、全体を通して楽しく読めました。
魔術のシステム等もしっかり考えられている様なので、いつか続編やスピンオフ作品を読めたら個人的には嬉しいですね。
ただ、当初「呪いを解くには3か月くらいはかかりそう」と言っておきながら、わりとあっさり(呪いは解けないにしても)事態が解決してしまったので、もっと色々出来そうでちょっと勿体なかったかな、という事で神ではなく萌×2評価に。
エロシーンが少なめでも世界観が面白ければOK! という方でしたら、是非一度手に取ってみて下さい。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ