ふくふくハイツ

fukufuku heights

ふくふくハイツ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×216
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
111
評価数
27件
平均
4.1 / 5
神率
29.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックスDX(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥629(税抜)  ¥679(税込)
ISBN
9784799725023

あらすじ

マルは、イタチ科テンの男の子。人間の暮らしに憧れていて、人間に化けて暮らしています。
マルの同居人は、無口でマイペースな大学院生のスナオ。
「おはよう」「おやすみ」「いただきます」2人一緒ならたいていのことが楽しい…。
毎日を丁寧に暮らす2人の同居生活。

表題作「ふくふくハイツ」86ページ、pixivコミック掲載時のカラー漫画を単行本でも完全再現!
商業未発表作2編収録!
表題作の描き下ろし50ページ超も収録!

評価・レビューする

レビュー投稿数5

ほのぼの

何度も読み返して癒されてます。
ほのぼのしたふたりの話をずっと読んでいたい。

1

憧れと優しさを一緒に。

初レビュー。
この方の作品は、表紙と背表紙買いなため、評判を見ずに買いました。

BL作品として読もうと思うと、物足りない人もいるかと思います。
エロ要素が全く無いので、それを求めるならオススメ出来ません。
エロを考えずに読むと、人間関係の描写が絶妙です。
オススメ出来る作品ではあります。

人間×イタチ
相手がどんな形でも、側に居ると言うことの大切さを教えてくれるでしょう。
掛け合いも暖かく見守るような気持ちになってしまう。
某イタチのようなあのアニメ好きなので、異同居+化けですが、
憧れと優しさにほっこり出来て、読んでいて日本茶飲みたい気分に成りました。

商業発表していない収録作品は、どの様に表現するか悩みますが、微妙な感じも··· 最初は何を表現したいのか全くわからず、何度も読んでやっと「表現したいのは···そういうことか!」と、なるようなストーリの書き方。

萌えは無かったので、評価は中立の★2ですが、
0.5評価が出来るなら、0.5を足したい作品です。

1

テンと暮らせば

 ワンショットで強烈に人目を惹く派手さはないけれど、ひとこまひとこま丁寧に描かれた絵。ヒトに化けたテンのマルと、大学院生スナオの昭和の薫り漂うふたり暮らし。スナオの生えりまき状態になってるマルが超絶かわいくて、作中に出てくる食べ物がいちいち美味しそうで。ホワワンとしたぬるまゆ気分でのんきに眺めてたら、中盤から何やらにわかに不穏な空気が・・・
 
 マルを迎えに来た母親以下、一族郎党。どうやら彼には帰らなければならない場所、背負わなければならないさだめがあって、それはあだやおろそかにできないものらしい。そして彼をさとす母の言葉の中にとても気になる一節が。「姿は似ていても何一つ交わらへん」「生きる速度が違うんや」――

 テンは江戸時代の妖怪図鑑の中にも載ってるそうです。単純な動物のくくりではなく、あやかしのたぐいとして認識されてたわけです。スナオの目に映るマルは懐っこくて好奇心旺盛、食いしん坊で人畜無害の愛すべき奴でしかないんだけど、それは彼らが生きる永い永い時の流れの中では、ほんの一瞬見せた表情にすぎないのかもしれなくて。

 一族の隙を衝いて、スナオのもとに逃げ帰ってきた続きマルだけど、読者はもう知ってしまった。ふたりの穏やかな日常は、この先を約束されたものではないということを。それを踏まえて、書き下ろしである「はるとなつ」を読むと、殊のほか胸に迫るものがあります。マルとスナオの出会い篇。学食でバイトするマルと知り合って、少々言動に変わったところはあるけど、そんなの全然気にならなくて。一緒に銭湯行ったり、部屋に泊めたりするほど仲良くなって。でもやがて、マルの背中の傷痕を見て、スナオは思い出す。以前傷ついたイタチのような小動物を助けてやったことを。
 正体を知られて姿を消したマル。必死で捜し歩くスナオ。さびれた御堂で、拾い集めてきた人間の本だけを友だちに、独り暮らしていたマル。「お前が誰でも、何でもいい」「居なくなるなよ」「うん」「ありがとう」

 それははかない約束なのかもしれない。母に言われるまでもなく、マルにもわかっていただろう。ヒトに化ける力はあっても、ヒトとあやかしの間に横たわる時空の壁を超えるすべはない。それでも、差し出された温かいスナオの手を、マルは取らずにいられなかった。いつか終わると知っているからなおのこと、ふたりで紡ぐ平凡な一にち一にちが、とてもいとおしくて。

 これがデビュー作とのことですが、丁寧な仕事ぶりは熟練の職人さんの域。次もまた、上質な作品を待っています。

4

どんな可能性もある

個人的には神をつけたいとも思った作品です。

表題作が、いつまでも読んでいたい心地よさを残してくれます。謎めいてみえるが実はわかりやすいお話。気づけばただただ流れにまかせて絵を追っていて、不思議なほどフラットな気分で読み進められました。

日常の小さなことすべてに幸せを見つけ出すマルがとっても素敵で、我々人間が求めているのって本来こういうものだよね、と実感します。現実は厳しく、その裏側にある気持ちを無しにはできないけれど。
私もマルに会いたい!一緒に買い物したい!スナオもなかなかいい男で、何年も先を想像できる気がしました。

勝手な願望として、一冊まるっと、なんとかこの話で終わってほしかったと思うのです。後半の短編二作もこちらはこちらで何度も読み返す魅力のある作品ですが、それでもこのあとに読みたい話ではなかった。

トータルでは、いろいろな可能性が詰まった宝箱みたいな一冊かと。出会えてよかった。保存版決定。

4

ココナッツ

詩雪さま

初めまして、こんにちは(*^^*)
わたしは『リブレのBL旬コミ!! 春’15』でこの作品を読んだのですが、ものすごく癒し系ですよね。
男×オスということでBLとなるものの過激さはないですから、BLに馴染みのない方にも読んで欲しいなあと思った作品でした。
単行本が全部このお話でしたら欲しかったなあと思うのですが…
続編が欲しいですね。

かわいくて癒される

大学院生xイタチ。

好奇心旺盛なイタチのマルは人間社会が大好き。
人に化けて社会に溶け込んでいるが、ちょっと無口な大学院生のスナオに正体がバレる。
そんな二人が共に生活し、歩んで行く日常が、とても可愛く優しく4コマ漫画のように進んで行く。

マルが何にでも興味があるのがとても愛しくて可愛い。
そして、食べ物の本を読むのも大好きなとこも☆

Hシーンはないけど、とにかく癒される!
こんな癒されBLって久々読んだ気がする。
二人がもっと、マルがスナオをもっともっと好きになる最後まで行く続編があればいいなと思う。

これがデビュー作とはすごいと思う。ストーリー構成も絵の雰囲気も大好き☆

その他、若き日の想いを回想する「つぼみ開かぬ金釦」と、これから出会うであろうおやじx青年(?)を「予感」させる、短編2作。この2作はとても不思議なお話。

これから期待したい漫画家さん。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ