欲張りなブレス

yokubari na breath

欲張りなブレス
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
13
評価数
4件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
X文庫ホワイトハート(小説・講談社)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784062555449

あらすじ

仁科がオフィスの資金繰りで問題を抱えていることを知った成見は、バーテンダーをする傍らで、日中のアルバイトを始める決意をした。恋人になりたい……仁科とすべてを分かち合い、彼を支えたい。成見の中で、「飼い犬であり続ける」という枠から、愛情が溢れ始めていた。だが、仁科に内緒で事を運んでいくたびに2人はすれ違い、やがて成見は、大きなトラブルに巻き込まれて――。

表題作欲張りなブレス

仁科宏彦・フードプロデューサー
成見智彰・バーテンダー

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

二人の行き着く先は?

最初は歳の差カップルが好きで読みはじめたシリーズでしたが、予想外にかなりどろどろした展開にちょっと欝々となってしまう作品。
それもようやく最終巻です。

成見のストーカーと化していたお兄ちゃんのお話も一区切りして、やっともっとラブラブしたお話が読めるかな…と思っていたら、今回もやはりちょっとアングラなお話でした。
でも仁科が今までよりもずっと成見に本気になっているのがわかるので幸せなのかな…

しかし、辛口意見ですが、この二人は一体いつまでじゃあ別れる、別れないを繰り返すのでしょうか。
あんまり簡単に「別れる」という言葉を口に出すので、ここでハッピーエンドになったとしても今後もずっとこういうことを繰り返す予感がして、
これで「いつまでも幸せに暮らしました」と思い込めない不安感。

成見の行動は全て仁科のためで、仁科は成見を愛してることを認めたくなくて… 複雑ながらよく出来た関係なのかも知れません。
長く続いてるシリーズなのに、ここに来てやっと「これから本当の恋人になっていこう」とする、最終巻にして始まりのお話なのかな、と思います。

0

最終巻。

仁科との関係を続けている成見。
しかし、飼い主と飼い犬という関係では収まりきらなくなっている自分の感情に、もう1ランク上の付き合いを仁科としたいと思うのだが…。

いよいよ最終巻です。
今回は義兄もいなくなり、以前の展開に比べれば暗さは減ったかな。
成見は仁科との関係を対等な、ちゃんとした「恋人」関係にしたいと思うようになる。
仁科も成見のことは大切に想っているし愛おしいと思っていて。
けれど、仁科が大人ゆえの矜持からなのか自分のこれまでのスタンスを崩すことを嫌って。
自分のテリトリーに成見をすっぽりと入れてしまうようなことをしない。
そこへ入れさえすれば丸く収まるのに。
そんな折、成見は仁科のオフィスで聞いた言葉から仁科のためにといろいろ画策し始める。
知れれば怒られるからと黙っていることが更なる事件へと結びついていくのだが…。
仁科がある意味、頑固な人物であるとするならば、成見は素直過ぎるというかバカというか。
その生い立ち故に愛情に飢えていたせいもあるのだろうけれども、自分に愛情を注いでくれる人には簡単に絆されてしまうところがあって。
流されてしまうと続きころがあり、それは一線を越えることにも躊躇いを覚えない。
しかし、そういう行為は「恋人とするものだ」と知り合った宮城に教えられてそう考えるように変わって。
それを仁科にも伝えた上で仁科がどう出るか見たかった部分もあったんだと思う。
それまでに2人は「恋人」という名はついていない関係ではあるものの何度も抱き合っていて。
それが、その関係に支障をきたすことになってもちゃんと本当に対等な立場で付き合いたいと思う成見の思いはもっともなことだと思う。
全てはもう仁科次第なんだよね。
感情も言動も行動もそうとしか思えないのに、認めようとしない。
初めての恋に振り回されたくないのに振り回されて。
それでもいいじゃない、と思えたのは成見もまた同じように恋に振り回されていて一緒に育んでいけばいいと言ってくれたからなのかも。
これからはちゃんと「恋人」として可愛がってもらえるといいね。

ちなみに。
今回登場の宮城と羽鳥が気になりました。
なんかありそうなんだけどな、この2人。
いずれ2人の話も書きたいとあとがきでおっしゃってますが、どこかで書かれたのでしょうか。
うーん、気になる…。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ