王様な猫と調教師 王様な猫4

王様な猫と調教師 王様な猫4
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
16
評価数
5件
平均
3.4 / 5
神率
20%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784199001857

あらすじ

大学生の光魚の恋人は、人間に変身できる黒猫・シータ。
シータの一族も公認の仲だ。
そこで光魚は掟に従い、彼らの歴史を学ぶことに。
先生役は、人猫達の王様・シグマ。
一族唯一の白猫で、光魚の密かな憧れの人。
ある日、勉強の合間にシグマの調香室を見学していた光魚は、誤って媚薬を零してしまう。
ところが、そのとたんシグマの様子が豹変!!発情して光魚を抱きしめてきて。

表題作王様な猫と調教師 王様な猫4

人間に変身できる猫・シータ
シータの嫁?大学生・光魚

その他の収録作品

  • 王様な猫と金色の魚

評価・レビューする

レビュー投稿数3

光魚がとうとう認めた!!

好きなシリーズです。懐かしくなって、読み返してのレビューです。気まぐれな猫に振り回される不憫な光魚の、モフモフたっぷりなお話の4巻です。今回は2つお話が収録されてます。その内の一つはシータ目線なので、シータの気持ちがよく分かって面白さ倍増です!

今回は、シータにシグマという強力なライバルが現れて、イイ男になろうと一生懸命頑張るシータに萌えます。
そして、そして、とうとう光魚がシータへの想いを認めます。そりゃあ、あんなカッコイイ姿を見せられたらね~という感じですけど。
ホント、光魚のためなら水の中でも日の中でも獣たちの中でも飛び込むシータは本物の男です。愛を叫んだ光魚にも涙がウルッとなります。
シリーズの中で一番キュンキュンできる1冊で、大好きです。

1

面白いなー

秋月こおさん大好き!と叫びたくなる。
秋月さんは過去作品がたくさんあるので、順番に読んでいくのが楽しみです。(入手できるのかなという不安もありますが)

王様な猫シリーズ四冊目。
人猫族の常識と人間の常識のあいだで板挟みになってる主人公ですが、基本的に明るくて順応性のある彼は、受け入れて生きなきゃどうしようもないことを悟り、前向きに努力してます。ああ、こういう性格好きだなァ。
でも、そんな彼に甘えっぱなしの人猫シータ(といっても、シータなりの努力はしている…でも性質が猫だからね、基本俺様だからw)は、ときどき見せる主人公の鬱屈に動揺したり必死になったり…つまり彼も彼なりに可愛い。やきもちの焼き方も私好み。

流されて受け入れるうちに、主人公はいつの間にかシータのことが好きになっています。
ドラマティックで決定的な「愛を打ち明けあう」みたいなシーンはなかったけど、私はこのなし崩しな流れが妙に好きでした。

1

一族と人間の間で

人間に変身できる黒猫シータと、大学生の光魚は一族公認の恋人同士。
光魚は一族の掟に従い、人猫の王様シグマから彼らの歴史を習っている。
勉強の合間にシグマの調香室を見学していた光魚は、誤って媚薬の瓶を割ってしまう。
二人っきりの部屋にあふれる香り。
そんな時、密かに憧れの人だったシグマが光魚を抱きしめてきて……

光魚、浮気編(という解釈でいいのでしょうか_自問自答)
そろそろ主人公の感情のアップダウンについて行けなくなりそうです。
なんでそうなる?っていうか君はそこまでシグマが好きだったのか!!?
この飛躍が秋月さんらしさな気もするのですが……
でもなーんか納得できないんですよね。

光魚にライバル(=女の子)現る?とか思っていたら情況を把握出来ないうちに解決してしまいました。
このお猫さまたちの大人になるという現象がイマイチ理解できていません。
あれ?これどんな都合の良いマジック?

人の常識と猫たち一族の常識と。
読んでいる私の気持ちがついていく前に光魚が納得して受け入れてしまうので、ちょっとおいてきぼりな気分になってしまうのでした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ