パパ's アサシン。〜ダニエルは飛んでゆく。〜

papa's assassin

爸爸的暗杀者

パパ's アサシン。〜ダニエルは飛んでゆく。〜
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神62
  • 萌×212
  • 萌8
  • 中立5
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
12
得点
387
評価数
88件
平均
4.5 / 5
神率
70.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
大洋図書
シリーズ
ミリオンコミックス HertZ Series(コミック・大洋図書)
発売日
価格
¥620(税抜)  
ISBN
9784813030843

あらすじ

万年モテ期の父・ダニエルと暮らす高校生の龍之介には秘密があった。それは、ダニエルに恋をしているということ。そんな報われない恋に打ちのめされていた時、ダニエルにそっくりな好青年・ヴィスと出会う。どん底から一変、龍之介はヴィスと付き合い始める。しかしある日、ふたりの関係がダニエルにバレてしまい!? 怒濤の第2巻登場!

表題作パパ's アサシン。〜ダニエルは飛んでゆく。〜

評価・レビューする

レビュー投稿数12

1巻と続けて読まないといけない

次巻の合間が長すぎて、1巻を読み返さないといけない。
始めて買った人がいきなり2巻だったら意味不明な内容になるとおもいます。

ただ続けて読むと面白いですね!
まだ2人に進展はないですが次巻でいよいよ!?ってワクワクします。
私的にはパパとの絡みを期待(笑)しているので
今はまだ中立にしときます!!

0

ん~なんといいますか

正直この話、ごちゃごちゃしすぎてて
何が何だかわからないというのが個人的な感想。
ドタバタ入り乱れ、前作からかなり期間もあいてしまったので
ストーリー的にも・・・ぐぬぅ。

父を愛してしまった息子と父のエトセトラなお話ですね。
なぜ父と似た男と寝るのか。
その答えを突き付けられたダニエル・・・・
そこから何か進展するかとおもいきや。。。あまり展開なかったですね。
完結したころにまとめて読むのが妥当かなというのが
読み終えての感想です。

ただ、ラスト
父と息子。二人で「手をつないでもいい?親子だから」の
下り。
父に触れられてうれしいうれしい。
はたから見てもフワフワが伝わるムスコがすごくかわいく見えた
好きな相手には触れたい。触れられたい
想いががっつり通じ、二人が交わることがあるのかどうなのか。
それが解決したころに次回読みたいかなと思います。

0

なかなか進展しないので

二巻で何となくパパのお仕事と龍之介との関係がわかります。でも、肝心の龍之介には、血が繋がっていないことや、パパのお仕事は少ししか語られないので、まだまだ二人はくっつきませんでした。

ただ、パパに似たヴィスから、「龍之介は本当はお前と寝たいんだ!」と言われたことによって、ちょっとパパの方にも変化があったかな?

龍之介の方はと言うと、恋人との別れよりも、パパが自分を選んでくれたこと、お芝居でもパパと恋人の振りをして逃げていることが幸せなのです。

そろそろ告白でもするかと思ったけど、まだまだ二人の仲が進展しないので、評価は中立です。

0

3年半

前の巻が出てからだいたい3年半。
いきなり続きで始まっても、前のお話覚えてない、、、
自分で書いた前巻のレビュー見てみると、前巻はまだ序章で、続く感満載のままブチ終わったので、評価棚上げ保留箱入りさせた記憶がよみがえった。
が、果たして発掘できるだろうか、いや、すぐには無理かも。
という事で、この巻だけの感想。

パパの過去ストーリーがおもしろい。
ダニエルと龍之介の逃亡エピソードもおもしろい。
アクション物としてはすっごくおもしろい。
これ、非BLのアクション物としてアニメとかになっていたら、龍之介とダニエルの関係に激萌する。
そう、二人の関係性はこのままで、二人がお互いに思っている感情もこのままでも、「非BL」で、龍之介の恋愛に関しての描写なしだったらね。
でも、この作品はあくまでも「BL」で、BLとしてのメインストーリーは龍之介のダニエルに対する報われない恋の行方な訳で、そっちが描かれないといけないのだけれど、、、それはわかっているのだけれど、、、

絵とか、恋愛じゃない方のストーリーとかはすごく好きで、作品としては神評価される作品だとは思うけど、BL作続き品として私の好みで判断するとダニエルの鈍感さにイライラして中立。

1

SHOOWAワールド全開

待ちに待った2巻!
SHOOWA先生は作家買いですが
中でもダントツ好きなのがパパsアサシン。

初めて読んだのはイベリコ豚でかなり
絵に抵抗があったのですが
今では大好きです♡♡
とくにパパ最高です♡♡

お話はアサシン(多分殺し屋って意味です)のパパ、
ダニエルとたまたま育てる事になった息子、龍之介
のお話しです。
息子はパパの事が大好きでそのせいか
年上ダンディー萌えになっています。
息子はパパにそっくりの彼がいるのですが
パパは反対して別れさせてしまいます。
なのにパパを嫌いになれない息子がまた
可愛いんです!!
この巻では色々とありまして現在二人とも
身を隠していますが是非!一巻から読んで
いただきたいです!!
SHOOWAワールド全開です!!

1

タツ子~!

シリアスとギャグが絶妙に入り混じっていて、唯一無二の味を出しているSHOOWAさんワールド。
3年ぶりに発売された二巻、龍のカミングアウトあり逃避行ありパパの過去ありで、ますます混迷して参りました!

カミングアウトしたことでどこか吹っ切れたようで、同時にヤケクソになっている様子の龍之介。
タツノオトシゴ抱き締めたりパパに素直に甘えてみせたり幼さやパパへの純粋な恋心を垣間見せる場面が本当に愛しい。
あと、マッチョAVをもじもじと選んだり、パパと恋人のふりができて、人知れず震えたり、なんて一途で健気なんだろう…
早く幸せになってほしいですが、ダニエルのお仕事や鈍感さを思うとこの先も一筋縄ではいかなそうですね。
ただ、ダニエルも龍之介を何より優先して大事にしているのはとても伝わってくる。
キューティーな龍之介とセクシーなダニエル、二人の逃避行の果てを見届けたいです。

0

3年ぶりの

待ってました!SHOOWA作品の中で一番好きなシリーズです。

今回はすごく急展開でしたね、愛の逃避行!
いきなり殺されそうになって、日本にすべてを置いてオランダへ。
ドラッグ(合法)でラリってハイになったと思えば、レストランでナンパされたときにダニエルが自分の手を握ってくれて嬉しいような切ないような気持ちになったりと、とにかく龍がすごくかわいかった!

知らなかったのですが、オランダは町にレインボーの旗が掲げられている描写が多く、同性愛に寛容なんですね。
いい国だと龍は言ってましたが、また二人は日本に戻ってほしい…
龍の友人二人やアチャコ、ヴィスさんなどはこれからどうなるのでしょうか ヴィスさんは早速不憫な目にあってましたね…

今ダニエルは龍の親権を剥奪されていますが龍はどう思っているのでしょうか… 彼の恋にとって親子の関係は足枷なんですよね。
三巻はいつごろ出るのでしょうか
次巻では二人が進展するといいなあ



1

So Cool, So Cute, So Sexy !!

前巻も読んでいるうちに、
あれ?あれ?これはこっちに行くの?と思ったが
今回はそれを大きく上回る急展開。
ジェットコースターのように、銃撃戦、逃避行、と続く。

そのハードボイルドな展開と、シリアスな過去編、
それに独特の時にシュールなギャグが組み合わさって、なんとも面白い!

龍之介が抱いて寝ているタツ子は
巨大な竜の落とし子のぬいぐるみだったのねw
そして、ほほう、バナナはパパの手作り!ww
ヴィスの登場は単なる偶然とは思えなかったんだけれど、
うまく逃亡劇に利用されて、このまんま退場?いやどうなる?

海外に逃げたダニエルパパと龍之介。
恋人のふりでパパと手を繋いで幸せそうな龍之介や、
エロ本を選んでいる(パパに買って貰う)場面の可愛さ。
直接的なエロはないけれど(自慰はあるよ)、龍之介の思いが切なくて
パパがセクシーで(現在もだけれど過去編がイケメン!)、
キュンとする。

とにかく続きが待ち遠しい!
そして、次は誰が飛んでゆく?


※前巻の表紙も面白かったが、今回の表紙はよく見るとかなり面白い。
 そしてカバー下は、笑え続きる迷路(今回は作者作)。

4

パパと息子の愛の逃避行編!

発売をそれはもう楽しみにしていました。
やっとですネ!

パパにそっくりな見た目の青年〔ヴィス〕との出逢いを「神様からのプレゼント」だと言って彼にパパの幻想を重ねて何とか心を満たそうとしていた龍之介が、パパにヴィスとのオトモダチ以上の関係を知られ無理矢理連れ戻されるところで、ストーリー的にはまだ何も始まらないまま、まさかの【to be continued…】だった前作ですが…

ついにキタYo!の超・超・超急展開です!
今回はパパ〔ダニエル〕のターン。
アサシンだった頃のパパと、龍之介の出自、パパがあの女性から龍之介を託されることになったいきさつなどが明らかになります。
今回は恋愛色は低めなのでその向きを楽しみにして読むと物足りないかもしれませんが、ストーリー的には俄然面白くなっています。
ストーリーに関するネタバレは控えますが、ページを捲るワクテカが止まりませんでした。
若い頃のパパがまたこれイイ男なんだ!

龍ちゃんとパパの関係に進展はなくとも合間合間に挟まれる龍之介の心情には前巻以上に切ないものがあります。
日本での何もかもを捨てて二人だけで海外に逃げる続きのですから、龍之介にとっては事態は飲み込めなくともまさに「愛の逃避行」な訳で、恋人を捨てて自分と二人っきりでいてくれる優越感に不謹慎ながらも幸せを感じていたり。
でもそれが幻想でしかないこともまた心では分かっていて打ちのめされていたり。
ラストつら~(T_T)
あーまたこれで次を何年も待つのかぁぁぁ(;´Д⊂)゜。

しかしパパの度を超した行動で龍之介の本当の気持ちに気付いてしまったヴィスは鋭かったですね…
ヴィスが龍に送った最後の短いメールを親子が揃って読んだ状況の痛ましさには思わず胸が詰まります。(ヴィスと龍は知らないが、龍のメールはパパも受信しています)

それはさておき、なにはともあれ、龍之介のきゃりーぱみゅぱみゅ的なヘンテコ女装がカワユスギでした!

2

パパはアサシンでしたね!

前作は龍之介の切ない恋に焦点をあてたお話という印象が強く、その続きを読むテンションで本を開いたら今作はバイオレンス回&パパの過去と龍之介の出生回でした。
そうだ、この話そもそもの始まりはソコから始まったんだった!
スッカリ頭の片隅にいってましたよ(;^_^A

今作では命を狙われドンパチをして、海外へ逃げます。
Q.え?いきなり?? A.ええ、いきなりです。伏線あったにしろ急展開です

逃亡生活ではパパの裏の顔が沢山見れます(カッコいい!!)
龍之介を守るのに必死になるパパを見て、状況が飲み込めないながらも龍之介は「不謹慎ながら満足」と受け入れてます。(かわいい!)

平和な前作から一転、状況は緊迫したバイオレンス回でも、龍之介はパパが好きなのには変わりなく、龍之介を見てると切なくてキュンキュン!
ナンパを断るのにパパに手を握られ、頬染めて俯いてるトコとか
クッソかわいい過ぎ!!(///Д///)〜3
あとラストの手を繋いでもらって「手がジンジンする」のモノローグと何とも言えない横顔は、ちょっと泣きそうになりました。
健気で一途な龍之介が幸せになれるこ続きとを祈らずにはいられません。

書き下ろしは「龍のキューティー列伝」
龍がキューティー過ぎてパパは殺されてますwしかも続くらしいw

ちなみに今作はエロ無しです。チューすらない。
チョロっと龍之介の072だけ(。-_-。)お話の流れ的に仕方ないね(残念)
ただ色気はイッパイ堪能出来ました。終始パパカッコよすぎ・・・

評価が悩みどころ・・・
過去回にBL萌えが無いのとチョコっと難しかったので、全体を見ると萌〜萌②ぐらいなのですが、龍之介の切ない片思い部分にはキュンキュン度がハンパなかったのとパパがカッコ良かった欲目で神にします(=´∀`)♪

3

パパがスタイリッシュ

shoowa先生の描く雰囲気に痺れてからはや数年
一巻から引き続き主にコメディ調で、アッ…もウッ…もない展開のお話です。
にも関わらず何故こんなにも心が切なくなるのか。これがshoowa先生マジックなのか。
即効性のある劇薬のようなドキドキとは違う、なんというか一ヶ月後にふと読み返したくなって、落ち着いた頃にまた読み返したくなって、その度に面白いなぁと満足できてしまう、コーヒーや煙草みたいな作品だと思います。
ネタバレ&個人的嗜好ですが、2巻の最終話
「手がジンジンする」
「さっきからずっとジンジンする」
このモノローグにあのイラストを当てて語るセンスがたまらなく好きです。
それに台詞のないカットでも、表情の余韻がすごいです。
本当に映画を見ているみたいだ。
親子それぞれ、二人の関係とか未来と向かい合うことを、ちゃらけたから騒ぎでかわしつつ、そろそろかわしきれなくなって破綻してしまいそうな感じがいい。

3

親心と恋心、どっちが強いというわけでなく…

そのような予感はしておりましたが、『続く!』でございました…
ああ、また長く待たなければいけないのですね(涙
連載が年に一、二回だったこの二巻ですが、雑誌掲載がもう少し増えると良いなあ。

前巻は龍之介がパパ・ダニエル似の男、ヴィスとの密会(?)中にダニエルから連れ出されるところまででした。
ここが激しく痺れた前巻。
龍ちゃんはずっとダニエルが好きで好きで仕方ないのですが、ダニエルにとっては目に入れても痛くない最愛の息子でありまして。
血は繋がってないんですけどね。
龍ちゃんが大きな、しかも得体の知れない(なんかタツノオトシゴらしい)ぬいぐるみを自分の心を守るように抱きしめてる様が泣ける。
そして、ゲイ(バイ)だとカミングアウトした後、ダニエルがくれたバナナのマスコットと一緒に寝てるのがもうねえ…
シュールな笑いに隠された切なさが凄いです。

しかしそんな切ないのもつかの間、龍ちゃんとダニエルの逃避行が始まります。
龍ちゃんの本当の生まれについてもこの巻で明らかにされ、その生まれのせいで今迄狙われていたのですね。
ダニエルはアサシンだった過去がありますが、今続きはその仕事からは引退し、龍ちゃんの身を守り隠れて暮らしていたわけです。
が、それがとうとう見つかり、殺し屋が多数襲いかかる中の出国。
ただ、そういうことに龍ちゃんが文句も言わずダニエルへと従い、そして、それが結果的にダニエルを独占する形となった現状に喜びを感じているのがねえ、健気だよ、本当に。
手を繋いで歩く、そんな触れ合いだけでもダニエルを感じ、そして自分の欠けたままの心は一生そのままなのだと確信する龍ちゃんが…ああ、ホロリ。
「恋はカイワレだ、龍」ってダニエルのモノローグ、吹きますけども、でもなあ龍ちゃんには恋はカイワレじゃないんですよね。
刈っても後から後から生えてくるものとは違って、一生深く根を張る、そんな恋なのですよ。

余談ですが、ヴィスが完全にただの当て馬(や、ただではない気の毒な当て馬)だったのが意外でした。
前巻で出た時は殺し屋かと思ってました、ごめんねヴィス(苦笑

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ