真夜中は相思相愛

mayonaka wa soushisouai

真夜中は相思相愛
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×24
  • 萌9
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
43
評価数
13件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784832289642

あらすじ

「行くとこないのか、拾ってやろうか」マジメな会社員・貴明さんの自宅に住まわせてもらう事になった大学生の留以。居場所と引き換えに「相手を抱いて悦ばせること」が自分の処世術だった。でもなんだか貴明さんは今までの人たちとは違うようで・・・?本気の恋を知るヒモ大学生×年上のリーマンの大人な純愛ラブストーリー。

表題作真夜中は相思相愛

留以,大学生,受に拾われてヒモ状態,19~20歳
月島貴明,マジメで不器用な会社員,28~29歳

同時収録作品その気にさせないで

井上,高校1年生,受になついていた中学の後輩 ?
笹塚渉,高1,交通事故で留年し攻とクラスメイト ?

その他の収録作品

  • 真夜中も相思相愛(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数7

可愛いけど物足りない

行く場所のない大学生の留以がリーマンの貴明に拾われて同居生活をはじめます。
今まで場所と引き換えにセックスでお礼をしてきた留以は、貴明も同じことを望んでいるのだろうと思っていたけど、貴明は場所を与える条件ではなく、純粋に留以に惹かれています。

留以はそんな貴明に対し、今までの相手とは違う恋心を抱き始めるというかわいいお話。
絵もとてもかわいくて、お話にマッチしていました。

ただ、内容的にはちょっと物足りなく感じました。
さらーっと読むにはいいと思います。

0

可愛い同居生活

村上さんのお話は可愛くて初心者でも読みやすい…という印象が強いですが、このお話はけっこうえろえろで珍しい感じでした。
可愛いお話なのはそうなんですが、「セックスしないでも好きでいられるか」というテーマがあります。

サラリーマンと大学生の年下攻めで同居ものです。大学生の留以は貴明のヒモとして家に置いてもらう代わりにご奉仕する日々。でも本当はあんまりセックスが好きじゃない、でもしないと捨てられるかも…。
受けの貴明は真面目な堅物に見えるのに情熱的で、留以は軽い遊び人に見えて一途という、二人ともギャップがあって個人的には好感度が高くカップリングとしては好みでした。
村上さんの描く無愛想な受けが大好きです。

お話は二人が同居しながら愛を確かめ合うというシンプルな構成で、正直に書くと一話でも終わりそうなお話が何話か続く感じで設定の割りにはストーリーが長いなーと感じました。
すでにくっついてるカップルを一冊読みたい方にはオススメだと思います。

最後に一話だけ読み切りが入っています。
こちらは学生の恋でかなり可愛いお話でした。最近村上さんの作品は学生ものばかり読んでいたの続きで、こちらのほうが短いなりにしっくりきました。
事故で一年留年した高校生が、中学のときの後輩と同じクラスになる…というお話なのですが、ずっと「先輩後輩」の仲で「先輩」と呼ばれていたのに、同級生になって名前呼びになってドキドキ…というすごーくピュア感があります。
ソフト過ぎてちょっと物足りないのですが、このくらいのテイストでもドキドキするお話を描けるというのは本当にすごいなあ。
この二人は出来ればその後も見たいな、と思ってしまいました。

1

ぎこちない優しさ

安定した生活のために必要なのはセックスで、求められる間は捨てられない。
刹那的な生活に疲弊しながらも、新たに貴明に拾われて始まるヒモ生活。
快楽を与える事で成り立っていると思っている留衣が、貴明の不器用で優しい愛情に尽くされる喜びを感じて今まではと違う感情を持つようになる。
気ままな男が手懐けられ、ちゃんとした男になろうとする姿にほくそ笑みつつ、貴明の不器用な愛情の示し方に時折きゅんとしてしまいます。
お互いにいつか捨てられる。
そんな不安を抱えながらも少しずつ気持ちを向かい合わせ、手探りだからこそ正直な言葉を紡いでいく。
これからも一緒にいられるようにと、約束するまでになる気持ちの動きを、密やかな夜と明るい昼に比喩されてじっくりと描かれていました。

0

さら~っと読めますね。

大学生:留以×リーマン:月島貴明です。
まぁ、可愛い話でした。出会い方はぶっとんでましたが・・・
正直、一目ぼれしたと相手とはいえ、素性がわからない人間をホイホイ家に入れるのは良くないんじゃないかなぁ~と普通に思っちゃいました。

まぁ留以は今までヒモ同然の生活をしていたけど、真面目にバイトをして家賃を半分でも入れるようにと更生したのでよかったですね。
って感じですね。
個人的には、貴明に指輪を渡すところまで読みたかったですが。どっかで読めたらいいなぁ~。

【その気にさせないで】
井上×笹塚渉の高校生ものです。
短編集なので、めっちゃレビューしにくいです。

笹塚は交通事故で1年留年してしまい、1年後輩の井上と同級生になります。その時に井上に敬語と先輩は止めろと言うのですが、中々改善できず・・・
で、練習で名前を呼ぶことにしたのですが、まさかの苗字ではなく名前で呼び捨てにされドキドキします。そのことを井上に報告して終わりでした。
キスすらもなかったので、続きがあるのかもしれません。

前作の「にゃあと鳴いたら」が良すぎて、全体的にすごく薄味だなぁ~と思続きってしまいました。
村上先生はやっぱり、もっとリバを描いていただきたいのですね。

2

いろいろ薄味

サラリーマンの貴明(受け)に拾われた大学生の留以(攻め)。ずっとヒモ生活で、相手を抱いて満足させることで居場所を作ってきたが、貴明はセックスしなくていいと言う。あまりセックスが好きじゃないから願ったりのはずなのに、なぜかそれほど嬉しくない自分に気づき…。


本の半分くらいまで、この2人お互いのどこが好きなんだろう、と思っていました。どちらも無理して関係を持続させているかんじで、萌えないし感情移入できなかったです。部屋に住まわせてほしくて義務的にセックスしてる攻め、一目惚れの相手を引き止めるために慣れない料理を食べさせる受け。打算と妥協で付き合ってるとしか思えなかった。
途中から攻めが受けを好きになってきて、どうにか萌えられるようになりました。でもそこに至るまでが結構長くてダレた…。

村上左知さんはかなり昔から読んでいますが、元々イラストが薄味だったのが、最近ますます薄いような気がします。
キャラクター自体もそうですが、背景や小物の描きこみがなさすぎます。見開きの2ページにまったく背景がないこともしばしば…。ただでさえキャラの造形がシンプルなのに、キャラの顔だけでストー続きリーが展開するのはちょっと手抜きすぎるかな、と思います。

2

Hはあまり好きじゃないヒモ攻めが…

村上左知さんの本、初読みです。
失礼ながら、絵柄も内容もあっさり~という印象があって、
今まで手を出してこなかったのですが、
サラリとはしているけれど丁寧であたたかで、思ったよりいいなぁ。
新刊が出たらまた買いたいなと思いました。


■表題作「真夜中は相思相愛」4話+描き下ろし
本気の恋を知らないヒモの大学生(表紙右) × 不器用なリーマン(表紙左)

転々とヒモのような生活をしていた攻めが受けに拾われ、
いつものように居場所を確保するため、捨てられないために、
本当はあまり好きじゃないセックスを。
でも、それまで抱かれて満足そうにしていた受けが、
ある日「もうお前とセックスはしない」と言い出して…


表情が乏しくて、ツンとしても見えるんだけど、
不器用ながら攻めのために下手な料理を作ったりと、
地味に世話焼きの健気な受けが、とても愛おしい。

そして、そんな受けに、
最初は義務的にセックスをしていたヒモ攻めの心も動いて、
はじめての恋を知り、成長して変わっていって…

お互いに相手の気持ちを考え過ぎて、ぎこちなくなったり、
誤解続きがあったりする中で、徐々に揺るぎない関係になっていく、
その様子が、丁寧に描かれるのがよかったな。

展開はありがちなものが多ですし、
Hシーンも回数は結構あるけれど、短めなのでエロさあまり…なんですが、
じんわり…と心をあったかくしてもらえました (*´ω`*)


■「その気にさせないで」1話
交通事故で1年留年してしまい、懐いてくれてた後輩と同じ学年に。
周りに気を使わせないために「先輩」呼びをやめろと言ったら、
下の名前で呼ばれて、その後輩くんをすごく意識しちゃって……
キスもなしの、とても微笑ましい高校生のお話でした。


アニメイト購入だとリーフレットもついてお得感ありで、
買ってよかったなと思った1冊でした。
萌え×2寄りです☆☆

5

受攻固定

毎度毎度、リバはあるかなって思いながら読んでる作家さんです。

これは割りと、受攻がかちっと決まってる作品でした。年下攻め。ひっくり返るかなっていうドキドキ感はありませんでしたので、「萌」で。

二つのカップルのお話が入っています。後半の短編は、高校生同士のお話。こちらも年下攻め……かな。いたしてませんが。恋の入口って感じで、初々しかったです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ