グッドバイライラック

good bye lilac

グッドバイライラック
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神51
  • 萌×231
  • 萌8
  • 中立4
  • しゅみじゃない2

37

レビュー数
12
得点
407
評価数
96件
平均
4.3 / 5
神率
53.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
大洋図書
シリーズ
H&C Comics CRAFTシリーズ(コミック・大洋図書)
発売日
価格
ISBN
9784813031154

あらすじ

高校教師の笠井にとって、加藤怜二という生徒は手のかかる、だけど可愛い生徒だった。加藤から好意を告げられても、教師と生徒のラインを超えることもなく春の訪れとともに、加藤の卒業を見送った。

あれから数年。加藤は教師となって、笠井の勤める高校に赴任してきて──

表題作グッドバイライラック

笠井真一,受の担任の高校教師,26歳~
加藤怜二,高校3年生→新任の高校教師

その他の収録作品

  • 先生との日々。(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数12

最高に愛の籠った初恋

久々のレビューになります。あまりにも素晴らしかったので指がついつい動いてしまいました(笑)

私は元々ゆき林檎さんの作品を好んで拝読していまして、その中でも「玉響」がとても好きでした。
発行は大洋図書さんなのですが、同じタッグにまたしてもやられるなんて、、、
一生ついていこうと思いました!!(笑)

この本を読み終わってまず思ったことは「こういう終わり方でよかった」でした。
個人の勝手な分析になるんですが、ゆき林檎さんは堕として堕として最後に少し上げるスタイルだと思っているんです。鬱展開大好き人間にとっては申し分ないお話の組み方だと感じております。
そして最後に上げた後の詳細をあまり描かないところが味を出しているなあ~と思っています。

私はあんまり後日談などでハッピーな日常を送られてすぎていると、今の今まで鬱ムードで(私は)最高にハッピーだったのに(;ω;)と思ってしまいます(笑)
それに引き替えゆき林檎さんは鬱を残しつつささやかな幸せで気持ちを落ち着かせてくれる。そりゃあ病みつきになっちゃいますね!!
長々と失礼しました、以下が本文の感想です(ノД`)・゜・続き

表紙から二人の交わっていない思いが視線の向き、そして向いている方向、表情からひしひしと伝わってきます。そして水彩の塗りもいい味を出しています。

今作は攻めの笠井先生視点で話が進んでいきます。
受けの加藤はその生徒で受験真っ盛りの高校3年生。進路室で煙草、そして出席日数がぎりぎりだなんて最初は不良かと思いました。しかしその煙草(メンソール)に深い意味があったんですね。
最高な伏線回収(?)でした!
(ここのシーン、バレー部セッター黒髪の某キャラが頭に浮かんだ方は他にもいらっしゃったんじゃないでしょうか?)

好きだという気持ちをさりげなく伝えるも「生徒とそういう関係になる気はない」と見事に撃沈。
そして笠井にとっては印象に残った少し特別な生徒だった。として無事卒業。
数年後に話は飛び、その加藤が自分のいる高校に新任教師として赴任してくるところから2話が始まります。

久々に会う笠井と加藤。同じ高校の教師になってもお互いの関係は昔と変わらない「教師と教え子」のまま。大学時代数多の男女と経験を重ね、今も1年間同棲しているのにも関わらず笠井先生のことが忘れられなかった加藤。
読んでいて胸が締め付けられるような、作中で笠井も言っていますがこんなにも人を愛すことができる。そしてその愛を一身に受け止めている(この時点では両想いではありませんが)関係が、ああすごいなあ。恋愛は数をいくら重ねてもここまで上り詰めるのはどれだけ大変なことなのだろう。と、ふと考えてしまうくらいでした。
自分を殺してくれるなんて(最愛の人に殺されるなんて)最高な死に方だ。
加藤が発言したこんなにも最高な殺し文句はなかなかないと思いますし、やはり初恋であり心の底から愛しているからこそ言える台詞なんだと思いました。

4話で笠井の父親のもとに訪れ、そこで「笠井に恋人はいるのか」「息子には幸せになって欲しい」
そんなことを告げられた加藤の心境を思うだけで胸が苦しくなります。
自分の一方的な感情で笠井の幸せを奪ってしまうかもしれない、そんな自分は疫病神だと加藤は自身を叱責します。普通の本(?)だったらここで笠井が加藤を抱きしめ、そのままいい雰囲気~になるはずですがこの作品はそうはいきません。(そこが好きです♡)

そしてその晩、笠井は加藤を(酔った勢いではありますが)抱いてしまいます。
この話最終頁の「夢みたいだ」とつぶやく加藤の右腕の部分。
窓枠の形でちょうど【十字架】の形に見えます。
聖職者や十文字という単語をみかけたからなのかもしれませんが、私はこれを罪の意識や神の裁きじゃないですけど、今後訪れるのであろう良くないことを予感しました。

その後笠井は加藤を抱いたことに自身の生徒とは関係を持たない。という思いとぶつかってしまいます。そしてそのことによる挙動の不振さを改善するために加藤は距離を置くことを告げました。
さらに追い打ちをかけるように加藤の元彼が暴れ出し、笠井の過去を彷彿させるような事件(詳細は省きますが加藤が教師として学校にいられなくなるような状況)が起こります。
このことがきっかけとなり加藤は辞表を提出。しかし笠井は二度も過ちをおかしまいと必死に抵抗を試みます。未だかつて笠井がここまで加藤のことを個人的に思い、心境の変化を感じさせられるシーンがあったでしょうか。
しかしその努力の甲斐もなく加藤は辞職、行方をくらましてしまいます。
その頃同僚の教師に背中を押された笠井は、行方が分からなくなっている加藤の情報を聞き九州へ飛び立ちます。
そして再会した二人はホテルでセッ―ーになりません!!←ココ大事
びしょ濡れ疲労困憊の笠井はそのまま布団の中で眠ってしまうというところが、妙にリアルですごく好きでした笑

「幸せにするなんて無責任なこと言えない。だけど加藤に起こる不幸を半分持ってやることはできる」
普通だったら幸せを分かちあおう。なんていう台詞がでてくるであろうシーン
しかしそこであえて不幸を一緒に背負っていこうと言ってやれる、そして「好き」ではなく「愛おしいよ」と告げる笠井。
何もいう事はありません;;
というかそれを伝える語彙が私の辞書の中にありません!
幸せというプラスなものではなく、不幸というマイナスを分かち合うことができる。そんな関係こそ相思相愛であり、最上級の愛の形ではないでしょうか?

ライラックを見た時の笠井の過去の加藤との記憶を表すシーンついに涙腺が緩んでしましました笑
ゆき林檎さんの作品は本当に精神病者が細かく、その描写も絵に事細かに描かれています。
教師と生徒、そんなよく聞く設定だけれど一味違った味わいを残してくれる、そして新たな発見と気づきを与えてくれる。そんな作品でした。

1

特に受けが魅力的

先生と元教え子の恋。物語の大部分は受けが教師になって赴任してきてからですが、高校時代の内容も少し含まれています。無邪気でどこか危なっかしい十代特有の雰囲気が丁寧に描かれていてとても好きです。再会後では攻めに対して好き好きアピールをしたり同じ建物に引っ越してきたりととにかく押せ押せで一途なのに、性に関してはゆるっゆるでハプバーでの受けがとても可愛いと思います。個人的には暫定今年のベストオブ受けだと思っています笑 攻めがノンケなのでどこを終着点として持っていくのか気になっていましたが、受けのことを追いかけて気持ちを伝えるシーンがとても素敵です。絵も素敵で読み応えもあり、是非たくさんの人に読んでほしい作品だと思いました。

2

教師X生徒ものBLではベスト!

先生に私も惚れました〜!
どのセリフもしっかり練られていて、笠井のキャラクターとぴったり合い人物像が浮かび上がってきます。
冷静で客観的に物事を考えられる、恋愛では押しに弱い性格。
勝手に理数系の先生かな?と思って読んでいました。

心に残るシーンとセリフが沢山あるのですが、特に印象的だったのは、

「頭なでてやるくらいはできたかな・・」

「ちょっと怖いよ・・」

「愛しいよ」

ほか、校長に加藤に対する気持ちを正直に伝え守ろうとするシーン、
笠井が教壇で守ってきたものが崩れるのを感じるシーンも心が動かされました。

メンソールに気がついたが蓋をした笠井とは対照的にそのタバコに気がつき告白する加藤など、各所に散りばめられている伏線を使って丁寧に笠井が流されながらも加藤に対する情が深くなっていく様子がよくわかりました。

この関係は、情愛という言葉が本当にぴったりだなぁ。

所々、水城せとな さんの「俎上の鯉は二度跳ねる」に通じるところがあり、影響を受けているのかな?と思いました。

兎に角、この喉の奥がツーンとする感じ、BLでは久しぶりに味続きわわせていただきました。ありがとうございます!
読後になんとも言えない萌えを感じたのはただ単に先生が好みだったからかもしれない(笑)ですが神評価で☆

1

オトメBL。

恋する切なさやきゅんとする描写が乙女っぽくて好きな作家さまです。絵柄も綺麗めで少年漫画より少女漫画寄りのBLでしょうか。線が細く、しなやかそうな人物の裸体がセクシーです。

今作は高校教師(笠井)と教え子(加藤)を描いたお話ですが、全体的に儚げな印象が強く、加藤の思いの行方がどうなるのかハラハラしつつ、彼の切ない恋心に引き摺られながらエンディングに向かって読み進めて行きました。明らか笠井は加藤の強い思いに絆されちゃって根負けした感が伝わってくるのだけれど、結局最初っから可愛いかったんだよね。加藤が可愛くって仕方がない様子がよーくわかる(笑)

ストレートなエロ描写よりも隠す方が萌えるので、温泉銭湯の脱衣場のシーンとか(タオルで隠れている部分がエロい)、加藤が笠井に乗るシーンの身体の描き方、身体を繋げた後のキスシーンに地味にコーフンしました。このお話が気に入った方は、加藤のキャラに魅力を感じたんじゃないかな。先生の家に泊まった翌朝、「だっこ。」って甘えたり。カレシと寝てケンカした直後に先生んトコに行くなんて、小悪魔だよなぁー。作中、加藤は「魔性」って言われているんですよね。ただ一続き人の人だけをずっと思っていて、身体は許しても心だけは誰にも開け渡さない。彼が張り巡らせている見えない結界みたいなものが、却って色気を増大させるんでしょうね。。

紫色に烟るようなライラックの花言葉は「初恋」。初恋の成就って一つのロマンだけれど、加藤ほど執念深くなくては実らないものなのでしょうか…。前作にも抱いた印象と同様、少しだけ痛くって、叙情的な雰囲気が漂うラブストーリーでした。

2

印象にはあまり残らなかった

割と好きな話ではありましたが正直そこまで印象に残っていない感じです。
「マジックメールチョコレート」が好きで作者買いしたものの、すっきりしないまま終わりました。何度も読み返したいとはあまり思わなかったです…。
受けが攻めの事を大人になっても追いかけていくのは可愛かったけれど、攻めが流されすぎなのか、最後追いかける所も、いけー!!!とはならなく、ただただ読んでいました。
書き下ろしはとても可愛かったです。お互い好きなんだなーとそこでは思うけど本編はやっぱりうーんって感じでした。
シリアスが苦手とかじゃないのになぜかこの本は感情がイマイチ入らないまま読み終わってしまいました。

1

攻め視点(ネタバレ)

高校教師×高校生3年→高校教師×新任の高校教師
攻めの笠井真一視点です。

まずは受け、加藤怜二の高校時代の話から始めます。
加藤はある出来事で笠井先生を好きになります。
先生に告白するが、振られる。
二人の間に距離が出来、そのまま加藤は卒業をする。
笠井先生は加藤のことは好きではないが、可愛い生徒として見ている。

5年後。
加藤が新人教師として笠井先生の元へ行きます。
加藤には同棲のセフレがいる。男。
しかし、セックスの時に先生の名前を呼んでしまったせいで、
加藤は追い出される。
そして先生の住んでるマンションで引っ越す。
部屋は先生の部屋の1階下。
加藤はよく先生の家へ行く。そして未だに好きだと告げる・・・

切ないお話です。
受けの片思いの話ですが、中盤から受けは結構ぐいぐい行きます。
先生視点の話なので、受けの高校時代から新人教師になり、告白され、
その後色々、どういう考えで気持ちが変化していくのかが分かります。

絵はきれいですが、所々病んでいる雰囲気があります。
セックスのシーンはそんなに描かれていません。

話は大体予続き想できたので、萌えで。
最後はハッピーエンドです。

0

物語の輪郭がぼんやりしていて、心に響かない

≪あらすじ≫
高校の先生(攻め)が好きな生徒(受け)。
主人公の攻めは、強くアタックされますが、
それを受け入れることはありませんでした。
そして、攻めをめざし、受けは新任教師となって、
高校に戻ってきます。
そして、同僚として攻めと受けは働くことになります。
当時、受けにはセフレ的な存在の人物がいましたが、
攻めと再会したことで別れることとなります。
再度、元生徒の受けは、攻めに告白し、
好きになってもらうように頑張ると宣言しますが……?

----------

とにかく元生徒の受けは、教師の攻めにがんがんアタックします。
物怖じしないってこういうことか、って感じです。
でも、攻めが受けの事を何とも思っていないところが
序盤は哀しいところです。
完全な片想いだなぁ……一途ではあるけど。
でもこんなに拒否されているのに、それでもしつこく
付きまとっているというか、なよなよしく言い寄っているのは、
あまり好きなシチュではありません。
「殺して、俺の肉食べて。それで一緒になりたい」とか
受けが言っている場面は、正直ドン引きでした。
病んでる続きなぁ…。

ある日、酔っぱらった勢いで攻めは受けと体の関係を
持ってしまいます。
うーん、罠にはめた受けも、それを何となん分かっていながら、
自分から罠にはまったように見える攻めも
どっちも最低に感じる場面でした。

その後、以前受けが付き合っていた男から
受けがSEXしている写真が学校にFAXで送られてきます。
いわゆるリベンジポルノ。
リベンジポルノを扱っているBL作品を読むのは初めてです。
気持ち悪いものですね。
過去の男の精神的な「病み」が見えます。

そして学校内にFAXの噂が広まり、受けは退職。
その時、最後まで受けを守ろうとして、校長に頭を下げた攻めは
カッコ良かったです。
その気持ちだけは偽りないと感じました。

そしてラスト。
受けの想いはついに攻めに届いて両想い。
でもまだまだ両想いになるまでの経緯がぼやけていて、
充分ではないと感じました。

◆◆◆

最後は朝チュン?
良くわからなかったけど、初めて寝た朝かな?
もっと詳しく台詞を! 朝チュンでもいいから!

描き下ろしは可愛くて良かったです。
もっとギャグ顔を本編で見れるような作品が読みたいと
感じました。

今巻は、ちょっと話がぼんやりとして、
登場人物の心情もよくわからなかったトコロも多かったので「中立」で。

9

教師×生徒

高校教師の笠井(攻め)は、かつて教え子だった加藤(受け)という生徒に想いを寄せられたことがある。教え子と関係を持つつもりはないと断ったが、卒業して数年後、加藤は新任の教師として再び面前に現れた。いろいろと危なっかしい加藤の面倒を見ているうちに距離が近づいていくが…。


教師攻め、元教え子が受けです。
問題児だった高校時代に、大切な言葉をくれた先生を好きになり、告白した受け。でもまったく脈はなく、きっぱりと断られます。
攻めは、やや保身が強すぎるきらいはありますが、まっとうな人です。教育実習生時代に、生徒と恋愛したために退職に追いやられた教師を見たため、余計に「教え子に手を出すなんてもってのほか」という意思を持っています。
それは受けがもう生徒ではなくなり、同僚教師になってからも同じで、「元教え子に手を出すなんて」と思っています。

受けが健気で可愛かった。でも先生に振られてから男女問わず付き合っていた、身体の関係もあった、というところには少々引っかかってしまいました。もうちょっと一途だったほうが個人的には好みだった。攻めよりも恋愛経験が豊富なのがなぁ…。攻めに似ている続き痛い彼氏だけでよかったかも。

情景描写がうつくしくて、じんとしました。
タバコの使い方がよかったな。

4

詩雪

はるぽんさん

こんにちは♪
タバコの"使い方"、私もそれ思いました。
ところではるぽんさんの新しいプロフ画像、かわいいな。
猫ちゃんのクリスマスver.とか、いろいろ変化するの密かに楽しみにしてたんです~。という、レビューと関係のない話になってしまいましたが(笑)。

最高!!

まずは読み終えて10分ぐらい、心拍数が落ち着かなかった気が...。
後半の流れがすごくよかったなぁ。

イラストはもちろん美しいですが、私はストーリー、セリフ、モノローグすべてに持っていかれました。確実に熱が上がっているとわかっていても、それだけじゃ前にも後ろにも行けない状況。そして告白シーンまでの流れが、もう、もう・・・もう!!!なのです(言葉にできない感情)。

よい意味で疲れそうなお話だと思ったけれど、私は加藤の予想外なキャラ&魔性っぷりに「もっと、もっと」と読んでおりました。でもそれ以上に、笠井がいい男でしたよ。

はぁ、しばらくこの余韻に浸りたい...

5

はるぽん

コメありがとうございます。
こんなに好きになってもらえたら、ほだされずにはいられないよね、というお話でしたね。

プロフ画は、先日「BL以外に集めているもの」というトピックに「人形」って書いたので、ちょっと人形を載せたくなってしまって…。(笑)
猫のクリスマスver.! クリスマスの2日間だけ載せてたのですが、見ていただけていたとは…ありがとうございます♡

読後がすごくきもちいい

先生じゃないが、受が通過してきた男にも女にも嫉妬してしまう。
そのくらい一途でまっすぐな受がカワイイのです。
また、そんな一途で誰から見ても可愛い受に
あっさり籠絡されちゃわない攻がまたおいしいのです。
突き放すわけでも受け入れる訳でもなく。
ある意味生殺しといえばくもないのですが、空気感がいい。
生徒と教師という立場故の線のひき方がうまいなと思いました。

卒業してからの2人。
教師になった受との再会。
再開してからの受のキャラの崩壊っぷりに笑いつつ。
まっすぐに隠すことなく向けてくる好意、態度がひどく可愛い。
卒業の日、先生に渡して去ったタバコと同じものを
先生が吸っている。そりゃときめくわと思ってしまうがな。

男を好きになる可能性が少しでもあれば。
可愛いとは思う。他の生徒より、他のだれよりも。
でも恋愛の対象としておけるのか。女であれば・・・
葛藤の先に見出した答えにキュンとした。
普段感情をあらわにしない攻が、受の露見事件で必死になってくれる
そんな姿にときめいた。

末永く。お幸せにと願うしかあるまい。

3

お前に起こる不幸を半分背負ってやるよ..

久しぶりのゆきさん作品堪能させて貰いました

教え子と先生から始まるストーリーです
教え子の加藤は部活のエースだったけど、怪我で故障しその後の回復も見込みなく

そんな時に励ましてくれた先生笠井に焦がれる様になります
ゆきさんの書く台詞が凄くいいんです
無理に励まさず、正論を押し付けず、自分の経験談を率直に語る笠井の誠実さが滲むんです

加藤が惚れるのも解る!
笠井の要所で語る台詞が好きでした
偏見や押し付けがなくて、とても自然に相手を掬い上げる言葉で
ゆきさん上手いなぁとしみじみです

笠井に想いを告げてからの加藤の健気で直情で、でも時折見せる自信のなさがめっちゃ可愛くてキュンキュンしました

加藤の過去や笠井の未来など、彼ら周りに起こる問題と向き合い、じっくりじっくり積み上げていく、気持ちと関係に胸が痛かったり切なくなりました

情から始まる愛 情愛
先生、僕の事好きですか?
愛おしいよ

焼ける様な激情で流されない大人の先生だから
こその熟慮を重ねた誠実で深い告白
先生大好きです!とわたしが叫びそうになりましたw
テンポもよく、時続き折見せるコミカルな二人
可愛い加藤と疲れ気味でも紳士な笠井
楽しい 可愛い 切ない 深いと大満足な一冊でした
何度も読み返して萌えたいです

6

迷っていたあの頃にさよなら

高校教師の笠井が、元教え子にほだされるまでの経緯を巧みに描いた作品です。


加藤は教師の笠井に憧れ以上の感情を抱いていた。
ある日加藤は「もし俺がすごい可愛い女子だったら、つきあってくれた?」と笠井に訊ねる。
笠井の答えは
「生徒と付き合うことは絶対にない」

男であること、生徒であること、問題があるのは加藤にも分かっていた。けれども、そこまではっきりと拒絶されれば傷つかないはずはなく、それ以来加藤は笠井と距離を取り始める。
その後加藤は、男女色んな人と関係を重ねてはいたが笠井のことを忘れられず、彼と同じ教師の道へ進む。

設定としてはよくある気がします。でも、終盤部分笠井が加藤を追いかけて気持ちが通じ合うときの二人の会話が秀逸です。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ