胸キュンがとまらないv イケめてるエリートたちの、爽快BLコメディ!!

攻め様検定管理局

semesama kentei kanrikyoku

攻め様検定管理局
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×216
  • 萌15
  • 中立5
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
14
得点
159
評価数
46
平均
3.6 / 5
神率
19.6%
著者
藤峰式 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
徳間書店
レーベル
Charaコミックス
発売日
価格
¥639(税抜)  
ISBN
9784199608018

あらすじ

攻め様検定管理局――
それは、受けを愛する資質を持ったダイヤの原石を、
攻めとして育成する極秘機関をいう。
局員の平井は、局一の情熱を持ちながら、
成績は万年最下位。
「次こそ理想の攻め様を育て上げてみせる!」
何度失敗しても挫けない平井を見つめるのは、
同僚にして不動のエース・二階堂。
「お前は攻めに相応しくない」
なぜか事あるごとに邪魔をしては、
平井を辞めさせようと画策して!?


深刻な攻め様不足を解消すべく立ち上がった、選ばれし男たちの、葛藤と奮闘の記録――!!

表題作攻め様検定管理局

二階堂 文雄(攻め様検定管理局職員・スーパー攻め様
平井 友和(攻め様検定管理局職員)

同時収録作品理想の攻めを育成します!

春野たかひろ(高校生)
遠山 明(高校生)

同時収録作品ドクズな攻めにお灸を据えろ‼︎

田神 順夜(30歳・売れないバンドマン)
斎藤 恵介(順夜の恋人)

同時収録作品キングオブ攻め様の秘密

上田(勃起不全)
上田の恋人

同時収録作品大乱闘‼︎ 攻め様バトル決勝戦

(攻め)アラブの石油王
(攻め)沼口(理想の上司)

その他の収録作品

  • 問われる攻め様の矜持
  • Last Case「Love is not over」
  • Extra Case「スーパー攻め様はスーパーエッチな夢を見るか」
  • あとがき(カバー下)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数14

最初から最後まで笑いっぱなしだけど、深い。

作家買いです。
前作の有休オメガも冴えてたけど、この新作もますます冴えまくってて、めーちゃくちゃ面白かった!!
そもそも「攻め様検定管理局」っていうタイトルだけで、期待大。

攻めの卵を発掘し「立派な攻め様を育て上げる」という崇高な目標のもと、攻め様の育成に励む。
そこで働く局員の平井が主人公です。

攻め様育成に燃える平井が目をつけたのは、同級生男子と付き合って3ヶ月になるのに未だ手を繋げないヘタレっ子。
「攻め様としては未熟だけど素質はある!」と熱く口説き、立派な攻め様になるべく二人で特訓に励みます。
その甲斐あって平井流・攻め様道を極めた高校生男子を「派手に抱いてやりなさい」と恋人の元へと送り返すも……。

いつのまにか、恋人のほうが立派な攻め様になってる!!
せっかく特訓した平井流・攻め様力が全っ然、通用しない!!
なぜー!?

というのも、実は平井は万年落ちこぼれなんですね。
なんせ平井流・特訓は「山に籠ってひたすらお手製ローションを作る」というやつ。
「ローションに始まり、ローションに終わる」みたいな。

もうこりゃダメだ感満載。

情熱は人一倍だけど的外れな育成しかできない平井に対して、同期でありながら次期局長候補とされている優秀な二階堂という男が何かと立ち塞がります。
初々しい高校生カプの恋人がいつの間にか立派な攻め様になっていたのも、二階堂の指導の賜物。

その後も、攻め様育成バトルは続きます。
お題としては
「クズ男を立派な攻め様として更生できるか」
「局員が育てあげた渾身の攻め様による頂上バトル」
などなど、BLあるあるお約束が詰まってて、ほんと笑える。

そして、二階堂ともう一人の同期による平井を巡るラブバトルもあるんですよ〜!

やがて「攻め様検定管理局」が実は「全国総受組合」なるものによって作られたものである事が発覚し……。

「理想の攻め」を追求していたはずが、「攻めはこうあるべき!」だと固執する愚かさに気づいていくんです。
ただのギャグ満載漫画かと思えば、深い!
「愛とは何か」というところまで辿り着いちゃってます。

おまけに「ポジションに固執するのではなく、相手を深く愛してれば自由でいんじゃね?」というリバの精神にまで触れちゃってて、最高。
こんなに肩肘張らずにさらりとリバの本質が描かれてる一冊ってあまりないと思う。

だけど!
どうしても「攻めとしての誇り(笑)」を捨て去る事ができない平井局員が、どっからどーみても受けでしょ!というオチがこれまた笑えて、良かったです。

6

BRAND-NEWびーえるです❤️

や~面白かった❗

藤峰式先生の、どこかすっとぼけた感覚の笑いが大好きです。

これも、そんな感じの面白さが炸裂していますよ。

まず設定が素晴らしい。まさかBL界では攻め様管理のための壮大な組織が存在しているとは。

古今東西、過去現在の攻め様とは?
こうきたらこう攻めろみたいな事が、攻め様検定管理局によって定義され、また常にブラッシュアップされていたなんて~❗

この話の設定が、素晴らしすぎて。もう、あれこれ考える事を、放棄しました❤️

ちなみに平井が、実は検定管理局の同期二人から『受け』として愛されていたわけですが。
平井の、ちょっと抜けてて、一途で一生懸命って感じは『受け』要素として、或意味、大正解です。

私は、二階堂のスーパー攻め様より、もう一人の同期の須藤が好みでした。

あれこれ語りたいけど、これはもうネタバレなしで楽しんでもらいたい作品です~❗

ただひとつ、未来を担う高校生CPは、理想的な関係としてリバを挙げていました。

ダイバーシティということですね!

藤峰式先生の作品は、ほんとにすっとぼけたり、突き抜けている爽快感が有りますよね。

こんな、BL作品もあるんだ❗と、また覚醒出来た気持ちで御座います。

3

愛と勇気と感動?

突き抜けてる作品に出会いました…攻めを管理する組織をつくるなんてある種前衛的、爆笑、しかもスジが通る…
もう一貫してその空気を作れる作者さんに、感動して神評価させていただきました。
これはすごい…間のとり方、一歩間違えばつまらなくなるようなコマが独特な空気感で読み手側の「なんでやねん!」のツッコミを誘います。(誉めてます)

何も考えたくないときに読むべき作品です!

1

もっと読みたい

タイトルからして既に笑ってしまいました。
コミカルを突き抜けたような設定や随所に散りばめられたギャグが最高すぎました。
二階堂の白馬で出勤や派遣会社モブおじさんがツボすぎて忘れられません。

基本的にテンポの良い、アホギャグな感じで進んでいくので恋愛要素は薄かったのですが、面白すぎてあまり気になりませんでした。
エロが夢落ちで現実ではなかったので、2人のもだもだしながらいたしてる感じやこれからの2人をもっと読みたいです。

1

馬鹿馬鹿しくも真理を突く、『愛と命を燃やす男たちの物語ー』ぷぷっ‼︎

そうそうそう‼︎ たまにツイッターで紹介されるこの馬鹿馬鹿しいミニマンガをコミックスで読みたいなぁ〜って、切望していたんです‼︎‼︎ こんなに早く願いが叶うとは‼︎ 素晴らしい‼︎大興奮です‼︎
嬉しくて、嬉しくて、手が震えます‼︎
ああ楽しい‼︎ まぁ、ツイッターで読んでたし。オチも必ず想像通りなんです。が、この可笑しさ!
この真顔でやってのける、馬鹿馬鹿しさ。二階堂の華々しさ。設定のアホアホっぷり。
モブおじさんが出ては来るものの、全員美形という美麗さ‼︎ 表紙のクールさ。もぅ‼︎もぅ‼︎ たまらんです。やっぱり藤峰式先生のこのスピード感溢れるハイテンション・コメディが私は大好き♡
好きが溢れて止まらない‼︎

さて。ひとしきり興奮してしまいましたが、お話は、ぶふっ。お話は、『攻め様検定管理局』なる謎の組織が担う、『攻め様育成』⁈
落ちこぼれ職員の平井は、藤峰式作品中では、どう見ても『受け』である遠山明くんを理想の「攻め様」にするべくトレーニングに励む。しかし、結果は…⁈ 明くんの資質を見抜けなかった平井は、ライバルの二階堂にしてやられる‼︎ 平井が華麗にヘリで登場すれば、二階堂は白馬で登場するという、トンデモ。
明くんが「変な人来た‼︎」と慄くのも致し方無い。
回を追うごとに色んなカップル、クズ男 × 不憫受け。当て馬登場‼︎ 石油王‼︎etc…。と、BLのセオリーを標準装備しつつ、実はライバル二階堂が、平井を「受け」として意識しつつ、愛してしまうという恋や、この管理局という組織自体のあるべき姿に。ひいてはBL界においての「愛とは何か。」「攻め受けとは何か。」に言及していく物語になっていくのです‼︎ ぷぷっ。
昨今の「誰でも受け」になり得るこの世界の事を思えば。深刻なタチ不足とも言えるので、個人的には『攻め様検定管理局』にはもうちょっと頑張って欲しいとも思いますが…。
恋人たちと管理局が出した答え、「愛は自由!」に惜しみ無い拍手をお贈りしたいと思います‼︎
「One for all, All for one」をもじった、「攻めは受けの為に」「受けは攻めの為に」には爆笑です。

でもね、スピード感ありすぎなの。もっとバージョン読みたい欲がこれまた溢れて止まらないし、局長や当て馬須藤さんや、攻め様バトルで敗れた沼口さんのアフターストーリーも読んでみたい!彼は クールな攻め様、金岡主任(From「褒めると伸びます」)かと思っちゃいましたよ⁈ バトルに参戦してもおかしくない‼︎
藤峰式先生、ツイッターでまた上梓してくださらないかしら。楽しみに待っています。

美形どもの目元の涼しげな色気には毎度きゅんきゅん♡させられるんですが、今回も素晴らしい!
ただ、エチが薄めなので、藤峰式先生の描く、あの硬そうなアレがあんまり登場しないのがもはや残念の域。こーんなに攻め様祭りなのにー。なんてね。

6

He lives for him.

なんてお馬鹿…と思いましたが、意外にも深いお話でした!
テーマは「愛とは何か」(笑)

では、ネタバレいってみましょ!

攻め様検定管理局…それは、攻め様の発掘・育成・教育的指導を一挙に担う組織である。
立派な攻め様を育て上げるべく、原石の発掘や依頼を受けるのが局員の仕事。
万年最下位の平井と同居人・須藤、不動のエース・二階堂は同期でもあり、ライバルでもある。
年に一度開催される「攻め様検定バトル」は、局員が育成した攻め様を競わせる、攻め様の頂上決戦!
このバトルで、平井を好きな二階堂と須藤が平井を賭けてバトルすることになり…!?

概要だけでもちょっと笑っちゃいます。
私は、終始ニヤニヤしながら読んでしまいました。

今作において、「攻め様検定バトル」は見所の一つです。
平井が連れてきた攻め様は早々に敗退しますが、なかなか面白かったです(笑)
二階堂の石油王と須藤の沼口さんの戦いは必見!
そういう決着(笑)?という感じです。

しかし、物語はここから大きく動きます。
攻め様検定管理局は、実は「全国総受組合」によって作られた攻め様をコントロールするための組織だったのです!

はい、なんのこっちゃです(笑)
しかし、受け組合のスパイとされてしまう平井は、危険思想の組合員を密告する役目を押し付けられてしまう…
愛とはなにか?
攻めとは?
受けとは?
悩む平井(笑)

でも、たどり着いた答えは素敵なものでした。
愛することに支配など必要なく、愛は自由である。
そして、幸せであるならば攻め受けなどどちらでもいいという事。
それを気付かせてくれたのは、かつての育成者や二階堂でした。
平井も二階堂のことが好きなのでしょうね。
悩んだ時に思い浮かんだのは、二階堂の顔でした。

上層部に意見する平井が認められ、組織の運営は大きく変わります。
「攻めは受けのために 受けは攻めのために」

二階堂は管理局に残り、平井は新たな任務につきます。
その任務がまたちょっと笑えるのですが、それは読んでのお楽しみにしておきます。

今作にはB Lのあるあるがつまっており、それもまた笑えます。
平井の攻め様修行や二階堂の白馬(笑)など突っ込みどころしかないですが、頭空っぽにして読むことができました。
Hはほとんどなく、あるのは平井と二階堂の夢オチだけです(笑)
それでも不満はなく、満足な一冊でした。

平井と二階堂のその後や須藤の話、石油王と沼口さんの物語も読んでみたいです(笑)
いつか機会がありましたら、続編やスピンオフをよろしくお願いします!

4

くだらな過ぎて爆笑です

いやーくだらないですが、BLのあるあるが満載で笑えました。
攻め様力を試すバトルでのアラブの石油王vsデキルリーマン上司とか、派遣会社モブおじさんには吹き出しました。
恋愛の部分はライトなのでそこまでですが、最終的には2人が幸せなら攻めでも受けでも関係ないということなのでしょうね。
個人的には同期の間男・須藤さんのスパダリ感がとってもタイプでした!
BLにはやっぱり雄感たっぷりの最強攻め様がいないとねー!と勝手に納得してしまいました。

3

いろんな攻め様がたくさん出てきて楽しい

理想の攻め様を育成する機関「攻め様検定管理局」で働く平井が、仕事に奮闘するお話。
序盤はBLカップルのお悩み解決という体で、いくつかの案件を担当するのだけど、高校生のヘタレ攻めや執着攻め、エッチがうまいだけのクズ攻めなど、お馴染みのいろんなタイプの攻め様が次々出てきて楽しい。どうやら「派遣会社モブおじさん」なる組織も存在するようでw
個人的なお気に入りの攻め様は、黒髪眼鏡&和服&付き合って一年なのに受けちゃんをまだ抱いていない上田さん。
この人、特殊性癖とかフェチ持ちの変態攻めだと思うわ。で、エッチするようになったら、めちゃくちゃねちっこい抱き方したり、独占欲剥き出しで束縛したりする人! なんて、思わず妄想しちゃったり。

中盤からは同僚でライバルの二階堂(表紙の彼)と、ルームメイトでもある須藤との、平井を巡っての三角関係が見所。
二階堂は、年に一度開催される攻め様検定バトルで負けたら管理局を辞め、俺に養われろと平井に迫ってくる。
平井は自分ではまったく気づいていないので、二階堂や須藤の言動が理解できないのだけど、ここまで読んだ腐女子なら平井の属性がわかるはず。想像通りの展開にニヤニヤしちゃう。

後半は「理想的な攻め様を育成する」機関だと思っていた攻め様管理局が、実はそうではなかったということが判明して、若干きな臭い展開に。平井の運命は、そして二階堂との関係はどうなるのか。

というバカバカしいストーリー(誉めてます)が真面目に描かれており、笑えて楽しい作品だった。バカバカしくも、オチは案外ちゃんとしていて、自分のBLに対する考え方とも似ていて共感できた。

電子限定描き下ろしは「いい人キャラ」な須藤のお話。スピンオフで攻め様になるタイプの人か。私はこういう攻め、好きだけどねw

2

BLネタ満載で笑える一冊

「工藤先生のマジェスティックデイズ」にドハマりしてから作家買いです。
新作が毎度おもしろいというのはスゴイですが、
今回は後半にいくまでエロなしに気付かないくらい、このBLネタの笑いに掴まれてました。
しかも、エッチは夢の中だけで、清い関係のまま終わっている純愛BLでした。

タイトルで攻め様の育成話かと思いましたが、それだけでは終わらない。
受けあってこその攻め、攻めあってこその受け…愛にカタチなどない自由。
どんどん広がるBLワールドのおふざけ感、真剣なほど笑えるという面白さです。

攻め様の育成を絡めて、色んなタイプの攻めとカップルが登場し、
BLネタでは外せない展開が再現され、幸せなカップルとなっていきます。

攻め様検定管理局員の平井が、理想の攻め様を育成する…と派手に登場しますが、実はポンコツ攻め。
この平井を巡って、同期の美麗な二階堂と、兄貴肌な須藤がバトル。
みんなキャラが個性的で、平井なんてどう見ても初めから行動が受けで、
ツッコミがないのも余計に笑えます。

ベタな笑いが多いんですが、二階堂の移動がずっと白馬なのが、燻ぶり続けてツボでした。
平井の特訓ローション作りネタも、随所に差し込んでやたらと引っ張るんで、
じわじわボディーブローのように効いてくる笑いで、堪らなかったです。

クズ攻め健気受けカップルで登場した、モブおじさんがリアルだと思ったら、
派遣会社「モブおじさん」多種多様なモブおじさん揃ってます、業界の実績№1…と、
あの一コマで爆笑でした。
藤峰先生の笑いって、なんか引きずるんですよね…
読んだ後にフッと思い出して一人笑いしてしまう恐ろしさ、危ない人になってしまいます。

検定バトルに登場した、沼田さんと石油王ですが、個人的には沼田さん派。
出張先ホテルの手違いでシングルベッド1つしか予約できていないハプニング…
確実に何かが起きてしまうフラグ、これがリーマンBLネタで大好物です。

この作品、何度も見てしまう面白さがありますが、
重いBL作品を見た後はこの作品でリフレッシュする…という使い方もありです。

平井の夢エッチは、ツンデレ攻め二階堂のお仕置き…という言葉責めから。
描き下ろしは二階堂の夢エッチ、インキュパス平井の襲い受けでした。

全体的に色々詰め込んでありますが、もっと色んなバージョンのカップルネタが見たいです。
二人の純愛の先も知りたいので、是非是非続刊して貰いたいです。

今夜は夢の中に業績№1のモブおじさんが出て来そうで怖い…。
できたら、リーマン攻め沼田さんでお願いします。

評価は萌2ですが、ほぼ神です。

2

大事なのは「自由」です!(ルビはリバ!)

最高に面白かったですねぇ!
BLのあるあるを自ら笑い飛ばすユーモア感覚も良かったし、何より最高の攻めとはいかに?を追求したり、いやいや攻めは受けのためにいるのだ、という攻め受け論を経て、実は〜…
「リバこそが愛の自由なのだ」‼︎
という結論?に至る…
その理念が素晴らしすぎる!
それは私がリバ大好きなひとだから余計にそう感じるんですけどね!
とは言っても、リバが地雷という方もご安心ください。行為としてのリバ描写はありません。
それどころか、いわゆる「エロシーン」もほぼありません。
でもこの作品は初心者よりもBL歴の長いお姐さま方の方がより楽しめると思う。
これまでのBLの歴史の中でのよくあるパターンやあるあるのシチュエーション、使い古された展開を嗤うようでいて、逆に普遍的に人が人を愛するのはお互いが寄り添い合うこと、と力強く説く一編となっていて、笑っていると思ったら思わず感動もしてしまう、という作品になっている。
絵柄も綺麗系で、どの登場人物もイケメン眼福系。
ただーし!
「俺が養ってやる」というセリフはどーかなぁ…攻めに誇りがあるのは当然として、受けだって自立の誇りはあるわよ。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ