symphony 交響曲

symphony

symphony 交響曲
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
11
評価数
3件
平均
3.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784344838000

あらすじ

トラブルに巻き込まれた長瀬を、再び自分の会社にこないかと誘う桐生……。大人気シリーズ、第一部完結!!

表題作symphony 交響曲

桐生隆志,外資系企業役員,28歳
長瀬秀一,商社勤務,26歳

その他の収録作品

  • 同期の絆
  • 愛とはかくももどかしいもの
  • 恋を忘れてしまうには
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

第一部完結

Unisonシリーズ12冊目。本書をもって第一部完結とのことです。

あらすじ:
前巻で監査先企業の不正を暴くも、襲われ病院に入院する羽目になった長瀬(受け)。
男に襲われかけたことと、昔男に強姦されたことが明るみになり、スキャンダルを避けたい会社から自主退職を勧められます。
その上、長瀬に想いを寄せる会社の後輩・橘に、桐生と別れるよう強く勧められ…

今回は長瀬が恋人の桐生に支えられつつ自身の進退を決意し、自ら行動していく展開。
大人しく退職するのではなく、周囲から色眼鏡で見られようとも自分の職場に留まろうとするす姿がなかなか男前でした。
プライドの問題だけでなく、現実的に考えて現在の職場より条件の良い再就職先はなかなかないから…という事情ももりこまれている点がリアルで良かったです。

桐生はすっかり男前攻めに落ち着いていますが、そもそも過去に長瀬を強姦した張本人であり、そのことがバレて長瀬が会社に居づらくなっていることを思うと、やはりロクな男じゃないなという気もw
長瀬のピンチを知り、再就職先を世話してやろうとする彼ですが、その前に自分の過去の所業をもう少し続き反省した方がいいのではないかなと思いました。
橘が、長瀬を強姦したのが桐生であると知り憤慨していましたが、その怒りは尤もだし、そんな橘に対して堂々と長瀬の彼氏として振る舞える桐生の図太さをカッコいいとは到底思えませんでした。

しかし、そんな過去の強姦がどうでもよくなるほど二人がラブラブになったことも(既刊を通じて)描かれてきたので、まぁ長瀬が納得しているのならそれでいいのかなという感じ。

桐生が長瀬のことを「奥様」と呼ぶのも萎えポイントですが、夫婦のように長年連れ添った二人の絆の深さは伝わってきました。

第一部に12巻も費やして、第二部以降は一体どうなるのか未知数ですが、ラブ面でも二人の仕事面でも新たな展開を期待したいです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ