やわらかな闇を抱いて

yawaraka na yami wo daite

やわらかな闇を抱いて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
ダリアノベルズ(小説・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784896016567

あらすじ

残酷な真実よりもこのぬくもりを信じる
中国人のレンは繁華街で店に客を紹介する案内人をしている。ある日、店とトラブっていた青年・吹雪を成り行きで助けたが、なぜか家までついて来る。頭にきたレンは「一晩泊める代わりにやらせろ」と凄む。しかし吹雪はまるで動じず、気が付けばそのまま寝起きを共にするように…。次第に吹雪が気になるレン。だが、吹雪はある目的のためにこの街へ来たのだった…。 同じ街が舞台の短編二編も収録。

表題作やわらかな闇を抱いて

メイ・レン 繁華街案内人の中国人 26歳
穂高吹雪 ある目的で繁華街へ来た青年 20歳

同時収録作品すべては夜から生まれる

大沢優司 ろくでなしのヒモ
水野誓 母親のスナックを手伝う 16歳

同時収録作品汝、眠る事なかれ

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

この硬派さ、かなり好きかも!!!

『やさしく殺して、僕の心を』シリーズの世界をよりハードにしたような短編集。
暴力団蠢く繁華街を舞台に三つの話が入っています。

力のない者が暴力を受けたり、命を落としたりする様が
特にセンセーショナルでも感傷的でもなく、ただ淡々と描かれているのが印象的。
メインの登場人物たちの恋愛・生き様といった個人的問題よりも、
人の死、暴行などイレギュラーな出来事を内包して続いていく日常、みたいな俯瞰的なテーマがある気がしました。
そんな世界が描かれているから、
登場人物たちが見つける小さな幸せ、安らぎが心にしみるのかも。

影の主役は、すべての話に登場するヤクザ側近・柚木
と思わせて、実は…?みたいな群像劇の面白さもあります♪


◆【すべては夜から生まれる】
繁華街で母親のスナックを手伝う16歳の誓は、俺様なヒモ男・優司が好き。
16の誕生日にレイプされたことから始まった関係がもうすぐ1年になるとき、
店の常連の柚木に、優司と別れ街を出て行くよう忠告され…。

酷い目にあっても嘆いたり人を恨んだりしない誓の芯の強さが好きでした。
誓が母親と愛人のせいでヤ続きクザから暴行を受けたことで、
やっと自分の気持ちに気付いて超献身的になる優司の変わりようも良い。
トラウマによる誓の接触恐怖症や味覚マヒは本当に痛ましいけど、
治るまで何年でも待つ、と言う優司に甘やかされて幸せになれそうで安堵。



◆【やわらかな闇を抱いて】
ヤクザに雇われ繁華街で働く中国人レイ。
「恭一」という男を探し、街へやって来た吹雪。
ガキに見えて度胸ある吹雪とレイの同居生活が楽しい。
(レイの振り回されっぷりは、最初のクールキャラどこいった?って感じw)

コメディ寄りかと思いきや、徐々に強くなるサスペンス色。
賭け将棋シーンの緊迫感(吹雪がカッコイイv)、
吹雪とレイを見張り逃げ場をなくすヤクザ勢力、
謎の男・恭一とレイの接点(これは自分的に意外でした!)・・・

ビターに終わるのかと思いきや
最後にちゃんとBLらしい?救いがあるところも好き。
これも一話目同様、苦労しつつもラブラブしてそうな未来が見えますv


◆【汝、眠る事なかれ】
部下の椿が何者かに刺され死亡。
犯人を独自に追跡するヤクザ側近・柚木と、
柚木に歪んだ執着を見せる霧生との関係は妄想をかきたてられる♪
そして明らかになる、思わぬ黒幕…。

ええーっここで終わり?と思うと同時に、
なるほど彼がラスボスだったか~とニヤリともできる。
事件の真相が主題なのではなく、
その事件を糸口にこれからも無限に広がっていく群像劇を示唆させて終わるのがシブくて良い。


神奈木作品の中では、個人的には本書と『やさしく~』が双璧(神奈木作品を網羅している訳ではないですが;)。
ほのぼのヤクザやファンタジーもいいけど、こういう硬派な話がもっと読みたい。

3
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ