目を閉じればいつかの海

me wo tojireba ituka no umi

目を閉じればいつかの海
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神13
  • 萌×210
  • 萌13
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
11
得点
145
評価数
37件
平均
3.9 / 5
神率
35.1%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784044468071

あらすじ

抗いながらも溺れていくしかできない……狂おしい大人の恋!学生時代、無理矢理別れを告げた恋人・嘉悦に、偶然再会してしまったカフェレストランの雇われ店長・藤木。「もう一度やり直そう」と言う嘉悦の言葉に動揺するが、彼の左手に指輪を見つけてしまい……。

表題作目を閉じればいつかの海

エリートサラリーマン・嘉悦政秀 結婚している!?
カフェレストラン店長・藤木聖司 

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数11

まさに「王道」なストーリーでした。

崎谷さんは個人的に当たり外れがある作家さまなのですが、切なそうなあらすじに惹かれ購入してみました。

湘南に位置するバーレストラン『ブルーサウンド』を舞台にした一連のシリーズの1作目です。

なんというか、非常に崎谷さんらしいストーリーでした。
相手を想い、身を切られる思いで身を引いた藤木(受け)。
ハイスペックで、受けの事が大好きなのに言葉が足りず誤解させてしまう攻めの嘉悦。
そんな二人が10年という時を超えて『ブルーサウンド』でレストランの店長と客という立場で再会し…。

というお話です。

一度は別れを決意するも、再会し、嘉悦に「お前が好きだ」と言われ、既婚者と知りつつ愛人でいいと割り切り関係を復活させてしまう藤木。

なんというか、王道なお話というか良くあるストーリーで、二人を待ち受ける結末は早々に見えてきてしまうのですが、さすが崎谷さんというべきか、ストーリー展開がお上手でぐっと引き込まれました。

周りを固めるキャラも非常にいい味を出してます。
大智、真雪、そして瀬里。個性的で、気持ちのいい仲間たち。この彼らが数多くのスピンオフの主役になって続きいくのも納得な優しい仲間たちでした。

ただ、そこまで相手に固執する二人の歴史の部分をもう少し描いてほしかったなと思いました。特に嘉悦に至っては彼のバックボーンがわからないのでそこまで良い男なの?と思ってしまう。

「不倫」て地雷なのですが、それでもそこで藤木が葛藤し、悩むその姿には思わずウルッと来ました。

たくさんあるスピンオフ作品も読んでみようと思います。



2

今にも聴こえてきそうなサザンのメロディー

始まりが別れのシーン。
嫌いになったわけではないのに、簡単に言えば
「好きだからこそ相手の為を思って別れる・・・」ような感じ?
あれから、10年・・・
そこから、メインストーリーが始まります。

舞台は湘南、鎌倉、江の島、茅ヶ崎、烏帽子岩・・・・
私の地元のよく見る風景がたくさん出てきて
今にも聞こえてきそうな、サザンのメロディー「いとしのエリー」
読み始めたきっかけは、そんな単純なものでした。

エリートサラリーマン嘉悦とブルーサウンド店長の藤木。
10年の時が流れ、忘れられる人ではないけど
少しづつ時間が忘れさせてくれ始めていた・・・矢先の再会。
左手薬指の結婚指輪、動揺する藤木、
お前をずっと探していたという嘉悦・・・
展開としてはありがちですが、でもドキドキさせられる。
そこまでに藤木の10年は説明されていますが、嘉悦の10年は謎のまま。
そこから再び燃え上がった恋は勘違いの始まりで
今まで以上に藤木を苦しませていきます。

一度は諦めた恋だけど、やっぱり忘れることなんかできなかった。
嘉悦以外に本当に愛せる人は現れなかった藤木。
続きたとえ愛人としてでも嘉悦の傍にいたいと思う藤木ですが
苦しみの果てに、今まで隠してきた本心を吐き出すことで
嘉悦との間の勘違いと二人の間にできた溝を埋めることができます。
私が一番好きなシーンは、この藤木がまるで壊れたかのように
嘉悦に対し、今まで我慢してきたことを一気に吐き出すところ。
10年分の嘉悦に対する気持ちと、この数か月の間の愛人としての気持ち
「やっと言えたね・・・やっと言えた」
読んでいるこっちが、何か胸のつかえがとれたようにスッキリしました。
まあ、そこで話が終わるわけではないので、
さらにドキドキしながら先を読み進めました。
結果的に、愛人・・・というのは藤木の勝手な思い違いで
すべての勘違いが始まったのは、10年前の別れから・・・
でも、10年も離れていたのにお互いに気持ちは変わっていなかったなんて
考えてみると、すごいお話。
主人公のキャラ設定も、私は好きです。
藤木の嘉悦の将来を思えばこそ自分が身を引く・・・考え方
王道だけどやっぱり愛を感じます。
だけど忘れられない・・・本当は愛している
本当は一緒に居たい、本当は自分だけを愛してほしい
自分の本心を隠しながら生きてきた藤木の10年を思うと泣けてきました。

そして脇キャラも濃いですね~
でも、確かに湘南あたりにいそうな人たち。
碧い海と(実際あまり綺麗ではありませんが・・・)波の音
潮の香りとBGMのサザン、遠くに見えるサーファー
すべてが、身近なものなのですごくリアルに感じました。
次はこの人の話を読みたい・・という気持ちを裏切らず
ブルーサウンドシリーズは続きます。

2

『ブルーサウンド』シリーズ第1作目。

崎谷さんのシリーズものの中ではとてもわかりやすく読みやすい王道シリーズだと思います。

他の濃過ぎるシリーズと違って読むのに疲れるということがないんですが、あっさり読める分思い入れも薄めかな(私の)。

悪くはない、どちらかというなら間違いなく好きなシリーズではあるんですが・・・(シリーズ中には堪らなく好き!な作品もあるし)

こちらは、そのシリーズ中でもあまり好みじゃないです。

ストーリーとしては『十年愛』とでもいうのかな。

大学生のときに、嘉悦(攻)の将来を思って別れた(身を引いた)藤木(受)ですが、その後結婚して渡米したと聞いていた嘉悦と十年後に再会してからの、一見切ない、でもよく考えるとなんともアホらしい誤解・すれ違いからのぐるぐるです。ゴメンナサイ、そうとしか思えませんでした。

う~ん、設定もキャラクターも別に苦手じゃないんですよ。まあ、まったく好みでもないんですが。

ただ、嘉悦はハイスペックな男前という設定以上の魅力を感じないし、藤木は29歳の店長とは信じられないほど幼稚さが鼻につく(仕事中にグダグダが出ないのはいいんだけど続き)。

まあ、10年愛の時点でそれはあり得ないんでしょうが、たとえば藤木が20歳の学生だったらまったく別の捉え方になったとは思います。たぶん、↑で書いたような『幼稚さ』なんかは問題なく流せたでしょうね。

ストーリーで大きなポイントになる誤解のネタは、あまりにも他愛なさ過ぎるというか読み手はもちろんわかってるというお約束ですが、それはもういいんです。『王道』のよさはあるんですよ。

ただ、作中キャラクターが(身も蓋もない言い方ですが、ひとことで解ける誤解なのに)見事にすれ違ってる様子に『アンタたち、そんなに意思疎通なくてホントに大丈夫なのか?』と余計なお世話ですが気になってシラケてしまいました。これも、いい年の大人同士だからですよ。

それでも決してキライじゃないんですよ。つまらないとも思わない。
実際、ここまで文句言わせながらもきちんと最後まで逸らせずに読ませるのはさすがに上手いんですよ。

ここからシリーズは、メインキャラクターを変えて続いて行きます。

0

大人になったら良さが分かるのか?

作品自体は良かったですけど、自分がまだガキで大人の恋愛っていうのを分かってないってことなのかなぁ・・・・色々と突っ込みたい!!
藤木は別れた恋人である嘉悦と予期せぬ再開をするんですが、その後大人らしさは何処にいったんだろうか子供っぽいところが出始めます。これは10年近く自分の感情を抑えてた反動なのか?あと、指輪を外してきたのを見て「愛人に気を使ってる」って昼ドラ?昼ドラだったら十中八九修羅場になるな・・・嘉悦は相手が誤解してるって何で気づかなかったのか??「こいつ、何か誤解してるんじゃないか?」と匂わせるセリフいっぱいあったじゃん!!
っとツッコんできましたが背中に傷がつかないよう、爪を立てないよう手を握りしめて抱きつくとこや、周りの人々のキャラや対応とか良く印象に残るところのほうが多かったかなあ。多分もっと大人になったらこの作品に対する印象も変わってくるんだろうなあ・・・。

0

時々子どもっぽくなる藤木が残念すぎる

ブルーサウンドシリーズ1作目。
湘南のカフェレストラン「ブルーサウンド」の店長、藤木と大学生の時に別れた恋人、嘉悦の再会物語。
互いに嫌いになって別れたわけではなく、それぞれに思いを相手に残していたという・・・最初からオチの見えるお話でした。
嘉悦の指輪にまつわる行き違いすれ違いがなんだかバカバカしかったですが一気に読ませる面白さがありました。
ただ一つ、嘉悦が絡むと藤木が子どもっぽくなってしまうのがちょっと残念。
別れた頃に気持ちがシフトしてしまうのかも知れないけれど、いい年の大人なんだから最後まで大人の恋を表現して欲しかった。

1

長いシリーズだから

BLでいうと長めなシリーズなので、手を出すタイミングを
見計らっていましたが、ついに1巻目を入手です。
やっぱり面白かった!
切なくて、でも、読むのを止めれないという感じです。

10年前好きで別れた彼との再会。
でも、彼の薬指には指輪があって。
不倫、でも好きなことは止められなくて・・・。

というものです。
正直言いまして、この「不倫」というのが、私の中で何ともしがたい。
結論は、そうなるものとして想像してたんですが、
あまり好きなジャンルでは無いんです。

でも、好きでいることを止められない藤木の切なさが、
胸にしみて、如何ともしがたい切なさでした。

これは、一気にシリーズを読みたくなってきました!!
大人買いです(笑)
(こうなることが恐くて、1冊目を読むことを躊躇してたのにっ(笑)!!)

0

わかっていてもやめられない

 湘南のカフェレストランの雇われ店長・藤木聖司には、十九歳の時に一方的に、恋人へ別れを告げた過去があった。
 それはエリートへの道を約束されている相手・嘉悦政秀の将来を思った藤木が告げた、あえて露悪的な別れだったが、その十年後、嘉悦が偶然、藤木の店を訪れたことで、ふたりは奇しくも再会してしまう。
 だが「お前を忘れられなかった」と告げる嘉悦の左薬指に、藤木はプラチナのリングを見つけてしまう……

 という話でした。

 藤木は一方的に、振ってしまった嘉悦を今も引きずっていて、嘉悦との思い出の場所である湘南の店に勤めて、一人で思い出に浸り続けている。
 そんなところに、嘉悦本人が現れて、再び藤木を口説き始める。
 けれど、嘉悦の指にはプラチナのリングが光っていて。
 藤木は奥さんに悪いと思いながら、再び動き出した嘉悦へ向かう気持ちを止められずに、嘉悦との逢瀬を繰り返す。
 しかし、相手には家庭があるのだ、自分が一番ではないのだ、という罪悪感は次第に藤木を苛んでいって、徐々に不安定になっていってしまうというような感じで。

 わかっていてもやめられない、というのの典続き型(苦笑)
 でも、それだけ藤木の嘉悦を想う気持ちは一途で見てるこっちが苦しくなるくらいでした。

 ひとりよがりでもいい、とても切ない物語が好きな方はぜひ。
 もちろん、最後はハッピーエンドですが。

0

ブルー・サウンドシリーズ第一巻

湘南にあるカフェレストラン、ブルーサウンドの店長を務める藤木はかつてこの地で恋人に別れを告げた過去があった。
それは相手の将来を考えての苦渋の決断だった。当時は不器用で、あえて露悪的な言葉を吐くことしかできなかった藤木も十年の時が経って変わった……はずだった。
ある日、藤木は自分の店を訪れたかつての恋人、嘉悦と再会する。
その薬指にプラチナリングを見つけてしまった藤木。しかし想いは止めることができなくて……

ブルーサウンドシリーズ第一巻。
こういうシリーズもので最初から店長っていうのはちょっと珍しい気がした。
別れた恋人との再会もの。
こういう主人公がぐるぐると自分を追い込んじゃう話は結構好き。
こういう再会ものでぐっと来るのは、二人が離れていた時間があることだと思います。
別れてから十年間。当然その間に付き合った人もいるし、変わったものもある。
だけどその中で変わらない想い。そういうのが大好物です。
ひたすらぐるぐるしてしまいがちな物語の中で、ノーテンキな大智と真雪がいい味を出していた気がします。

1

大人カップル編

ブルーサウンドシリーズ第1弾。嘉悦×藤木のカップルですが、私はあんまりこの二人では萌えなかったかな。大人カップルで雰囲気は好きなんですけどね。それに初めは本当に不倫だと思っていたので余計苦手意識がありました。疲れていく藤木が読んでて切なかったです…。

学生時代に別れた男と10年ぶりに再会した藤木。嘉悦には奥さんがいるとわかっていながらも、お互いがお互いを忘れられなかったと抱き合う二人がアダルトでした。「愛人でもいい」と嘉悦と逢瀬を重ねる藤木が日に日に憔悴していくのが痛かったです。崎谷さんの不倫ものって初めてだ~とか思って読んでました。全くBLのパターンを読めてない素人な私……。

正直藤木は大智とくっついてくれとか思ってました。でも大智には瀬里がいたのか…そうか…残念。私はけっこう最後まで不倫ものだと思ってたんで、「そこまで露骨に愛人やってらんないよ」と叫ぶ藤木に涙しそうになりました。私の中では嘉悦の株が大暴落。
しかしその後、血相を変えてすっ飛んできた嘉悦の様子がなんか好きでした。いい大人が焦って恋に溺れてるっていいですね~。特に嘉悦みたいに男としても上位で、社会的にも地続き位がある人が受けに振り回されてるお話って好きです。この場合二人の年が離れていればなお良し!

で、誤解も解けた二人はようやく気持ちを通じ合わせて抱き合うことができました。お互いがお互いの過去に嫉妬するシーンがよかったです。藤木の「俺だって、嘉悦さんしか知りたくなかっ……!」っていうのがいい。ぜひとも藤木の過去を読んでみたいです。
そしてここからのHシーンが長かった…。藤木の「おでこ、やだ」っていうのが可愛くて好き。嘉悦は普段は亭主関白なのにセックスの後は藤木をかいがいしく世話するっていうのがいい。エロは長かったけど、そんなに濃いというかんじはしませんでした。私だけかな?

ブルーサウンドシリーズは最近新刊が2冊同時に出たので、シリーズを読み直してみようかなと思ってる所です。私は大智×瀬里が一番すきですが、この大人カップルも読み直すと素敵な作品だったと思います。

1

相手に爪痕を残さないように、ぐっと拳を握る受

【カップリング】超エリート学生時代の先輩で恋人×奨学生だった美人後輩

うはーvこれは濃厚v

海シリーズっていうの?
ブルーサウンドシリーズっていうの?
各主人公が違って5冊出てるシリーズモノの1巻にあたります。

学生時代に好きなのに別れた恋人同士が
10年後に再会する。
相手の左薬指にはリング・・・
それでもと踏み出し、また愛し始めるふたり。
10年のブランク、相手のテクが上がってるとかそんな細かい描写を入れつつ
ものすごく好きで感じてるのに、背中に爪を立てないように
必死に手をグーにするんですよっ!!
女だったら、そこは妻にあてつけるように爪立てちゃうんだろうけど
男だから爪立てない!グーで我慢する。
そんなところがねBLっていいなぁと思うんですよ。

崎谷はるひ先生の描写って、なんつっかすげぇ熱が伝わるというか
息遣いまで伝わる感じがすげぇ好き。

4

カヲル

拳を握って背中に爪痕を残さないようにする…ってなんかグッとくる描写ですね。自己顕示よりも相手を思う気持ちということなんでしょうか。

大人の恋 

ブルーサウンドシリーズの第1弾でしょうか?
「ブルーサウンド」の店長・藤木と、
かつての恋人・嘉悦との再会と恋。

10年前、相手の為を思って身を引いた藤木。
しかし「嘉悦の思いが重かった」と語っているところからすると、
当時の藤木なら障害がなくても、
いずれは別れを切り出していたのかもしれません。

そんな藤木を強引に追わなかった嘉悦。
10年前の二人は色々と未熟で、恋を続ける事が難しかったのでしょう。
そんな二人が再び向い合う為に、10年という年月が必要だったのではないかと。
より強く結びあう為に、二人は一度「別れ」たのかなと思えた作品でした。
しかし……10年は長い。長すぎます(笑)

濡れ場になるとスイッチオン。
乱れまくる藤木店長は、大変エロかったです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ