興国の花、比翼の鳥

koukoku no hana hioku no tori

興国の花、比翼の鳥
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×25
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

244

レビュー数
4
得点
36
評価数
9
平均
4 / 5
神率
22.2%
著者
櫛野ゆい 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
夏河シオリ 
媒体
小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
発売日
価格
¥639(税抜)  
ISBN
9784199009556

あらすじ

父上を謀殺した皇帝に、僕は必ず復讐する――!! 皇帝の孫でありながら、命を狙われ山中に逃げ込んだ李由(りゆ)。そんな李由を拾ったのは、圧政に苦しむ民を助ける義賊の雷全(らいぜん)。一目で李由がワケありだと見抜いたけれど「怪我したガキを放っておけない」と、自分の養子として保護することに。それから十年――剣技を磨き美しく成長した李由は、養い親の雷全に、密かな恋心を抱くようになって――!?

表題作興国の花、比翼の鳥

雷全、養い親の義賊
李由、国を追われた皇帝の孫、18

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数4

圧巻のストーリーです。でも、苦労性の攻めが笑えます。

こちら、中華風歴史ファンタジーです。

謀反の疑いをかけられて国を追われた主人公が、試練を乗り越えて成長する。
信頼出来る仲間達を大勢増やし、やがて、その流れは国を改革する大きなものとなる・・・。
と言う、大河ドラマを思わせる壮大な物語でした。

これ、300ページ越えと超ボリュームなんですけど、とにかく面白いのです!
こう、グイグイ読ませてくれるストーリーだったり、養い親と養い子と言う主役二人の関係だったり、仲間達との熱い絆みたいな人間ドラマだったり。
主人公をかなりの試練が襲うのですが、その分、ラストでは感動の嵐なんですよね。
自分の信じた道を真っ直ぐ進む主人公に、胸が熱くなるんですよね。

ところで、櫛野先生と言うと溺愛攻めがお約束ですけど。
今回、養い親です。
度量の大きい、面倒見の良いいい男なのです。
が、超過保護でもあるのです。
出来る事なら、箱の中に大事に閉まっておきたいタイプなんです。
でも、箱の中に大人しく収まってたりはしない受け。
彼のそんな懊悩にもニヤニヤしちゃいましたよ。


内容ですが、養い親の義賊・雷全×国を追われた皇帝の孫・李由による、中華風歴史ファンタジーです。

皇帝の孫でありながら、謀反の疑いにより命を狙われる事となった李由。
自分を逃がす為に自刃した父の仇を討つ事を、強く決意するんですね。
そんな彼を拾い、守り育ててくれた義賊の雷全。
やがて成長した李由が、国の圧政に苦しむ人々を救うため、仲間達の助けを借りて立ち上がる様。
そして、反乱軍を率いて皇帝を斃し、新しい政を開くまで。
並行して、養い親と養い子と言う二人の関係が変化し、恋人として結ばれるまでとなります。

で、こちら、繰り返しになりますがドラマ性が非常に高いです。
国を追われた主人公に、隠れ里に暮らす義賊達。
国の圧政に苦しむ人々に、残虐な皇帝と太子。

最初は労役の為に王都に向かう事となった、たった千人の領民達がですね、時代の波とも言うべきものに乗り、どんどん仲間を増やして行く。
やがて反乱軍と言う大きなうねりになり、王都へと押し寄せるー。
この流れがめっちゃ面白いのです。
ドキドキとさせてくれるのです。
いや、何だろう・・・。
歴史の中で、こういう止められない勢いてのがあるよな~と、圧巻なんですよ。
どんどんストーリーが壮大になって行って「ええ、どこまで行っちゃうの・・・」って感じなんですよ。
「遠い所まで来ちゃったなぁ」って感じなんですよ!
いや、語彙力が無くて、なんか残念な感想ですけど。

と、圧巻のストーリーなのです。
ストーリーなのですが、それと共に、個人的に萌えまくった部分。
ズバリ、主役二人の関係性なんですよね。

えーと、雷全ですけど、めちゃくちゃ器の大きいいい男なのです。
義賊として隠れ里の民を率いてきた彼。
まだ8才の李由を拾うと、彼の教育の為に群の太守に仕官する。

これ、隠れ里に来たばかりの頃の李由ですが、父親を殺され、復讐に目がくらんでいるんですよ。
そして、深く傷ついているー。
笑う事を自分に許さず、また、泣く事も出来ずにいた。
そんな彼に、まずは父親の思いに応えるため、生きるように告げる。
李由にとって雷全が特別な存在になる大切なパートなんですけど、そうじゃなくても胸が熱くなっちゃって。

また、ここから十年が経ち、しなやかな若者に育った李由。
もうね、雷全がとにかく過保護なんですよ。
上半身裸で剣の手合わせをしていれば、慌てて駆けつけ服を羽織らせる。
こう、李由ですが、わりと鈍いと言うか、無防備なんですよ。
と言うより、雷全を絶対的に信用してる。
無茶をしたりするんですけど、雷全が絶対に守ってくれると言う信頼があってなんですよね。
まぁそんなワケで、振り回されて冷や汗をかいてる雷全。
「こっちの命がいくつあっても足りやしねえ」と叱りつつ、「ケガは無いな!?」と、まず確かめたりしてるのが笑えちゃって。
いや、甘いな!
わりとヤンチャな受けだから、振り回されまくりだなと。
で「守ってくれると計算してた。ありがとう雷全」と笑顔で言いくるめられてしまう・・・。
いや、かわいそう。
苦労性の雷全、めっちゃかわいそう。
でも、そんな風に育てたのは、自分だからね!と。

あとですね、彼はわりとヘタレでもあります。
思いが通じ合ってからも、養い子だった彼になかなか手を出せないんですよ。
で、しびれを切らした李由から迫られる始末。
しかも、その手の事に奥手な李由はですね、迫るだけ迫って触りっこで満足しちゃうのです。
そう、お預け状態。
雷全かわいそう。
なんか、いつもかわいそう。

と、私のレビューだと良さがあまり伝わってない気がするんですけど、とにかく壮大で面白くて、めちゃくちゃ萌える、素敵な作品でした。
最後になっちゃいましたが、主人公が拷問にあったりと、結構痛々しいです。
苦手な方はご注意下さい。

7

父の夢見た国を目指して

今回は民を助ける義賊と反逆者として追われる皇帝の孫のお話です。

隠れて育った受様が攻様や父の友人に支えられて皇帝と皇太子を倒すまで。

受様の父は皇帝の妾腹ながら長子であり太子でした。温和な父は民の為に
出来る事を思考し、民からも慕われてた存在でした。

しかしその姿勢は暴君で圧政を敷く皇帝と正室の子である叔父には邪魔で
皇帝は西方の国境警備監督を任じた挙句、その旅の最中に謀反の疑いを
掛けて親子に自害を命じるのです。

受様の父は勅命にそい自害を選びますが、母を早くに亡くした受様には
生き延びるようにと願います。受様は秘かに逃がされますが、土地勘の
ない山で琥珀の瞳で観察するように受様を見る大柄な男に見つかってし
まいます。この男こそ今回の攻様になります♪

攻様は怪我をし訳ありぽい受様に怯むことなく、山奥の集落に連れ帰り
ます。攻様は隠し里の頭領で義賊として重税に苦しむ民を助けており、
受様の父の死を心から悼み、遺児である受様を匿うのです。

攻様は元は農民で防壁建設で労役に駆り出された両親を、都の役人に理不
尽に殺されていました。皇帝を殺したいと言い出した受様が過去の自分に
重なり放っておけなかったのです。

受様は攻様とその仲間の下で剣術や日々の生活を学びますが、攻様は受様が
安全に高い教育を受けせれるようにと、受様の父が信頼していた太守の元で
育てたいと望み、受様を養子にして仕官する事にします。

2人がであってから10年、受様は友人達より身長や体格は劣るものの、
武術では身軽さを活かした技を身につけ、勉学では管理の登用試験にも
一発合格するほどに著しい成長を果していました。

国を作り上げるのは武官ではなく文官だという攻様の言葉に同意し、太守
の元で民のための政を学びたいと思っています。そして出世してやがては
攻様を養う存在になってやると心に誓っていました。

ところが太守に謀反の疑いがかかります。しかもその勅命を携えてきたの
は受様の父亡き後、太子の座に就いた叔父でした。

叔父である太子は太守の役目は民から搾れるだけの富を絞る事であり、民が
富み肥えるのは皇帝の意志に背く事であり、謀反を働いているのだと言い、
その上、将軍職に就く攻様には郡の民千人に王墓建設の労役を課し、20日後
までに建設現場に到着する事を勅命として命じるのです。

謀反の疑いを掛けられた太守は無事なのか!?
攻様に民千人を20日で王都に到着させる策などあるのか!?
そして受様が選ぶ道とは!?

皇帝の孫である受様が、身分を隠して育ててくれた養父の攻様達と力を
合わせて民を虐げる圧政を敷いていた皇帝と皇太子を倒す中華風歴史
ファンタジーです♪

民に圧政を敷く皇帝と兄を陥れて太子の地位についた叔父によって志半ば
で殺された父の意思を継いだ受様が、成長を見護ってくれた攻様や仲間達に
支えられながら立ち向かう勧善懲悪なストーリーなので、安心してドキドキ
&ワクワクできます。

父を失った受様に両親を殺された時の過去の自分を重ねた攻様は受様を
放っておけませんでした。そして受様を護るため養子として、受様の父の
共である太守に仕官を申し出るのです。

受様は強く義に厚く自分の思いに寄り添ってくれた攻様を深く信頼し、誰
よりも懐いていきます。そんな受様に攻様はかなり肩入れし、血筋に相応
しい立派な男に育てる為に厳しく接してきますが、常に見守り過ぎたが
ゆえに傍からは過保護と言える行動もちらほらなのが笑えます♪

受様は年下ゆえに攻様への思いを素直に口にして育ちますが、長じる事で
その思いは恋へと転じていきます。しかし、攻様はけっこう年上だし養父
だしで、そんな受様の思いをさらさらと交わし続けるのですよ。

そんな2人の恋愛事情も、世話になっている太守にまで皇帝が魔の手を伸ば
してきたことで変化していくのです。

そして攻様が勅命にて引き連れていた労役の民が川の増水で期日までに
王都に向かえないかもしれない事態を迎えた時に、太子の起こした事件が
受様の心を決めさせることになります。

反乱軍となった民が王都へと進む中、皇帝は卑怯な手段で受様を連去り、
受様は拷問に耐えて攻様を待ち続け・・・とハラハラ&ワクワク&ドキドキ、
受様が新帝として新しい世の礎を目指すまで楽しく読ませて頂きました。

攻様と共に隠里を支えた仲間たちや、受様の父の友人である太守、攻様
の師匠、そして受様と再会した付き人と、矜持を持った魅力的な人物が
受様の道程に絶妙に配置されていて物語を盛り上げています。

広大な国は誰のモノなのか? 皇帝という地位の持つ重みを考えず、私利
私欲に走る皇帝と叔父の太子、皇帝の命に殉死した受様の父、絶対の存在
である皇帝に抗しえなかった辺境の太守という負われた存在がある事で
さらに考えさせられるお話でした。

本作の発売記念でサイン会が行われ、その際にお土産小冊子とし番外編を
収録した小冊子が作られています。櫛野先生のHPでも公開されています
のでぜひチェックしてみて下さい (^-^)v

今回は本作のように攻様との出会いで受様が変わっていくお話で野原滋さん
『気高き愚王と野卑なる賢王』をオススメ作とします。

1

中華風ファンタジー


謀反の疑いで殺された太子の遺児が、圧制を敷く現皇帝に反旗を翻す話。
逃亡中の遺児を助けた義賊の頭領が養い親となり、育てたのち恋人になる光源氏計画要素もありです。


<あらすじ>
太子でありながら辺境への任務へ向かう途中、皇帝への謀反の疑いで自害させられた父・李斎から逃がされた李由(受け)。
付き人ともはぐれてしまった李由を助けたのは義賊の頭領・雷全(攻め)でした。
圧制を敷く現皇帝の考えに異を唱え、民のことを一番に考える李斎は民の希望だったと
話す雷全。
自身も両親を殺されている雷全は父を死に追いやった皇帝一派への復讐に燃える李由を宥め、李斎の想いを伝えます。
そして、李斎の友人で太守・柳玄のところで様々なことを学ばせるのです。
10年がたち、18歳になった李由は聡明で武術にも優れた美しい青年に育ちます。
地方官吏の試験に一発合格し、中央官吏の試験を受けるまでになりました。
そして、常に傍にいて李由を育ててくれた雷全に仄かな想いを抱き告白し玉砕します。それでも、李由は諦めません。
そんな時、柳玄に謀反の疑いがかかり・・・


李由が雷全に出会った時が8歳、その時から好きだったという執着も凄いけど、雷全が李由を優先すると踏んで、自分が告白できるまでの時間稼ぎに雷全の縁談やらなんやらを邪魔し続けるという李由は策士です。
そして、官吏試験に合格し1人前になれそうだと告白するのですが、雷全は取り合いません。
それ以降もことあるごとに告白しますが、雷全は全力でスルーしています。

実際は、雷全は自分の方が一回り以上年上で李由にはこれから新しい出会いがあるだろうと自分が身を引かなければと思っていただけのようです。
それでも、友人の前で服を脱いでいれば風邪をひくからと過保護なふりをして服を着せつつ、その実自分以外の前で裸を見せたくないという心の狭い一面を見せたり、近しい人たちにはバレバレなのが笑えます。

そこまでは、父との別れで泣き、保護されてからのらほのぼのな話でしたが、皇帝と現太子(李由の叔父)による言いがかりにより、柳玄の処刑の危機、無茶な労役、民を虫けらのような扱いに我慢の限界がきた李由はとうとう隠していた自分の出自を明かし、反乱を宣言します。
そこからは反乱軍を指揮する李由と雷全の怒涛の攻撃。

祖父である皇帝と叔父の二人はクズの極みでした。皇帝派がいること自体不思議なくらいの屑っぷり。
ただ、太子の座を争う立場な叔父はわかるのですが、皇帝の方は痛いところを突くとはいえ実の子をそれほどまでに疎み憎むことができるものでしょうか。
少し不思議に思いました。
李由が皇帝と初めて対峙したとき、人情に訴えてくる皇帝をきっぱり拒絶し、父を殺された復讐ではなく民のための国を作るための戦いだと言い切った李由の態度には感心しました。

皇帝サイドはともかく、李由サイドの他の登場人物は気のいい人ばかりでした。
李由を保護してくれた父の友人の太守・柳玄、義賊仲間の花嬰に燕勇、李由の友人・慶祥、李由の付き人明旬、雷全の育ての親・翠嵐。
二人の仲を見守りながら一つの目標にむかって進む彼らは生き生きとしていました。

初めの李由と李斎との別れは何度読んでも泣いてしまうし、李由が捕まった時は文字通りかなり痛いめにあうので、そこがちょっとしんどかったですが持ちまえの頑固さと意思の強さで乗り切り、目的を達成する李由の強い精神には頭が下がります。

全てが終わり、新しい時代の始まりにやっと結ばれる二人。
自分からぐいぐい行くのはよくても相手から来られるのは恥ずかしい李由はかわいいし、絡みのシーンになると桃色の空気が何度も無散するのが楽しかったです。

話の軸は李由と雷全の恋ですが、それに現皇帝への反乱が加わってハラハラしっぱなしでした。勝ち戦が続いていても、いつどこでひっくり返されるのかと最後のほうまで本当にどきどきする話でした。

0

乗り過ごした

先生買い。溺愛が過ぎるという作風かと思っていた先生でしたが、今回はラブ面より内戦?の展開が気になって気になって、帰宅時に乗り過ごしちゃったです・・・ラブ面で萌えたか?と問われると?なので萌にしました。ひねりなし王道一直線、なんちゃって中華が舞台のお話、本編330P弱+あとがき。

皇帝から謀反の疑いをかけられ自害を命じられた父より「生き延びろ」と言われ脱出し、竹やぶの中を逃げ惑う李由(りゆ)。眼光鋭い男に見つかってしまったのですが、放っておけないとその男の集落に連れていかれ、傷の手当をしてもらい・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物はめちゃいっぱい。
悪党、受け父が親しくしていた太守、攻めの師や仲間、受けの友人等々、漢字2文字の名前多数・・

**以下内容に触れる感想

受けは人民の事を第一に考える人間、守られるだけではなく自ら戦う子で、忍耐強い頑張り屋さんです。
攻めさんは包容力ある、どっちかっていうとこっちの方が皇帝タイプだと思うのですが、最後は将軍さんになってました。なんと受けより16歳ほど年上。
攻め受けともキャラとしてキライではないですが、クスっと笑うという部分は少なく、悪い奴をやりこめ、仇をうち、国を正していくという王道なお話という印象です。どうなるどうなる?と展開は気になりましたが、「うわ!」と驚くような点はなく、うんうんと読み終えてしまいました。
それで萌です。

歴史的なお話は初めて!という方でも安心してお読みいただけるのではと思った一冊でした。

0

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ