散歩したのか? 俺以外のやつと

生贄のお勤めは、

ikenie o otsutome wa

生贄のお勤めは、
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神123
  • 萌×266
  • 萌25
  • 中立4
  • しゅみじゃない5

114

レビュー数
25
得点
958
評価数
223
平均
4.3 / 5
神率
55.2%
著者
博士 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
発売日
価格
¥690(税抜)  
ISBN
9784758079976

あらすじ

蛍の暮らす限界集落では10年に一度、生贄を犬神様に差し出す代わりに村は守られ繁栄するという犬神教が信じられていた。
村は過疎化が進み、唯一の若者となった蛍は村を守るため生贄として犬神様のもとへ出向くことを決意する。
しかし、犬神様は都内某所の高級タワーマンションに暮らすスケベで横暴な人嫌いで――。

【描き下ろしあり】

表題作生贄のお勤めは、

犬神様
蛍・生贄になる村の若者

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • カバー下イラスト

レビュー投稿数25

これはファン増えるなぁ…

先ず驚いたのは、半端なくレベルアップされている画力。もともと画力が高い作者さんですし、以前のガシガシとしたペンタッチも好きでしたが、更に洗練された感じ。
神様と人柱のカップリング。土着信仰が話の枢軸ゆえに昔話かと思いきや、港区六本木のタワーマンションそびえ立つバリバリ現在のお話でした。
博士先生がよく描かれる、一見冷たいのに実はどこまでも受にデレデレな攻が今回もバッチリ拝めて、もう大満足です!!!
クッ!と胸に来るセリフや表情も無尽蔵。
過去に遡るエピソードは泣けた!読み終わってから各回冒頭の扉絵を見返すとまたふんわりジンワリ…。

14

不覚にも泣いてしまいました

受の蛍が暮らす限界集落では10年に一度
生贄を犬神様に差し出すかわりに村は守られてきた。
今回この生贄になることを決意し犬神様に会いに行った蛍。
蛍を待っていたのは、なんともまあ現代風の犬神様で……。
都会の絵具に染まりまくっている感じのイケイケ俺様何様犬神様×田舎の純粋な青年ですよ……。


めちゃくちゃ良かったです。
斬新なストーリーに、可愛らしい表現が多く読みやすい、
またエロもすごく生々しくて……。
あと、一番いいなと思ったのが、
蛍の前世がかつて犬神様を拾って、
犬神様と仲良く暮らしてたんです。
でも蛍だけ先に死んでしまって、
死ぬ前に「またお前に会える気がする」
「俺が生まれ変わって会いに行くまでいい子で待ってな」
と言い残しました。
それを何百年も待ち続けてたんですね、犬神様は。
明るく少しギャグテイストですすんでいくのかと思っていましたが、
不覚にも泣いてしまいました。


ストーリー ★★★★★
登場人物 ★★★★★
エロ度 ★★★★☆

9

ワンコが可愛い

博士先生の作品を読むのは3作目なんですが、この作品が一番好みにハマりました。
まず主人公の蛍と犬神様のビジュアルが美しくてキャラもいいです。
受けの蛍は黒髪で可愛らしいけど、ちゃんと男らしさもある純粋な青年。攻めである犬神様は長髪の美形でツンデレキャラ。
傍若無人な犬神様が、実は蛍に対してしっぽぶんぶんだったことがわかって、可愛くて悶えます。
たくさん出てくるワンコの絵がリアルなんですが、すごく可愛いです。
村の青年が巣穴から落ちた仔犬を拾って、一緒に暮らしていくエピソードは、最後の別れのシーンで読む度にうるっときてしまいます。
また生まれ変わってもきっと2人は一緒にいるんだろうな〜
非現実的な設定で、しっかりエロもありつつ、ちゃんといい話に纏まってるところがすごいです。

8

可愛らしい

表紙ともふもふに惹かれ、ずっと気になっていた作者さんでしたので、読んでみました。

独特なテンポやシュールでコミカルな感じが癖になり、ページをめくるのが楽しかったです。
蛍のふてぶてしく、健気なところが可愛くて好きでした。
犬神様、なんだかんだで村にタワマン建てちゃうほど蛍のことが大好きで微笑ましかったです。
うどんに嫉妬や張り合ってるのが可愛らしくて笑ってしまいました。
2人の村での生活や、過去がまだ気になるところがあったので、続編出てほしいです。

8

不思議です

博士さんの作品ということで、大いに期待して読ませていただきました。やはり素晴らしい作品でした!!

特に素晴らしいのが、エロシーンです!何度でも見返したくなるたまらないエロです。受けの腰つき、足の曲線がえっちで、一つひとつの絵をじっくりと見てしまいます。そして結構回数こなしてます。それなのに不思議!読み終わったら、はーえろえろで最高だったわ〜というより、はー最高に可愛かったわ〜という感情の方が勝るんですね!本当に不思議です。あんだけエロシーンあって、ほわほわの気持ちが溢れ出してくるのです。(もちろんエッチシーンでどっきどきもします!そのことは大前提です!)
獣人というジャンルはあまり読んだことがなかったのですが、新たな扉を開いてしまったかもしれません。

この作家さんのお話は独特な世界観の中で、繰り広げられる萌えを感じることができます。間違いなく爆発します。全部おすすめです読んでほしいです次回作にも大変期待しております!楽しみです!

7

期待通りの、予想できないストーリー。

すごく楽しみにしていて、その期待を裏切らず、予想できない展開でとても面白かったです!

犬神様はかっこよくて(犬のときはかわいい)、蛍はとにかくかわいい。ストーリーは先生らしく…え?え?と進んで笑いも随所に散りばめられ…エロスもたくさん。

犬神様がなんで神様になったのか?の、昔のお話はイイ話でほろりとするのですが、あまりそこを引っ張らないのも面白くて(笑)
うどん君というライバルも登場、犬神様と蛍のお話はまだまだ読みたいです!

電子版を購入しました。描き下ろしは、ワンちゃんマーキングのお話と、(敢えてなのか絵が荒いですが)蛍の猫化エッチでした。

5

スケベなでかい犬なだけじゃない!

初っ端から、横暴でいじわるな神様。でもどこか憎めません。ブラッシングしろ!メシ!フロ!ほめろ!には笑ってしまいました。
あまりにも縦横無尽な神様に切れたのが、捨てられたプチトマトについて(笑)なにこの生贄可愛すぎる。
しかし、そんな風に怒っても神様にとっては嬉しいみたい。スケベなでかい犬なんて言われているのに、尻尾をふりふり。
生殖器だけ犬に変えた。射精するまで腰振れだなんて、なんて鬼畜。最低だって泣きながらも快楽を拾う生贄ちゃんが本当に可愛くて、神様じゃないですけどニヤついてしまいました。

喘息の発作が出たときの神様のしょんぼりで、胸が締め付けられました。なんだかんだ、生贄ちゃんの喜ぶ顔が見たくてアレコレしていたのに…切ない。犬アレルギーまであるかもしれないと、強制送還された生贄ちゃんがしたのはなんと浮気(新しく犬を飼った)
俺以外のやつの散歩したのか!?って…可愛すぎる。
そして、ど田舎に建つ高層マンション。
イヌの習性がところどころ描かれていて、スリスリやここ掻くと足上がるよね~があるあるでした。
もふもふで癒やされるのに、きゅんと切ない表情、えっちな表情に神評価です。

5

俺様な神様×ピュアな健気受け

最近の博士先生の受けちゃんの可愛さ尋常じゃない!
はぁぁ可愛い…
本作の田舎の村のピュアっ子蛍ももれなく可愛いの極みです。村のために生贄に立候補した健気受け。
勿論、性的な経験なんぞありません。
そんなピュアな子を俺様気質な犬神様がああしてこうして開発しちゃう訳です。
エロく無い訳ないじゃないですかー。
ご馳走様でした。
このオレ様な神様の過去が切なくて、蛍は見た目からすると元のご主人の生まれ変わり、なんでしょうね…
一見オレ様だろうがひたすら待ってるのがワンコなんですよ…私犬飼いだから百も承知。
犬の一途さったらもうね、言わずもがな。
これって決めたらずーっと好きだからね。
ずっと愛してもらってね。

2

犬!

あらすじは皆さん書いて下さってるので・・・

とにかく絵が個性的で可愛い。
キャラクターはもちろん、コマ割のセンスや設定、小道具の使い方も上手い。
そして、犬神さまが可愛い!

獣人もの苦手だな~と思われる方にも素直にオススメできる一冊です。
一途な犬って最高ですね(笑)

1

可愛い犬神様

とても可愛い作品でした。ちょっとした表情とかも面白いので、画面の隅々まで見てしまいました。

犬神様が個性的で神様なのに恐ろしくないどころか、まんま犬で笑ってしまいました。
途中に蛍の前世と犬神様が神になる前の過去話があり、ちょっとだけウルッとしてしまいました。

蛍の犬アレルギー?に過剰に反応して村に返したのも前世で悪い咳をしてたからなんですよ。

なのに村に帰ったら蛍の喘息は良くなって、保護施設から仔犬を引き取ったと知った犬神様の表情が最高でした。

犬神様も戻って来て村も温泉で賑わって蛍は幸せそうです。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う