ごめんしたって許さない

gomenshitatte yurusanai

ごめんしたって許さない
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神101
  • 萌×257
  • 萌25
  • 中立12
  • しゅみじゃない10

193

レビュー数
31
得点
820
評価数
205
平均
4.1 / 5
神率
49.3%
著者
博士 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784758077231

あらすじ

大学入学を機に東京にやってきた北島健太郎は、
友達を100人作ろうと新歓コンパに参加するも
緊張で訛りが出てしまい、見事ひとりぼっちになってしまった。
アドバイスをくれる人もおらず、勧誘されるまま
日サロ・肉体改造・おしゃれにお金を使い一文無し。
イメチェンでゲイにモテモテになった健太郎は
ハッテン場でお金を稼ぐようになるのだか、
新歓コンパで唯一連絡先を交換した綺麗な髪色の青年・優くんに
売りがバレてしまい――。

表題作ごめんしたって許さない

優、読モをしている大学生
北島健太郎、田舎から出て来た大学生

同時収録作品ごめんしたって許さない

斉藤、ハッテン場で出会った男
北島健太郎

その他の収録作品

  • その後

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数31

拗らせラブ。

イケメンストーカー執着攻め×流されビッチアホ受け。

健太郎、アホ過ぎる。
流されアホ受け大好きだけれどモブおじさんに流されちゃダメ笑。
書いてる方いらっしゃいましたがあんなに酷い目にあったのにもうしないと言われて斉藤さんに再度ついて行きそうになったのには引いた。
萌えにおさまったのは攻めの優くんが可愛いから。
ツンデレ大好物。
受けの事が大好きなのに何この拗らせラブ笑。
ストーカーの挙句、脅すとか天邪鬼すぎて萌える。
健太郎はアホの子だから優くんに出会えなかったら大変な事になってたよー。
健太郎がまたしでかさないようにしっかり執着してあけてほしいわー。

0

「無知」ってほんとダメだなって思ってしまう。

博士さんのこの2冊目は好きと嫌いがせめぎ合ってなかなか評価もレビューも出来なかったんですが、ひとつ前のゆーちん24様のレビューがすごく的確で、あぁそれだーと自分の気持ちに整理がつきました。

そうなんだよね、それじゃあダメなんだよ健太郎。
優くんのせいにしてるところにモヤモヤしてたんだ私…。あぁすごいスッキリ。

健太郎の無知さが私の目には全然可愛いと思えないから、読んでるあいだずーっと「お願いだからもっと賢くなってくれ‼︎」って思いながら読んじゃうんだけど、でも嫌いじゃないなとも感じる理由は、優くん視点になると途端に可愛く見えてしまうんですよね。
だから全編攻め視点で描かれていたらまた違う感想になってたかもしれないなぁと思う作品です。

【電子】ebj版:修正○(ほぼ白抜きに見えますが)、カバー下○、裏表紙○

1

健太郎!お母さん泣いちゃうよ!

強烈な萌えと強烈な萎えの連続で、最後まで好き嫌いどちらに転ぶかわからない!
そんな作品でした。

んーーでもこれはゴメンなさい。
ラストにかけての展開が残念で、萌えのほうに転びませんでした。
評価としては、高評価でも低評価でもなく、文字通りの「中立」です。

序盤から萎え要素は大いにありました。
痴漢モブおじさんへのフェラ、流されやすすぎる受け。
ポジティブなビッチや、強い信念や目的を持ってウリをしているのなら、私は萌えに繋がります。
でも流されて汚いオッさん相手している描写には嫌悪感が先に立ってしまう。
でも、萎えの数=作品への低評価とはなりません。ラストの萌え一つで〔神〕になることもあります。

なので本当に評価は最後まで揺れまくっていました。

ラスト前、何故自分を陵辱したリーマン(斉藤)にまた騙されそうになるかな…
優が斉藤に殴られたのを見て、やっと自分を取り戻し、優を守って啖呵をきることが出来たのはよかったけど。
優が来ていなければついて行ってたよね。
もっと能動的に自分を大切にして欲しい、この子には。
せっかく可愛いんだから。

冒頭に両親が都会に出る息子を見送るシーンがあったから尚更、母親の気分になって読んでしまって、心配ばかりしちゃいました。

優に告白されたときも、
「なして早ぐ言ってぐれながったの〜」

可愛い泣き顔して方言でのこのセリフ。
普段なら萌えしかないんだけど、このときのシチュエーションだと萌えられませんでした。

いや、優のせいじゃないよー?って。

たしかに、最初のコンパの段階で優がすぐに健太郎にLINEをして趣味を分かち合い友人になっていれば、その空気に流されて、受動的に、健太郎は純朴なまま楽しい大学生活を送れたことだとは思います。
そこから淡い恋愛が生まれていったかも…とも思います。
ウリをすることもなかったでしょう。

でもそれではダメなんだよ。

ごめんなさい。今回は受けがあまりに危なっかしくて、攻め視点でも壁視点でもなく、健太郎のオカン視点で読んでしまいました。

「エロ漫画家とアシくん」で博士さんを知った去年。劇的に萌えました。

今作も、かなり萌えどころは多かったんです。
コンパでの健太郎の、優をクリームソーダみたいと例えてキラキラしている姿とか、
ガングロチャラ男姿で電車の中でしくしくうっうっと泣いてる健太郎とか、「か…かわえぇ〜♡」「うぅ。可哀想に…でも可愛い…」って萌え転がったの。
ただそのすぐ後に痴漢おじさんの餌食になっちゃうとか、萎えもセットでしたが。
攻めの優はとっても好きでした。

独特なストーリー運びや、キャラへの個性的な味つけは本当に好きですね。うまいなぁと思います。
舞台は至って普通なのに、不思議な空間がそこにあって。
今回も電子版で169Pという短い中で、これだけ感情をアップダウンさせてくれる作品という意味では作家様への信頼は上がるばかりでした。
追い続けたい作家様です。

3

北島くんがアホ過ぎて…。アホ過ぎて不憫になる。

博士先生の新刊を読んだので、再読しました。中でも評価の高い本作ですが、やっぱり、北島くんがアホ過ぎて、田舎者とか純粋とかお人好しとかの域をぶっ飛び過ぎていて。痛々しかったです。
とても可愛い子だということは分かるのですが…。
もし。もしもよ⁈ 彼が優くんに出逢えて無ければ。優くんがフツーにリア充なだけの男の子だったなら。
遅かれ早かれ北島くんは、レイプされていたことでしょう。もっと恐ろしい目に遭っていたかもしれない。
彼にはどうしても生きて行くために、優くんが必要不可欠で。
そして、孤独をずっと感じていた優くんが、北島くんを好きになってくれた事。それが若干のストーカー行為を孕んでいたとしても!優くん、『こんな馬鹿でどうしようもないヤツ』と、言いながらも好きになってくれてありがとう。と、感謝の言葉しかありません。
助けてもらってばかりの北島くんですが、変態のおじさんに突っかかって殴られた優くんを見て。初めてキレて怒りを爆発させます。怒れるんだ⁈ っていう。何故、最初からそう出来なかった⁈
優くんが、一生懸命北島くんを好きになった様に、北島くんも優くんを好きになって、ちゃんと感情を持てたのかと思います。
怒り、切なさ、そして恋をすること。
北島くんがしていた事は『ごめんしたって、許せない』事なんだけど、優くんが
きっと全部優しく受け止めてくれるんだろうと思います。

描き下ろしは、うーん…。優くんはビッチが好きなわけじゃないよね!北島くん限定でエッチな子が好きになったんだよね!と、思いたい。しかし、恋人が諸々慣れてる事に、また優くんはヤキモチ妬いたりしちゃうんだろうな。

1

なんですかこれは。かわいいかよ!!!

表紙が全然ひかれなかったので、購入対象にはいってこなかったのですが、
先行くお姉さま方の評価に惹かれて買ってみました。

結果、大正解。

なんじゃこのかわいさは。
ストーカー系イケメン×天然ビッチの田舎者。
この二人がふたりともかわいい。

互いの視点で書かれているのですが、これがまたいい。

攻めが受けに対してキュンキュンしているところと
受けが攻めに対してキュンキュンしているところの両方が知れて
キュンキュンの一挙両得って感じです。

後日談の最後のあまあまHシーンで
攻めが受けに「ビッチじゃん」っていってちょっとの不毛のやりとりのあとの
「ビッチはきらい?」「好きだけど」
攻めはビッチがタイプになりました。 って
かわいいが爆発しました。

3

とても良いキャラ萌え漫画

タイトルと表紙から内容が全然想像付かなくて、あらすじと電子の立ち読み数ページ読んでもよくわからなくて、賭けのつもりで買いました。
結果、大満足です。
ひさびさに純粋にキャラクター萌えでBLを読めたなという感じ。とにかく受けと攻めがかわいいです。

受けの健太郎くんは最初の純朴な田舎青年ぶりがすごくかわいかったので、たった数ページでギャル男に変身してしまったのがとても残念でした。
ギャル男変身費用で金欠になってしまったのと、上京して周りに親しい人のいない寂しさから売りに走り、心は純朴なまま体はビッチになっていくのもすごく悲しかった…。最初の健太郎くんほんとかわいかったから…。

攻めの優くんは健太郎くんより背も低くて体型も今どきのガリガリ型だし読者モデルやってるオシャレ男子なので、普段ならあんまり好みのタイプの攻めではないんですが、優くんはものすごくツボのキャラでした。
見た目はスカしたおしゃれ男子なのに根暗なのがかわいい。マイナーバンドのファンって共通点で健太郎くんすぐ好きになっちゃうとこもかわいい。
アホな健太郎くんをストーカーしつつちゃんと守ってあげる男らしさもいいなあと思いました。

途中のSM描写が健太郎くんかわいそうで結構つらかったですが、最後はラブラブエンドだったのでよかったです!
ドラマティックさとかはないけど、キャラがかわいいから何回も読み返したくなる作品でした。

2

健太郎の東京転落日記と優くん

なんというジェットコースターのようなお話でしょう!

田舎から夢と希望を持って友達100人作るんだって出てきた健太郎が!なんてことでしょう!

街を歩いただけであれやこれやに引っかかり気がついたらスッカラカンでガングロヤンキーのようになってしまって。

新歓コンパで唯一ラインを交換した優くん。連絡網だって。唯一連絡先を知ってる東京の人。

健太郎がゲイの人達に人気で何故か売りをしてお金を稼ぐように。でも東京での寂しさを埋めてくれた。そんな現場を優くんに見つかり!

優くんも色々あったんですね。ただのイケメンクールなツン男じゃなかった。健太郎を見守り(ストーカー)売りを止めさせ危ない所を助けてくれます。

健太郎が素直でいい子でそこにつけこまれまたもや窮地に?というところでまた優くんに助けられます。

最初の優くんの部屋で健太郎との時間は優しくてやっと健太郎にしあわせが!と思ったらすれ違っちゃってお互い大後悔で。
でも優くんが!

優くんもっと早く健太郎に声をかけてくれていたら。
でも二人がくっついてすごく嬉しかった!
けどそこまでの健太郎の転落と二人のすれ違いが辛くて相殺までいかず。

健太郎が不憫でフェラが上手くなったことを前向きに捉えてるのが救いなのかこちらとしては悲しいのか。

優くんと仲良く大学生活楽しく過ごしてね!

1

かわいい。

純粋にとてもとても萌えます。BLはファンタジーってやつです。
受けも攻めもかわいいんですよ。まず絵が上手でかわいいし。受けも攻めも不器用で気持ちの伝え方を知らない天然。神の視点を持つ読者の自分はそんな二人をみて、予定調和のハッピーエンドを待ち望みつつやきもきしてました。
個人的に、攻めの優君がさりげなくムカデ人間っぽいTシャツ着ているところが面白かったです。他にもじわじわくる小ネタとかギャグが挟まれてます。切ないターンの中にある適度な清涼感って感じで癒されましたよ。嫌味のないサブカル男子優君。

2

俺を見てくれる人

ざっくり言うと、ストーカー×田舎者です笑!表紙からは想像出来ない田舎者の変貌と、執着強めのストーカーの、ヤること凄いけど心は純情ラブストーリー(^^)

友達がほしい…その気持ちだけで、日サロとジムに通い服装を変えた健太郎(受)は、電車内で痴漢にあい、代わりにお金を貰います。その後もオヤジ相手に"しゃぶって1万"を続ける健太郎に声をかけたのが、唯一のラインを交換した大学の同級生である優(攻)。健太郎の隠れストーカーだった彼は何度も健太郎のカラダを売る行為を止めさせようとします。その気持ちに感謝をしたのか、しゃぶると健太郎からの申し出…違和感を覚えた優は"客"と見られていると勘違いし、ショックから最後までヤって、お金を払います。今までで1番心が痛い…泣きながら帰宅する健太郎。公園で再びカラダを売ろうとする健太郎でしたが、間一髪優が間に合い止めます。揉み合った結果、相手の男に怪我させられた優…目が覚めたのか健太郎は男を怒鳴りつけ、男は退散。優はストーカー行為やヤってお金を渡した事を詫び、好きの気持ちを伝えます。"優しくしてくれたら全部許す"健太郎はそう言って、2人は結ばれたのでした(^^)/

友達欲しさに、自分を変えた健太郎でしたが、自身まで見失っていた気がします。自分を変えた事でお金に困り、お金と寂しさを紛らわす為にカラダを売る。ただお金欲しさだけではない所が切ないです。健太郎は優に対し、間違った感謝の仕方をしてしまい、優を傷つけます。追い討ちをかけるかのごとく、"嫌われたくない"気持ちからなのか、健太郎は性に対して"慣れているフリ"をします。自分の知ってる健太郎はいない…そんな風に優は悲しくなったと思います。"客"として見られているなら、それなりの対応をしてやればいい、そんなヤケからか、お金を払う優も切ないです。互いの勘違いやすれ違いの気持ちが、事を色々ややこしくしますが、健太郎が最後豹変し怒鳴るところでスカッとし、健太郎自身目が覚めたように感じました。素直に好きと、そう伝えられなかった優も、後悔してるかもしれませんが、これから2人で幸せな日々を送ってほしいです(^^)
健太郎が"どおぞ"と、最後にくぱぁするとこがドエロいので、最後まで涙ありエロあり楽しめます(〃ω〃)

3

「純粋なビッチ」という設定は斬新

クールなストーカー攻め×天然?方言褐色受けです。

上京したての田舎っ子健太郎くん。方言もそのまんまのピュアピュア男子。
キャッチにひっかかってイメチェンして散財して、痴漢にひっかかってウリするようになって、それを見た攻めに脅されて言う事を聞くように言われ……。

この子、意思はないのかな!?

痴漢にお金あげるからここでおりてって言われて大人しくついていくか…?お金に釣られてしゃぶった挙句紹介されたハッテンバ行くか?
放心だとしてもパンツのまま外出るか?レイプされかけたおじさんに謝られてまた流されるのか(何回目?)……。
うーん純粋というより、ちょっとアホの子なのかな。
良い意味でも悪い意味でも、純。そこが可愛いのかもしれません。攻め視点で見ると。
まあそんな意思のなさそうな流され受けちゃんが、攻めが傷つけられたときにブチギレて怒鳴ったシーンは最高なんですけどね。
方言でキレるの良いですね。

攻めが可愛いです。クリームソーダ色の髪の毛って設定が好き。裏表紙のカラーだととても綺麗です。
あと受けより細くて小さい攻め、良いですね。ちょっとSっぽいところも良い。

純粋ビッチという新しい受けキャラに衝撃を受けました。今までにないですね~。
モブおじさん(臭そう)との描写があったのでこの評価で!個人的にちょっと苦手なんです。すみません!

あと表紙がダサいです。作品の魅力が何も活かされてないデザイン。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ