十秒待ってください。ドキドキするの、止めるので。

本気の恋をお借りします

honki no koi wo okarishimasu

本気の恋をお借りします
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神11
  • 萌×223
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない4

97

レビュー数
8
得点
172
評価数
47
平均
3.8 / 5
神率
23.4%
著者
夕映月子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
すずくらはる 
媒体
小説
出版社
笠倉出版社
レーベル
クロスノベルス
発売日
価格
¥890(税抜)  
ISBN
9784773060140

あらすじ

病床の祖父を安心させるために、レンタル彼氏を雇うことになったゲイの朔。
当日やってきたのは年上で笑顔が素敵という理想そのものの男・ナオだった。
小説家・有松奈生は知人から頼まれたレンタル彼氏の依頼主を一目見た瞬間から特別だと意識し始めていた。
二人はレンタル彼氏と依頼主としてのデートを重ね、ますます相手に惹かれていく。
しかし両片想いなのに、すれ違う二人の仲をさらに拗らせてしまう事件が起きて……!?
溺愛ラブロマンス

表題作本気の恋をお借りします

有松奈生、レンタル彼氏で若手小説家、28
釆女朔、イラストレーター兼美大生、20

その他の収録作品

  • あとがき
  • おまけSS

レビュー投稿数8

可愛すぎか!!

「レンタル彼氏」と「客」として出会った二人の、超甘くて可愛い恋愛をじっくり丁寧に綴った作品になります。

これ、両視点で進む為、二人が両片思い状態と言うのは早々に分かるんですよね。
あと、本当に王道って感じで、オチもかなり早めに想像がつく。
まぁそんなワケで、刺激を求める方にはちょい物足りないかもしれないんですけど。
ただ、その分、甘くて優しいお話を安心して楽しめると思います。
いや、本当、攻めがベタ甘だからね。
そして、受けのまさに初恋と言った、初々しい心情がかわいすぎるからね!

ちなみに、出会って早々に受けに陥落し、以降ひたすらデレデレしてる攻め・ナオ。
初っぱなからこんな感じだった為、彼はもともと、こういうベタ甘・溺愛男なんだと思ってましたが。
それが終盤で、意外な本性と言うのが分かって驚きましたよ。
もともと好い人が優しいより、こういう男が受けにコロッと参ってめちゃくちゃ甘くなるってのが、個人的には美味しかったりします。


ザックリした内容です。
病床の祖父を安心させる為、レンタル彼氏を恋人に仕立てあげて紹介する事にした大学生・朔。
現れた優しく紳士的なレンタル彼氏・ナオに胸のときめきを覚えるんですね。
一方その頃、レンタル彼氏の依頼主・朔を一目見て、強い吸引力を感じるナオ。
朔のあまりの愛らしさに、恋に落ちてしまいますがー・・・と言うものです。

まずこちら、主人公である朔ですが、父親は行方不明、母親は亡くなっています。
その為、裕福な祖父に育てられたんですね。
で、朔がゲイだと悟っていた祖父から、「男性で構わないから、生きてる間に伴侶を見つけて安心させて欲しい」と、お見合いを勧められる。
そこで、とりあえずレンタル彼氏に恋人のふりをしてもらい、祖父の心労を取り除こうとした。
と言うのがレンタル彼氏を頼んだ経緯になるんですけど。

で、こちら萌え処ですが、レンタル彼氏と客でありながら、二人が二人とも互いにメロメロで両片思い状態だと言う事。
いやこれね、朔は朔で、ナオの優しくて思いやりある言動に胸をときめかせて、いちいちドギマギする。
そしてナオは、朔のその可愛らしい見た目とは裏腹の、芯の強さに心を撃ち抜かれる。
要は、「なんて素敵な人だろう」だの「なんて可愛いだ!」だの、二人が延々とやってるのを、「か~っ! 甘すぎか!!」と読者がニヤニヤしながら見守るって形になるんですよ。

あと、個人的に面白くて仕方なかったのが、朔から見たナオと、彼の内心のギャップでして。
えーと、朔から見たナオと言うのは、スマートで爽やかで頼りになって気遣いが出来てと、まさに完璧です。
で、これがナオ視点になると、朔の愛らしさに「神よ・・・っ!」とかってやってる。
こう、スマートどころか、ひたすらデレデレとヤニ下がってんじゃん!?みたいな。
いや、こういう攻め、大好きだけど!

と、デートを重ね、心を通い合わせてゆく二人。
しかし、ナオはあくまでレンタル彼氏としての演技をしてくれてるに過ぎないと、好きになってしまった事で心を痛める朔。
そんな中、なんとナオは人気の若手小説家で、更に女優と交際してる事が分かり・・・と続きます。

えーと、夕映作品の魅力の一つって、丁寧な心情描写にあると思うんですけど。
実はナオとの事ですが、朔にとって初恋になるんですよね。
出逢って恋に落ち、共に過ごす事で想いを深めてゆく。
そして苦しい失恋ー。
そんな朔の心情がとても丁寧に綴られ、微笑ましかったり切なかったりと、すごく感情移入しちゃうんですよ。
また、傷つきながらも、ちゃんと前を向こう、出会えた事に感謝しようと朔が思うのに、とても心を打たれて。
甘々から一転、こう来るのが上手いなぁと。

あと、人気若手小説家であるナオが、何故「レンタル彼氏」をしていたのかー。
これ、予想はついちゃいましたが、あたたかくて優しいオチで素敵だと思います。
朔の祖父がですね、とても素敵なお祖父様なのです。
孫が同性が好きだと言う事を穏やかに受け入れ、「あなたは人を好きになる事が出来る。誰かを大切に思う事が出来る。それだけで素晴らしい事です」と語る。
このセリフにはジーンと来たわ。
意外とお茶目なのにも萌えちゃったわ。

最後になっちゃいましたが、わりと濃厚なエロも夕映作品のこれまた魅力の一つ。
エロは最後に一回だけなんですけど、ナオのネチッこい責め方にはニヤニヤしました。
いやまぁ、彼がムッツリなのは、意外でも何でも無いけど。

と、王道で捻りなんかはあまり無いんですけど、とにかく甘くて可愛くてあたたかいお話だと思います。
個人的に、こういうお話は大好きな為、終始楽しく読めました。

9

あまくてかわいくて、まさに読む癒し

レンタル彼氏と客として出会ったときからお互い一目惚れな二人。
そんな二人の両片思い状態を、両視点で交互に読んでいくというわかりやすい親切設計。
会えば会うほどお互いに「この子だ!!」「この人しかいない!!」とメロメロになってお花畑状態になったり、でも…こんな素敵すぎる人に自分なんか無理かも…と沈んだりする様子をひたすらニヤニヤしながら読むという作品が好きなので、とても楽しめました。

レンタル彼氏として登場した攻めは、本当は売れっ子作家なので言葉に拘りがある人種なんですね。
なのに受けを前にすると「神よ‥‥!」だの「天使かな」など語彙力崩壊しちゃう様子には思わずニヤニヤしちゃいます。
スマートな大人を自認していたはずなのに、受けにメロッメロになっていく様子はほんと読んでて楽しい。

攻めが恋人つなぎで手をキュキュっと二回握る仕草がしばし登場するんだけど、それがやがて二人の愛のサインになっていくところも良かったです。

そして攻めと受けの好みや感性がとても好ましくて、読んでて楽しいんです。
二人で大正から戦前までのグラフィックデザインを集めた小さな展覧会に行って(鑑賞は別々行動なのも良い!)、見終わったら併設のカフェでお茶をして、賛美歌集の挿絵のポストカードをプレゼントしてくれたりするとかすてき。
私もこういうデートがすごく好きなので、読んでてすごく楽しかった。

それと攻めの住んでる家は、欄間にアンティーク風のステンドグラスが施されているような趣のある下町の一軒家というところもいい。
そういうちょいちょい登場するディティールが読んでてとても楽しかった。

ストレスなしで読めたので、今後も疲れたときの糖分補給要員として時折読み返す一冊となりそうです。

ただ初エッチのときの攻めのセリフ
「ここ、もう俺のかたちになっちゃってるね。」うんぬんが、え……そんなコト言うキャラなんだ…とちょっと引いてしまいました。
そして初エッチだけど中イキはもちろんのこと潮まで吹いてるという、まさにBLファンタジー……。
エロシーンが好みではなかったので萌萌評価どまりです。

3

甘々

受け攻め両視点で交互に語られるので、読み手が心配する事はありませんでした。
有松が蒴に夢中になって行くのをワクワクしながら読む事が出来ます。そして蒴の魅力の前に有松の語彙が無くなるのが、余計に蒴の美しさを妄想させてくれました。

有松がレンタル彼氏をしている理由は何となく察してましたが、蒴の祖父が見合い相手と推していた人物と一緒だったんですね。でも見合いしていたらお互いに惹かれたかは分からないので、レンタル彼氏として出会ったのは成功だったのでしょう。

きっかけはどうであれ蒴の祖父に挨拶して交際の許可を取ったり、上迫や英田に牽制する有松の溺愛振りは気持ちが良いほどでした。

まっさらな蒴も初めてのエッチから感じまくっていて、甘々な作品に出会えて良かったです。

2

一目惚れ同士

当座の面倒ごとから逃げるだけのつもりが本気になってしまう話

唯一の家族である祖父から見合いを提案され、それから逃れるべく偽の恋人を「レンタル」し、紹介してお茶を濁そうとするイラストレーターの采女朔(受け)。
レンタル彼氏として派遣されてきたのは、自称小説家・ナオ(攻め)。
今まで恋をしたこともなかった朔はナオの完璧な彼氏ぶりに、これがナオの仕事だとわかっていながら恋してしまうのです。

話の展開としては予定調和というか王道な展開です。
両視点から読めるので、お互い一目惚れだということがわかります。
それでもうまい具合にすべての真相は終盤までわからないようになっていたこともあり、面白かったです。

初恋に振り回されている感じの朔ですが、俯瞰で見るとよほどナオの方が振り回されています。ナオは理性との戦いだったのではないでしょうか。
攻めが振り回されている話というのはいつ読んでも楽しいものです。
ナオ視点の朔に対してのメロメロ具合はすごく楽しかったです。

そして楽しかったのが朔の友人二人。
偏見も持たず親身になって相談に乗ってくれる彼らとの男子トーク、もっと読みたかったです。

朔の初恋が実ったこともですが、なかなか縮まらなかった祖父との心の距離が近づいたことも本当に良かったと思えたお話でした。


1

電車内で暴れそうになった

「お兄ちゃんはお嫁さま!」が結構好きだったので今回も購入。萌2と悩みましたが捻り無し王道だったので萌にしました。いやでも萌2でもホントいいんじゃないかと悩む・・電車内で暴れそうになるくらいめっちゃ可愛くって、「うああ」と頭かきむしる心地なお話、本編230Pほど+あとがき+後日談SS4P。

たった一人の家族である祖父が倒れて入院してしまった20歳の朔(さく)。祖父は頼りになる伴侶を見つけてほしいと考えたらしく「見合いを」と言い出します。しぶる様子の朔を見て、祖父は「好きな人がいるのか?」と問い、つい嘘をついてしまったら、「紹介してもらえないか」ということになってしまって・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
受けの祖父(日本画の大家)、真野(祖父のマネージャー)、受けの大学の友達ぐらいかな?

++好きだったところ

攻めは激甘スパダリ大王!、受けは妖精か天使か、でも芯のしっかりした感じな子。
めっちゃ特徴あるキャラとは思わないのですが。

二人がゆっくりゆっくり恋心を育ててくれるんです。攻めはレンタル彼氏という設定なのですが、さっさと受けの控えめピュアピュア美人なところに陥落してます。それで倍増しの甘く甘く甘く甘さ盛り盛りデートをしてまして。カッコいい方なのに、攻め視点でデレデレな様子を語るところがたまりません・・

受けは攻めがカッコいいなあとウキウキしてはいますが、基本にぶちん、自分の恋心に気付くのは少し後。二人が手つないで可愛くデートしている様子を、なんと表現すればよいのやら、電車の中でほんとに足をじたじたしたくなりました。

色々あって心は通ったものの、そっからもう一山、「うああー」と悶えるところがあります。「ごめんね、朔はもらっていくよ」なんて、目の前でスパダリに言われたら気失う・・健気とか奥手一点張りな子じゃなくって、男子らしくちゃんと興味あるからと受けが自分から進んでいくところもまた良し。

二人の甘すぎる恋心に胸かきむしりたい方は是非。あーたまらんかった。

4

朔を愛でたい

なんちゅうか……あまりにも現実離れした可愛らしさを突き付けられたというか。
うん。可愛い。
可愛いだけじゃなく、朔は正しい。
確かに、こういう子が側にいたらたとえヘテロであっても「全力でお守りします」と言いたくなってしまいますよ。恋愛的な意味じゃなくとも。

入院した育ての親である祖父は「人生を共にする人を見つけて欲しい(そうじゃないと心配だ)」的なことを言い、挙句の果てにはお見合い的なものまで用意して……じいちゃん、どれだけ朔が可愛いんだ!

教育係(日本画家である祖父の秘書?)の真野は「祖父を安心させたいから」と言う朔の提案でレンタル彼氏を手配して……厳しい人のふりをしているけど、そこまでやります?

寝屋のお話まで付き合ってくれる2人の友人(ヘテロ)……女子か?君らは。

そしてレンタル彼氏のナオはもう最初から朔にメロメロ……

ネタバレしなくとも読めば最初から「こういう結末だろうな」というのが予測できます。
お話自体も大きく動くわけではありません。
『天国に手が届く』が大好きな私は、こういうお話を期待して手に取ったわけじゃないのです。
じゃあ面白くないかと言えば、そういうわけでもないのよねぇ……そこが不思議な所で。

もう、このお話全てが『可愛らしい朔を愛でるもの』なんだと思うのです。
で、混じりっけなしに可愛らしいんですよ。
愛でられるんですよ。
あたしも朔の友人になって、恋バナを聞いてあげたいと思っちゃったんですよ(笑)。
小説家って凄いなぁ。

女の子っぽい受けが苦手な方には鬼門でしょう。
でも、逆の姐さま方には至福の一冊になるかもしれません。

2

レンタル彼氏体験版はこちら

爽やかインテリ小説家×天使無垢系大学生
とある事情で恋人ごっこをしていたら本気の恋に落ちてしまって…というお話
それだけならどこかで読んだことのあるお話。

しかし違うんです。
その恋人ごっこというのが、レンタル彼氏なんです。

そう、これは主人公(受)のレンタル彼氏体験記であり、見方によってはレンタル彼氏夢小説にもなるちょっと新しいタイプの作品です。

レンタル彼氏ってどんなものか興味ありませんか?
ご存じない方も利用経験のある方もこのパワーワードに惹かれた方には是非手に取ってもらいたい一冊です。

風俗と人材派遣業の中間的存在
WEBサイトあり、予約制
料金設定(今回は1時間5千円)
ルール(金品の受け渡しはダメ、デートでの支払いはキャスト分含めて全て客持ち、スキンシップはキス未満まで)
といった細かい設定の説明に加えて
他の人の予約事情や時間オーバーを気にしたり
キャストのリアル情報漏れの懸念まで

こ…細かい
ものすごく枠組みがきっちりしている恋人ごっこです。
一瞬で距離を詰めに来る初回デートを始め、キャストから即行お芝居のようなセリフが飛び出すところが面白い。
しかもデートがベタ甘。
そもそもBL小説ってデートらしいデートをしなくてもまとまるストーリーも多いじゃないですか。
それとは対照的に、ホテルのラウンジでアフタヌーンティー、美術展巡り、和服で初詣…とオーソドックスにプラトニックいちゃこら。
受がフェミニンなので何でも出来ちゃう仕様です。
男性同士感はがっつり薄れますが、これはこれでほっこり癒されます。

そして
これは恋人ごっこゆえのリップサービスだ…
「君は特別」なんて常套句だ…
といった思い込みで気持ちが素直に伝わらない、なんていうテッパンのシチュエーションもあります。
そのあたりは大体、
→フェイク恋人
→両片思い
→どちらかが関係性に耐え切れず離れようして一悶着
→雨降って地固まる
というパターンを踏襲していますので、様式美としてお楽しみ頂けます。

ただひとつだけ言うならば、今回の彼氏さんはストーリーの関係上、本物のレンタル彼氏ではないのですよね。それだけが残念。

しかし一読すればレンタル彼氏にちょっとだけ詳しくなれちゃうかも?な好奇心をくすぐる一冊でした。

2

ちょっとだけ、それでいいのかなぁと思う

他の方も書いてらっしゃいますが、かわいいお話ですよね。

ただ、流れ的にある程度予測は付きますが、
…身内に謀をされるんですけど、これ、下手したら一生モノの人間不信になってもおかしくない内容だと思うんですけど、いいのかな~。
どっちかというと死ぬまで隠しておいて欲しい事柄じゃないんですか。
「恋は盲目」を頼りにするにもちょっと程があるというか。

人としてのモラルとか矜持とかの問題だと思うんですよ。
受けにはバラさないで、攻めの胸中にて独白といった表現でも良かった気がする。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う