澪つくし (2)

miotsukushi

澪つくし (2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神28
  • 萌×221
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
16
得点
248
評価数
58
平均
4.3 / 5
神率
48.3%
著者
扇ゆずは 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
ISBN
9784799745151

あらすじ

王のためなら命さえ捧げる。

衆議院議員の秘書として暗躍する南雲に、
身を滅ぼすことも厭わず尽くし続ける天才ハッカー澪。
南雲はどれほどの献身を受けても野心の為に
平気で他人を切り捨てる冷徹な男だった。

南雲の前に、澪の過去を知る人物が現れる。
彼はかつて澪の飼い主だった。
「気付いたときには取り込まれて引き返せない」
彼の言葉に南雲は微動だもしなかったが……。

そして澪は危険な任務に挑む。
緊迫の第二巻!

表題作澪つくし (2)

南雲公耶,34歳,政治家の第一秘書官
桂木澪,25歳,天才ハッカーの調査員

その他の収録作品

  • To serve my master/あとがき
  • あとがき

レビュー投稿数16

過去が少しずつ見えてきます

扇作品は煌びやかだったり、華やかだったり、コミカルな雰囲気の作品が多いと感じていますが、その中で異彩を放つのが今作品。政治という世界の「裏」を舞台に繰り広げられるダークでシリアスな作品です。

前作は1巻だったということもあり多くの謎に満ちていましたが、2巻に突入し少しずつ謎が解き明かされていく展開でした。続きものなので前作未読だと理解できません。未読の方は1巻から読まれることをお勧めします。

ということでレビューを。ネタバレ含んでいます。ご注意ください。





政治家の有能な参謀として、政治の世界の裏で暗躍する冷徹非道な男・南雲。
そして、そんな南雲に惚れこみ、自らの危険を顧みることなく南雲のために情報を探る天才ハッカーの澪。

この二人が主人公のお話。

南雲の欲する情報を、様々な手段を駆使し得る澪。
そんな澪の報酬は「南雲に抱かれること」。
澪が南雲に求めるものは金銭の類ではなく、南雲に触れてもらうこと。

澪は、それだけ南雲に惚れこんでいる。

1巻では、澪を駒に使う南雲と、そうと知りつつ南雲のために身体を張る健気な澪、という序章が描かれていました。

2巻では、澪がなぜそこまで南雲に尽くすのか、が描かれています。

澪の、腹違いの弟であり、かつての恋人だった嗣文(「しもん」と読む)を介して。

嗣文のもとへ赴き、澪の生育環境、過去、嗣文との歴史。
そういったものを聞き出す南雲だったが―。

本妻の生んだ、本家の跡取りである嗣文。
妾(のちに後妻となる)の生んだ子である澪。
生まれながらにして、彼らは主従の関係にあり、過酷な環境で生き抜く澪の唯一の救いが異母弟である嗣文。嗣文のためなら何でもする澪だったが…。

嗣文という青年は決して良い人ではありません。
澪を守ったのも気まぐれだったようだし、実際澪が死んでもかなわない状況下に何度も置いている。

飼い主と忠犬。
そんな関係だった嗣文と澪は、いつしか立場が逆転していく。

「嗣文」という澪の異母弟の存在から、澪と南雲の「これから」を端的に読ませる。さすが扇先生というべきか。素晴らしいです。

南雲と澪。
支配者と、忠犬。
搾取するものと、されるもの。

だがしかし、本当の支配者は一体どちらなのか―。

澪という青年は、決して計算づくで行動を起こしているわけではない。
彼の持つ優しさ、信義、愛情。
それを、彼の王に捧げているだけ。

が、それが、澪の強さでもあり、弱点でもあり、彼を守る鎧でもある。
表裏一体の澪の優しさは、南雲との駆け引きにどう作用していくのか…。

バックボーンとしては骨太なドシリアスな作品ですが、南雲に心酔する澪、というもう一つのバックボーンがあり、それ故に濡れ場も多いです。この濡れ場がさ、クッソエロいの…!

澪ちゃんのけしからん色っぽさと、南雲の男の色香が、

めっちゃ良い!!

エロさの中に潜む、澪の南雲へのあふれんばかりの愛情も良い。
徐々に澪の取り込まれていく自分、を自覚している南雲の葛藤と、圧倒的な支配者のオーラを放つ雰囲気も良い。
個人的にはパーフェクトな濡れ場なのです。

甘々で優しいお話を好む方にはお勧めしづらい作品ではあるのですが、ドシリアスなお話も大好物です、という腐姐さまには激しくお勧めしたい作品なのです。

終始謎に包まれている南雲×澪ちゃんですが、最後のアレは、先生、反則でしょう…。
どうなっちゃうんですか。
気になる~~!

南雲の行動においおい!と突っ込んでしまった私ですが、彼のその行為が、帰って澪への執着心を描いているように思えてなりません。

澪への想い。
澪に対する執着心。
そして、そんな感情を抱く自分に対する恐怖。

そして終盤に描き下ろしの「To serve my master」が収録されていますが、これも良かった。
澪と、南雲の出会いが描かれていますが、この出会いによって、澪は自我を得たんじゃないかな。

自分が何をしたいのか。
何を守りたいのか。
自分が、本当に欲するものは。

あとがきで扇先生が作品の「これから」について書いてくださっているので、首を長くして続きを待っていようと思います。

7

うめくわ…続刊です。

絶対王者のオーラを放つ議員秘書で冷酷非道な南雲に、
自ら全てを捧げて尽くしてデレまくる天才ハッカー澪。
謎だらけでエロエロしい1巻は一体どこに向かっていくのか?と、
訳が解らないまま呑み込まれた作品でしたが、謎が少しづつ明らかになってきた…のか?
そう、続刊でした…うめくんですが、魅力的な作品なので個人的には嬉しいです。

ダークシリアス作品ですが、デレる澪が1巻よりもコミカル描写でひときわ可愛くて、
表情豊かで肉感的な画が更に艶っぽい仕上がりで素晴らしい。

政治の裏で暗躍する第一秘書官の南雲から、非合法な仕事を請け身体で報酬を貰う澪。
政治家を駒に使い政界をのし上がっていく南雲の目的は?
裏で牛耳るだけでも大いなる野望だとは思いますが、それだけじゃない気がする。

今回、新メンバーに2mを超える大男クララが登場。
1巻でピンチの澪の居場所を突き止めたのがクララ。
澪が南雲の仲間だと認められクララと顔合わせした序盤、
クララからテイラーと呼ばれていた南雲…コードネーム?

そして、5年前に恋人で腹違いの弟、嗣文を刺した澪。
その嗣文に南雲が会い、幼い頃から続く澪と嗣文の歪な主従関係を知る。
嗣文の闇感が不気味なんですが、まだ謎が残る状態で南雲を煽る…。

少しずつ澪の過去が明らかになる中、
クララと共にクリーンな政治家を潰す南雲の企みで、非合法な仕事をする澪ですが…。
全身全霊で南雲に尽くす澪の本当の理由は?まだまだ疑問が残ります。

合間合間にちょこちょこと、南雲と澪のどエロがある。
もちろんドエロでそそる描写は見どころなんですが、
今回は澪の可愛い表情がテンコ盛りなだけでなく、ビックリ南雲のちょっと可愛いが拝める。

いつもバックで抱かれる澪ですが、イキそうになる数秒前にそっと南雲を盗み見る。
俺のことなんて心底どうでもいいって顔をしてる…
それが堪らなく興奮する澪ですが実は、
南雲は澪を抱きながら、取り込まれそうになっている自分に気づいて目を逸らしていた。
も~~~このシーンが堪らん!

澪も最高に可愛いんですが、南雲のちょっと可愛い顔が見れるなんて。
このちょっと崩れた感じがいい。
以前よりも表情描写がコミカルで可愛らしいので、余計に堪ら~~~んとなってしまう。

序盤に澪が任務で女装した下着が恥ずかしくて、2か月振りの報酬を断ろうとするとか、
代わりに眉間を手で抑えるで仕草が見たいとか、
2巻の澪は可愛くて可愛くて、気づいたらニンマリしすぎて私の鼻の下が伸びてました。
確かにクール眼鏡の南雲が、しわを寄せた眉間を抑えている仕草は報酬に値しますが…。

しかも、この件のエピソードは濃い。
足の指まで完璧に手入れされた南雲による足…からの!!!
更に、予想もしなかったまさかのラストと描き下ろしにエッ?!

2巻は作品が何となく見えてきたこともあり、ストーリーにも引き込まれましたが、
まだまだ深く掘り下げていくようで、また思いもしない展開が待っているのかもしれない。
次巻はどうなるのか、もう展開が楽しみで待ち遠しい。

何回も読んでしまう色々と濃い~~~作品です。

※シーモア:修正は白抜きです。

1

澪→→→→→→→→→→→←南雲

澪の過去が徐々にあかされてきた2巻。
義理の弟とクララという2mもあるおネエのお仲間も登場し物語に厚みが出てきました。

そして、澪と南雲にそこはかとないBL展開!
澪→→→→→→→→→→→←南雲
南雲さんが澪に陥落するのは何巻後でしょうか?

ジュリアの方がエロ少なめだったので、こちらで堪能させていただきました!
澪がエロエロエロです!足で…
ダダ漏れな背中のタトゥーの色気と献身的な健気さに南雲さんもぐらついてきましたね。
あんなにつくされたら冷徹なスパダリも迷いますね。最後、不穏だったけど、きっとハッピーになる…はず?

1

澪の尽くす姿に涙です

待望の第二巻!
やっとやっとです!
通販で頼んでいましたが、2日遅れでやっと私の元へ
ドキドキソワソワ
これなら、電子版の方が早かったけど、我慢しました。
扇先生の作品だけは、書籍で拝見したいので
綺麗すぎて尊いです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


内容は、最後が気になる終わり方で、ドキドキ物でした…Σ(゚д゚lll)
最近まで、読んでから
また、読み直しましたが
なんとも、澪が尽くしすぎてて
泣けてくる
この人の人生ってなんなんでしょうか???

扇先生、澪に幸せな人生を送らせてあげて下さい
切望します

1

読み終わって混乱しとります…

衝撃的。
2巻目発売されたばかりだけど、衝撃と混乱です。
相変わらず、南雲は政界のフィクサーで付く体制の議員を見誤らない。そして、邪魔になると考える相手は巧妙に崩していくわけです。
澪、前回「forget.me.not」と遺言みたいなパスワードを遺してますが取り敢えず澪が無事な事は確認。
新キャラのやはり南雲の元で動く工作員のクララも加わり少し賑やかになりましたね。

南雲に心酔しきった澪が、南雲に抱かれるのは迫力有ります!南雲の冷たさに、明らかに澪に対する感情が籠ってきている変化が堪らない。
澪と義弟との関係も、徐々にわかりつつ…

なのに~!まさかのラスト。
で、文頭に戻ります。
衝撃が凄くて、次はどーなるの?次はいつ読めるのだ!(連載追ってません)

澪のタトゥーが入った綺麗な身体が、これでもかと堪能出来ますが、ラストから先が気になりすぎます。
とはいえ、読み手としては待つしか有りませんけどね。

1

可愛いいですね(๑'ᴗ'๑)

澪が、可愛いから…と、レビューがありましたが、私も同感!!

澪が可愛いすぎる(≧▽≦)

0

続編も熱い!

澪つくしの続巻です。あらたな登場人物が出てきます。それによって澪の健気さが倍増してきます。相変わらずの南雲のクールさと澪の南雲に対してのデレに萌えます。そしてエロがエロいです。何度かあるそのシーンは南雲のオラオラ感によってとても熱いです。圧巻です。悶えます。そして今回も澪の健気さが全開なのですがそれによって動かされる南雲に注目です!そして決め台詞を言う時のキャラクターの姿は眼福です。
澪がどうして南雲を王だというのか、その謎もちょっとわかる。とにかく前髪長めなイケメン二人の話です。

0

特典ペーパーも見てほしい!

健気すぎるよ澪ちゃん!
普通の健気さじゃないよ、命をかける健気さだよーー
普段はツーンとしてるのに、
実は南雲にデレデレなこのギャップが堪らんのです‼︎
南雲に〝身内〟と言われて嬉しすぎて一人転がったりとか(笑)

二ヶ月ぶりに報酬をやるって言われても、
「アンタが休めるのは二か月ぶりだから俺のことは気にせず休んでくれ」
「アンタを追えば追うほど失うのが怖くなる」
「最後は南雲公耶を守って死にたい」

澪ちゃんの健気発言集作れちゃうよ(〃ω〃)

澪の健気さに心が揺れ、独占欲をみせる南雲が見たい!
ポーカーフェイスが保てなくなる南雲が見たい‼︎
だけど、そうなりそうな自分を南雲はすでに感じてますよね。
だから怖くなった……
2巻のラストに澪は南雲に撃たれてしまいます⁉︎

特典ペーパーには、あのラストからウルトラCを決めるつもりらしいと書かれていたので期待します‼︎
今までは一方的だった澪の想いでしたが、
南雲が振り向く様も描かれています♡
ハッピーエンド至上主義の扇先生なので、
安心感を抱きつつ今後の展開を見守りたいと思います。

Hは相変わらず澪のタトゥーがセクシーで、
女性モノの下着を付けているシーンはとっても妖艶でした。
バックからばかりのセックスから向かい合うセックスに変わっていくのでしょうか?
そこも楽しみです!

紙本修正は白抜き
ゴム付けた後も白抜きだもんな……残念

3

なぜなら澪が可愛いから。

一言感想:わざとね そらす視線 運命を弄ぶの 知らない素振りしても ハートは罠にかかった(安室奈美恵「GO!GO!」)

続編ではあるけれど、一巻の内容うろ覚え状態でも大丈夫。なぜなら澪が可愛いから。二巻からでも大丈夫。なぜなら澪が可愛いから。こうして人は澪の魅力に堕ちていく。
南雲の油断を知っていることが心の拠り所である澪が、その油断が自分に向けられた執着だと知った時どう反応するのか。
楽しみだったけどそれどころじゃ無くなってしまいました!

「澪つくし」とは、澪が尽くす物語だけでなく、澪に尽くしてしまう男の物語でもあるのかもしれないですね…

1

見返りを求めない無償の愛。

1巻発売から3年近く経ち、待望の2巻!!
個人的には前巻より公耶さんが澪ちゃんにデレ始めた?と思うような仕草や行動があってキュンとしましたが、澪ちゃんはそれに気づいていないので、何かあったら自分を見放していいと、公耶のためなら命も惜しまない様子。

どうしてそこまで公耶に尽くすのか…ちょこっと出てきますがまだ謎も多いです。

そして、衝撃のラスト!!!!
え、こんなとこで終わるんですか( ; ; )と叫びたくなりました。先生曰く、こういう終わり方にしたのは、たくさんの作品があるこのご時世、印象に残るためだとか。
このモヤモヤの中でまた3年も待つのは辛い!!

2巻で1番好きなシーンは公耶さんの眉間押さえアンコールでした。2人ともかわいい(´∀`)

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う