甘えんぼ方言男子、初恋奮闘中♡

マイスイートホーム

my sweet home

マイスイートホーム
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神21
  • 萌×236
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

90

レビュー数
17
得点
273
評価数
67
平均
4.1 / 5
神率
31.3%
著者
幸田みう 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ホーム社
レーベル
アイズコミックス.Bloom
発売日
価格
¥750(税抜)  
ISBN
9784834264760

あらすじ

秋田ですくすく育った悠は、
義理の従兄弟・旗彦のことが大好き!東京の大学に通うため上京し、偶然にも旗彦と運命(?)の再会を果たした悠は、
ひょんなことから一時的に『夢の同居生活』をスタートさせる。しかし、初恋の人との共同生活に浮かれる悠を前に、
旗彦は「年下に興味ないから」と笑顔で言ってきて!?ちょっといじわるなイケメンサラリーマン×甘えんぼ大学生の、ピュアピュア同居ラブ♡

表題作マイスイートホーム

旗彦,28歳,悠の義理の従兄弟,サラリーマン
桐野悠,18歳,旗彦の従兄弟,大学1年生(文学部)

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • カバー下(描き下ろし)

レビュー投稿数17

ハンカチ必須!

幸田先生の作品‥ほんのり切なく心をぎゅうっと掴まれそれでいて優しくてほんわか温かい癒やし系のお話を描かれるのでとても人気がありますね( ◜◡◝ )私も好きで全作品読ませて頂いております。
特にHelloがお気に入りです!
以前、絵柄は少し線が多くて雑な感じがするので比較的お話重視!だったんですが‥今作は線も少なく絵がスッキリしてきて更に読みやすくなって、お話も最高で‥私のなかでHelloを越えるお気に入りとなりました!
オバサンなんで‥涙腺弱いんです。
中盤辺りからもうウルウル泣けてしまってハンカチが離せませんでした‥( ;ᯅ; )

特に飛び抜けたストーリーではないかもしれませんが、どのシーンも情景がとてもいい!
ドラマ化しても良いと思うくらい!
純粋でまだ子供の悠くんですが‥真っ直ぐに旗彦くんを思う気持ちはとてもしっかりしていてある意味強く男らしい!
イケメンでクールな大人の旗彦さんですが、心根のやさしい分本当は色々傷付いていて孤独を抱えてるいる寂しがりやです。
とても好感のもてるキャラで、どちらか一方の視点からでなくふたりの気持ちや考えが交互にとても丁寧に描かれているのでお話に引込まれ、感情移入してしまい、本当に思いが通じ合うシーンにはぐっともっていかれました‥
故にうわ〜っ泣けるよ!!

ラストが2人が帰省し親族とのわだかまりも溶けてと穏便に事がすんだようで‥そこが駆け足なのが少し残念。
2人が恋人と云うことは伝えたのか否か‥。
流石に親族さんたちも2人の関係が分かったら大騒ぎになるのでは!?
それでもどんな反対に合おうとも悠くんがズバッと!言って納得させてしまうと思いますが‥多分大人の責任だと頭を下げる旗彦さんを庇うんです!!
やばいっ!妄想が膨らみます。

いいお話だよ‥二人のスイートホームもっと読みたいよ。
先生もこの2人はもっと描きたいとおしゃってました。

描いてください!マジで!

0

もっと二人を見ていたい!

これは可愛かった。いい意味で読み足りないと思える作品です。
キャラの表情、切ないプロローグ、秋田の方言、色々な所に注目して下さい。
また、各話の扉絵が二人の関係性の変化を表わしていて、とても素敵でした。


秋田から大学進学を機に上京した悠と、従兄弟の旗彦が再会し、訳あって同居するハートフルラブストーリー。
悠が健気で可愛いく、旗彦のさりげない優しさが胸を打ちます。
〝旗彦のことが好きかも〟と、気になり出したら直ぐ口に出てしまう素直な悠。
旗彦から拒否されても、簡単には諦めない!
悠の献身的で健気な可愛さに、すっかり心奪われました。

一方ゲイの旗彦は、内心、悠に惹かれながらも素直になれない拗らせお兄さん。
あくまでも大人の対応をみせますが、それが逆に悠の気持ちを傷付けます。

そして、ずっと本心の分からなかった旗彦視点の4話が切ない!
悠が出て行った部屋で一人涙する姿に、胸がギューっとなりました。
血の繋がらない父とその家族への疎外感、そんな旗彦を唯一癒してくれた悠の存在……色々なことを思い出しながら、勇気を出して前に進んで行く姿は胸熱です。

両想いになっても、尚も迷う旗彦の背中を押すのもまた悠なんですよね。
どこまでも悠の健気さががストーリーを動かします。
「ただいま」「おかえり」を言え、甘えて甘えられる関係になれた事が何より嬉しかった。

とても可愛くてほっこりできるお話です。
少ないエロも作品の雰囲気に合っていたと思います。
悠が最後まで方言丸出しだった所も良くて、きっとこの子は都会の色には染まらないんだろうなと思いました^^

8

しったげぬぐぇ

初読み作家様でした。
なんてあたたかい雰囲気のお話を描かれる作家様なのだろう。
他の作品も追ってみたくなってしまったな。

特に大きなことは起こりません。
大学進学のため、秋田から上京をして憧れの1人暮らしを始めた悠。
東京で暮らす、悠より10歳年上の憧れの義理の従兄弟・旗彦。
悠の暮らすアパートが事故物件だと判明し、新しい物件が見つかるまでの間、ひょんな事から再会した旗彦の元で居候をさせてもらう事になる。
ただただそれだけなんです。
それだけなのですけれど、これがまたなんだか妙にあたたかい。

多分、悠がなんの計算もない天真爛漫さにあふれた子だからなんじゃないかな。
秋田弁…というか東北地方の方言に関しては、少し言い回しに違和感を覚える部分もありますが、標準語が飛び交う都会の中でこれがすごく効いてくる。
実家、そして父方の実家にも居場所がなく、疎外感や居心地の悪さを感じていた旗彦を癒してくれる唯一の存在だった悠。
大学生になっても幼少期から変わらず全くスレた部分のない悠に癒され、いつの間にかささくれ立っていたような心がじんわりと救われていく。
何が良いって、悠は特別なことは何もしていないというところ。
素直で真っ直ぐに、たまに落ち込んだり悩んだりしながら、慣れない都会での毎日を懸命に生きているだけなんです。
悠が方言を標準語に変えていないところも大きな変化を感じさせないポイントなのでは。
それが良いんですよ。そんな何でもない、昔と変わらないままの悠に旗彦は惹かれてしまうんですね。
序盤では、どことなく何を考えているのか分からなかった旗彦が「憧れのかっこいいお兄ちゃん」から人間臭い1人の男になっていくのがまた良かった。
旗彦の方が臆病そうにも見えますが、そこは悠が何でもないことのようにどっしりと構えて、あとは甘えたり甘やかしたりの関係になっていくのでしょうか。
今後の2人の未来が見えるような、マイスイートホームになっていく過程が丁寧に描かれた良作でした。
家が大事なんじゃなくて、誰と暮らす家なのかが大事なのではないかな。
しかし、ふとした時の旗彦の仕草と顔がかっこよすぎるな。好きです。

2人は秋田の豪雪地帯出身なのでしょうか。
カバー裏の、雪遊びをする2人の幼少期と現在の姿の対比も可愛らしいのでそちらもぜひ。
今後の2人がのんびり暮らしている様子もこっそりと覗かせて貰いたくなるような、非常に良い読後感の日常系再会ものでした。
癒されたい方や、ちょっとあたたかい気持ちになりたい方におすすめの作品。

4

攻めの涙に陥落

攻めが泣くBLが好きです。
受けの悠が出て行ってしまって静かな空間でポロリと涙を流す攻め旗彦、あのシーントキメキました。遥を手放した瞬間に悠からもらっていた色んなものに気づいたんですね。その後すぐに遥の元に行ったところも良かった。

その後やっぱり悠をゲイの道に引き入れたくないと葛藤がありましたが、その時の悠の
「戻れなくしたいんだよ」
このセリフ強くて好きです。明るくて純粋なだけじゃない、ちゃんと自分の意思も持っている強い子なんだなーと。
悠は田舎っ子ですが純粋でピュア度100%。あの笑顔に癒されない人間はいないでしょう……。このくらいピュアな子の方が東京のスレた雰囲気に飲まれていた旗彦にはちょうどいいのかもしれませんね。

これから旗彦は何度も遥に救われて、悠じゃなきゃダメになっていくんだろうな。溺愛攻めになる未来が見えます……。ちゃんと恋人になって同居じゃなくて同棲する2人がまたみたいです。

幸田先生のふんわり優しい絵柄そのものの温かい作品です。
ただいまも、おかえりも二人のスイートホームでこれから何度でも繰り返して欲しい。

3

方言男子!かわいい!

もうとにかく悠の可愛さに尽きます!
なにこのかわいい生き物…
小さい頃もかわいいし大学生の悠もかわいいよー。
こんなピュアなかわいこちゃんに懐かれて絆されない訳がない。
旗彦に好かれようと一生懸命家事頑張ったり自立しようと奮闘したり。

ゲイばれ(バラして)してじいちゃんとぎくしゃくしたまま8年も音信不通な旗彦。
真っ直ぐに想いを伝えてくる悠を「こちら側」に引き込む罪悪感から悠との関係を躊躇してしまいます…
ここ、意外とヘタレな旗彦に対し悠が漢前!
旗彦がぐるぐる迷っている事を問題じゃないってぽいっと片してさぁ向き合えよ、みたいな笑。
漢前受け大好きだー。

天真爛漫でころころ笑う悠に対してはちょっぴり甘えたさんになってしまう旗彦くんのクーデレもかわいいのだ。
あー2人の甘いちゃずっと見ていたい。

3

方言男子

秋田から上京し大学に通う受(悠)はなかなか友達ができず気付いたと時にはぼっち。そんな時、住んでいる部屋が事故物件だと知ってしまう。怖くて怖くて思わず部屋を飛び出し泣いていると従兄である攻(旗彦)と10年ぶりに偶然再会します。

ゆっくり、前に進んでいく恋物語。
新居が見つかるまでという条件付きで、居候させてもらうことになった悠。家事頑張ります。旗彦に初めておいしいと言ってもらえた時の「やった」が愛おしい~!雨の日に旗彦を迎えに行くも持ってきた傘は1本だったり、観葉植物に「かわいいね」と話しかけたりする姿にもキュンとしました。
また、旗彦の元カレが突然家に金目の物を求めて訪ねて来たとには、「サイテー」と言える強さも持つ一面もありよかったです。この元カレ君の登場で自分の気持ちに気付いていく二人です。

思いが通じ合い、キスより先のことを考える悠。ゴム買っちゃいます!しっかりしてる~!焦れて押し倒してこれは誘い受かな?!本編ではすり合わせのみです。

祖父とのやり取りからゲイをカミングアウトし実家を出た旗彦は10年ぶりに悠と一緒に秋田に帰省します。
最後は改めて同棲を始め「おかえり!」「ただいま」で締められる暖かいお話でした。
描きおろしではいたしておりますが、ライトな感じ1ページほどなので、苦手な方にも安心して読んでいただけると思います。

方言たまらん可愛いです。悠は終始方言でしゃっべているので、もうずっとそのままでいてくれ~と思ってしまいました。ドラマCDではないのに耳も幸せでした。

3

方言男子かわいすぎる!!!!

受けの悠は秋田から大学進学を機に大好きな親戚の旗彦くんのいる東京に上京します。
初めての一人暮らしに胸躍らせている矢先、悠の借りてる部屋は事故物件だと発覚。大学で友達もできず、家にも怖くて帰れないため、泣きながら歩いていると、偶然旗彦くんと再会。旗彦くんの家にお世話になることに・・・

旗彦くんは自分がゲイであることに後ろめたさを感じているのに対し、悠はそんなこと関係なしに旗彦くんが大好きで、真っ正面からぶつかっていて相性ピッタリな2人でした。
なにより、悠の秋田弁が可愛い!!

ほのぼの心の和む作品でした。

3

ちょっと意地悪なイケメンリーマン × 甘えんぼ大学生

マイスイートホームというタイトル通り、冷たい都会を舞台に心の拠り所を得るまでを描いた、あったかいストーリーでした。

主人公の悠が、本当にピュアっ子。
ちょっと不器用で垢抜けてないところまで含め、まるっと愛らしい子なんです。
旗彦に好かれようと一生懸命頑張る姿が可愛くて、応援せずにはいられない。

そんな悠を邪険に扱う旗彦に、最初はヤキモキさせられました。
でも昔と変わらず優しい一面もあって、そういうところに悠も惹かれていきます。
旗彦の優しさは分かりやすくないけど、それがまた良い〜(*´ `*).。oO
例えば、悠が作ったラザニアを食べるシーン。
火事になったらどうする、余計なことするなって怒るんですけど、焼きすぎて固くなったラザニアを「ソースうまいから食えるよ」って言って完食してくれるのです。
結局、怒るのも悠の身を案じてのこと。
根っこの部分は優しくて、そこがじんわり心に染みました。

じゃあ、イケメンで性格も優しい旗彦は、なぜあんな元彼と付き合ってたんだろう?
という話になってくるのですが、これには実家との軋轢が関係していて…
段々と旗彦が心に抱えている寂しさが見えてきます。
シンとしたリビングで、コンビニで買ったお弁当を食べながら、ぽたりぽたりと涙を零すシーンはすごく切なかったです。

恋愛面で言えば、悠の気持ちに旗彦が応えてあげた形になりますが、本当に救われたのはむしろ旗彦の方。

やっと本心を話した旗彦を、
「当たり前だべ!!」
と、悠が抱きしめてあげるシーンが大大大好き(;_;)♡
傷つけられたのに、少しも責めないところが愛だなぁと思いました。

"男前" という表現はしっくりこないけど、悠は人として一番大事な部分がドンと据わってますね。
だから悠の笑顔は、傍にいる人を安心させるんだろうな。

大団円を迎えた本編のラストもよかったのですが、描き下ろしのラストのモノローグはさらにグッときました…(TT)
ぽやんとしてるけど、10歳も年下だけど、悠は旗彦のことちゃんと分かってる。
そういうとこだよ、ほんと。さすが。

幸田先生のふんわりした作風に毎度骨抜きにされているわたしですが、その中でも悠くんは癒し系キャラNo.1。
悠くん、あったかい気持ちにさせてくれてありがとう〜!

3

秋田の純朴っ子

秋田出身の悠は大学進学のために上京。
幼い頃から懐いていて、大好きだった従兄弟のお兄ちゃんの旗彦と偶然にも再会できて、さらには悠の賃貸部屋のトラブルから旗彦の部屋で一時的に同居をすることに。
でも久しぶりに会った旗彦はなんだか雰囲気が変わっていて…。

悠がとにかく純真天然培養むっく無垢な秋田の純朴っ子で、ほわほわとして受け身がちに見えるのですがいざという時には驚くような行動力をみせる暴走ピュアわんこです。
そんな悠に感化されて、抑え込み気味だった旗彦の気持ちが引きずり出されていき、悠に乗っかられながら想いを吐露したシーンのセリフにはジーンとしました。
あの流れで自分から服を脱ぐ悠、最高です(親指)。

マイスイートホーム。
ふたりで暮らす甘くて居心地のいい家…になるまでの序章のようなお話しで、表紙と各話扉絵の旗彦と悠のお互い気を許し合っている距離感や甘い空気感は見ているだけでも癒されるのですが、それをしっかりと感じられるのは最終話ラストまでおあずけなので、ぜひとも甘さをさらに乗せた続編を希望致します。

3

タイトルに惹かれて

タイトルに惹かれて試し読み、続きが気になり購入しました。悠くんがとにかく可愛いくて。歳の離れたカップルが登場するストーリーが好きな私は、購入して良かった作品でした。
もう少し、2人の色々が見たかったなぁという想いもありますが、後半はちょっと泣けてしまう所もあり、何度でも読み返したくなりました。
イラストも柔らかい感じで、それが作品全体を優しい感じにしていると思いました。BL初心者ですが、そんな方にもぜひぜひ読んで欲しいと思います!

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う